MENU
適職のご相談はこちら

20代の転職におすすめの職種ランキング!未経験から目指せる人気職を徹底解説

「20代の転職でおすすめの職種とは?」

「未経験からでも転職することはできる?」

20代は最も転職を考える人が多い年代であり、「新しい仕事に挑戦したい」「入社した会社がブラックだった」などの理由で実際に3人に1人が転職しています。

しかしいざ転職となると、失敗しないか不安な方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、20代の転職におすすめの職種を男性女性別に紹介していきます。

20代・未経験の転職を成功させるコツも解説しているので、転職を検討している方に必見の内容です!

こんにちは!

株式会社Wizで人事責任者をしている荻久保(@ogikubo)です。

今回は、人事として年間数百人の面接経験もある僕が、そんな人たちが抱える悩みを解決し、20代の転職におすすめの職種を解説してみたいと思います。

目次

20代の転職状況

年齢階級男性女性
19歳以下11.3%20.3%
20~24歳14.1%15.5%
25~29歳14.7%11.6%
30~34歳9.1%9.6%
35~39歳6.8%9.9%
40~44歳5.4%7.9%
45~49歳4.9%7.7%
50~54歳4.5%8.2%
55~59歳5.0%6.1%
60~64歳8.9%8.1%
65歳以上4.7%4.2%
引用:厚生労働省「令和4年雇用動向調査結果 3 転職入職者の状況(1)年齢階級別転職入職率」

20代の転職率は、厚生労働省の実施した令和3年雇用動向調査によれば、およそ3割程度で、3人に1人が転職しています。

年代で比べると、男性女性問わず20代の転職者が多く、20代の転職は珍しくないことがわかります。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、パーソナル適職診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

80種類の診断結果とAIを元にあなたに相性のいい適職をご紹介!

自分にあった適職が見つかる!

20代は転職に最適なタイミング

20代は転職に最適なタイミング

20代は、若い間に多くの経験を積み、新しいキャリアの可能性を広げられるので、転職に最適なタイミングといえます。

経験が浅い分、新しい職場にも柔軟に対応できるので、知識やスキルを身につけやすいといったメリットがあります。

また、新卒のように社会人の基礎を教える必要がないという企業側のメリットもあるので、20代の転職は成功させやすいでしょう。

20代後半になると未経験での転職が難しくなってきます。そのため、未経験職種への転職を有利に進める際は、20代の早めのタイミングで転職を検討するのがおすすめです。

20代前半の転職難易度

未経験でも成長を見越して採用される

20代前半に転職する場合は、完全に未経験でも成長を見越して採用してもらえる確率が高いです。

ただし、若ければ必ず採用してもらえるとは限らず、「やる気が強いから成長が期待できる」「前職の経験からコツコツと前向きに取り組める人だ」と判断してもらわなければいけません。

20代前半だから未経験でも大丈夫と思わず、強い意気込みを自分の言葉でアピールすることが大切です。

第二新卒枠での応募がおすすめ

第二新卒とは、社会人経験が1〜3年程度の、就業経験がある若い人材を指します。

多くの企業には第二新卒枠があり、若さゆえのポテンシャルや就業経験など、成長を見越して採用しています。

第二新卒は、社会人として必要な心構えやマナーを身につけていると考えられており、企業からの需要が高いので、該当する人は第二新卒枠で応募するのがおすすめです。

20代後半の転職難易度

20代後半で完全未経験の職種は難しい

20代後半に転職する場合は、即戦力が求められるため、未経験の業界への転職は難しいです。

ただし、同じ業界内であれば知識や経験を活かせるので、転職できる可能性が高くなります

例えば、IT業界で営業職からマーケティング職に転職するなど、同じ業界内であれば転職しやすいでしょう。

経験を活かせる職種への転職がおすすめ

20代後半に転職する場合は、これまでの経験を活かせる仕事を選ぶと、転職が成功する可能性が高くなります

例えば、販売員と営業はお客様を相手にする点が共通しており、エンジニアとWebデザイナーはパソコンを使う点が共通しています。

ドライバーからエンジニアに転職するというような、つながりのない職種への転職は難しいので、似た部分のある職種を選ぶのがおすすめです。

20代女性の転職難易度

長期間働く意思があることをアピール

20代女性の場合は、結婚や出産、子育てなどのライフステージの変化によって退職することがあるので、「即戦力になるか」という点より「長期間働けるか」という点が重視されます。

そのため20代女性で転職を検討している場合は、「長期間働いて期待に応えたい」という姿勢をアピールすることが大切です。

パートや派遣社員で経験を積むのもおすすめ

20代の女性の中で、出産や子育ての時間も大切にしたい方は、時間の融通が利くパートや派遣社員で経験を積むのもおすすめです。

将来的に正社員を目指すにしても、未経験者よりも経験者の方が採用されやすいです。

まずは、パートや派遣社員で入社しておくことで、子育てが落ち着いてからでも正社員になりやすいでしょう。

20代が未経験からでも転職しやすい理由

20代が未経験からでも転職しやすい理由

人手不足であるため

人手不足の企業は、未経験者を採用してでも人員を確保したいと考えるため、未経験からでも転職しやすい傾向にあります。

特に、近年急速に拡大しているIT・Web業界は慢性的な人手不足に陥っているため、応募数を増やすために未経験を歓迎している企業が多くみられます。

吸収率やポテンシャルを評価されるため

20代が未経験からでも転職しやすい理由に、企業が20代の吸収率や成長度などのポテンシャルに期待していることも挙げられます。

社会人経験が長い30~40代であれば、凝り固まった考えや意見がある場合も多く、会社のスタイルに柔軟に適応できない人もいます。

その点20代は、経験が浅いぶん新しい環境や仕事のやり方をスムーズに吸収しやすいため、自社での成長を見越して採用されるケースも多いです。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、パーソナル適職診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

80種類の診断結果とAIを元にあなたに相性のいい適職をご紹介!

自分にあった適職が見つかる!

【男性版】20代の転職におすすめの職種ランキング

【男性版】20代の転職におすすめの職種ランキング

1位 営業

営業職とは、商品やサービスを取引先に提供し、売上を拡大するのはもちろん、取引先と関係構築も図る仕事です。

営業職は、成果が即座に評価され、実績次第でインセンティブや昇進の機会が増えるため、成長意欲のある20代におすすめの職種です。

また、コミュニケーション力や人間関係構築のスキルを磨くのにも最適なので、将来のキャリア選択肢を広げることにもつながります。

2位 ITエンジニア

ITエンジニアとは、ソフトウェア開発やネットワーク管理、システム設計などを担当する仕事です。

ITエンジニアは、デジタル技術の急速な進化と需要の高まりから市場で非常に求められる職種のため、20代の転職におすすめです。

また高収入と安定性も魅力で、プログラミングやデータ分析、ネットワーク管理などを学べば、どの企業でも活躍できるでしょう。

3位 Webマーケティング

Webマーケティングとは、ユーザーをWebサイトに集客し、商品やサービスの購入につなげるための施策を考える仕事です。

Webマーケティングは、データ分析や戦略立案のスキルを磨きながら成果を可視化しやすく、評価されやすい職種のため、20代の転職におすすめです。

デジタル広告やSEO、SNS戦略など、幅広いスキルを身につけられるので、次の企業にとどまらず、キャリアアップを考えている方に最適な職種です。

4位 ドライバー

ドライバーには、トラック運転手やバス運転手、配達ドライバーなどの仕事があります。

20代の転職にドライバーがおすすめな理由は、多くの職場で需要が高く、比較的簡単に就職できるからです。

またドライバーの仕事は比較的安定しており、シフト勤務で柔軟な働き方も可能なので、子どもの学習参観や行事に合わせて休みたい方におすすめです。

5位 コンサルタント

コンサルタントとは、クライアントの経営課題を明らかにし、課題解決のための戦略を立案・提言することによって業績改善を支援する仕事です。

20代の転職にコンサルタントがおすすめな理由は、成長の機会が豊富だからです。

幅広い業界での経験を通して、経営に関する知識や洞察力などが身につくため、将来的に起業を考えている方にもおすすめの職種です。

6位 建築・製造職

建築・製造職には、ビルや建築物などを造る建築・設計関連技術者をはじめ、橋や道路を造る土木工事関連職、自動車のメンテナンスを行う自動車整備士など、様々仕事があります。

20代の転職に建築・製造職がおすすめな理由は、手に職をつけ、実務経験を積む機会が豊富だからです。

将来的にはスペシャリストとしてのキャリアパスも築けるので、未経験ながらも職を極めたい人におすすめです。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、パーソナル適職診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

80種類の診断結果とAIを元にあなたに相性のいい適職をご紹介!

自分にあった適職が見つかる!

【女性版】20代の転職におすすめの職種ランキング

【女性版】20代の転職におすすめの職種ランキング

1位 事務職

事務職とは、データ入力や書類作成、処理、ファイリング、電話・来客対応などの業務全般を担う仕事です。

事務職は、多くの企業で必要とされており、求人数も多いため転職機会が豊富です。

また、ワークライフバランスも重視できるので、仕事とプライベートを両立したい方に最適な職種です。

2位 販売職

販売職は、主に店舗で商品を販売する仕事で、接客やレジ打ち、商品の品出しと在庫管理などを行います。

販売職は、商品を売るだけでなく、コミュニケーションや顧客対応、交渉力、問題解決力などのビジネススキルも高められます

将来的に営業職への転職に有効なので、キャリアステップの第一段階としておすすめの職種です。

化粧品やスキンケアに興味がある方には、美容部員もおすすめです!

3位 Webデザイナー

Webデザイナーとは、クライアントが求めるWebサイトを作るために、機能的な構成を提案し、Webサイトをデザインする仕事です。

デザインに関する知識や経験はどの企業・業界でも価値があるので、スキルと実績を身につければ、どこでも活躍できます

若い時期からWebデザイナーとしてスタートすれば、将来的にデザインリーダーやUXデザイナーとしてのキャリアも築けます。

4位 ライター

ライターとは、依頼された企画内容に合った文章を書く仕事で、掲載媒体は書籍や雑誌、ニュースサイトなど様々です。

ライターは、ライティングスキルを身につけることができれば、フリーランスとして働くことも可能です。

ワークライフバランスを調整しやすいので、子育てや介護などと両立しながら働きたい方におすすめです。

5位 広報

広報は、企業情報を社内外へ発信することで企業と社会との良好な関係性を構築する仕事で、プレスリリースの作成、イベントの企画などを行います。

コミュニケーション力や柔軟な発想力、文章力などが求められる広報は、企業のブランド価値向上に大きく寄与するので、やりがいのある仕事です。

ただし企業を熟知している必要があり、一般的には他部署での経験を経て配属される場合が多いので、まずは事務職で経験を積むのがおすすめです。

6位 介護職

介護職とは、介護が必要と認定された人が生活できるようにサポートする仕事です。

高齢化が進む中で介護職の需要は拡大しており、求人数も多いため、転職機会が豊富です。

介護職は、人々の生活に直接影響を与えるので、他者に尽くすことで充実感を味わいながら、社会に貢献できることに喜びを感じられる人が向いています。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、パーソナル適職診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

80種類の診断結果とAIを元にあなたに相性のいい適職をご紹介!

自分にあった適職が見つかる!

【未経験版】20代の転職におすすめの職種ランキング

ランキング職種
1位事務職
2位販売職
3位営業職
4位介護職
5位建築・製造職

20代で未経験の職種に転職する場合、上記の職種がおすすめです。事務職や販売職、介護職は、求人数が多いので転職しやすいです。

また営業職は、成果次第でインセンティブを受け取れるので、未経験でも高収入を目指したいという成長意欲の高い方に向いています。

建築・製造職は、スペシャリストとしてのキャリアパスもあり、未経験ながらも職を極めたい方におすすめです。

20代が転職しやすい職種・業界の特徴

20代が転職しやすい職種・業界の特徴

未経験者を歓迎している

20代が転職する場合、「未経験者を歓迎している」職種・業界がおすすめです。

未経験者を歓迎している職種・業界は、教育体制が整っていることも多く、スキルアップにつながる可能性が高いためです。

また、未経験者も積極的に採用して人手不足を解消したいと考える企業は、採用枠も多いため、転職の成功率が高くなるでしょう。

20代の転職におすすめの業界
  • IT・インターネット業界
  • 建設・不動産関連業界
  • 介護・福祉業界
  • 飲食・サービス・小売業界
  • 美容・ブライダル業界
  • 農業

需要が拡大している

20代が転職する場合、「需要が拡大している」または「規模が大きい」職種・業界もおすすめです。

需要が拡大している業界であれば、将来的な人材を育成するために、内定枠を増やして採用している企業が多いです。

また規模が大きい業界は、元々の内定枠が多い傾向にあるので、転職しやすいでしょう。

20代の転職におすすめの業界
  • 半導体業界
  • ドローン業界
  • 運輸・配送業界

20代の転職で職種・業界を選ぶときのポイント

20代の転職で職種・業界を選ぶときのポイント

年収アップが見込めるか

20代の転職で職種・業界を選ぶ際、将来の生活費や貯蓄のためにも、年収アップが見込めるかが重要です。

自身の興味や適性に合わせて職種・業界を選ぶのことも大切ですが、年収は将来のライフスタイルにも影響を与えるので、収入が増える職種・業界に転職するのがベターです。

特に高収入を実現したい方は、競争が激しい分野や専門的なスキルが求められる職種を選ぶのがおすすめです。

長く働ける労働環境が整っているか

20代の転職で職種・業界を選ぶ際、安定してキャリアを築くためにも、長く働ける環境である企業を選びましょう。

ハラスメントが横行していたり、サービス残業が当たり前であったりする企業では働くモチベーションも下がってしまいます。

長く働き続けられることで、ゆくゆくは昇格や年収アップも期待できるので、労働環境が整備されているか確認するようにしましょう。

有給休暇が取りやすい、リモートワークにも切り替えられる、福利厚生が手厚いなども、長く働き続けられるポイントです!

離職率が低くて人の入れ替わりが少ないか

20代の転職で職種・業界を選ぶ際、すぐに辞めてしまうことを防ぐためにも、離職率の低い業界を選ぶようにしましょう。

業界によって、労働条件や職場環境、給与が様々なので、離職率が高い業界も少なくありません。

離職率が高い業界に入ってすぐに辞めてしまうと、もう一度転職活動しなければならないことになるので、業界の離職率にも注目して転職活動を進めましょう。

スキルが身につく仕事か

20代の転職で職種・業界を選ぶ際、多くのスキルが身につく仕事かチェックしましょう。

吸収できる若い時期に多くのスキルを身につけることで、将来的に市場価値の高い人材になることができます

将来転職をしたくなった際も、スキルを持っていれば「弊社に必要な人間だ」「売上アップに貢献してくれる」と思ってもらえ、希望通りの年収で転職しやすくなります。

将来性のある仕事か

20代の転職で職種・業界を選ぶ際、将来、自動化や機械化によって不要にならない仕事を選ぶことが重要です。

例えば、ドライバーを自動運転で置き換えられたり、販売員をセルフレジに置き換えられたりすることが考えられます。

技術の発展によって将来仕事を失わないためにも、看護師や介護士、営業など、AI代替されにくい職種を選ぶのがおすすめです。

20代・未経験の転職を成功させるコツ

20代・未経験の転職を成功させるコツ

資格やスキルを身につける

20代で未経験の業界や職種に転職する場合、資格やスキルを身につけておくと転職を有利に進められます。

例えば、マーケティング職に挑戦する際は、ネットマーケティング検定やマーケティング・ビジネス実務検定を取得しておきましょう。

資格の取得は時間や費用がかかりますが、即戦力として活躍できる分、採用側からの信頼も得やすくなるので、成功の確率を高めることができます

転職活動は在職中に行う

経済的に困窮するのを防ぐためにも、転職活動は在職中に行うのがおすすめです。

次の仕事の見通しが立たない状態で退職すると、不安や焦りで転職活動が上手くいかない可能性もあります。

自身の適性に合った仕事を見つけ、納得して転職活動を終えるために、現職はすぐに辞めないようにしましょう。

業界・職種を絞りすぎない

20代で転職する場合、業界や職種を絞りすぎると、自分の可能性を狭めてしまいます。

また自分とその業界・職種の相性が悪かった場合、内定に至らない可能性もあるので、業界・職種を絞りすぎるのは危険です。

業界・職種を絞るときは、似ている業界を複数選ぶようにしましょう。

例えば、銀行を選んだ場合は、信用金庫や保険業界も視野に入れて検討しましょう。

転職の目的やキャリアプランを明確にする

20代で転職する場合、転職の目的やキャリアプランを明確にすることが重要です。

転職の目的が不明瞭だと、求人を探す際の方向性がブレやすくなります。納得のいく転職を実現するためにも理由を明確にしましょう。

またキャリアプランも明確にしておくことで、将来像を描けて、入社後のミスマッチを防げます。

自己分析・業界分析・企業分析を徹底する

20代の転職活動を成功させる上で、自己分析・業界分析・企業分析は必須です。

「そもそも自身がどのような強み・弱みを持っているか」「どのようなビジネスモデルか」「企業経営や事業が現在どのような経営フェーズにいるのか」を把握することが重要です。

業界を正しく認識し、企業が求める人物像も把握できるので、明確な志望動機を伝えられて成功の確率を高めることができます。

面接対策をしっかり行う

20代の転職活動を成功させるには、応募書類の質を向上させるのはもちろん、並行して面接対策も行いましょう。

「これまでどのような業務に携わり、どのようなことを学んだのか」といった、経歴や志望動機、強み弱みなどは、スムーズに回答するためにまとめておくのがポイントです。

また面接における回答文の準備は自身で行えますが、対話形式の深掘りされる質問の対策は対人で行うのがおすすめです。

転職エージェントを活用する

転職エージェントは、転職希望者と企業をマッチングさせ、仕事選びから入社までをサポートしてくれるプロの専門家です。

転職エージェントは、経歴やスキル、条件を踏まえて求人情報を提供してくれるだけでなく、エントリーシートの書き方や面接のアドバイスも行ってくれます

「何から始めていいのかがわからない」という方はもちろん、「模擬面接練習をしたい」方も、積極的に転職エージェントの利用するのがおすすめです。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、パーソナル適職診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

80種類の診断結果とAIを元にあなたに相性のいい適職をご紹介!

自分にあった適職が見つかる!

20代におすすめ転職サイト・エージェント5選

相性転職パーソナルファイル

相性転職パーソナルファイル

相性転職パーソナルファイルは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職・転職支援サービスです。

独自のキャリアパーソナリティ診断によって、「どんな職種が向いているか」「どんな上司と相性がいいか」「どんな働き方が向いているか」など、仕事をする上での重要なポイントが分かります。

また経験豊富な適職カウンセラーが、キャリアパーソナリティ診断の分析結果と面談でのヒアリングをふまえて、未経験でもチャレンジできる求人を厳選してご紹介します。

doda

doda

dodaは、業界最大級、10万件以上の求人からあなたに合った職種を紹介してくれる転職エージェントです。

変化の速い転職市場や業界の知見が豊富な転職のプロが、キャリアプランのご相談から転職ノウハウの提供まで幅広くサポートしてくれます。

また、求人企業への応募書類の提出や、面接日程の調整など、企業とのやり取りを代行してくれるので、効率的に活動を進められます。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、各業界・職種に精通した専任のアドバイザーがサポートしてくれる転職エージェントです。

各業界の転職事情に精通しているので、マイナー業界への転職を検討している場合も安心して相談できます。

また、企業の人事担当者とやり取りするアドバイザーも在籍しているので、職場の雰囲気など、求人票には載っていないリアルな企業情報も得られます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1を誇る転職エージェントです。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が多いので、特定の職種や業種に限らず、転職先の可能性を広げられます。

転職に関するオンラインイベントやセミナーも開催されているので、隙間時間を有効活用して転職活動を進められます。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは、就職成功率80.4%を誇る、フリーター・既卒・第二新卒など若年層向けの転職エージェントです。

「学歴・経歴に自信がない」「ずっとこのままでいいのか不安」「やりたいことがわからない」といった方でも気軽に相談できます。

また、未経験OKの求人は全体の約8割を占めているので、新しいことにチャレンジしたい方にもおすすめです。

20代の転職に関するよくある質問

20代後半でも未経験の業種・職種に転職できる?

20代後半でも未経験の業種・職種に転職できます。しかし同じ20代でも、20代前半の方が採用される可能性が高いです。

20代の転職におすすめの職種・業界の基準は?

20代の転職におすすめの職種・業界の基準は、「今後も需要のある業界の企業か」「年収アップが見込めるか」「労働環境が整っているか」「スキルが身につく仕事か」「離職率が低くて人の入れ替わりが少ないか」などです。

20代後半になると未経験での転職が難しくなる理由は?

20代後半になると未経験での転職が難しくなる理由は、それなりのスキルを求められるからです。実務経験が重視される分、同年代で自分よりも経験豊富なライバルがいると不利になってしまいます。

同業界・同業種どちらかの経験があれば転職しやすい?

同業界・同業種どちらかの経験があれば、転職で有利になります。とはいえ、業界・業種が異なる場合も、これまでの経験を活かせる仕事であれば転職しやすいです。

20代の年収はどのくらい?

国税庁の調査によると、20代前半の平均年収は約250万円、20代後半の平均年収は約350万円です。

参照:業種別及び年齢階層別の給与所得者数・給与額|国税庁

キャリアアップ志向がある20代におすすめの企業形態は?

キャリアアップ志向がある20代には、「成果報酬制を採用している会社」「外資系コンサル」「ベンチャー企業」など、成果主義の会社がおすすめです。

未経験でもおすすめしない業種・職種はある?

「業務を淡々とこなすだけの仕事」「離職率が高い仕事」「将来性が見込めない業界」などは、やりがいを感じられなかったり、職を失いやすかったりするのでおすすめできません。

未経験職に応募するときアピールするべき箇所は?

20代の転職で未経験職に応募する際は、別業種でも活かせる「共通のスキル」をアピールしましょう。スキル以外にも経験や人脈など、共通している内容をアピールすれば、応募時の説得力を高められます。

20代後半に求められるスキル・経験は?

20代後半に求められるスキル・経験は、「実務経験」「マネジメント能力」「ビジネスモデル・自社事業戦略への理解」などです。

20代前半に求められるスキル・経験は?

20代前半に求められるのはスキルより「仕事への熱意」です。また、コミュニケーション能力やマナーなどの社会人としての基本的な能力も求められています。

まとめ

今回は、20代の転職におすすめの職種を男性女性別に紹介していきました。

20代は転職に最適なタイミングなので、積極的に転職を進めるのがおすすめです。

今の会社に不満を持ちながらずるずると働いても時間の無駄になるので、「転職したい!」と思ったタイミングで行動しましょう。

「転職したいけど何から始めるべきかわからない…」という方は、相性転職パーソナルファイルにお気軽にご相談ください!

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を監修した人

荻久保健一のアバター 荻久保健一 株式会社Wiz 取締役CHRO/株式会社Personal 代表取締役

IT系ベンチャー数社でマーケティングからWeb制作、子会社代表等幅広く経験。
その後人材系ベンチャーでCMOを経て、現在は年間数万人が応募するITの総合商社で取締役CHROをやりながら、株式会社Personal代表取締役として、すべての人に相性がいい適職を紹介する「相性転職パーソナルファイル」を運営しています。

【Googleがたどり着いた答え】学歴ではない本当に成果を出す人の特徴
今、マーケティング担当が読むべきおすすめnote10選まとめ
Linkedin

目次