MENU
適職のご相談はこちら

人事のプロが選ぶ当たるおすすめ適職診断10選|選び方のポイントも解説

「適職診断のおすすめを知りたい」
「適職診断は本当に当たるの?」

自分に合った職業をみつけたいものの、適職診断がたくさんあって何を選べばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

本記事では、人事担当者おすすめの適職診断を紹介するだけでなく、選び方のポイントや診断結果の活用方法を解説します。

こんにちは!

株式会社Wizで人事責任者をしている荻久保(@ogikubo)です。

今回は、多くの適職診断の中から、分析精度が高くミスマッチが起こりにくい診断を選定しました。選び方が分からない方はぜひ参考にしてみてください!

目次

適職診断とは

適職診断とは、自分に合った職業を見つけるための診断テストのことを指します。

自分の特性やスキルなど客観的に分析できるので、より適性の高い職業を見つけられるだけでなく、自分の可能性を広げるのにも役立つでしょう。

とはいえ、適職診断は絶対的な正解を提供するものではないので、自分自身の判断や経験と照らし合わせながら考えることが大切です。

おすすめの適職診断サービス10選

スクロールできます
おすすめ度料金登録結果の具体性こんな方におすすめ
キャリアパーソナリティ診断
byパーソナルファイル
無料あり就職や転職に不安のある方
コンピテンシー診断
byミイダス
無料ありすぐに選考を進めたい方
適職診断
byキャリアインデックス
無料なし今すぐにでも転職したい方
適職診断テスト
byRe就活
無料あり職業選択の大枠を決めたい方
キャリアタイプ診断
by doda
無料なし職場環境や働き方を重視している方
適職診断NAVI
by Meta Anchor
無料なし自分でも職業を探したい方
適職診断
byハローワーク
無料なし空白期間がある方
グッドポイント診断
byリクナビNEXT
無料あり応募書類や面接に不安がある方
マイナビジョブリシャス診断
byマイナビ
無料なし仕事上の傾向を簡易的に知りたい方
いい仕事ミィつけよう診断
by女の転職type
無料なしキャリアを積みたい方

キャリアパーソナリティ診断(パーソナルファイル)

キャリアパーソナリティ診断(パーソナルファイル)

適職診断の内容

キャリアパーソナリティ診断は、最先端のAI技術で自分と相性の良い職種や企業を分析できるサービスです。

80類型の性格タイプと、向いている職種を照合して診断するため、高精度な結果を得られます。

受検者の約9割が診断に納得しているほか、経験豊富な適職カウンセラーのサポートがあるため、就職や転職に不安のある方でも安心して利用できるでしょう。

おすすめポイント
  • 最先端のAI技術で高精度な診断ができる
  • 受検者の9割が診断に納得
  • 経験豊富な適職カウンセラーによる転職サポートがある

診断結果に対する口コミ

自分に合った適職が見つかる

コンピテンシー診断(ミイダス)

コンピテンシー診断(ミイダス)

適職診断の内容

ミイダスのコンピテンシー診断は、スマホから質問に答えるだけで具体的な適性分析ができるサービスです。

登録が必要なものの、自分の強みだけでなく、相性の良い上司のタイプやストレス要因まで細かく知ることができます。

15分の診断で仕事上の特性を具体的に知れるほか、診断をもとにスカウトも受けられるので、すぐに選考を進めたい方に特に向いているでしょう

コンピテンシー診断とは?

仕事ができる社員の特徴をもとに、自分の職務適性を分析する診断方法のこと

おすすめポイント
  • 質問に答えるだけで具体的な適性分析ができる
  • 専門家が監修しており信頼性が高い
  • 自分の適性に合った企業からのスカウトを受けられる

診断結果に対する口コミ

適職診断(キャリアインデックス)

適職診断(キャリアインデックス)

適職診断の内容

キャリアインデックスの適職診断は、登録不要・無料で使えるサービスです。

39問の質問に直観的に答えるだけで、自分での仕事観や長所・短所などが分かります。

適職診断をもとに、100万件を超える求人数から適職を見つけられるため、今すぐにでも転職したい方に向いているでしょう。

おすすめポイント
  • 登録不要・無料で使える
  • 39問の質問に答えるだけで自己PRにも活かせる
  • 100万件以上の求人掲載から適職を見つけられる

診断結果に対する口コミ

適職診断テスト(Re就活)

適職診断テスト(Re就活)

適職診断の内容

Re就活の適職診断テストは、無料で簡単に診断できるサービスです。

約3分で仕事に活かせる強みや向いている仕事、仕事のスタイルを分析できます。

9つの性格タイプから診断結果を得られるため、まずは気軽に診断をしてみたい方や、職業選択の大枠を決めたい方に向いているでしょう。

おすすめポイント
  • 約3分でできる無料・簡単診断
  • 9つの性格タイプから診断結果を得られる
  • 「不向きな仕事」の結果からミスマッチを回避できる

診断結果に対する口コミ

キャリアタイプ診断(doda)

キャリアタイプ診断(doda)

適職診断の内容

dodaのキャリアタイプ診断は、登録不要・無料で利用できるサービスです。

設問数120問で回答に時間がかかる分、性格・気質傾向や能力傾向、行動基準などの豊富な診断結果を得られるため、自分の現状を多角的な視点で把握できます。

また、向いている仕事スタイル・企業風土など独自の項目を設けているので、職場環境や働き方を重視している方に特に向いているでしょう。

おすすめポイント
  • 適職診断では珍しい「向いている仕事スタイル・企業風土」まで分かる
  • 自分の特性がチャートで示されるので、視覚的にも分かりやすい
  • 行動基準について項目別の割合が分かるため、適職を絞りやすい

診断結果に対する口コミ

適職診断NAVI(Meta Anchor)

適職診断NAVI(Meta Anchor)

適職診断の内容

適職診断NAVIは、会員登録なしですぐに受検できるサービスです。

35問の質問に直感的に回答するだけで、性格やキャリア志向性、行動特性を可視化できます。

キャリアの中で大切している上位2つの価値観も分かるため、マッチする職種だけでなく、診断結果を参考に自分でも職業を探したい方に向いているでしょう。

おすすめポイント
  • 会員登録なしですぐに受検できる
  • 性格やキャリア志向性、行動特性を可視化できる
  • 自己分析に活用しやすい

診断結果に対する口コミ

適職診断(ハローワーク)

適職診断(ハローワーク)

適職診断の内容

ハローワークの適職診断は事前予約が必要なものの、無料で利用できるサービスです。

4種類の診断があり、職業適性や興味の程度など、自分について本格的に知ることができます。

種類によって診断にかかる時間は異なりますが、自己理解を深められるので、空白期間がある方や未経験職種に挑戦したい方に向いているでしょう。

おすすめポイント
  • 4種類の適職診断で自己理解を深められる
  • 診断結果をもとに職員に相談できる
  • 自分の能力に合う職種リストがもらえる

ハローワークの適職診断は、電話か現地で予約をする必要があります。予約が完了したら、指定日時にハローワークに出向き受検をしましょう。

診断結果に対する口コミ

グッドポイント診断(リクナビNEXT)

グッドポイント診断(リクナビNEXT)

適職診断の内容

グッドポイント診断は、リクルートが持つ独自のノウハウを活かして開発した、 約30分でできる本格診断サービスです。

18種類の性格タイプから、5つの自分の強みを把握できるので、応募書類の見直しや面接対策に役立ちます。

診断結果をもとに、リクナビNEXTが応募書類を添削してくれるため、応募書類や面接に不安がある方に向いているでしょう。

おすすめポイント
  • 自分の強みを深堀りできる
  • 応募書類や面接対策に役立つ
  • リクナビNEXTによる書類添削もあり、効果的な自己PRができる

診断結果に対する口コミ

マイナビジョブリシャス診断(マイナビ)

マイナビジョブリシャス診断(マイナビ)

適職診断の内容

ジョブリシャス診断は、20問の心理テストで性格を客観的に分析できるサービスです。

延べ37万人のアンケート調査から得られたデータから、本領発揮できる職種・職場環境を発見できます。

診断結果の詳細を見るにはマイナビへの会員登録が必要なので、マイナビに登録済みの方や、仕事上の傾向を簡易的に知りたい方に向いているでしょう。

おすすめポイント
  • 約3分でできる無料・簡単診断
  • 27のタイプから自分のタイプを知れる
  • 自分のタイプをもとに求人を探せる

診断結果に対する口コミ

いい仕事ミイつけよう診断(女の転職type)

いい仕事ミィつけよう診断(女の転職type)

適職診断の内容

いい仕事ミイつけよう診断は、女性を対象にした適職診断サービスです。

性格診断ではなく、前職の経験に基づいた診断のため、今までの経験を活かせる職種を発見できます。

女性にとって働きやすい企業を紹介してくれるため、経験を活かしたい方やキャリアを積みたい方に向いているでしょう。

おすすめポイント
  • 女性に特化した適職診断
  • 経験を活かせるスキル・職種が分かる
  • 診断をもとにしたおすすめの求人に応募できる

診断結果に対する口コミ

適職診断サービスの選び方

適職診断サービスの選び方
適職診断サービスの選び方
  • 診断に信頼性があるか
  • 適職結果だけでなく、解釈の解説もあるか
  • 就職転職サイトの診断を使う方法もある

診断に信頼性があるか

適職診断は自分自身の将来に関わる重要なデータのため、適職診断の実績や評判を確認して、信頼性の高いサービスを選ぶことが大切です。

例えば、分析結果の情報量が少なく抽象的な場合、精度が低い可能性があるうえに、結果を鵜吞みにして自分の可能性を狭めてしまう恐れもあります。

正確な情報を得るためにも、信頼性のある適職診断をいくつか受けて、総合的に判断しましょう

適職診断はあくまで統計データを基にした結果なので、鵜吞みにせず「本当に自分にできそうか」「本当に自分に向いてるか」などと自分に問い直すことも大切です。

「診断結果に納得がいかない」「診断をしても不安」という方は、適職カウンセラーに相談してみましょう。

信頼性の高い適職診断を選ぶポイント

信頼性の高い適職診断を選ぶためには、以下のポイントを押さえて判断しましょう。

信頼性の高い適職診断を選ぶポイント
  • 診断結果やフィードバックが具体的か
  • 診断方法が科学的な根拠や信頼性のある理論に基づいているか
  • 診断が職業選択に有効であることを示す実績や評判があるか

例えば、性格タイプと向いてる職種の照合や、キャリアプランニングなどの豊富な分析情報がグラフ付きで解説されている診断は、具体的で納得感を得やすいです。

診断受験者の「納得度」も信頼性を判断する指標となります。

適職結果だけでなく、解釈の解説もあるか

適職結果だけでなく、「結果をどう解釈すれば良いか」も解説されている適職診断であれば、具体的な行動につなげることができます。

例えば、「数値の扱いが得意な方は、データ分析や統計関連の職種が適している」といった具体的なアドバイスが得られると、実際の仕事探しやキャリアプランの立案に活かすことが可能です。

適職結果だけでは誤った解釈をする恐れがあるため、仕事の価値観や向いている職場環境など、自分の特性を明らかにしてくれる診断を選ぶのが良いでしょう。

就職転職サイトの診断を使う方法もある

就職・転職サイトが提供する適職診断を受ければ、結果をもとに就職先を紹介してもらえます。

適職診断をしても、おすすめされる職業に納得がいかないケースや、診断結果の活用方法が分からないケースも多いです。

そのため、適職診断をして終わりではなく、診断結果をもとに就職のカウンセリングや就職先の紹介をしてもらえるサイトを選ぶと、より自分に合った就職先に出会えるでしょう。

紹介された仕事には必ず応募しなくてはいけませんか?

必ず応募しなければならないということはなく、完全に自由です。 紹介された仕事の中から、自分の希望条件に合うものに絞って応募することで、 ミスマッチの防止にもつながるでしょう。

相性転職パーソナルファイルでは、診断結果の解説から就職・転職活動をすべてサポートするため、診断だけでは不安な方は活用をおすすめします。 

適職診断をするメリット

適職診断をするメリット
適職診断をするメリット
  • 就職転職先の指針になる
  • 自分の強みが分かる
  • 仕事の価値観を知ることができる
  • 就職転職先の選択肢が広がる
  • 入社後のミスマッチを防げる

就職転職先の指針になる

適職診断は自分に合った業界や職種が分かるため、就職や転職先を決める指針となります。

自己分析だけでは偏った考えになり、自分に合った職業を見つけるのに苦戦するケースも多いです。

対して適職診断は個人の特性や適性に基づいて、客観的な結果を示すので、求人情報を絞り込んでスムーズな就職・転職活動をするのに役立つでしょう。

自分の強みが分かる

適職診断では、自分では気付かなかった思わぬ「強み」を見つけられるケースがあります。

強みは自信や自己PR欄の参考になるため、求職活動に自信がない方や、自己PR欄に何を書いたらいいか分からない方におすすめです。

また、適職診断では弱みを活かす方法も見つけられるため、職業選択の幅を広げるのにも役立つでしょう。

仕事の価値観を知ることができる

適職診断では「どんな上司・部下と相性がいいか」「どんな働き方が向いているか」など仕事に対する価値観を知ることができます。

仕事の価値観に合わない職場で働くと、ストレスや不満が生まれやすくなり、満足感やモチベーションに影響する可能性が高いです。

就職・転職後のミスマッチを防ぐためも、適職診断で仕事の価値観を知っておくと良いでしょう。

相性転職では向いている業務・社風も分かるため、活躍できる可能性が高まります。

就職転職先の選択肢が広がる

適職診断では考えていなかった職種やキャリアパスを発見できるため、就職・転職先の選択肢を広げたい方にもおすすめです。

自力で仕事を探す場合、今までの経験や現職の延長線上で考える傾向にあり、適職を見逃してしまう恐れがあります。

自己成長とキャリアの可能性を狭めないよう、適職診断を参考にして新たな業務に挑戦してみるのも良いでしょう。

仕事内容を知ることで自分に合うと感じる可能性もあるので、興味がなくても一度は目を通してみましょう。

入社後のミスマッチを防げる

適職診断は興味や性格、スキルに基づいた職種や業界を提案するため、入社後のミスマッチを防ぎやすいです。

「やってみたいから」「性格に合うから」と一つの側面だけで職業選択をすると、困難に直面した際に心が折れやすい可能性があります。

一方、自分に向いている仕事であれば、やりたくない仕事や困難な場面に直面した時でも「やりがいがある」と前向きに捉えられるでしょう。

適職診断をするときの注意点

適職診断をするときの注意点
  • 無料で診断できるか確認する
  • 登録が必要か確認する
  • 複数の診断を受ける
  • 適職診断に頼りすぎない

無料で診断できるか確認する

適職診断は基本的には無料で利用できますが、中には有料のサービスもあるため、簡易的に自己分析をしたい方は注意しましょう。

また、有料サービスのプランや利用方法によって費用が異なるケースもあり、事前に確認しておかないと思った以上の金額になる可能性もあります。

とはいえ、有料サービスは分析の精度が高く、思わぬ強みや特徴を発見しやすいので、無料サービスで満足できなかったら有料も試してみるのもおすすめです。

無料でも精度の高い適職診断サービスもあるため、自己分析に十分に活用できますよ。

登録が必要か確認する

適職診断は基本的に登録不要で利用できますが、より詳細な診断結果を見るには登録が必要なケースもあります。

サービスによっては登録をすることで、人材紹介会社から就職サポートの電話やメールがくる場合もあるので、まだ具体的に就職を考えていない方は慎重な選択が必要です。

時間に余裕があれば登録のない簡易的な診断から始めて、転職への意欲が高まったら深掘りできる診断を使ってみるのも良いでしょう。

複数の診断を受ける

適職診断はサービスによってアプローチや評価基準が異なるため、複数の診断を受けて総合的に判断することが大切です。

例えば、性格に特化した診断と、スキル・興味に特化した診断を受ける場合、異なる基準に基づいているので結果が相反する可能性があります。

適職診断によって異なる側面に焦点を当てていることを理解し、自分の経験や洞察を踏まえて、妥当性があるか検討しましょう

適職診断に頼りすぎない

適職診断はあくまで一般的な傾向や特性を示すもので、必ずしも正しいとは限らないため頼りすぎないことが大切です。

診断結果を鵜呑みにしてしまうと、自分の可能性を狭めてしまう恐れがあります。 

適職診断で新たに得られた自分の特性や適職を、自分の興味や価値観と照らし合わせながら判断することで、より正確な適職を発見できるでしょう。

診断を参考に自己分析をする大切さは分かりましたが、具体的なキャリアパスが描けず、将来に不安があります…。どうしたらいいでしょうか?

具体的なキャリアパスについては、キャリアカウンセラーに相談することをおすすめします。

専門家からのアドバイスや指導を受けながら、適職診断を活用してキャリアを決めていきましょう。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

向いている仕事が難しそうなときは?

適職診断が示す「向いている職業」が難しそうと感じたときは、イメージや人から聞いた話だけで考えている可能性もあるため、仕事内容を詳しく調べてみましょう。

例えば、マーケティング職といっても商品企画やSNSマーケター、データアナリストなど仕事内容の種類は多岐にわたります。

そのため一見難しそうな職業でも、仕事内容によっては自分の性格やスキルに適しているケースもあるので、職業名だけでなく仕事内容まで調べてみることが大切です。

適職発見に役立つ診断以外の方法

適職発見に役立つ診断以外の方法

転職エージェントで客観的な意見をもらう

適職診断とあわせて転職エージェントも利用すると、数ある企業の中から興味やスキルに合った就職・転職先を選定してくれるため、適職を見つけやすいです。

適職診断によっては現実味のない職業や具体性のない情報が示されるケースもあるので、自分一人では誤った判断をするリスクがあります。

ミスマッチを防ぐためにも、個人に合わせて最適なアドバイスを得られるエージェントを活用してみましょう。

エージェントは企業探しから履歴書の添削や面接対策などもサポートしているので、就職・転職に悩みや不安がある方にもおすすめです。

家族や友人から他己分析をしてもらう

適職診断だけでなく、自分では気づいていない長所・短所を知っている家族や友人から他己分析をしてもらうのもおすすめです。

自分の印象や評価を客観的に知れるため、より自分についての理解を深めることができます。

ただ、評価側の遠慮や関係性の深さによって正確な評価を得にくいケースもあるので、年齢や活躍の場が異なる複数人からも意見をもらうようにしましょう。

適職診断結果の活用方法

適職診断結果の活用方法
  • 自己分析を行う
  • 職業研究をする
  • スキルや知識の習得
  • キャリアプランの作成
  • 実際に応募をする

自己分析を行う

適職診断は自分の興味や価値観などを客観的に評価できるため、自己理解を深めるのに役立ちます。

自己分析は主観的な評価で考えが偏る傾向にある一方、心理学的な統計学から判定する適職診断は、自分では辿り着けない情報を得ることが可能です。

ただし、適職診断は絶対に正しいとは限らないので、結果に囚われずに自分の興味や情熱も考慮しながら職業を選択しましょう。

職業研究をする

適職が分かっても、仕事内容が多岐にわたる場合は自分に合わないケースがあるので、仕事内容を調べて自分の特性やスキルに合っているか確認しましょう。

例えば、「数字に強くて経理に向いている」といった診断結果でも、外に出て仕事をすることに興味があれば苦痛に感じてしまいます。

向いている職業でも仕事内容によっては自分に合わない可能性もある、と心得えたうえで仕事内容も含め職業を探すことが大切です。

スキルや知識の習得

適職診断では適職に必要なスキルや知識が特定できるので、勉強やトレーニングの方向性を決められます。

例えば、今の自分のレベルでは適職に就くには難しいと諦めるのではなく、適職に必要なスキルや知識を身につけていくことで就職できる可能性が高まるでしょう。

とはいえ、働きながらの勉強はスムーズに進まないケースもあるので、オンライン学習や通信教育など自分に合った学習方法を選択し、学習計画に沿って着実に進めることが大切です。

キャリアプランの作成

適職診断で得た自分の価値観や強みを踏まえて、自分のキャリアプランを作成すると具体的な行動につなげられます

適職においてどのようなポジションや年収を目指したいのか、長期的なキャリアを明確にしましょう。

ステップごとのアクションプランなど具体的な行動や短期的な目標を設定しておくと、キャリアを着実に積むことが可能です。

実際に応募をする

適職診断の結果をもとに、応募先企業の理念や文化、求められる能力・特性が、自分とマッチングするか確認したうえで実際に応募してみましょう。

応募企業に適した応募書類や面接対策を行うことで、選考の通過率が高まります

診断結果から得た強みを強調したり、自分の経験や業績がどのように応募職業に関連しているかを示したりすることが大切です。

適職診断でよくある質問

適職診断とは?

適職診断とは、自分に合った職業をみつけるための診断テストのことを指します。自分の能力や特性、興味などを客観的に分析することで、適職の特定が可能です。

適職診断は無料で受けられる?

適職診断は無料で受けられるケースが多いです。ただし、中には有料のサービスもあるので、利用する際は事前に料金を確認しておきましょう。

適職診断は当たる?

適職診断は必ずしも正確であるとは限りませんが、心理学的な統計学を用いているため、自分の特性や思考パターンなどを把握するには有効な手段です。

適職診断を受けるメリットは?

適職診断は、自分の特性やスキルに合った職業を見つける手助けをしてくれます。どのような職業や環境が自分に合っているかを知ることで、ミスマッチを防ぐのにも役立つでしょう。

適職診断を受けるときの注意点は?

適職診断は絶対的な正解を提供するものではないので、適職を鵜吞みにしないよう注意しましょう。自分自身の判断や経験と照らし合わせながら考えることが大切です。

適職診断の結果をどう活かすべき?

自己理解や適職への理解を深めるのに活用しましょう。例えば、適職の仕事内容を調べてキャリアプランを作成すると、自分が本当にやりたいことや、自分に合ったキャリアパスを見つけられます。

適職診断以外に適職を知る方法はある?

両親や友人、転職エージェントなどから客観的な意見やアドバイスをもらう方法があります。自分では気づかない強み・弱みを発見できるので、適職探しの参考にしましょう。

まとめ

適職診断では自分の特性やスキルなど客観的に分析できるので、より適性の高い職業を見つけられるだけでなく、自分の可能性を広げるのにも役立ちます。

より正確な結論を出すためにも、複数の適職診断を受けたり、診断結果を自己分析や自己評価と組み合わせて考えることが大切です。

また、適職診断は個人の状況によって異なるケースもあるため、具体的な職業やキャリアパスについてはキャリアカウンセラーに相談しましょう。

ピッタリの仕事は適職診断で!
キャリアパーソナリティ診断:適職診断の受験者の9割が納得の結果

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

\ 自分に合う仕事を見つける方法/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を監修した人

荻久保健一のアバター 荻久保健一 株式会社Wiz 取締役CHRO/株式会社Personal 代表取締役

IT系ベンチャー数社でマーケティングからWeb制作、子会社代表等幅広く経験。
その後人材系ベンチャーでCMOを経て、現在は年間数万人が応募するITの総合商社で取締役CHROをやりながら、株式会社Personal代表取締役として、すべての人に相性がいい適職を紹介する「相性転職パーソナルファイル」を運営しています。

【Googleがたどり着いた答え】学歴ではない本当に成果を出す人の特徴
今、マーケティング担当が読むべきおすすめnote10選まとめ
Linkedin

目次