MENU
適職のご相談はこちら

施工管理職に向いてる人ってどんな人?仕事内容や特徴を解説します!

施工管理職に向いてる人ってどんな人?仕事内容や特徴を解説します!

「施工管理に向いている人の特徴は?」

「どんな資格やスキルが求められるの?」

施工管理職に興味があるが、自分に向いているかどうかわからないとお悩みの方は少なくありません。

本記事では、施工管理の業務内容や向いている人、施工管理職を極めるために欠かせない管理技士関連の資格について解説しています。

建築関係の仕事に興味がある方、施工管理ってどんな仕事か知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

目次

施工管理とは

施工管理は女性だときつい?活躍できる?女性特有のメリット・デメリットを紹介

施工管理は、建築や土木の工事現場で、工事の進行や品質、安全などを監督・管理する重要な業務です。

施工管理者は、主に建設業界で活躍し、経験や資格を持つことが求められます。

また、職人や技術者、関係者との円滑なコミュニケーションも重要であり、交渉力や対応力などが重視されます。

施工管理の主な業務内容
  • 工事の企画・計画から完成までの工程確認
  • 品質や安全性、スケジュールの管理
  • コストの管理

施工管理の仕事内容

品質管理

品質管理は、施工管理の主要な業務であり、工事現場で建築物や土木構造物が設計通りの品質を維持し、完成させることを目的としています。

品質管理の具体的な仕事内容
  • 設計図や仕様書の確認:設計図や仕様書をしっかりと理解し、工事現場での作業が正確に行われることを確認する。
  • 現場の状況把握:工事現場での作業がスムーズに進行しているか、品質に問題がないかを確認する。
  • 職人や技術者に対して適切な作業指示を出し、品質が保たれるようにする。
  • 監督・チェック:工事が進行する中で、品質に問題が生じていないかを常に監視し、必要があればチェックを行う。
  • 検査・試験:品質が保たれているか確認するために、定期的に検査や試験を行い、異常があれば対策を講じる
  • 記録・報告:品質管理に関する記録をつけ、報告を行い、情報共有を図る。

品質管理は、建設現場での安全性や耐久性を確保し、お客様や企業、社会に信頼できる建築物や土木構造物を提供するために、非常に重要な業務です。

安全管理

建設現場での安全管理は、作業者の安全を守る重要な業務です。その目的は、事故の発生を防ぎ、作業環境を整えることにあります。

安全管理の具体的な仕事内容
  • 危険を予測し、対策を立てる
  • 作業の監督と指示
  • 安全教育とトレーニング
  • 状況に応じた適切な安全装備の提供
  • 事故の調査と報告
  • 定期的な安全審査

上記の業務によって建設現場の安全性が向上し、従業員と関係者に安心感をもたらします。

安全管理の重要性

  • 人命の保護:事故が発生すると、作業者の命が危険にさらされるため、安全管理は最優先事項とされている。
  • 法令遵守:労働安全衛生法や建設業法など、建設業界には安全基準が定められており、法令を遵守が求められる。
  • 経済的損失の回避: 事故が発生することで、工事の遅れや賠償責任が生じることがある。

安全管理は単なる業務ではなく、一人ひとりが意識を持つことで成り立ちます。全員が安全に配慮し、労働環境を整えることが大切です。

工程管理

建設プロジェクトにおける工程管理は、工事がスケジュール通りに進めるための重要な業務です。工程管理には以下の要素が含まれています。

工程管理の具体的な仕事内容
  • 工事の計画とスケジュール作成
  • 作業の進捗状況の確認と報告
  • トラブル発生時の対処
  • 資材や機械の調達
  • 作業者と職人の手配

工程管理の重要性

  • コストの抑制:工程を適切に管理することで無駄なコストを削減し、プロジェクトの利益を最大化できる。
  • 品質の維持:工事のスケジュールを守り、十分な時間を確保することで、建築物の品質を維持できる。
  • クライアントの信頼:工程管理が適切に行われていると、クライアントから信頼を得られる。

工程管理においては、建設業界の知識や経験が重要であり、適切なコミュニケーション能力や調整力、リーダーシップも工程管理において欠かせない要素となっています。

原価管理

原価管理は、建設業界において重要な業務の一つであり、工事の品質を確保しつつ、コスト削減を図るために行われます。

コスト管理が適切に行われないと、プロジェクト全体が赤字に陥ったり、企業の経営にも影響するリスクがあります。

具体的には、工事の進捗に合わせて、資材や職人の手配、機械・設備の利用などの全体的なコストを把握し、適切な範囲内に収めることが求められます。

原価管理で求められるスキル
  • コミュニケーション能力:関係者と円滑なやりとりを行い、適切な指示を出す
  • 分析力:原価や工程に関するデータを基に、適切な判断を下す
  • 技術力:建築や土木、電気設備などの専門知識を駆使して、問題解決を行う
  • 責任感:プロジェクト全体の責任を持ち、適切な対応を心掛ける

また、作業工程やスケジュール管理、現場での安全対策やトラブル対応、品質管理も重要な要素です。

施工管理に向いている人

建築関係に興味がある人

施工管理に向いているのは、建築関係に興味を持ち、さまざまな建物や設備の構造や仕組みを熟知したいと考える人です。

施工管理は、建設現場での職人や機械・設備の管理、スケジュール調整、安全対策や品質管理が主な業務であり、建築に関わる多くの要素が絡むことが理由です。

施工管理職で活躍している人の特徴
  • 建築や土木の専門知識を持ち、それを活かして現場作業をスムーズに進める
  • 営業や設計と連携して、お客様の要望に応える提案ができる
  • 建築に関する資格や経験を活かし、現場での安全管理や品質の確保に貢献する
  • 柔軟な対応力やチームワークを大事にし、現場スタッフや取引先との円滑なコミュニケーションを心掛ける

計画とスケジュール管理が得意な人

計画立案やスケジュール管理が得意な人も施工管理に向いています。施工管理業務では、工事全体の工程やリソースを適切に割り振り、進捗を確認しながら各工程を調整することが重要だからです。

計画性やスケジュール管理能力が活かせる理由
  • 綿密な計画・スケジュール表作成能力を持ち、工期やリソースの最適化ができる
  • 問題発生時の迅速な判断力や柔軟な対応力で、プロジェクトを円滑に進める
  • リーダーシップを発揮し、チームのメンバーや協力会社との円滑なコミュニケーションを行う
  • クライアントとの折衝もスムーズに行い、期待に応える工事進行を実現する

このような計画立案やスケジュール管理が得意な人は、施工管理においても成功しやすく、求人が多い業務での活躍が期待できます。

マネジメント能力がある人

マネジメント能力がある人は、経験と知識、コミュニケーションスキルを活用して業務を円滑に進められるため、関係者をうまく取りまとめてプロジェクトを遂行できるでしょう。

発揮される場面
  • タスクを効率的に行い、チーム全体の生産性を向上させる
  • 問題が発生した際にトラブルシューティング能力を発揮し、解決へ導く
  • 安全管理や品質管理にも目を光らせ、安全かつ厳密な作業進行に貢献する

このようなマネジメント能力を持つ人は、建設会社や工事現場でのプロジェクトマネージャーや監督として活躍することができ、プロジェクトの成功や企業の利益に大きく寄与することでしょう。

柔軟で臨機応変な対応ができる人

柔軟で臨機応変な対応ができる人は、業務やプロジェクト遂行において非常に有用な存在です。状況や環境の変化に適応し、問題解決に繋げることができるためです。

例えば、工程の変更や突発的なトラブルなど予期せぬ事態に遭遇した際も、迅速に対策を立て、適切な方法で解決に導けるでしょう。また、新しい技術や機械の導入に際しても、素早く習得し、実践に活かすことができます。

柔軟で臨機応変な対応ができる人は、建設現場での現場監督、プロジェクトマネージャー、技術者などの職種で活躍できます。

体力がある人

体力がある人は、建設業界や現場での仕事で有利になる特徴です。建設業界においては、長時間の労働や過酷な環境での作業が求められるからです。

現場では、重機や設備の運搬、土木や建築作業などを手がけるため高い体力が求められ、疲労やストレスが溜まりやすい状況です。

しかし、体力がある人は、こうした厳しい状況下でも作業を続けることができ、現場において大きな貢献を果たすことができます。また、体力があることで、怪我や病気のリスクも低くなるため、安全面でも有益です。

体力がある人は、建設業界や土木・建築現場で職人や技士として活躍でき、さらには現場監督として重要なポジションを担う可能性もあります。

コミュニケーションが得意な人

コミュニケーションが得意な人は、建設業界で重宝されます。建設プロジェクトは多くの関係者が連携し、協力して進められるため、円滑なコミュニケーションがプロジェクトを成功させるカギとなるからです。

具体的には、現場で働く職人や技術者との適切な指示や確認、会社間での調整や交渉、顧客や営業との連携など、多岐にわたる業務において、効果的なコミュニケーション力が求められます。

コミュニケーション力を活かせる職種
  • 現場監督
  • プロジェクトマネージャー
  • 設計管理者
  • 工事管理者

上記のような職種でコミュニケーション力を発揮すれば、安全かつ円滑な工程進捗の確保、事故やトラブルの未然防止、さらには職人やスタッフのモチベーション維持にも繋がります。

強固な人間関係を築くことで、情報収集やスケジュール調整がスムーズに行われ、業務効率の向上にも貢献できます。

リスクマネジメントができる人

リスクマネジメントができる人は、建設業界で適切な対策や判断を行い、プロジェクトを成功に導く重要な役割を担います。

建設現場では、工事途中での天候や地盤、施工方法によるトラブルや遅れ、資材の欠品や人手不足などのリスクが存在します。これらのリスクを事前に予測し、未然に防ぐ対策を立てる能力が求められます

具体的には、計画段階でのリスク分析、工程やスケジュールの見直し、危険を回避するための安全対策の策定、適切なリソースの割り振りなどでスキルが発揮されます。

リスクマネジメントができる人は、現場監督やプロジェクトマネージャー、品質管理担当者、安全管理担当者などの職種で活躍できます。

0からものづくりが好きな人

0からものづくりが好きな人は、土木や建築の設計者や施工管理技士、職人などの職種が向いています。これらの職種では、計画・設計から現場での施工まで、一貫してものづくりに携わることができます。

さらに、建設業界では、多様なプロジェクトがあり、それぞれ異なる条件や工法、技術が必要であり、ものづくり好きな人にはやりがいがあります。

また、成功したプロジェクトを通して、人々の暮らしや環境を向上させることができる点も魅力的です。例えば、インフラ整備やエコロジー施設の建設、災害復興支援など社会貢献度の高いプロジェクトに関わることが可能です。

0からものづくりが好きな人は、建設業界でのスキルや知識を活かし、創造力やアイデアを発揮して、多様なプロジェクトに貢献できるでしょう。

交渉力のある人

さまざまな関係者とコミュニケーションを取る必要がある施工管理の仕事において、交渉力は武器になります。

円滑なやり取りができることで、プロジェクトの成功に繋がりやすくなるためです。具体的には、以下のような場面が考えられます。

交渉力が活かせる場面
  • 職人や工事関係者との労働条件や工程スケジュールの調整
  • 顧客や建築設計者との仕様変更や追加工事に関する交渉
  • 監督や施工者との品質や安全対策の実施に関する話し合い

上記のような場面においては、相手の立場や要求を理解し、自分の意見を適切に伝えられる能力が重要となります。

交渉力がある人は、こういったコミュニケーションの場で自己主張ができ、円滑な関係構築や問題解決が可能になることで、結果的に、プロジェクト全体がスムーズに進むことが期待できます。

施工管理に向いていない人

体力がない人

施工管理は、多くの業務が体力を要求するものであるため、体力がない人にとっては仕事です。

現場での工事作業や設備のチェック、職人とのコミュニケーションなどが中心となり、具体的には以下のような状況が挙げられます。

体力を使う業務の例
  • 現場を歩き回り、作業の進捗や安全確認を行う
  • 重たい機材や資材を運搬することもある
  • 外部環境に左右される場所での立ち仕事が多い

これらの業務をこなすためには、ある程度の体力が必要となります。体力不足の場合、効率的な仕事ができず、業務遂行に支障をきたす恐れがあります。

定時で帰られる仕事がいい人

定時で帰られる仕事を希望する人には、施工管理の仕事は向いていません。

その理由は、工事現場での業務が予定外のトラブルや作業の遅れなどにより、長時間労働や休日出勤が発生することが多いからです。具体的には以下の状況が挙げられます。

労働時間が延長されるケース
  • 現場での工程やスケジュールが変更される
  • トラブルやアクシデントが発生し、対応が必要になる
  • 着工前の準備や工期終了後の整理に時間がかかる

このような状況に耐えられるストレス耐性や柔軟性が求められるため、定時で帰りたいと考える人には難しい仕事といえます。

施工管理に向いている前職

営業職

営業職は、企業の収益を上げるために、顧客とのコミュニケーションを通じて商品やサービスの提案を行う仕事です。特に、以下のような経験やスキルが重視されます。

営業職で重視される要素
  • 商品知識:企業が提供する商品やサービスに関する深い理解
  • 顧客対応力:顧客の要望やニーズに対応し、信頼関係を築く力
  • 交渉力:顧客との価格や契約条件の調整を行うため、交渉力
  • プレゼンテーション力:商品やサービスの特徴を分かりやすく伝える力
  • 組織力:営業チーム内で情報共有や連携を行い、効率的に業務を遂行する力

営業職は多くの職種や業界で求められており、建設や土木などの分野でも活躍の場があります。また、年収やキャリアアップの面でも魅力があります

施工管理への転職後は、交渉力やコミュニケーション力が活かせるでしょう。

接客業

接客業は、店舗や施設で顧客の対応を行う仕事であり、良いサービスを提供することで顧客満足度を高めることが目標です。接客業で重要な要素は以下のとおりです。

で重視される要素
  • コミュニケーション能力:顧客と円滑にコミュニケーションを取り、要望や不満に対応する力
  • 人間関係力:職場内での人間関係を良好に保ち、協力しあう力
  • プロフェッショナルマインド:自分の仕事に誇りを持ち、常に質の高いサービスを提供しようとする姿勢
  • 知識:商品やサービスに関する知識が求められ、顧客からの質問に対応できる知識

接客業はホテルやレストラン、ショッピングセンターなどの場所で働くことができます。また、経験を積むことでマネジメントや指導などのキャリアアップが可能です。

施工管理への転職後は、コミュニケーション力が活かせるでしょう。

運送業・軽作業

運送業・軽作業は、荷物や商品の移動・配送を行う仕事です。

運送業・軽作業で重視される要素
  • 安全意識:事故やトラブルを防ぐための、安全運転や作業に対する十分な注意力
  • 確実性:指定された日時・場所に正確に荷物を届けるための意識
  • 体力:荷物の運搬や荷物の積み下ろしなどのために必要な体力
  • 時間管理能力:配達スケジュールを守るために、時間管理する能力

運送業・軽作業は物流会社や宅配業者などで働くことができ、経験やスキルを積むことで運行管理や品質管理などの上位職へのキャリアアップが期待できます。

施工管理への転職後は、体力やスケジュール管理能力などが活かせるでしょう。

施工管理に関連する「施工管理技士」資格7選

建築施工管理技士

建築施工管理技士は、建築物の施工を管理する専門家です。建築工事を円滑かつ安全に進めるために欠かせない資格です。

主な業務は、工程管理や品質管理、安全管理、コスト管理などで、具体的には、工事現場の指示やスケジュール調整、作業員の管理、安全対策の立案と実行です。

コミュニケーション能力や問題解決能力、リーダーシップスキルが求められる職種であり、多くの人が営業や事務業務を経て建築施工管理技士に転職しています。

建築施工管理技士の求人は、建設会社や設計事務所、不動産会社などで見られます。年収は、業務経験や役割によってさまざまです。

電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士は、電気設備の施工管理を行う専門家です。主な業務は、電気設備の設計・施工・保守・点検を行うことです。

資格取得によって、建物や設備において電気設備が安全かつ正確に機能することを保証し、トラブル時に適切な対応が取れることを証明できます。

なお、電気工事施工管理技士の職場は、主に建設業界や電気設備メーカー、電力会社、設備管理会社などです。

電気工事施工管理技士の資格取得には、電気工事の技術知識や法令の理解が必要です。

土木施工管理技士

土木施工管理技士は、道路や橋、トンネルなどの土木工事を管理する専門家です。主な業務は、土木工事の進行管理や品質管理、安全管理、コスト管理を行うことです。

具体的には、工事現場での指示やスケジュール管理、作業員の監督、安全対策の立案と実行などが挙げられます。

土木施工管理技士は、コミュニケーション能力やリーダーシップ、問題解決能力が求められる職種であり、国や自治体、土木業界の企業で需要があります。

土木施工管理技士の資格取得には、土木工事の基礎知識や法令の理解に加え、実務経験が必要です。

電気通信工事施工管理技士

電気通信工事施工管理技士は、電気通信設備の施工管理を行う専門家です。主な業務は、電気通信設備の設計・施工・保守・点検を行うことです。

具体的には、通信回線の敷設や交換、アンテナ設置などの工事を行い、安全かつ正確に機能することを保証します。

なお、電気通信工事施工管理技士の職場は、主に通信キャリアやインフラメーカー、通信設備工事企業などです。

電気通信工事施工管理技士の資格取得には、電気通信設備や工事に関する知識と法令の理解が必要です。

管工事施工管理技士

管工事施工管理技士は、上下水道やガス管などの管工事を行う現場で、工程管理や品質管理、安全管理を担当する技術者です。

資格保持者は、高度な技術や知識を身に付け、業界での信頼性や専門性を証明でるため、自らの市場価値を高め、求人市場での優位性を築くことができるでしょう。

また、円滑なコミュニケーション能力や責任感を養い、専門性が高い仕事をこなすことができるようになります。

施工管理技士の仕事
  • 工程スケジュールの作成と調整
  • 現場作業者の指示と監督
  • 工程進捗の確認と報告
  • 品質管理と問題対策
  • 安全対策の企画と実施

建設機械施工管理技士

建設機械施工管理技士は、土木や建築工事現場で使用される建設機械の運用や管理を担当する専門家です。現場での機械運用の効率化や安全性向上に責任を持ちます。

建設機械施工管理技士の役割
  • 建設機械の運用計画の立案
  • 機械のメンテナンス管理
  • 安全対策の実施と確認
  • 機械オペレーターの指導
  • 予算管理

建設機械施工管理技士の資格を持つことで、専門性と信頼性が高まり、企業から好まれる人材となります。

また、機械の効率的な運用や安全対策に責任を持つことで、現場全体の生産性向上に貢献することができます。

造園施工管理技士

造園施工管理技士は、公園や庭園、緑地などの造園工事現場において、施工管理や品質管理を行う専門家です。

造園施工管理技士の主な業務内容
  • 計画立案と設計監修
  • 工程管理とスケジュール調整
  • 施工品質の確認と改善
  • 安全管理

造園施工管理技士の資格取得によって、設計から完成までの工程に深く関与できる専門性が身に付き、より高度な業務が可能となります。

また、緑地整備や景観保全への貢献が評価され、キャリアアップや市場価値の向上に繋がります

施工管理のやりがい

達成感が得られる

施工管理は工事プロジェクトにおいて、計画の立案から工程の進行、品質や安全管理、スケジュール調整など多岐にわたる業務を担当するため、大きな達成感を得られます

また、施工管理技士は、様々な関係者とコミュニケーションを取りながら、プロジェクトを進めるため、その過程で得られる人間関係の構築や円滑なコミュニケーションスキル向上も大きなやりがいとなります。

さらに、工事現場での施工品質や安全性の確保に直接貢献することで、お客様や関係者からの信頼や評価を得られることも大きな魅力です。

プロジェクトが完了し、予定通りにきれいに仕上がった現場を見ることで、達成感や喜びを感じることができるでしょう。

仕事が安定している

近年は、首都圏を中心に建設業界の需要が高まっているほか、国内外でのインフラ整備や建築物の建設が増加しているため、施工管理者の需要も安定しています。

また、建築、土木、設備など、多くの分野で活躍することが可能であり、建設やリフォームを始め、さまざまな場面でスキルが活かせます。そのため、将来的なキャリアアップも見込める職種であると言えるでしょう。

施工管理職は、現場での作業や協力業者とのコミュニケーションを通じて、工事の品質や安全性を確保する役割があり、企業や顧客からの信頼が厚いため、仕事の依頼が絶えないことも安定性に繋がっています。

特に専門性の高い技術や経験が重要視されるため、安定した仕事を持続するために、施工管理の資格や専門的な知識を取得することが大切です。

待遇がいい

施工管理職は、建築や土木など専門的な知識や技術を必要とする重要なポジションであるため、企業からの需要も高く、待遇が良いことも魅力の一つです。

また、現場での工程やスケジュールの管理、安全やトラブル対策など、責任感の強い仕事であることから、経験やスキルに応じた高水準の報酬が支払われることが多く、年収の水準も上位に位置しています。

さらに、施工管理職は、企業の事業成長や業界の発展に貢献していることから、待遇の改善や昇進への道が開かれており、長期的な視点で見ても働きがいがある職種だと言えます。

待遇が良い分、高いスキルが求められる

施工管理は待遇が良い反面、現場での対応や決断が求められる状況が数多くあります。

そのため、柔軟性やコミュニケーション能力は特に重要な要素となるでしょう。

また、継続的なスキルアップや努力が必要な点も認識しておく必要があります。

まとめ:あなたも施工管理職に挑戦してみませんか?

仕事が安定しており、待遇が良いとされる施工管理職は、現代社会の発展を支える重要な仕事です。専門的な知識や技術を活かし、責任を持って業務に取り組むことで、やりがいも感じることができるでしょう。

これまでの経験やスキルを活かしながら、新たなチャレンジとして施工管理職を目指すことは、自己成長やキャリアアップのチャンスでもあります。

ぜひ、今後の転職やキャリアプランに施工管理職を検討してみてください。企業の求人情報や資格取得に関するサポートを提供しているサイトもありますので、活用してみることをおすすめします。

ピッタリの仕事は適職診断で!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

\ 自分に合う仕事を見つける方法/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を監修した人

荻久保健一のアバター 荻久保健一 株式会社Wiz 取締役CHRO/株式会社Personal 代表取締役

IT系ベンチャー数社でマーケティングからWeb制作、子会社代表等幅広く経験。
その後人材系ベンチャーでCMOを経て、現在は年間数万人が応募するITの総合商社で取締役CHROをやりながら、株式会社Personal代表取締役として、すべての人に相性がいい適職を紹介する「相性転職パーソナルファイル」を運営しています。

【Googleがたどり着いた答え】学歴ではない本当に成果を出す人の特徴
今、マーケティング担当が読むべきおすすめnote10選まとめ
Linkedin

目次