MENU
適職のご相談はこちら

施工管理は女性だときつい?活躍できる?女性特有のメリット・デメリットを紹介

施工管理は女性だときつい?活躍できる?女性特有のメリット・デメリットを紹介

「施工管理の仕事は女性にはキツい仕事?」

「同じ職種でも男女差はある?女性でも転職できる?」

女性でも施工管理に就くことは可能で、女性の就業者は年々増えています。

しかし「施工管理の仕事に興味があるけど、大変って聞くから転職を迷っている」「本当に女性でも働けるの?」など、不安も抱いている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、女性でも施工管理に就くことができるのか、働く際のメリット・デメリットを徹底解説していきます。

施工管理に向いている女性の特徴も紹介しているので、施工管理の仕事に興味のある女性の方必見の内容です!

こんにちは!
株式会社Wizで人事責任者をしている荻久保(@ogikubo)です。

建設業界は男性社会のイメージが強いですが、施工管理の女性は年々増えています。事実、女性の施工管理は3年間で約2%増えています。

そこで今回は、施工管理として働く女性の実態について解説します!

目次

女性でも施工管理に就くことはできる?

女性でも施工管理に就くことはできる?

施工管理の女性は年々増えている

女性でも施工管理に就くことは可能で、女性の就業者は年々増えています

国土交通省の建設業活動実態調査によると、女性の施工管理は3年間で約2%増えています。

女性が施工管理として働くことで、「キャリアが築きやすい」「女性の視点を活かせる」といったメリットがあるので、今後も増えていくと予想されます。

女性の施工管理の割合男性の施工管理の割合
2017年約4.5%約95.5%
2018年約4.9%約95.1%
2020年約6.7%約93.3%
参照:建設業活動実態調査(平成29年調査)の結果について
参照:建設業活動実態調査(平成30年調査)の結果について
参照:建設業活動実態調査(令和2年調査)の結果について

施工管理は女性にはきつい?

施工管理の仕事は、物理的な力を必要とする作業があったり、厳しい現場環境を担当したりすることがあるので、人によってはきついと感じるでしょう。

しかし、施工管理のメイン業務は上記のような力仕事ではなく、多くの職人さんや業者さんが気持ちよく作業できるように業者間の調整を行うことです。

そのため、力仕事ばかりで大変ということはなく、むしろコミュニケーションスキルや細部への注意力、組織力などが必要になってきます。

基本的に男性との差はない

施工管理の仕事は、役割や業務内容において、男性と女性の差はありません。

どちらも同じように、建築物の建設プロジェクト全体を管理するという重責を担っているからです。

むしろ、女性ならではの視点を活かした施工管理が期待されており、それがプロジェクトの成功に寄与することも少なくないので、女性でも大いに活躍できるでしょう。

そもそも施工管理ってどんな仕事?

そもそも施工管理ってどんな仕事?

施工管理とは、建築や土木の工事現場で、工事の進行や品質、安全などを監督・管理する仕事のことです。

主な業務内容は、「工程管理」「品質管理」「原価管理」「安全管理」で、これら4つをまとめて「四大管理」といいます。

「四大管理」は、ビルやマンション、道路、公園など、様々な現場において施工を計画的に進めるためのものです。

施工管理の仕事内容

工程管理

工程管理とは、工事をスケジュール通りに進めるための業務です。

例えば、天候やトラブルによって施工日程がズレてしまった場合に、スケジュールを調整したり人員を追加したりします。

工程管理の主な業務
  • 工事の計画とスケジュール作成
  • 作業の進捗状況の確認と報告
  • トラブル発生時の対処
  • 資材や機械の調達
  • 作業者と職人の手配

安全管理

安全管理とは、作業者の安全を守るために、施工現場の作業環境を整える業務です。

定期的な点検や通行人への注意喚起といった取り組みで事故の発生を防ぎ、従業員と関係者が安心して働ける環境づくりを目指します。

安全管理の主な業務
  • 危険を予測し、対策を立てる
  • 作業の監督と指示
  • 安全教育とトレーニング
  • 状況に応じた適切な安全装備の提供
  • 事故の調査と報告
  • 定期的な安全審査
  • 周辺住民や通行人の安全を守るための注意喚起

品質管理

品質管理は、建築物や土木構造物が計画通りに施工されているかの品質チェックを行う業務です。

品質管理は、建設物の安全性や耐久性を確保し、お客様や企業、社会に信頼できる建築物や土木構造物を提供するための、非常に重要な業務です。

品質管理の主な業務
  • 設計図や仕様書を理解し、作業が正確に行われることを確認
  • 現場の状況把握(作業の進行状況、品質問題)
  • 職人や技術者に対して作業指示
  • 品質を証明するための記録写真の撮影
  • 品質管理を記録し、報告と情報共有を図る(報告書類と説明用図面の作成)

原価管理

原価管理とは、工事の品質を確保しつつ、会社が利益を得られるよう、コスト削減を図るための業務です。

プロジェクト全体が赤字に陥ったり、会社が経営悪化したりするのを防ぐために、必要に応じてコストを調整します。

原価管理の主な業務
  • 資材や職人の手配、機械や設備の利用など、全体的なコストの把握
  • 見積書の作成
  • 天候やトラブルによるスケジュール遅れが原因で、追加費用が発生した場合の、資材・作業内容の調整
適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

女性が施工管理の仕事に就くメリット

女性が施工管理の仕事に就くメリット

名前を覚えてもらいやすい

男性が多い施工管理の職場に女性が入ることで、存在感が際立つので、上司や同僚、取引先などに自分の名前を覚えてもらいやすくなります。

また名前を覚えてもらえるということは、一人のプロフェッショナルとして認識されるチャンスが増えることにつながります。

職場や関係先で顔が広くなると、信頼関係の構築でプラスに働いたり、次の仕事につながったりするので、名前を覚えてもらいやすい女性の施工管理者はキャリアにおいて有利です。

産休・育休後も復帰しやすく、仕事に困らない

施工管理のスキルは専門的なもので、一度身につけれ生涯キャリアに活かせるため、産休や育休でブランクがあっても復帰しやすいメリットがあります。

さらに、施工管理においても、フレキシブルな勤務体制や在宅勤務が可能な企業も増えてきています。

そのため、女性が育児と仕事を両立する上で働きやすい環境も整いつつあります。

高いコミュニケーション能力や共感能力を活かせる

施工管理の仕事において、女性が持つ高いコミュニケーション能力や共感能力は大きな武器となります。

上記のような能力を活かせることで、現場で働く多くの職人さんや業者さんと円滑にコミュニケーションを取り、建築プロジェクトをスムーズに進めることができるからです。

また女性ならではの愛嬌や華によって、職場全体のモチベーションも上がるので、現場の雰囲気を盛り上げる役割としても貢献できるでしょう。

女性の視点で工事を管理できる

図面の確認などにおいて、女性ならではの感性や視点を活かすことで、男性にはない新たなアイディアが生まれるので、より良い結果を生むことができます。

また女性は男性と比べ、細かい部分によく気付くこともできるので、女性が施工管理の仕事に就くことで、細かい異変を察知できトラブルを未然に防げます。

上記のような女性の視点があることで、プロジェクトの質を向上でき、組織全体のパフォーマンスを高められるでしょう。

取引先の女性に頼られやすい

女性が施工管理の仕事に就くメリットの一つに、取引先の女性からの信頼を得やすいという点が挙げられます。

女性特有のコミュニケーションスキルや細やかな気配りが、施工管理の現場でも評価され、取引先との信頼関係を構築しやすいからです。

また女性は、スケジュールや段取りを決めるのが得意な方も多く、管理能力が高いので、様々な人から頼られやすい傾向があります。

服装の自由度が高い

施工管理の現場によっては、ファッションの自由度が高く、自分のスタイルを活かした服装が可能な場合があります。

特に、オフィスワークが中心となるプロジェクト管理の分野では、一般的なオフィスカジュアルスタイルでの勤務が可能です。

自分の好きな服装で働けると、仕事に対するモチベーションを高めることができ、さらに仕事終わりの時間も充実させることができます。

現場作業が主となる場合でも、安全性を確保しつつ、女性らしさを忘れない作業服を選ぶこともできます。例えば、女性用のヘルメットや安全靴を選ぶことで、自分らしさを保ちつつ仕事に取り組めます。

資格がなくてもできる

施工管理の仕事は、特殊な資格が無くても働けるので、未経験の女性でも挑戦できるメリットがあります。

施工管理の業務内容は現場の状況に応じて変化するため、臨機応変に対応できる力やコミュニケーション力が求められることの方が多いからです。

また上記のようなスキルは、実際の現場で経験を積むことで身につけることもできるので、施工管理は未経験の女性でも挑戦できます。

手に職がつく

施工管理の仕事では、新しくモノを建設する際の技術を習得できるので、女性でも手に職をつけられます。

そのため、女性でも男性と同じように資格を取得しスキルアップすれば、技術と知識を武器に高収入も見込めます。

女性が施工管理の仕事に就くデメリット

女性が施工管理の仕事に就くデメリット

女性用の更衣室やトイレなど、設備が整っていない

施工管理の職場は、男性が主体の業界であるため、女性用の設備が整っていないことが一つのデメリットといえます。

具体的には、作業現場では女性用の更衣室やトイレが設けられていないことが多く、不便を感じることがあります。

また、安全装備の一部であるヘルメットや作業服も男性用が主流で、女性用のサイズやデザインが少ないことも挙げられます。

育休や産休の制度が整っていない

女性が施工管理の仕事に就く上でのデメリットとして、育休や産休の制度が整っていないことが挙げられます。

施工管理の仕事は一般的に男性が多く、特に現場作業が主となるため、女性特有のニーズを満たす制度がまだ十分に整備されていません。

例えば、産休・育休期間に代わりの人材を確保しづらかったり復帰後に仕事内容やポジションが変わるリスクがあったりと、様々な不安要素が懸念されます。

育休・産休制度が整っていないということは、女性のキャリアパスを犠牲にせざるを得ない場合もあります。

プライベートと仕事の両立がきつい

施工管理は長時間労働の現場も多く、子育てや介護といったプライベートと仕事を両立させるのが難しい傾向にあります。

施工管理は男性が多い職種であるため、家庭事情を考慮する風潮がまだまだ浸透しておらず、残業なども発生しやすいことが原因として考えられます。

また、現場作業による肉体的な負担や、男性社会ならではのストレス・プレッシャーなどによって体力が削られることも、家庭と仕事の両立を妨げる要因でしょう。

いまだに男性主体の風潮が根強く残っている

施工管理の仕事では、いまだに男性主体の風潮が残っており、女性が仕事をする上で大きな障壁となっています。

例えば、男性が多い職場において女性社員が必要以上に厳しい評価を受けたり古い考えを持つ人々から「女性だから」とナメられたりするケースがあります。

企業によって雰囲気は異なりますが、男性主体の風潮が根強く残っている場合は、女性が施工管理の仕事を長く続けることが難しくなる可能性があります。

男性からのセクハラやパワハラが考えられる

女性が施工管理の仕事に就く上でのデメリットとして、男性職員からのセクハラやパワハラが挙げられます。

セクハラやパワハラは、働く上で極めてストレスフルな状況を引き起こし、問題が深刻化すると身体的な健康にも影響を及ぼすことがあります。

建設業界では、セクハラやパワハラの防止策も進んでいますが、このような問題が存在すること自体、女性が施工管理の仕事に就くデメリットとなり得ます

セクハラは、性的な発言や行為によるもので、パワハラは、職位や立場を利用した人格否定や無理な要求などによるものです。

女性の体力ではしんどい業務が多数ある

施工管理の仕事は、男性でも体力を必要とする業務が多いため、女性が従事すると体力面で大きな負担がかかってしまいます。

具体的には、建設現場での機材の操作や物資の運搬、長時間にわたる屋外の立ち仕事などがあり、これらは体力を大いに必要とするタスクです。

また、現場監督としての役割もあり、現場全体の安全管理や労働環境の確認、品質管理などの業務は、継続的な集中力と体力が求められます

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

施工管理の仕事がきついと感じる理由

施工管理の仕事がきついと感じる理由

休日が少なくリフレッシュできない

施工管理の仕事では、プロジェクトの進行具合によって休日が少なくなることも多々あります。

特に、繁忙期や緊急の修正が必要な場合、会社から休日出勤を頼まれる機会も増えるでしょう。

また、建設現場は天候に左右されやすく、遅延した作業を休日に振り替えることもあるので、休みが急に無くなり十分にリフレッシュできないと感じる方も多いです。

労働時間が長く体力的にきつい

施工管理の仕事は残業が多いため、労働時間が長くて体力的にきつい、という厳しい面もあります。

業務の責任範囲が広い施工管理は、プロジェクトの進行状況を常に把握し、様々な問題に対処する必要があります。

そのため、仕事の量や内容によっては、予定していた業務時間を大幅に超過してしまう場合もあります

特に、工事期間中や工事完了直前などの繁忙期には、深夜までの作業や週末の出勤が求められることもあります。

取引先からの無茶な要望がある

施工管理の仕事が厳しいと感じる理由の一つが、非現実的なスケジュール要求やコスト削減、あるいは設計変更など、困難な要望が出されることです。

プロジェクトを円滑に進行するため、設計者や職人さん、クライアントとの調整が必要となり、それぞれの立場から最善策を求められます

それぞれの要求に対応するためには、高度な技術知識と交渉スキルが必要となりますが、取引先からの無茶な要望に対応すること自体、かなり大変といえます。

良好な人間関係を築きにくい

施工管理の職人さんや工事現場関係者の中には気性の荒い人が多く、良好な人間関係を築くのに苦労している人も少なくありません。

穏やかな雰囲気の企業もありますが、建設業界自体、体育会系なので、猛々しい現場が多いです。

意見がぶつかるとその場が収まらないこともあるので、良好な人間関係を築けるコミュニケーション能力は不可欠です。

朝は早く夜は遅い変則的な勤務時間

施工管理の仕事がきついと感じる理由の一つに、一般的なオフィスワークとは異なり、変則的な勤務時間になりやすい点が挙げられます。

施工管理は建設現場の進捗管理を担うため、作業員が動き出す朝早くから現場に足を運び、夜遅くまで工事の進行具合を確認しなければなりません

また変則的な勤務時間が原因で、体調が崩れやすくなるので、施工管理の仕事はきついといえます。

また、全国各地で行われている建築や土木のプロジェクトの関係で、遠方の現場に足を運ぶ機会も多々あるので、出張が多くきついと感じる方も多いようです。

きつい施工管理にも魅力はある!

きつい施工管理にも魅力はある!

ひとつの現場が終わったあとの達成感の大きさ

施工管理のやりがいの一つとして、ひとつの現場が終わったあと、達成感が得られる点が挙げられます。

施工管理は、工事プロジェクトを成功に導く重要な役割を担っており、計画の立案から工程の進行、品質や安全管理、スケジュール調整など多岐にわたる業務をこなすことが求められます。

プロジェクトが完了し、計画通りに仕上がった現場を目の当たりにすることで、達成感や喜びを感じることができるでしょう。

キャリアアップしやすい

施工管理の仕事において、1級の施工管理技士資格を持っている方はニーズが高いので、キャリアアップを成功させやすいでしょう。

また、施工管理の仕事は、建築や土木、設備など幅広い分野で活躍することが可能なので、建設やリフォームをはじめ、様々な分野でスキルが活かせます。

そのため、異なる業界への転職も可能で、転職先の選択肢が豊富な点も魅力です。

建築業はなくならない仕事なので、将来性が高いです。
また、派遣なら大企業での就業も可能です。

建設業界の中でも給与が高い

施工管理の仕事は、現場での工程やスケジュールの管理、安全やトラブル対策など、責任が伴う仕事であることから、経験やスキルに応じて高い報酬が支払われる傾向にありますです。

実際、施工管理の平均給与は586.2万円と、日本の平均給与である433万円を大きく上回っています。

参考:職業情報提供サイト|厚生労働省
参考:令和2年分 民間給与実態統計調査|国税庁

未経験で最初から高い給与を得られるわけではありませんが、資格取得次第で大幅な給料アップも期待できるので、継続的に働くことで他の職種よりも稼げる可能性が高まります。

仕事の需要がある

昨今、国内外でインフラ整備や設備・資材の老朽化による建て替え工事は増加傾向にあり、日本では首都圏を中心に建設業界の需要が高まっています。

そのため、施工管理の職は衰退する可能性が低く、建物がある限り仕事があるという安定性が魅力です。

地域の住人や利用者の快適な環境づくりに貢献できる

施工管理職は、戸建やマンション、施設などを手掛けるので、そこに暮らす人や利用者の快適な環境づくりに貢献できます。

働いている際に、住人や利用者から声をかけられることもあり、感謝の言葉をいただける機会に恵まれている点も魅力です。

またプロジェクトが完了した後も、多くの人が実際に利用している様子を目にできるので、「地域や社会に貢献できた」と実感できるでしょう。

施工管理の仕事では、道路や河川、鉄道といったインフラ建設などの国家プロジェクトに携わることもあります。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

施工管理に向いている女性の特徴

施工管理に向いている女性の特徴

体を動かすことが好きな女性

施工管理は、デスクワークだけでなく現場で動き回る機会の多い職種であるため、体を動かすことが好きな女性に向いています。

加えて施工管理の仕事では、長時間の労働や過酷な環境での作業も求められるので、体力も必要です。

体力がある人は、「重機や設備の運搬」「土木の建築作業」といった厳しい状況下でも作業を続けられるので、現場で大きく貢献できるでしょう。

周囲と協力して物事に取り組むことが好きな女性

施工管理は、一人で仕事を進めるのではなく、様々な関係者との連携が求められる業務なので、周囲と協力して物事に取り組むことが好きな女性に向いています。

具体的には、他者の意見を尊重し、自分の意見を適切に伝えるコミュニケーション能力や、他者を尊重し、共に働く柔軟性が特に重要です。

肝が据わっている女性

施工管理職に向いている女性は、問題が発生した際にも冷静に対処できる「肝が据わっている」人です。

工事現場では常にトラブルが想定されるため、予期せぬ事態が起こった際に興奮したり慌てたりせず冷静に状況を分析し、最適な解決策を見つけ出す能力が求められます

また、施工管理の現場は男性が多いため、自己主張がしっかりしている女性も適しています。

コミュニケーション能力がある女性

コミュニケーション能力がある女性は、関係者と円滑に連携できるので、施工管理に向いています。

施工管理では、スケジュール管理や作業の割り振りも大切ですが、安全管理や品質管理といった要素にも目を光らせ、現場や工程において安全かつ厳密な作業の進行を確保しなければなりません。

そのためには、多くの関係者と円滑に連携、協力できるようにコミュニケーションを取る力が必要なので、コミュニケーションが得意な人が重宝されます。

細かい点に気づくことができる女性

細かい点に気づくことができる女性は、工程が計画通りに進行しているかを細かくチェックできるので、施工管理に向いています。

建設現場では、小さなミスやちょっとした作業遅れといった些細なことが大事故や大きな工程遅れにつながります。

細かい点に気づくことができる女性であれば、現場での微妙な変化を早期に察知できるので、問題が大きくなる前に対処できます。

論理的にものを考えることができる女性

論理的にものを考えることができる女性も、施工管理の仕事に向いています。

事業計画の作成からスケジュールの管理、現場作業の監督、品質監査、安全管理まで、多くの異なる要素を一度に調整して行くには、論理的思考と洞察力が求められるからです。

特に、職人さんや業者さんたちと連携して仕事を進めていく中で、一貫性を保ちつつも柔軟に対応するためには、論理的な思考力が不可欠です。

建築物への関心が高い女性

施工管理に向いている女性の特性として、何よりも建築物への関心が高いことが挙げられます。

建築物への興味がある方は、工事そのものを楽しみながら業務に携わることができ、施工完了後も人並以上の感動を得られるでしょう。

また建築物への興味がある方は、それぞれの建物が持つ特性や設計思想などを自ら学ぶ姿勢もあるので、自然と得た知識を仕事に活かすことができます。

女性が施工管理で働く際の注意点

女性が施工管理で働く際の注意点

求人に「女性」に関する記載があるか確認する

女性が施工管理に転職する際、「女性歓迎」「女性活躍中」など、女性に関する記載のある求人を選びましょう。

女性に関する記載のある求人は、実際に女性社員が働いていたり、女性のための制度や設備が整っていたりする可能性が高いからです。

自分と同じ女性がいれば、仕事にも比較的スムーズに慣れていけるので、女性に関するキーワードがあるか必ずチェックしましょう。

女性従業員の割合が多い企業を探す

女性が施工管理の企業を選ぶ際、女性従業員の割合が多い企業を探すことがポイントです。

内定後に女性が自分しかいないと気づいた場合、入社後に上手く馴染めず、早期退職につながるリスクがあるからです。

女性従業員の割合は、企業のホールページや求人サイト、口コミサイトに掲載されているので、複数の媒体を利用して最新の情報を探しましょう。

日頃から体調管理に気を配る

施工管理の仕事は、変則的な勤務時間の上に、時期によっては残業も多いので、体調を崩さないように気をつけることが大切です。

建設現場での機材の操作や物資の運搬、長時間にわたる屋外の立ち仕事などもあるので、日頃から体力の回復にも務めましょう。

夏の日焼け対策、冬の寒さ対策は必須です!

家族から反対される可能性がある

施工管理の仕事は、いまだに「きつい」「汚い」「危険」という3Kのイメージが残っているので、家族から反対される可能性もあります。

施工管理の仕事に就くことを反対されたときに備えて、「なぜ施工管理を選んだのか」「女性でも安心して働ける理由」を自分の言葉で伝えるために考えておきましょう。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

女性の施工管理に関するよくある質問

施工管理の仕事に女性と男性の区別はある?

施工管理の仕事に女性と男性の区別はありません。

どちらも同じように、建築物の建設プロジェクト全体を管理するという重責を担っているからです。

資格取得に必要なものは?

国家資格である「施工管理技士」の資格取得に必要なものは、「4年6ヶ月以上の経験年数」「設計としての専門知識」「記述式試験のための文章能力」です。

女性の施工管理を目指す上での心構えは?

女性が施工管理を目指す際、女性用の更衣室やトイレなど、設備が整っていない場合があることを心得ておきましょう。

女性用の設備がある現場も増えてきていますが、実際のところはまだまだ足りていないのが現状です。

女性だからこそ感じる、施工管理のやりがいは?

女性だからこそ感じる施工管理のやりがいに、「現場が華やかになって重宝される」「手先が器用なので細かい仕事を任せてもらえる」「管理能力の高いので安心して任せてもらえる」などが挙げられます。

まとめ

今回は、女性でも施工管理に就くことができるのか、働く際のメリット・デメリットを徹底解説していきました。

結論、女性でも施工管理に就くことは可能で、施工管理の女性は年々増えています。

「産休・育休後も復帰しやすく、仕事に困らない」「女性の視点で工事を管理できる」といったメリットがあるので、女性にも施工管理の仕事はおすすめです。

もちろん、未経験からでも挑戦できるので、施工管理の仕事が気になったら相性転職パーソナルファイルまでお気軽にご相談ください。

ピッタリの仕事は適職診断で!
キャリアパーソナリティ診断:適職診断の受験者の9割が納得の結果

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

\自分に合う仕事を見つける方法 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を監修した人

荻久保健一のアバター 荻久保健一 株式会社Wiz 取締役CHRO/株式会社Personal 代表取締役

IT系ベンチャー数社でマーケティングからWeb制作、子会社代表等幅広く経験。
その後人材系ベンチャーでCMOを経て、現在は年間数万人が応募するITの総合商社で取締役CHROをやりながら、株式会社Personal代表取締役として、すべての人に相性がいい適職を紹介する「相性転職パーソナルファイル」を運営しています。

【Googleがたどり着いた答え】学歴ではない本当に成果を出す人の特徴
今、マーケティング担当が読むべきおすすめnote10選まとめ
Linkedin

目次