MENU
適職のご相談はこちら

失業保険受給中にアルバイトはできる?時期や金額などの注意点を解説

「失業保険受給中にアルバイトはできるのか?」

この疑問は多くの方が抱えているものです。本記事では、失業保険制度や受給条件について解説し、アルバイトをしながら受給が可能かを検討します。

さらに、失業保険を受けながらアルバイトをしても問題ない時期や金額、注意点について具体的に説明します。これにより、読者は適切なアルバイト選びと受給条件の理解を深めることができます。

こんにちは!

株式会社Wizで人事責任者をしている荻久保(@ogikubo)です。

今回は、人事として年間数百人の面接経験もある僕が、そんな人たちが抱える悩みを解決し、適職を見つけるための方法と注意点を解説してみたいと思います。

この記事もオススメ!

目次

失業保険とは?

失業保険は、労働者が雇用を失った際に一定期間、生活費や再就職活動の支援を行うための制度です。この制度により、働いていた期間に応じて受給が可能となり、経済的な負担を軽減することができます。失業保険は、厚生労働省が運営しており、雇用者と労働者が共同で負担する保険料によって賄われています。

失業保険の受給には、一般受給資格者と特定理由離職者という2つのカテゴリーがあります。それぞれ異なる条件を満たすことが求められますので、自分がどのような状況にあるか把握し、適切な手続きを行うことが重要です。次のセクションでは、これらの条件について詳しく説明しています。

失業保険の受給条件

一般受給資格者の場合

一般受給資格者として失業保険を受給するには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 過去2年以内に雇用されていた期間が12ヶ月以上
  • 雇用を解除された際、解雇通知書を受け取っている
  • 適切な理由により退職を受け入れた場合
  • 無料の公共職業安定所(ハローワーク)への登録が完了している
  • 離職直後から就業を希望し、一定期間無収入状態が続いていること

上記条件を満たしていれば、一定期間、失業保険の給付を受けることが可能です。給付期間は、働いていた期間や年齢によって異なります。また、失業保険の給付額は、働いていた期間や給与額によっても変動します。

特定理由離職者の場合

特定理由離職者とは、雇用主の都合や個人的な理由で離職した者を指します。例えば、労働条件の悪化や家庭の事情などです。この場合の失業保険の受給条件は、以下の通りです。

  • 雇用されていた期間が12ヶ月以上
  • 離職証明書を受け取っている
  • 具体的な理由や証拠を持って離職を行った
  • ハローワークへの登録が完了している
  • 離職後も就業を希望し、一定期間無収入状態が続いていること

これらの条件を満たせば、特定理由離職者も失業保険を受給することが可能です。ただし、給付期間は、一般受給資格者に比べて短くなることがあり、受給額も働いていた期間や給与額によって変動します。

特定受給資格者の場合

特定受給資格者とは、シングルマザーや低所得者など、厳しい生活状況や収入が限られていることで、公的制度や助成金の対象になる方です。これらの方々には、医療費や教育費などの負担が大きいため、政府が支援する制度があり、子どもの保険料免除や医療費の助成、さらには奨学金などが挙げられます。

特定受給資格者の場合、利用できる制度も豊富で、母子家庭向けの児童扶養手当や、特定の病気を持つ方向けの病気手当、家庭の収入が一定以下の場合に支給される児童扶養手当などがあります。

ただし、これらの制度を利用するためには、適切な手続きが必要です。まずは、市区町村の窓口や相談窓口に相談し、自分がどの制度の対象かを確認しましょう。その後、必要な書類を揃え、申請手続きを進めていくことが求められます。

特定受給資格者になることで利用できる制度がたくさんありますので、是非ともこうした制度を活用し、自身や家族の生活をより安定させることを目指しましょう。

失業給付の給付日数、支給額、受給期間

失業給付は、労働者が雇用保険に加入していた期間や年齢に応じて、支給額や受給期間が決まります

  • 給付日数: 労働条件により異なり、最低90日から最大360日まで
  • 支給額: 基本的に直近6カ月間の平均賃金に基づく
  • 受給期間: 加入期間や年齢に応じて、3ヶ月から1年

ただし、失業給付を受けるためには、一定の条件を満たす必要があります。例えば、無理やり解雇された場合や、自己都合で退職した場合は、失業給付が受けられない場合があります。また、求職活動を積極的に行っているかどうかも、失業給付の支給に関係する重要なポイントです。

失業給付を受けることができる場合でも、給付額は本来の収入に比べて低いことが一般的です。そのため、失業給付だけでは生活することが困難な場合もあります。失業給付を上手く活用しつつ、次の仕事を見つけるために求職活動を継続することが大切です。

失業保険をもらいながらバイトできる?

7日間の待機期間中はNG

失業保険の申請後、最初の7日間は待機期間とされ、給付金が支給されません。待機期間中は、バイトやパートの仕事をしてはいけません。待機期間中にアルバイトを始めた場合、失業保険の受給資格がなくなる可能性があります。

ただし、待機期間が終わった後は、一定の条件の元、失業保険を受けながらバイトをすることが可能です。条件としては、週に20時間以下の労働であること、失業保険とバイトの収入があわせて月額が直近6カ月間の平均賃金を超えないことなどが挙げられます。

これらの条件を満たしている場合、失業保険を受けながらバイトをしても問題ありません。ただし、バイトを始める前に、担当のハローワークに相談して確認することが望ましいです。また、求職活動にも積極的に取り組むことが条件となりますので、バイトと求職活動の両立を図りましょう。

求職申し込みの前だったらOK

求職申し込みの前であれば、バイトをすることは問題ありません。理由として、この段階では失業保険の受給資格が確定しておらず、働くことによる制約がないためです。

具体的な例として、求職活動を開始する前に、自分のスキルを磨くための短期間のアルバイトやインターンシップなどが該当します。ただし、求職申し込みを行う前にバイトをしている場合でも、将来的に失業保険の受給資格が影響を受ける可能性があるため注意が必要です。

給付制限期間中もOK

給付制限期間中であっても、バイトをすることは問題ありません。給付制限期間とは、失業保険の支給が一時的に制限される期間のことで、この間は働くことができます。理由として、制限期間中は一定の求職活動が求められるものの、収入を得ること自体に制約はないためです。

具体的な例として、給付制限期間中に短期のアルバイトやパートタイムの仕事を見つけることが挙げられます。しかし、制限期間中に働くことで受け取れる失業保険の金額が減る可能性があるため注意が必要です。

失業給付の受給中はOK

失業給付の受給中であっても、バイトをすることは問題ありません。ただし、受給中に働くことで、失業保険の給付額や受給期間に影響を受ける可能性があるため、注意が必要です。理由として、受給中に働くことで、所得が増加し、給付額が減少する可能性があるためです。

また、受給期間にも影響が出ることがあるため、バイトを始める前に、失業保険受給中の働くことに関する制約を確認しておくことが重要です。

具体的な例として、週に20時間以下の働き方は、受給中でも可能ですが、これを超えると給付が停止される場合があります。まとめると、失業給付の受給中はバイトがOKですが、給付額や受給期間に影響がある可能性があるため、注意が必要です。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、パーソナル適職診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

80種類の診断結果とAIを元にあなたに相性のいい適職をご紹介!

自分にあった適職が見つかる!

失業保険受給中にバイトする際の注意点

雇用保険加入条件以上は働かない

雇用保険の加入条件を満たさない範囲で働けば、基本的には失業保険が受給できます。しかし場合によっては受給の対象外となることもあるので、注意しましょう。

雇用保険の加入条件
  • 週20時間以上働くこと
  • 雇用期間が1年以上見込まれること
  • 事業所従業員数が500人未満の場合、年齢が65歳未満であること

これらの条件を満たさない場合、働く者は個人で雇用保険に加入することができない。しかし、不安がある場合は、窓口で無料相談を受け、現在の働き方と雇用保険の関係を確認しよう。

バイトをしたら必ず報告

アルバイトを行う場合、収入が変化するため、必ず報告が必要です。これは、保険や公的制度の受給に影響を与える可能性があるからです。例えば、シングルマザーが児童手当を受給している場合、収入の増加があると手当額が減額されることがあります。

また、医療費の助成や年金なども収入によって支給額が変動するため、アルバイトを始めた際は速やかに報告しましょう。万が一報告を怠ると、過払いや不正受給が発覚した場合には返還や罰則が科せられる恐れがあります

勤務時間は週20時間未満

勤務時間が週20時間未満の場合、雇用保険には加入することができません。ただし、シングルマザーや低所得者への支援制度を受給している場合、勤務時間が週20時間未満であることが一定の条件となる場合がある。

例えば、児童手当や医療費助成などでは、受給者の所得や勤務時間が一定の範囲内に収まることが求められます。これらの条件を満たさなくなると支援が受けられなくなるため、勤務時間を調整することが重要です。

無理をせず、自分の家庭や生活に適した働き方を選択しましょう。

アルバイトをして受給不可になるケース

受給期間の日数を超えてバイトをした

受給期間中に働いた日数が、所定の日数を超過すると、失業保険の受給資格が失われる場合があります

その理由として、働いた日数が所定の日数以上であると、働いていないと認定されなくなるためです。また、受給期間中に働いた日数が一定以上となると、受給日数が減らされる可能性もあります。

雇用保険対象になるまで働いた

雇用保険対象になるまで働いた場合、雇用保険の適用を受けることが難しくなることがあります

理由として、雇用保険対象となるには、一定の期間働いていることが求められます。この期間は、過去1年間に原則20週以上働いていることが必要なため、雇用保険加入の条件を満たすためには、週に20時間以上働いていることが求められます。

待機期間中にアルバイトをした

待機期間中にアルバイトをした場合、失業保険の受給資格や受給額に影響を与える可能性があるため注意が必要です。

理由として、待機能間中にアルバイトをすると、所得があるため失業と認められず、失業保険の受給資格が認められない場合があります。また、アルバイトで得た所得があるため、失業保険の受給額が減額される可能性もあります

一日の受給額の80%以上の収入を得た

一日の受給額の80%以上の収入を得ると、失業保険給付が減額される可能性があります。理由として、失業保険制度は、失業者が再就職までの期間において一定の生活費や求職活動の費用を補助することを目的としているため、収入が一定水準を超えた場合、給付額の調整が行われます。

具体的な減額計算方法は、所得が一日の受給額の80%~100%の場合、給付額から75%を減額。また、所得が一日の受給額の100%を超える場合、給付停止となります。

そのため、求職活動中に収入が得られる場合や副業を行っている場合は、給付額に影響が出ることを考慮しておく必要があります。また求職活動や副業の状況に応じて、適切な給付額を受けられるよう、随時窓口へ報告し、給付額の調整を行うことが重要です。

失業保険給付が減額されるケース

失業保険給付が減額されるケースは以下の通りです。

  • 一部職種に該当し、受給資格がない場合。
  • 一定期間の雇用が確約されている場合。
  • 就業規則違反や自己都合退職などの理由で解雇された場合。
  • 給付申請前に再就職が内定している場合。
  • 就職や就労状況を届け出ずに、一定の収入を得ている場合。

このような状況で給付額が減額される場合があるため、適切な給付額を受けるためには、自身の状況を正確に申告し、適切な手続きを行うことが重要である。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

不正受給に該当するケースや処分内容

不正受給になるケース

  • 就職や就労状況を申告しなかった場合
  • 求職活動について申告しなかった場合
  • 事業を始めたことを申告しなかった場合
  • 内職や手伝いで収入を得たことを申告しなかった場合
  • 会社役員に就いたことを申告しなかった場合
  • 定年退職して働く気がないのに失業給付を受給した場合

就職や就労状況を申告しなかった場合

就職や就労状況を申告しなかった場合、以下のような不正受給に該当するケースがあります。

  • 無職であることを装って給付を受け取っている場合。
  • 職探しをしていないのに給付を受け取っている場合。
  • 複数の失業保険を併用して受給している場合。

こうしたケースに該当した場合、給付額の返還や罰則が課せられる可能性があります。主な罰則としては、不正受給額の返還や給付停止期間の延長、禁固刑や罰金の適用などがあります。また、不正受給が判明した場合には、信用情報機関に情報が登録されることがあり、今後の金融取引に影響が出る可能性もあります。

これらの不正受給に該当しないよう、就職活動や副業の状況に応じて、所得などを随時報告し、適切な手続きを行うことが重要である。

求職活動について申告しなかった場合

求職活動について申告を怠った場合、求職者支援制度や失業手当の対象外となる恐れがあり、経済的負担が増すことになります。また、後に申告漏れが発覚した際に、遡って支給された手当の返還を求められるケースもあります。

求職活動中であることを隠す理由は様々ですが、正しい申告をすることで適切な手当やサポートを受けることが可能になるため、今後の自己投資や就業機会も考慮し、適切な手続きを怠らないように心がけましょう。

求職中の申告に関しては、公的支援窓口や求職支援サービスを利用することで、手続きの流れや注意点についてアドバイスを受けることができます。これらのサービスを活用し、自分が受けられる支援を最大限に活かすことが重要です。

最後に、求職活動の申告は自分自身のためだけでなく、公的支援制度の適切な運営や効率的な資金配分にも影響するため、社会全体の利益にも繋がります。正しい申告が求められるのはそのためです。

事業を始めたことを申告しなかった場合

事業を始めたことについての申告漏れが発覚した際には、税金の追徴や罰金が科せられることがあります。また、場合によっては税務署からの調査や監査を受けることになり、事業運営に支障をきたすこともあります。

事業を始めた際には、税務署に対して開業届を提出することが必要です。これにより、事業者としての税務手続きや節税対策を適切に行うことができます。新規事業者が適用できる助成金や税制優遇措置もあるため、自分が利用できる制度を活用することが重要です。

また、事業開始を申告することで、将来的に事業拡大や資金調達の際に信用力の向上に繋がります。適切な申告を行うことで、事業運営や経済的負担の軽減にも貢献できるため、申告を怠らないようにしましょう。

事業を始めたことの申告に関する手続きや注意点は、税務署や専門家に相談することで確認できます。適切な申告が社会全体の経済循環にも寄与するため、正しい申告を心がけましょう。

内職や手伝いで収入を得たことを申告しなかった場合

所得税法では、内職や手伝いで得た収入も所得の一部として申告が求められます。申告漏れが発覚した場合、追加の税金や罰金が課せられる可能性があります。

申告を怠った場合、将来的に税務調査や監査を受けるリスクが高まるため、収入を正確に申告することが重要です。また、適切な申告を行うことで、所得控除や節税対策を活用できますので、自分の経済状況に応じた適切な手続きを行いましょう。

内職や手伝いで収入を得た場合の申告方法や注意点については、税務署や専門家に相談することができます。適切な申告を行うことで、自分自身の経済状況を正確に把握し、将来の経済的安定に繋げることができます。

会社役員に就いたことを申告しなかった場合

役員報酬は所得として申告が必要であり、会社側も源泉徴収を行う義務があります。申告漏れが発覚した場合、追加の税金や罰金が科せられることがあります

また、役員就任の申告を怠ると、会社の税務処理や監査にも影響が出ることがあります。適切に申告することで、税務処理がスムーズに進み、企業経営における信用力の維持にも繋がります

会社役員に就任したことの申告手続きや注意点については、税務署や専門家に相談することができます。適切な申告が求められるのは、個人の経済状況の正確な把握および社会全体の経済循環に貢献するためです。正しい申告により、個人も企業も、社会も持続的な発展が期待できます。

定年退職して働く気がないのに失業給付を受給した場合

定年退職後、働く意欲がないにもかかわらず失業給付を受給する行為は、不正受給にあたります。失業給付は、本来働く意欲と能力を持つ失業者が、再就職活動中の生活を支えるための制度です。そのため、働く意欲がない場合には失業給付の対象外となります。

不正受給が発覚した場合、返還請求や罰則が科される可能性があり、信用失墜に繋がることもありますので、慎重な行動が求められます。

不正受給の処分内容

不正受給が発覚した場合、以下の処分が科されることがあります。

  • 返還請求: 不正受給分の給付金を返還するよう求められます。支払いが遅れると、延滞金が加算される場合もあります。
  • 罰則: 不正受給者には、法律に定められた罰則が科されることがあります。これには、罰金や懲役刑が含まれます。
  • 信用失墜: 不正受給が明らかになることで、将来の信用を失う可能性があります。そのため、銀行からの借入や保険加入が困難になったり、就職活動においても不利になることが考えられます。

不正受給は、重大な結果を招くことがありますので、正当な手続きを踏んで受給を受けることが重要です。

どんな場合に不正受給が発覚するの?

以下のような場合に、不正受給が発覚する可能性があります。

  • 窓口の職員によるチェック:求職活動の進捗や報告が義務付けられており、窓口の職員がこれをチェックします。その際に、不正受給の兆候が見つかることがあります。
  • 報告義務違反:受給者は、再就職やアルバイトの状況などを報告する義務があります。これを怠ると、不正受給が疑われることがあります。
  • 情報提供者からの通報:第三者からの通報があった場合、不正受給が発覚することがあります。特に違法行為が疑われる場合、行政機関が調査を行うことがあります。

これらの事例からも、不正受給は厳しくチェックされています。受給資格を正確に把握し、適切な手続きを踏んで失業給付を受けることが重要です。

失業保険受給中のアルバイトで得られるメリット

  • 転職先が早く見つかる場合がある
  • 生活費の足しになる

転職先が早く見つかる場合がある

失業保険受給中にアルバイトをしていることで、転職先が早く見つかる場合もあります。アルバイトをしていることによって、スキルや経験が豊富であれば、求人市場での競争力が高まり、早期に転職先が見つかる可能性が上がります。また、求人市場が活況である場合も、求職者にとって有利に働きます。

さらに、転職サポートを利用することで、求職者は自分に適した求人を効率的に見つけることができます。無料でサポートしている場合が多いので、費用の負担を抑えつつ、転職活動のサポートが受けられます。専門的なアドバイスが得られることで、自己分析や企業研究が深まり、選び方が改善されることも期待でき、転職エージェントを活用すれば、非公開求人にもアクセスできるため、独自の求人情報を得ることが可能です。

生活費の足しになる

転職活動中は収入が途切れるため、可能な限りアルバイトをすることで、生活費の足しにすることができます

まず、転職活動前に貯蓄を積み立てておくことで、無職期間中の生活費に充てることができますが、アルバイトやパートタイムの仕事を探すことで、一定の収入を確保することができます。

早期就職で再就職手当がもらえる可能性も

早期に就職が決まることで、再就職手当がもらえる可能性があります。再就職手当は、失業保険を受給している期間内に再就職することで、一時的な収入を得られる制度です。この制度は、早期就職を促進することを目的としており、再就職を果たすと、失業保険受給期間の残り分が手当として支給されます。

ただし、再就職手当がもらえるかどうかは、受給条件や手続きが適切に行われるかによって決まります。適切な手続きには、再就職の報告や受給資格証明書の提出が含まれており、労働者が本人と認められる場合や、一定の受給期間が満たされている場合などが、受給条件となります

早期就職で再就職手当がもらえるかどうかは、それぞれの状況により異なるため、制度の内容や手続き方法を確認し、適切に利用することが重要である。

失業保険受給中のアルバイトに関するよくある質問

失業保険受給中、いくらまでなら稼げる?

失業保険は、所得や勤務時間によって受給額が減額される場合があります。この制度は、仕事を探しながら働くことを奨励するためのものです。

給付金の減額は、毎月の所得に応じて変わります。具体的には、受給額の50%が所得の上限です。また、働く時間も週20時間以下でなければなりません。上限を超える収入や労働時間を申告すれば、失業保険が停止される可能性があります。

注意すべき点として、非正規雇用(パート・アルバイト・派遣等)や在宅ワークなどの働き方でも、所得が上限を超える可能性があるため、収入や労働時間を把握し、適切に申告する必要があります。申告漏れが判明した場合、過去の給付金を返還しなければならないことがあります。

失業保険受給中に働く際には、所得や労働時間の制限を理解し、適切に申告することが重要です。

アルバイトをしていることを申告しなかった際の罰則は?

失業保険を受けている人がアルバイトをしていることを隠すと、以下のような問題が生じることがあります。

  • 給付金の停止
  • 過払い分の返還請求
  • 罰金の課税
  • 刑事罰の適用
パートでも再就職手当は出る?

再就職手当は、雇用保険に加入している労働者が失業し、その後一定期間以内に再就職した場合に支給される手当です。

パートタイム労働者でも雇用保険に加入している場合、以下の条件を満たすと再就職手当が支給されることがあります。

  • 一定の雇用期間を経て、雇用保険の適用を受けていたこと
  • 再就職が以前の雇用終了後、一定期間以内であること
  • 再就職条件が前職と比較して大幅に低下していないこと

ただし、再就職手当の支給は、個々の雇用状況や離職理由によって異なります。再就職支援制度を利用している場合、支給額や期間が変わることもあります。

失業保険の受取条件に合う仕事を見つける方法はありますか?

失業保険の受給は、勤務時間や収入が条件に影響を与えるため、パートタイムや契約社員などの働き方を検討してみることが有益です。労働局の相談窓口や公的な職業安定所で、自分に適した仕事探しのアドバイスを受けることもおすすめです。

また、オンラインで検索を行う際は、失業保険受給を継続したまま働ける仕事に特化した求人サイトを利用するのも一つの方法です。サイト上で、条件にあった求人情報を検索し、応募することが可能です。ただし、仕事を始める前に、失業保険の受給条件が変わらないか確認することが重要です。

まとめ:失業保険受給中のアルバイトの最適な方法を把握しよう

失業保険受給中のアルバイトの最適な方法を把握することで、適切な働き方を見つけられるでしょう。条件に合った仕事を探す方法として、職業安定所の利用や、特化した求人サイトの活用が挙げられます。また、株や不動産の所得によって申告が必要になるかどうかは、所得金額により異なるため、確認が必要です。

これらの情報を活用し、自分に合った働き方を見つけて、失業保険受給を継続しながら働く方法を探求しましょう。次のステップとして、適切なアドバイスを得るために労働局の相談窓口や税務署に問い合わせてみてください。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を監修した人

荻久保健一のアバター 荻久保健一 株式会社Wiz 取締役CHRO/株式会社Personal 代表取締役

IT系ベンチャー数社でマーケティングからWeb制作、子会社代表等幅広く経験。
その後人材系ベンチャーでCMOを経て、現在は年間数万人が応募するITの総合商社で取締役CHROをやりながら、株式会社Personal代表取締役として、すべての人に相性がいい適職を紹介する「相性転職パーソナルファイル」を運営しています。

【Googleがたどり着いた答え】学歴ではない本当に成果を出す人の特徴
今、マーケティング担当が読むべきおすすめnote10選まとめ
Linkedin

目次