MENU
適職のご相談はこちら

【未経験転職20代】未経験でも成功できる秘訣とおすすめ職種8選を解説

提携各社(リクルート・マイナビ・doda)のアフィリエイト広告を含みます。ただし、サービスの評価や内容等は当サイトが独自に調査の上掲載しています。

この記事は有料職業紹介(許可番号:13 – ユ – 308110)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社Personalが制作しています。

20代のうちに未経験転職をしたいと思っているのですが、転職できますか?

結論、
20代での未経験転職は十分可能です。

柔軟性と学習能力が高い20代は新しいキャリアを始めるのに適しています。

ただし、ベストな転職には十分な準備が必要です。業界研究、必要スキルの把握と習得、転用可能な経験の明確化、そして熱意のアピールが重要です。

しっかりと準備して挑めば、必ずいまよりもあなたの可能性を評価してくれる企業に出会えるでしょう。

20代は最も転職を考える人が多い年代であり、「新しい仕事に挑戦したい」「入社した会社がブラックだった」などの理由で実際に3人に1人が転職しています。

しかしいざ転職となると、失敗しないか不安な方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、20代の未経験転職におすすめの職種を男性女性別に紹介していきます。

20代・未経験の転職を成功させるコツも解説しているので、転職を検討している方に必見の内容です!

こんにちは!

株式会社Wizで人事責任者をしている荻久保(@ogikubo)です。

現役人事として年間数百人の面接対応と平行して、転職エージェントとしても20代の方々にお仕事紹介もしている僕が、これまでの経験もふまえて、20代の転職におすすめの職種を解説してみたいと思います。

20代に特化したフリーター・高卒・専門卒のキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】!
0701_magazine_CTA

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAIを融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

業界最大の80パーソナリティ(80タイプ)から自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

\すでに2,189名が適職と出会ってキャリアチェンジ!/

目次

20代の転職状況

年齢階級男性女性
19歳以下11.3%20.3%
20~24歳14.1%15.5%
25~29歳14.7%11.6%
30~34歳9.1%9.6%
35~39歳6.8%9.9%
40~44歳5.4%7.9%
45~49歳4.9%7.7%
50~54歳4.5%8.2%
55~59歳5.0%6.1%
60~64歳8.9%8.1%
65歳以上4.7%4.2%
引用:厚生労働省「令和4年雇用動向調査結果 3 転職入職者の状況(1)年齢階級別転職入職率」

20代の転職率は、厚生労働省の実施した令和3年雇用動向調査によれば、およそ3割程度で、3人に1人が転職しています。

年代で比べると、男性女性問わず20代の転職者が多く、20代の転職は珍しくないことがわかります。

20代は転職に最適なタイミング

20代は転職に最適なタイミング

20代は、若い間に多くの経験を積み、新しいキャリアの可能性を広げられるので、転職に最適なタイミングといえます。

経験が浅い分、新しい職場にも柔軟に対応できるので、知識やスキルを身につけやすいといったメリットがあります。

また、新卒のように社会人の基礎を教える必要がないという企業側のメリットもあるので、20代の転職は成功させやすいでしょう。

20代後半になると未経験での転職が難しくなってきます。そのため、未経験職種への転職を有利に進める際は、20代の早めのタイミングで転職を検討するのがおすすめです。

20代前半の転職難易度

未経験でも成長を見越して採用される

20代前半に転職する場合は、完全に未経験でも成長を見越して採用してもらえる確率が高いです。

ただし、若ければ必ず採用してもらえるとは限らず、「やる気が強いから成長が期待できる」「前職の経験からコツコツと前向きに取り組める人だ」と判断してもらわなければいけません。

20代前半だから未経験でも大丈夫と思わず、強い意気込みを自分の言葉でアピールすることが大切です。

第二新卒枠での応募がおすすめ

第二新卒とは、社会人経験が1〜3年程度の、就業経験がある若い人材を指します。

多くの企業には第二新卒枠があり、若さゆえのポテンシャルや就業経験など、成長を見越して採用しています。

第二新卒は、社会人として必要な心構えやマナーを身につけていると考えられており、企業からの需要が高いので、該当する人は第二新卒枠で応募するのがおすすめです。

20代後半の転職難易度

20代後半で完全未経験の職種は難しい可能性がある

20代後半に転職する場合は、即戦力が求められるため、未経験の業界への転職はハードルがあがります。

ただし、同じ業界内であれば知識や経験を活かせるので、転職できる可能性が高くなります

例えば、IT業界で営業職からマーケティング職に転職するなど、同じ業界内であれば転職しやすいでしょう。

ただし、事務や施工管理などは20代後半でも未経験就職できる可能性はありますので、まずは確認してみましょう。

事務職について詳しくはこちらを参考ください。
施工管理について詳しくはこちらを参考ください。

経験を活かせる職種への転職がおすすめ

20代後半に転職する場合は、これまでの経験を活かせる仕事を選ぶと、転職が成功する可能性が高くなります

例えば、販売員と営業はお客様を相手にする点が共通しており、エンジニアとWebデザイナーはパソコンを使う点が共通しています。

ドライバーからエンジニアに転職するというような、つながりのない職種への転職は難しいので、似た部分のある職種を選ぶのがおすすめです。

20代女性の転職難易度

長期間働く意思があることをアピール

20代女性の場合は、結婚や出産、子育てなどのライフステージの変化によって退職することがあるので、「即戦力になるか」という点より「長期間働けるか」という点が重視されます。

そのため20代女性で転職を検討している場合は、「長期間働いて期待に応えたい」という姿勢をアピールすることが大切です。

「御社の仕事に役立つ資格を取りたいと思っています」という事をアピールするのもポイントです。

パートや派遣社員で経験を積むのもおすすめ

20代の女性の中で、出産や子育ての時間も大切にしたい方は、時間の融通が利くパートや派遣社員で経験を積むのもおすすめです。

将来的に正社員を目指すにしても、未経験者よりも経験者の方が採用されやすいです。

まずは、パートや派遣社員で入社しておくことで、子育てが落ち着いてからでも正社員になりやすいでしょう。

20代で未経験転職を成功させるために知っておくべきこと

なぜ20代での転職が有利なのか?

20代は、企業にとって将来性のある貴重な人材です。若さゆえの柔軟性や吸収力の高さ、成長可能性が魅力的です。

未経験であっても、潜在能力を評価して採用する企業が多く、積極的にチャレンジすることで、早期にキャリアを形成できる大きなチャンスがあります。

未経験からでも採用される理由とは?企業が求める人物像

企業は、未経験者でも「素直さ」「成長意欲」「コミュニケーション能力」といった潜在能力を持った人材を求めています。

積極的にチャレンジする姿勢、新しいことを学ぶ意欲、周囲と協力して仕事に取り組む姿勢を示すことが重要です。

「素直さ」「成長意欲」「コミュニケーション能力」は本当に大事です。

正直、未経験転職ではこの3つをしっかりアピールできれば、かなりの確率で内定がもらえると言っても過言ではありません。

20代が未経験からでも転職しやすい理由

20代が未経験からでも転職しやすい理由

人手不足の企業が多い事や、採用しても常に人がほしいくらい盛況な業界もある為

人手不足の企業は、未経験者を採用してでも人員を確保したいと考えるため、未経験からでも転職しやすい傾向にあります。

特に、近年急速に拡大しているIT・Web業界は慢性的な人手不足に陥っているため、応募数を増やすために未経験を歓迎している企業が多くみられます。

他にも建築業界や運送業界、介護業界なども常に人手不足の業界になります。

吸収率やポテンシャルを評価されるため

20代が未経験からでも転職しやすい理由に、企業が20代の吸収率や成長度などのポテンシャルに期待していることも挙げられます。

社会人経験が長い30~40代であれば、凝り固まった考えや意見がある場合も多く、会社のスタイルに柔軟に適応できない人もいます。

その点20代は、経験が浅いぶん新しい環境や仕事のやり方をスムーズに吸収しやすいため、自社での成長を見越して採用されるケースも多いです。

20代未経験からのキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】
キャリアパーソナリティ診断:適職診断の受験者の9割が納得の結果

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

\フリーター・高卒・専門卒の転職に強い!/

20代未経験転職におすすめの職種8選!

1. 営業職:未経験から高収入を目指せる!成長できる環境でキャリアアップ

会議室で向かい合わせで商談をしているスーツをきた営業職の20代日本人男性

営業職とは、商品やサービスを取引先に提供し、売上を拡大するのはもちろん、取引先と関係構築も図る仕事です。

営業職は、成果が即座に評価され、実績次第でインセンティブや昇進の機会が増えるため、未経験でも成長意欲のある20代におすすめの職種です。

また、コミュニケーション力や人間関係構築のスキルを磨くのにも最適なので、将来のキャリア選択肢を広げることにもつながります。

営業職について詳しくはこちら

2. ITエンジニア:将来性抜群!ニーズが高く、スキル次第で年収アップも

オタク気質がある20代日本人男性のITエンジニアがオフィスで仕事をしている

ITエンジニアとは、ソフトウェア開発やネットワーク管理、システム設計などを担当する仕事です。

ITエンジニアは、デジタル技術の急速な進化と需要の高まりから市場で非常に求められる職種のため、20代の転職におすすめです。

また高収入と安定性も魅力で、プログラミングやデータ分析、ネットワーク管理などを学べば、どの企業でも活躍できるでしょう。

更にITだけでなく、インフラエンジニアなども需要があり、エンジニア全般で未経験からチャレンジする事も可能です。

ITエンジニアについて詳しくはこちら

3. 施工管理:街づくりに貢献!スケールの大きな仕事で達成感を味わえる

Highest image quality, construction management engineer in work clothes working at a large building construction site, Japanese, male, 20s.

建物やインフラ建設の現場を監督する施工管理は、プロジェクト全体を管理する重要な役割を担います。

未経験者でも、建築や土木に関する基礎知識を学び、資格を取得することで、チャレンジできます。

街づくりに貢献できるスケールの大きな仕事で、大きな達成感を味わえます。

施工管理について詳しくはこちらと更に詳しい説明の以下もご参考ください。

4. ドライバー・運送業: 社会を支える重要な仕事!運転スキルを活かして安定収入

佐川急便のような制服をきた20代の日本人男性が配送の仕事をしている

ドライバーには、トラック運転手やバス運転手、配達ドライバーなどの仕事があります。

20代の転職にドライバーがおすすめな理由は、多くの職場で需要が高く、比較的簡単に就職できるからです。

大型トラックから軽貨物まで、様々な車両を運転する仕事があり、未経験者でも運転免許があればチャレンジできます。安全運転の知識や技術を身につけることで、安定した収入を得ることが可能です。

またドライバーの仕事は比較的安定しており、シフト勤務で柔軟な働き方も可能なので、子どもの学習参観や行事に合わせて休みたい方におすすめです。

ドライバーについて詳しくはこちら

5. 事務職:安定した人気職種!未経験からチャレンジしやすい

IT系企業のオフィスで事務職として働く20代の女性

事務職とは、データ入力や書類作成、処理、ファイリング、電話・来客対応などの業務全般を担う仕事です。

企業の業務を支える事務職は、正確性や事務処理能力が求められます。未経験者でも応募可能な求人が多く、オフィスワークの基本的なスキルを身につけることができます。

事務職は、多くの企業で必要とされており、求人数も多いため転職機会が豊富です。

また、ワークライフバランスも重視できるので、仕事とプライベートを両立したい方に最適な職種です。

ただしその分給与は、他職種と比べると低めなのが特徴です。

事務職について詳しくはこちら

6. 販売・サービス職:コミュニケーション能力を活かせる!お客様を笑顔にする仕事

女性向けのアパレルショップで接客する20代日本人女性

販売職は、主に店舗で商品を販売する仕事で、接客やレジ打ち、商品の品出しや在庫管理などを行います。

販売職は、明るい対応やコミュニケーション能力が求められますが、商品を売るだけでなく、コミュニケーションや顧客対応、交渉力、問題解決力などのビジネススキルも高められます

結果、未経験者でも、接客マナーや商品知識を学ぶことで、活躍することができます。お客様を笑顔にすることで、やりがいを感じられる職種です。

将来的に営業職への転職に有効なので、キャリアステップの第一段階としておすすめの職種です。

化粧品やスキンケアに興味がある方には、美容部員もおすすめです!

販売・サービス職について詳しく以下を参考ください。
接客・販売職についてはこちら
アパレル店員、スタッフについてはこちら

7. 介護職:人の役に立つ仕事!専門スキルを身につけて安定収入

介護職の20代日本人女性が、車いすの70歳女性を老人ホームで介護している

介護職とは、介護が必要と認定された人が生活できるようにサポートする仕事です。

高齢化が進む中で介護職の需要は拡大しており、求人数も多いため、転職機会が豊富です。

介護職は、人々の生活に直接影響を与えるので、他者に尽くすことで充実感を味わいながら、社会に貢献できることに喜びを感じられる人が向いています。

介護職について詳しくはこちら

8. 製造・工場職:ものづくりに携わる!技術を身につけて安定収入

自動車工場で働く20代日本人男性

製品の製造や加工に関わる仕事は、体力や正確性、協調性が求められます。スマートフォンや自動車など、私たちの生活に欠かせない様々な製品が工場で生産されています。

ライン作業、組立、検査、梱包など、仕事内容は多岐に渡ります。未経験者でも、工場での研修を通じて、製造の基礎を学ぶことができます。技術を身につけることで、安定した収入を得ることが可能です。

また、近年は工場の自動化も進んでいますが、製品の品質管理や機械のメンテナンスなど、人の手による仕事は依然として必要とされています。

製造・工場職について詳しくはこちら

工場のお仕事に興味ある方は工場・製造業に特化した求人サービスコウジョウ転職もおすすめです!

【未経験版】20代の転職におすすめの職種ランキング

ランキング職種
1位事務職
2位営業職
3位施工管理
4位販売職
5位介護職

20代で未経験の職種に転職する場合、上記の職種がおすすめです。事務職、販売職、介護職は、求人数も多いので転職しやすいです。

また営業職は、成果次第でインセンティブを受け取れるので、未経験でも高収入を目指したいという成長意欲の高い方に向いています。

意外とねらい目なのが施工管理で、施工管理は未経験でも給料も高く、国家資格が取れるなどスペシャリストとしてのキャリアパスもあり、未経験ながらも職を極めたい方におすすめです。

施工管理は未経験でも1年目から350万~400万くらいの求人も多いです。

僕の会社では施工管理職の求人にはかなり自信があるので、もしこの仕事に興味がある方は、こちらの登録フォームから施工管理に興味があると一言入れていただきご登録ください。

未経験でも給料もかなりよく、残業もあまりなく、一生もののスキルがつくお仕事のご紹介が可能です。

20代が転職しやすい職種・業界の特徴

20代が転職しやすい職種・業界の特徴

未経験者を歓迎している

20代が転職する場合、「未経験者を歓迎している」職種・業界がおすすめです。

未経験者を歓迎している職種・業界は、教育体制が整っていることも多く、スキルアップにつながる可能性が高いためです。

また、未経験者も積極的に採用して人手不足を解消したいと考える企業は、採用枠も多いため、転職の成功率が高くなるでしょう。

20代の転職におすすめの業界
  • IT・インターネット業界
  • 建設・不動産関連業界
  • 介護・福祉業界
  • 飲食・サービス・小売業界
  • 美容・ブライダル業界
  • 農業

需要が拡大している

20代が転職する場合、「需要が拡大している」または「規模が大きい」職種・業界もおすすめです。

需要が拡大している業界であれば、将来的な人材を育成するために、内定枠を増やして採用している企業が多いです。

また規模が大きい業界は、元々の内定枠が多い傾向にあるので、転職しやすいでしょう。

20代の転職におすすめの業界
  • 半導体業界
  • ドローン業界
  • 運輸・配送業界

【業界別】未経験から転職しやすい!注目の業界

成長産業で、未経験からでも活躍できる業界をご紹介!各業界の動向や特徴、未経験から求められるスキル、将来性について解説します。

IT・Web業界: 成長著しい業界でスキルアップ!高収入も目指せる

20代の転職で職種・業界を選ぶときのポイント

20代の転職で職種・業界を選ぶときのポイント

年収アップが見込めるか

20代の転職で職種・業界を選ぶ際、将来の生活費や貯蓄のためにも、年収アップが見込めるかが重要です。

自身の興味や適性に合わせて職種・業界を選ぶのことも大切ですが、年収は将来のライフスタイルにも影響を与えるので、収入が増える職種・業界に転職するのがベターです。

特に高収入を実現したい方は、競争が激しい分野や専門的なスキルが求められる職種を選ぶのがおすすめです。

長く働ける労働環境が整っているか

20代の転職で職種・業界を選ぶ際、安定してキャリアを築くためにも、長く働ける環境である企業を選びましょう。

ハラスメントが横行していたり、サービス残業が当たり前であったりする企業では働くモチベーションも下がってしまいます。

長く働き続けられることで、ゆくゆくは昇格や年収アップも期待できるので、労働環境が整備されているか確認するようにしましょう。

有給休暇が取りやすい、リモートワークにも切り替えられる、福利厚生が手厚いなども、長く働き続けられるポイントです!

離職率が低くて人の入れ替わりが少ないか

20代の転職で職種・業界を選ぶ際、すぐに辞めてしまうことを防ぐためにも、離職率の低い業界を選ぶようにしましょう。

業界によって、労働条件や職場環境、給与が様々なので、離職率が高い業界も少なくありません。

離職率が高い業界に入ってすぐに辞めてしまうと、もう一度転職活動しなければならないことになるので、業界の離職率にも注目して転職活動を進めましょう。

スキルが身につく仕事か

20代の転職で職種・業界を選ぶ際、多くのスキルが身につく仕事かチェックしましょう。

吸収できる若い時期に多くのスキルを身につけることで、将来的に市場価値の高い人材になることができます

将来転職をしたくなった際も、スキルを持っていれば「弊社に必要な人間だ」「売上アップに貢献してくれる」と思ってもらえ、希望通りの年収で転職しやすくなります。

将来性のある仕事か

20代の転職で職種・業界を選ぶ際、将来、自動化や機械化によって不要にならない仕事を選ぶことが重要です。

例えば、ドライバーを自動運転で置き換えられたり、販売員をセルフレジに置き換えられたりすることが考えられます。

技術の発展によって将来仕事を失わないためにも、看護師や介護士、営業など、AI代替されにくい職種を選ぶのがおすすめです。

20代・未経験の転職を成功させるコツ

20代・未経験の転職を成功させるコツ

資格やスキルを身につける

20代で未経験の業界や職種に転職する場合、資格やスキルを身につけておくと転職を有利に進められます。

例えば、マーケティング職に挑戦する際は、ネットマーケティング検定やマーケティング・ビジネス実務検定を取得しておきましょう。

資格の取得は時間や費用がかかりますが、即戦力として活躍できる分、採用側からの信頼も得やすくなるので、成功の確率を高めることができます

転職活動は在職中に行う

経済的に困窮するのを防ぐためにも、転職活動は在職中に行うのがおすすめです。

次の仕事の見通しが立たない状態で退職すると、不安や焦りで転職活動が上手くいかない可能性もあります。

自身の適性に合った仕事を見つけ、納得して転職活動を終えるために、現職はすぐに辞めないようにしましょう。

業界・職種を絞りすぎない

20代で転職する場合、業界や職種を絞りすぎると、自分の可能性を狭めてしまいます。

また自分とその業界・職種の相性が悪かった場合、内定に至らない可能性もあるので、業界・職種を絞りすぎるのは危険です。

業界・職種を絞るときは、似ている業界を複数選ぶようにしましょう。

例えば、銀行を選んだ場合は、信用金庫や保険業界も視野に入れて検討しましょう。

転職の目的やキャリアプランを明確にする

20代で転職する場合、転職の目的やキャリアプランを明確にすることが重要です。

転職の目的が不明瞭だと、求人を探す際の方向性がブレやすくなります。納得のいく転職を実現するためにも理由を明確にしましょう。

またキャリアプランも明確にしておくことで、将来像を描けて、入社後のミスマッチを防げます。

自己分析・業界分析・企業分析を徹底する

20代の転職活動を成功させる上で、自己分析・業界分析・企業分析は必須です。

「そもそも自身がどのような強み・弱みを持っているか」「どのようなビジネスモデルか」「企業経営や事業が現在どのような経営フェーズにいるのか」を把握することが重要です。

業界を正しく認識し、企業が求める人物像も把握できるので、明確な志望動機を伝えられて成功の確率を高めることができます。

自己分析と言ってもなかなか難しいですよね。

そんな時はパーソナルファイルのキャリアパーソナリティ診断がオススメ!
この診断は80種類のタイプから自分がどんなタイプか分析できるので、診断の精度が段違いです。

適職を導き出す事だけに特化している為、よくある簡易的な適職診断などとはレベルが違うので、是非一度受けてみる事をオススメします。

20代に特化したフリーター・高卒・専門卒のキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】!
0701_magazine_CTA

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAIを融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

業界最大の80パーソナリティ(80タイプ)から自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

\すでに2,189名が適職と出会ってキャリアチェンジ!/

面接対策をしっかり行う

20代の転職活動を成功させるには、応募書類の質を向上させるのはもちろん、並行して面接対策も行いましょう。

「これまでどのような業務に携わり、どのようなことを学んだのか」といった、経歴や志望動機、強み弱みなどは、スムーズに回答するためにまとめておくのがポイントです。

また面接における回答文の準備は自身で行えますが、対話形式の深掘りされる質問の対策は対人で行うのがおすすめです。

転職エージェントを使う場合は、しっかりと面接対策をしてくれるエージェントを選ぶことがポイントです。

ちなみにパーソナルファイルは何度でも無料で対応可能です!

転職エージェントを活用する

転職エージェントは、転職希望者と企業をマッチングさせ、仕事選びから入社までをサポートしてくれるプロの専門家です。

転職エージェントは、経歴やスキル、条件を踏まえて求人情報を提供してくれるだけでなく、エントリーシートの書き方や面接のアドバイスも行ってくれます

「何から始めていいのかがわからない」という方はもちろん、「模擬面接練習をしたい」方も、積極的に転職エージェントの利用するのがおすすめです。

【成功への道!未経験から転職を成功させた人の体験談】

体験談1: フリーターからITエンジニアに!未経験から夢を叶えた方法

(27歳男性)

元々、IT業界に興味がありましたが、専門的な知識やスキルが全くない状態でした。転職を決意し、プログラミングスクールに通いながら、未経験者歓迎のIT企業を中心に求人を探しました。

転職エージェントにも登録し、自己PRや面接対策など、親身にサポートしていただきました。その結果、未経験からITエンジニアとして採用され、現在は夢だったゲーム開発に携わっています。

体験談2: 事務職から営業職へ!新たな挑戦でキャリアアップを実現

(25歳女性)

前職は事務職でしたが、もっと人と関わる仕事がしたいと思い、営業職への転職を決意しました。営業経験はありませんでしたが、コミュニケーション能力には自信があり、積極的にチャレンジしたいという気持ちをアピールしました。

転職エージェントに相談し、効果的な自己PR方法や面接対策を教えていただきました。その結果、希望していた営業職に就くことができ、現在はやりがいを感じながら働いています。(25歳女性)

20代におすすめ転職サイト・エージェント5選

相性就職パーソナルファイル

相性就職パーソナルファイルは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職・転職支援サービスです。

独自のキャリアパーソナリティ診断によって、「どんな職種が向いているか」「どんな上司と相性がいいか」「どんな働き方が向いているか」など、仕事をする上での重要なポイントが分かります。

また経験豊富な適職カウンセラーが、キャリアパーソナリティ診断の分析結果と面談でのヒアリングをふまえて、未経験でもチャレンジできる求人を厳選してご紹介します。

とにかく診断テストの精度が段違いでここまで細かく分析できる適職診断は他にはないと思います。

\すでに2,189名が適職を知ってキャリアチェンジ!/

doda

doda

dodaは、業界最大級、10万件以上の求人からあなたに合った職種を紹介してくれる転職エージェントです。

変化の速い転職市場や業界の知見が豊富な転職のプロが、キャリアプランのご相談から転職ノウハウの提供まで幅広くサポートしてくれます。

また、求人企業への応募書類の提出や、面接日程の調整など、企業とのやり取りを代行してくれるので、効率的に活動を進められます。

マイナビAGENT

マイナビ

※マイナビのプロモーションを含みます

マイナビAGENTは、各業界・職種に精通した専任のアドバイザーがサポートしてくれる転職エージェントです。

各業界の転職事情に精通しているので、マイナー業界への転職を検討している場合も安心して相談できます。

また、企業の人事担当者とやり取りするアドバイザーも在籍しているので、職場の雰囲気など、求人票には載っていないリアルな企業情報も得られます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1を誇る転職エージェントです。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が多いので、特定の職種や業種に限らず、転職先の可能性を広げられます。

転職に関するオンラインイベントやセミナーも開催されているので、隙間時間を有効活用して転職活動を進められます。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは、就職成功率80.4%を誇る、フリーター・既卒・第二新卒など若年層向けの転職エージェントです。

「学歴・経歴に自信がない」「ずっとこのままでいいのか不安」「やりたいことがわからない」といった方でも気軽に相談できます。

また、未経験OKの求人は全体の約8割を占めているので、新しいことにチャレンジしたい方にもおすすめです。

未経験から転職を成功させるためのステップを、わかりやすく解説!

【ステップ別解説】未経験から転職を成功させるためのロードマップ
STEP
自己分析: 自分の強み・弱み、やりたいことを明確に!

転職活動を始める前に、まずは自己分析を行いましょう。
自分の強み・弱み、興味・関心、価値観、キャリアプランなどを分析することで、自分に合った仕事を見つけることができます。

・自己分析のポイント

  • 過去の経験を振り返り、成功体験や失敗から学ぶ
  • 自分の性格や能力を客観的に把握する
  • どんな仕事にやりがいを感じるのか、どんな働き方がしたいのかを考える
  • キャリアプランを明確にし、長期的な目標を設定する
STEP
 業界・職種研究: 興味のある業界・職種を徹底リサーチ!

自己分析で明確になったキャリアプランに基づき、興味のある業界・職種を徹底的にリサーチしましょう。

業界・職種研究のポイント

  • 業界全体の動向や将来性を知る
  • 具体的な仕事内容や必要なスキルを理解する
  • 平均年収やキャリアパスを調べる
  • 自分に合った企業文化や働き方を探る
STEP
スキルアップ: 転職活動に必要なスキルを習得!

未経験から転職する場合、スキルアップは必須です。
応募資格を満たすために必要な資格を取得したり、転職活動で有利になるスキルを磨いたりしましょう。

スキルアップのポイント

  • 応募資格に必要な資格を取得
  • 自己PRや面接対策など、転職活動に必要なスキルを習得
  • 興味のある業界・職種に関する知識を深める
  • コミュニケーション能力やビジネスマナーを向上させる
STEP
求人探し: 希望に合う求人を見つけ出す!

スキルアップと並行して、求人探しを始めましょう。
転職サイトや転職エージェントを利用して、希望の条件に合う求人を見つけ出すことが重要です。

求人探しのポイント

  • 複数の転職サイト・エージェントを利用する
  • 希望の条件を明確にし、検索機能を効果的に活用する
  • 企業のホームページや採用ページで企業研究を行う
  • 求人情報の更新日をこまめにチェックする
STEP
応募書類作成: 効果的な履歴書・職務経歴書を作成!

希望の求人が見つかったら、効果的な応募書類を作成しましょう。
履歴書と職務経歴書は、企業に自分をアピールするための重要な書類です。

応募書類作成のポイント

  • 企業の求める人物像を理解し、自己PRに反映させる
  • 誤字脱字や空白期間がないか、丁寧に確認する
  • 第三者にチェックしてもらう
STEP
面接対策: 自信を持って面接に臨めるように準備!

面接は、企業の採用担当者と直接会うことができる貴重な機会です。
自信を持って面接に臨めるように、事前にしっかりと準備しておきましょう。

面接対策のポイント

  • 企業研究を徹底し、企業の求める人物像を把握する
  • よくある質問と回答を事前に準備しておく
  • 逆質問をいくつか用意しておき、積極的に質問する
  • 模擬面接で練習し、自信をつける

20代の転職に関するよくある質問

20代後半でも未経験の業種・職種に転職できる?

20代後半でも未経験の業種・職種に転職できます。しかし同じ20代でも、20代前半の方が採用される可能性が高いです。

スキルや経験がない…未経験でも採用される?

企業は、未経験者であっても、ポテンシャルや人柄、成長意欲を評価します。「未経験者歓迎」の求人に積極的に応募し、自己PRで熱意を伝えましょう。

自分に合う仕事がわからない…どうやって見つければいい?

自己分析を徹底し、自分の強みや興味・関心を明確にしましょう。転職サイトやエージェントで様々な求人情報を比較検討したり、キャリアカウンセリングを受けるのも有効です。

それでもわからない場合はキャリアパーソナリティ診断がオススメです!

フリーター・高卒・専門卒のキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】!
80種類から適職が分かる画像

パーソナルファイル【相性転職・就職】とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

すでに2,189名が適職を知ってキャリアチェンジ!

20代の転職におすすめの職種・業界の基準は?

20代の転職におすすめの職種・業界の基準は、「今後も需要のある業界の企業か」「年収アップが見込めるか」「労働環境が整っているか」「スキルが身につく仕事か」「離職率が低くて人の入れ替わりが少ないか」などです。

20代後半になると未経験での転職が難しくなる理由は?

20代後半になると未経験での転職が難しくなる理由は、それなりのスキルを求められるからです。実務経験が重視される分、同年代で自分よりも経験豊富なライバルがいると不利になってしまいます。

同業界・同業種どちらかの経験があれば転職しやすい?

同業界・同業種どちらかの経験があれば、転職で有利になります。とはいえ、業界・業種が異なる場合も、これまでの経験を活かせる仕事であれば転職しやすいです。

20代の年収はどのくらい?

国税庁の調査によると、20代前半の平均年収は約250万円、20代後半の平均年収は約350万円です。

参照:業種別及び年齢階層別の給与所得者数・給与額|国税庁

キャリアアップ志向がある20代におすすめの企業形態は?

キャリアアップ志向がある20代には、「成果報酬制を採用している会社」「外資系コンサル」「ベンチャー企業」など、成果主義の会社がおすすめです。

未経験でもおすすめしない業種・職種はある?

「業務を淡々とこなすだけの仕事」「離職率が高い仕事」「将来性が見込めない業界」などは、やりがいを感じられなかったり、職を失いやすかったりするのでおすすめできません。

未経験職に応募するときアピールするべき箇所は?

20代の転職で未経験職に応募する際は、別業種でも活かせる「共通のスキル」をアピールしましょう。スキル以外にも経験や人脈など、共通している内容をアピールすれば、応募時の説得力を高められます。

20代後半に求められるスキル・経験は?

20代後半に求められるスキル・経験は、「実務経験」「マネジメント能力」「ビジネスモデル・自社事業戦略への理解」などです。

20代前半に求められるスキル・経験は?

20代前半に求められるのはスキルより「仕事への熱意」です。また、コミュニケーション能力やマナーなどの社会人としての基本的な能力も求められています。

履歴書・職務経歴書の書き方がわからない…効果的な書き方は?

企業の求める人物像を理解し、自己PRで経験やスキルを効果的にアピールしましょう。具体的なエピソードを盛り込むことで、説得力が増します。転職サイトやエージェントが提供する例文を参考にしたり、添削サービスを利用するのもおすすめです。

面接でうまく話せるか不安…面接対策はどうすればいい?

よくある質問と回答を事前に準備し、模擬面接で練習することで、自信をつけることができます。企業研究を行い、企業の求める人物像を把握しておくことも大切です。

転職活動がうまくいかない…モチベーションを維持するには?

長期化する転職活動では、モチベーションの維持が重要です。目標を明確にし、計画的に行動しましょう。転職エージェントに相談したり、友人や家族に話を聞いてもらうのも有効です。

20代未経験からでも転職成功する8職種について徹底解説のまとめ

今回は、20代の転職におすすめの職種を男性女性別に紹介していきました。

20代は、未経験であっても、転職を成功させる大きなチャンスがあります!

20代は転職に最適なタイミングなので、積極的に転職を進めるのがおすすめです。

今の会社に不満を持ちながらずるずると働いても時間の無駄になるので、「転職したい!」と思ったタイミングで行動しましょう。

「転職したいけど何から始めるべきかわからない…」という方は、相性就職パーソナルファイルにお気軽にご相談ください!

フリーター・高卒・専門卒のキャリアチェンジに特化
パーソナルファイル【相性転職・就職】

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

すでに2,189名が適職を知ってキャリアチェンジ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

無料適職のご相談はこちら

これまでに就職したことありますか?

この記事を監修した人

荻久保健一のアバター 荻久保健一 株式会社Wiz CHRO/株式会社Personal 代表取締役

IT系ベンチャー数社でマーケティングからWeb制作、子会社代表等幅広く経験。
その後人材系ベンチャーでCMO(マーケティング責任者)を経て、現在は年間数万人が応募するITの総合商社でCHRO(人事責任者)をやりながら、株式会社Personal代表取締役として、すべての人に相性がいい適職を紹介する「パーソナルファイル【相性就職・就職】」を運営しています。

【Googleがたどり着いた答え】学歴ではない本当に成果を出す人の特徴
今、マーケティング担当が読むべきおすすめnote10選まとめ
Linkedin

目次