MENU
適職のご相談はこちら

異業種からの転職は難しい?失敗しないためのコツと成功のポイント【志望動機の例文あり】

異業種からの転職は難しい?失敗しないためのコツと成功のポイント【志望動機の例文あり】

「異業種に転職したいけど失敗するのが怖い…」

「志望動機はどのように書けばいいの?」

近年、異業種への転職を検討している人が多く、企業も様々なバックグラウンドを持つ人材を積極採用するケースが増えています。

しかし、「異業種への転職は、実際どのくらい難しいの?」「失敗しないためにはどうすればいい?」など、不安を抱いている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、異業種への転職について、失敗しないためのコツと成功のポイントを徹底解説していきます。

こんにちは!
株式会社Wizで人事責任者をしている荻久保(@ogikubo)です。

今回は、異業種への転職について、失敗しないためのコツと成功のポイントを解説します。

志望動機や、面接で聞かれることの多い質問その回答例も紹介しているので、今の仕事を辞めて別の環境で働きたい方必見です!

この記事もオススメ!

目次

【結論】未経験でも異業種からの転職は可能!

異業種転職は難しい?

異業種への転職は、同業種への転職より難しい?

異業種への転職は、同業種への転職より難しいと言われています。

しかし近年は、異業種への転職を検討している人が多く、企業も様々なバックグラウンドを持つ人材を積極採用するケースが増えています

以下のようなポイントを押さえることで、異業種でも転職を成功させやすくなります。

  • 志望動機に説得力がある
  • 前職の成果がある
  • 活かせるスキルがある
  • 実現したいことが自社とマッチしている

異業種同職種の転職とは、例えば「小売営業」から「IT営業」に転職する場合を指します。

異業種への転職は何歳まで?

異業種への転職は何歳までという決まりはありませんが、20代の方が異業種転職の成功割合は高いです。

20代は、経験が浅いぶん新しい環境や仕事のやり方をスムーズに吸収しやすく、自社での成長を見越して採用されるケースが多いからです。

未経験でも異業種への転職は可能

昨今は、未経験を歓迎している業界・企業が多くあるため、異業種への転職は十分可能です。

特に、慢性的な人手不足に悩んでいる業界ポテンシャル、若さを求めている企業は、未経験者を積極採用する傾向にあります。

実際に、2017年に行われたマイナビ転職の調査によると、掲載されている全求人のうち、「職種(仕事の種類)未経験者」を歓迎している割合は78.4%で、約8割の求人は未経験者を歓迎しています。

「職種(仕事の種類)未経験者歓迎」の割合が多い職種
1位美容・ブライダル・ホテル・交通94.7%
2位販売・フード・アミューズメント93.6%
3位技能工・設備・配送・農林水産 他90.3%
4位保育・教育・通訳90.1%
5位医療・福祉84.9%
6位管理・事務83.3%
7位公共サービス83.1%
8位企画・経営81.4%
9位医薬・食品・化学・素材80.1%
10位コンサルタント・金融・不動産専門職79.8%
11位営業78.4%
12位クリエイティブ73.1%
13位電気・電子・機械・半導体70.0%
14位建築・土木69.2%
15位WEB・インターネット・ゲーム57.1%
16位ITエンジニア48.6%
引用:未経験から転職しやすい職種・業種は? 企業は未経験者に何を期待してるん?|求人ライターTの「どないやねんブログ」

異業種へ転職する人は多い

異業種へ転職する人は多い

そもそも「異業種」とは

業種とは事業の種類を意味し、それぞれの企業が携わっている分野のことを指します。

例えば、情報通信業界においては「通信業」「放送業」「情報サービス業」「インターネット附随サービス業」「映像・音声・文字情報制作業」が業種に当たります。

つまり異業種転職とは、同じ業界内で携わる分野を変えるということです。

ただし、一般的には「異業種=全く異なる分野の仕事」と捉えるケースが多いです。そのため本記事では、「異業種転職=今までとは全く異なる分野の仕事へ転職する」とします。

異業種と異業界、異職種との違い

異業種と混乱しやすいのが、「異業界」「異職種」です。

業界は、企業を「産業」「商業」で分類したものを指します。

例えば、「建設業界」「製造業界」「小売業界」「情報通信業界」「運輸業界」「商社業界」などがこれに当たります。

つまり「異業界に転職する」とは、今までとは全く異なる分野の仕事に転職するということです。

職種は、職業や職務の種類のことで、企業内での役割のことを指します。

例えば、「営業職」「事務職」「企画職」「販売職」「開発職」「研究職」などが挙げられます。

つまり「異職種に転職する」とは、今までと異なる仕事内容に従事するということです。

転職者の約7割が異業種転職をする

転職者の約7割が異業種転職をする
参考:【転職決定者データから見る】2020 中途採用市場 中途採用においては「越境採用力」もカギに|株式会社リクルートキャリア

2020年1月に行われた株式会社リクルートキャリアの「転職決定者分析」によると、全転職者のうち約7割は異業種へ転職しています。

異業種への転職は決してめずらしいことではなく、多くの人が異業種への転職を実現しているといえます。

異業種からの転職の割合が高い業種は「商社」と「サービス」

異業種からの転職の割合が高い業種は「商社」と「サービス」
参考:【最新調査】異業種への転職が多い業種は?異業種へ転職している人はどんな人?-中途採用の実態調査 |転職ならdoda

転職支援サービス『dodaエージェント』の「異業種転職の実態(2020年7月~2021年6月)」によると、異業種転職者の割合が80%を超えたのは「商社」と「サービス」ということがわかります。

続いて、「インターネット/広告/メディア」と「小売/外食」の分野でも、異業種転職者の割合は70%を超えています。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

【年齢別転職傾向】異業種への転職難易度は世代によって異なる

20代

20代の場合、業種経験がなくても成長を見越して採用してもらえる確率が高いです。

経験が浅いぶん、新しい環境や仕事のやり方をスムーズに吸収しやすいといった、吸収率やポテンシャルを評価されるためです。

ただし、20代後半になると未経験での転職が難しくなってくるため、異業種への転職を有利に進める際は、20代の早めのタイミングで転職を検討するのがおすすめです。

業種経験がなくても成長を見越して採用してもらえる確率が高い!

30代

30代の場合、異業種にチャレンジできるラストチャンスのため、計画的にできるだけ早く動き出すことが大切です。

また30代は、異業種転職でも即戦力となることを期待されるケースが多いので、これまでの仕事で培ったスキルや経験をアピールしましょう。

さらに「10人のメンバーをマネジメントし、チームの売上前年比アップを実現した」など、マネジメント経験もあれば選考を有利に進められます。

異業種にチャレンジできるラストチャンス!計画的にできるだけ早く動き出すことが大切

40〜50代

40〜50代の場合、異業種転職のハードルは高く、成功させることもかなり難しくなってきます

面接の際には、「なぜ異業種への転職を希望するのか」「活かせる経験やスキルはあるか」について重点的に聞かれるケースが多いです。

志望動機や自己PRの添削を重ねて、面接対策もしっかり行うことが異業種転職成功のカギとなるでしょう。

異業種転職のハードルはかなり高い、十分に転職対策を行うことが成功のカギ

60代以降

60代以降の場合、選べる異業種の選択肢が狭まりますが、スーパーのレジ担当や体育館の管理人など、採用枠が広い業種を選ぶと転職しやすいです。

また正社員としても採用も難しいので、嘱託職員やパート、アルバイトといった雇用形態の求人を選ぶのがおすすめです。

希望する働き方とは異なる場合もありますが、これまでの実績や社会的地位にとらわれず柔軟に挑戦する姿勢が大切です。

選べる異業種の選択肢が狭まるが、業種や雇用形態を選ばなければ転職可能

異業種の転職でおすすめの業界7選

  • 小売業界
  • 医療・福祉・介護業界
  • 情報通信業界
  • 人材サービス業界
  • 運送業界
  • 建設業界
  • 保険業界

小売業界

厚生労働省が行った「令和2年上半期雇用動向調査」によると、小売業界の未充足求人数は約18.8万人です。

つまり、小売業界は最も人手が不足している業界といえるため、異業種転職しやすいでしょう。

また近年は、非対面での販売が普及したことに伴い、ECに適応した企業が業績を伸ばす傾向にあるので、小売業界の中でもEC事業に注力している企業がおすすめです。

「未充足求人」とは、事業所における欠員であり、仕事があるにもかかわらず、その仕事に従事する人がいない状態を補充するために行っている求人のことです。

医療・福祉・介護業界

医療・福祉・介護業界は、高齢化が進む中で需要が拡大しており、求人数も多いので、異業種転職でも挑戦しやすい業界です。

また、転職後に資格を取得すれば、昇格と給料アップも実現でき、キャリア形成しやすい特徴があります。

そのため、安定した職に就きたい方や、異業種への転職でも出世したい方におすすめの業界です。

情報通信業界

情報通信産業は、「情報の伝達を行う事業所や情報の処理、提供などのサービスを行う事業所」と定義され、大きく5つに分類されます。

  • 通信業
  • 放送業
  • 情報サービス業
  • インターネット付随サービス業
  • 映像・音声・文字情報制作作業

特に近年は、IoTやICT、AIといったデジタル技術の導入が進み、市場が拡大していることから、プログラマーやITエンジニアの需要が大きく拡大しています。

そのため、ソフトウェア開発・管理を行う「情報サービス業」や、サイトの運営・管理、Webコンテンツの制作・提供を行う「インターネット付随サービス業」はおすすめです。

人材サービス業界

人材サービス業界とは、顧客企業のニーズに応じて人材を派遣したり、紹介・斡旋したりする業界で、具体的に以下の4つに分類されます。

  • 人材派遣
  • 人材紹介・斡旋
  • 求人広告
  • アウトソーシング

中でも、「人材紹介・斡旋」と「求人広告」は、比較的未経験からでも挑戦しやすく、転職後もポータブルスキルを高められるのでおすすめです。

なお人材業界自体、その人の志向性や過去の経験実績も含めたポテンシャルを重視されることが多いので、大手企業へ転職できる可能性も十分あります。

運送業界

運送業界には、トラック運転手やバス運転手、配達ドライバーなどの仕事があります。

中でも、トラック運転手は人手不足が続いており、異業種からの転職を積極的に受け入れています。

ミドル層、シニア層の採用に積極的な企業も多いため、異業種への転職が難しくなってくる50代以上でも挑戦しやすいでしょう。

トラック運転に必要な中型もしくは大型の免許を持っていないのですが、転職できますか?

専用の免許を持っていなくても、普通運転免許を取得してから3年経っていれば、採用される可能性があります!入社してから免許の取得を目指せるほか、資格取得支援制度のある会社も多いですよ。

そうなんですね!資格取得支援制度を利用してみようと思います!

資格取得支援制度を利用するメリットは?

資格取得支援制度を利用することで、免許取得にかかる費用の全額もしくは一部を負担してくれる場合があります。

建設業界

建設業界は、大工や宮大工、左官、鳶、型枠大工、配管工など、様々な仕事があります。

異業種からの転職に建設業界がおすすめな理由は、手に職をつけ、実務経験を積む機会が豊富だからです。

将来的にはスペシャリストとしてのキャリアパスも築けるので、未経験ながらも職を極められます。

保険業界

保険業界は、接客や販売などの経験者を自社の営業職として採用しているケースが多く、未経験でも受け入れられやすい業界です。

また、ネット保険が増加している生命保険業界では、社内開発ができるシステムエンジニアやWebデザイナー、Webディレクターの求人も増えています。

そのため、保険業界は様々な職種の経験者が転職しやすい傾向にあります。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

異業種へ転職する人が多い職種5選

接客・販売

接客・販売職は、人の移り変わりが比較的多い職種なので、転職する人が多いです。

商品を売るだけでなく、コミュニケーションや顧客対応などのビジネススキルも高められるので、営業職やコールセンターのテレアポなどに業種に変える人が多く見られます。

化粧品やスキンケアに興味がある方には、美容部員への転職もおすすめです!

マーケティング

マーケティング職は、市場のニーズやトレンドの調査・分析、販売戦略の企画、商品・サービスの宣伝などを行う仕事です。

マーケティング職は、上記のようにビジネスにおいて汎用性の高いスキルが身につくのが特徴です。

そのため、商品・サービスの宣伝経験を活かして営業職へ、市場のニーズやトレンドの調査・分析経験を活かしてコンサルタント職へ転職する人が多いです。

営業職

営業職は、コミュニケーション力や顧客対応力、交渉力、数値管理力など、様々なスキルが身につきます。

営業職で身についたスキルは多くの業界で求められるため、他の職種と比べて特に転職しやすい職種といえます。

また、異業種に転職した後も営業職を続けるケースが非常に多く、アピールできる実績さえあれば大手企業に転職できる可能性も高いです。

事務・財務・経理

事務・財務・経理では、データ入力や書類作成、処理、ファイリング、電話・来客対応などのバックオフィス業務を担います。

事務・財務・経理で身につけたパソコンスキルや会計知識は、そのまま他の業界でも活用できるため、異業種への転職のハードルはそこまで高くありません

電話対応が得意な場合はコールセンターのカスタマーサポート、簿記などの資格を持っている場合は異業種他社の経理部門へ転職するのがおすすめです。

ITエンジニア

デジタル技術の急速な進化が進む現在の社会では、ITエンジニアのスキルはどの業界でも歓迎されています。

ソフトウェア開発やネットワーク管理などのIT企業だけでなく、食品や運送、教育、保険など、あらゆる業界で常駐のエンジニアが雇用されています

また、急速な需要の高まりによって人手不足も顕著なため、経験・スキル次第で給与UPの交渉も可能なため、異業種の転職先でも引き続きITエンジニアとして活躍するのがおすすめです。

異業種への転職でよくある失敗

異業種への転職でよくある失敗

経験・スキルをうまくアピールできず、なかなか選考を通過できない

異業種へ転職する際、業界や職種への憧れだけを羅列してしまい、経験・スキルをうまくアピールできず、なかなか選考を通過できないパターンが考えられます。

例えば、「前職のIT営業職で、得意の提案力を活かして販売件数を伸ばした」という人物が憧れの製菓業界を目指すとします。

上記の場合に、「ずっと好きだったお菓子に携わりたく志望しました」とアピールすると、活躍できるイメージを伝えられず、内定をもらいにくいでしょう。

採用担当者が納得できる志望動機を伝えることが大切です!

入社後、業務についていけない

前職と全く違う業界・職種に転職し、入社後、業務についていけないことで後悔するパターンも少なくありません。

例えば、事務職でキャリアを重ねた人がIT企業の営業職に転職した場合、以下のようなケースが考えられます。

  • ITの知識はカタカナや英語が多く、身につけるのが大変
  • 仕事を進めるスピード感が早く、ついていけない
  • 様々な人とコミュニケーションが必要で、前職とのギャップが大きい

業務についていけずすぐに辞めて、再度転職しなければならないことがないよう、入社後の仕事や職場環境をしっかり理解しておきましょう

業務に慣れるまでに時間がかかり、ストレスが増加

異業種へ転職すると、業務に慣れるまで時間がかかり、入社直後にかなりのストレスを感じる場合があります。

気持ちが落ち込んでしまうと、余計に仕事が捗らなくなる恐れがあるので、定期的にリフレッシュするようにしましょう。

また、仕事が合わず早期離職するのを防ぐためにも、面接で具体的な業務内容や職場の雰囲気を聞いておくようにしましょう。

前職の業種よりもきついと感じて転職したことを後悔

異業種転職では、働き方や仕事内容などが前職と大きく異なることできついと感じ、転職したことを後悔するパターンも考えられます。

例えば、年収が高くやりがいがあることに魅力を感じて事務職から営業職に転職した結果、想像よりもノルマが厳しく、精神的・体力的に追い込まれてしまうケースもあります。

憧れややる気を持って転職しても、きつさから辞めざるを負えない状況になってしまっては意味がないので、無理なく働ける環境か見極めることが大切です。

入社後、ギャップを感じて転職を繰り返すことのないよう、企業研究を徹底するようにしましょう。

転職を繰り返すとダメなのですか?

転職回数が多いと、企業に「すぐ辞められてしまうのではないか」と懸念を抱かれやすくなるので、採用されにくくなります。そのため、短期間に転職を繰り返さないようにしましょう。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

異業種転職に失敗しないためのコツ

異業種転職に失敗しないためのコツ
  • 転職理由を整理する
  • 自分に足りないスキル・知識を分析する
  • 希望の業種・職種で異分野から転職者を受け入れているか調べる
  • 志望動機と自己PRをよく練る
  • コミュニケーションスキルの高さをアピールする

転職理由を整理する

異業種へ転職する場合、「転職のハードルが上がるにも関わらず、なぜ異業種に就きたいのか?」確認されるケースが多いです。

面接官に納得してもらうため、退職理由と志望動機に矛盾がないようにあらかじめ回答を整理しておきましょう。

自分に足りないスキル・知識を分析する

異業種転職において、強み・アピールポイントを明確にすることはもちろん、自分に足りていないスキルや知識を分析することも重要です。

足りていないものを明確にすることで、転職前に身につけておくべき知識や、入社後に取得するべき資格などを把握できます

また、転職活動を進めながら知識を習得することは、転職のモチベーションアップにもつながるでしょう。

異業種でもできる仕事は多くありますが、転職を成功させるには最低限の努力が必要です!

希望の業種・職種で異分野から転職者を受け入れているか調べる

異業種転職をする際、希望の業種・職種で「未経験OK」の求人があるかどうかを調べておきましょう

転職サイトでは、「希望している職種の求人は経験者のみが対象」という求人もあります。

上記の場合、まずは未経験OKのアルバイトポジションで入り、経験を積んだ上で、正社員に昇格したり、再度転職を図ったりするのがおすすめです。

希望の業種・職種で異分野から転職者を受け入れていないと、そもそも転職もできないので、事前の下調べが重要です!

志望動機と自己PRをよく練る

異業種転職を成功させるには、面接でスムーズに回答するために、志望動機と自己PRをあらかじめ作っておきましょう。

「これまでどのような業務に携わり、どのようなことを学んだのか」というように、ストーリー性を持たせることがポイントです。

面接では深堀質問をされるケースも多いため、話の信憑性が疑われたり準備不足が露呈してしまったりするのを防ぐために、詳しくエピソードを話せるようにしておきましょう

コミュニケーションスキルの高さをアピールする

異業種採用だとしても、最低限の基礎知識やビジネスマナーが身についていることを大前提とするケースが大半を占めます

特にコミュニケーションスキルは、ほとんどの企業で社内外でのやりとりの際に必要とされます。

前職で「お客様と関係構築を図ったエピソード」や「社内連携を強めるため報連相を徹底したエピソード」など、経験を交えながらアピールしましょう。

異業種転職に成功するための志望動機のポイント

異業種転職に成功するための志望動機のポイント
  • 「志望動機=異業種への転職の目的」を明確にする
  • スキルアップ・チャレンジなどのポジティブな理由を見つける
  • 現職との関連性を探し、異業種でも活かせるスキルを志望動機に添える
  • 自己分析・業界分析・企業分析を徹底する

「志望動機=異業種への転職の目的」を明確にする

志望動機を考える際は事前に自己分析をしっかりと行い、異業種転職の目的を明確にすることが重要です。

異業種への転職の目的が明確でなければ、「本当にこの業界で働きたいと思っているのか」「同業種の方がいいのではないか」という印象を面接官に与えてしまいます。

そのため志望動機を考える際は、単なる興味本位や一時的な憧れだけでなく、業種への熱意と転職の目的が伝わるようにしましょう

スキルアップ・チャレンジなどのポジティブな理由を見つける

前職で何かしらの不満があって転職を検討している場合であっても、転職先に志望動機を伝える際はポジティブな表現に変換するようにしましょう。

例えば、前向きな表現の変換方法として、以下が挙げられます。

退職理由の変換例
退職理由:給料が少ない

ポジティブ変換:自分の成果や努力が評価される環境でスキルアップを目指したい

退職理由:単調な仕事が向いていない

ポジティブ変換:様々な困難に立ち向かいながら、社員と協力して1つの目標に向かって取り組みたい

ネガティブな退職理由であったとしても、伝え方によって印象は大きく変わるので、前向きな言葉へ置き換えることが大切です。

現職との関連性を探し、異業種でも活かせるスキルを志望動機に添える

異業種転職の志望動機を考える際、現職と転職先との関連性を見つけて、異業種でも通用するスキルを志望動機に添えると良いでしょう。

例えば、保険業界と金融業界では「お金の知識」、営業職と販売では「顧客対応スキル」など、業種・職種を超えて活かせるスキルがあります。

現職で培ったスキルを転職先でも活用できることをアピールすると、異業種転職でも成功の確率を高めることができるでしょう。

自己分析・業界分析・企業分析を徹底する

異業種転職を成功させる上で、自己分析・業界分析・企業分析は必須です。

「そもそも自身がどのような強み・弱みを持っているか」「どのようなビジネスモデルか」「企業経営や事業が現在どのような経営フェーズにいるのか」を把握することが重要です。

業界を正しく認識し、企業が求める人物像も把握できるので、明確な志望動機を伝えられて成功の確率を高めることができます

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

異業種へ転職する際の志望動機を考えるときの注意点

異業種へ転職する際の志望動機を考えるときの注意点
  • 異業種転職でどのような未来を実現したいのかが明確か
  • その業種に興味を抱いたきっかけが明確か
  • 転職希望先の企業と他の企業の違いは明確か
  • 前職や経験業界の愚痴になっていないか
  • 新しいスキルや知識を身に付ける努力ができているか

転職後のビジョンが明確か

異業種転職の志望動機を考える際、転職を通じてどのような未来を実現したいか明確にしましょう。

将来像やキャリアプランを明確にしておくことで、面接官に「働くイメージを長期的な視点で考えられる人」という印象を持ってもらえ、より志望動機の説得力が高まります。

「社会で自分がどのような役割を担いたいか」「30代40代でどのようなキャリアを歩みたいか」を考えてみましょう。

なりたい将来像やキャリアプランを決めておくことで、入社後もモチベーションを維持しやすいです!

その業種に興味を抱いたきっかけが明確か

異業種転職の志望動機を考える際、応募する業種に興味を抱いたきっかけを整理しましょう。

志望動機を裏付ける印象的な出来事を交えることで、より説得力を持たせられます

この業界に進もうと思った背景やエピソードを具体的に述べることを徹底しましょう。

転職希望先の企業と他の企業の違いは明確か

異業種転職の場合、面接官に志望動機を伝える際、なぜ同業他社ではなくその企業なのかを伝えることも不可欠です。

どの企業でも通じるような志望動機であると、「自社にこだわる必要がないのでは?」「本当に自社に入社したいの?」といった印象を持たれてしまいます。

業種全体の構造を理解すると、転職先ならではの企業カラーを見抜きやすくなり、「その企業だからこそ」という志望度の高さを伝えやすくなります

企業研究をするとき、何を参考にすればいいかわからない…

企業研究するときは、以下の方法で情報収集するのがおすすめです!
・企業のホームページ
・求人情報の掲載サイト
・OB・OG訪問
・インターンシップ・1day仕事体験、会社説明会
・業界地図

前職や経験業界の愚痴になっていないか

異業種・異職種転職の志望動機を考える際、転職理由を正直に話すあまり、前職の愚痴に聞こえてしまうケースがあります。

ただの愚痴と捉えられてしまうと、「無責任な人」「誠実感のない人」などマイナスな印象を与えてしまいます

そのため志望動機を考える際は、転職理由がポジティブな表現に変換できているか、家族や友人または転職エージェントのスタッフに聞いてもらうのがおすすめです。

▶転職エージェントを利用する!

新しいスキルや知識を身に付ける努力ができているか

異業種に転職する場合、スキルや知識を身につけておくと転職を有利に進められます。

例えば、マーケティング職に挑戦する際は、ネットマーケティング検定やマーケティング・ビジネス実務検定を取得しておきましょう。

資格の取得は時間や費用がかかりますが、採用側からの信頼も得やすくなるので、成功の確率を高めることができます

異業種へ転職する際に役立つ志望動機の例文

保険会社の営業職からIT企業の営業職へ転職

私は現在、保険会社での営業職に従事しておりますが、貴社の営業職に挑戦したいと考えております。

貴社は、その先進的なテクノロジーとイノベーションにより、世界中の人々に影響を与え、変革をもたらしています。私はこれまでの保険業界での経験を通じて、お客様に最高のサービスを提供し、信頼を築くことの重要性を理解しています。貴社の営業職に挑戦することで、新たな挑戦に対応し、デジタルトランスフォーメーションにおいてクライアントと協力して成果を上げることができると確信しております。

私は技術への好奇心と学習意欲が強みであり、貴社の革新的なソリューションの提供拡大のために力を発揮できると感じました。これまで培ったお客様との関係構築力や解決力を活かし、貴社の製品やサービスがクライアントのビジネスにどのような価値をもたらすかを理解し、最適な提案を行います。私の経験を通じて得たリーダーシップや交渉スキルを駆使し、クライアントとの共創に貢献したいと考えています。

応募先を文章で書く場合は「貴社」、面接など口頭の場合は「御社」を使用します。

小売店の販売職から自動車業界のディーラー営業職へ転職

私は小売店での販売職として培った顧客対応力や販売経験を活かし、貴社の自動車ディーラー営業職に挑戦したいと考えています。

貴社はその品質と技術力で世界的に信頼されています。私は販売職でお客様のニーズを的確に把握し、最適な提案を行うスキルを身につけました。貴社の営業職になることで、この経験をより一層深化させ、お客様に高品質な商品を提案し、安心と満足を提供できる自動車の販売に貢献したいと考えています。

また、貴社は環境への取り組みや社会的な責任にも重きを置いています。私は企業の社会的な役割を理解し、お客様とのコミュニケーションを通じて、貴社のCSR(企業の社会的責任)活動にも貢献したいと思っています。お客様が貴社の車を選ぶ際には、その企業としての価値観も考慮されることがあります。私は貴社の価値観に共感し、その一環としてお客様に貴社の車を提案していきたいと考えています。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

異業種転職の面接時によく聞かれる質問と回答例

異業種転職の面接時によく聞かれる質問と回答例

「なぜ、この業界を選んだのですか?」

「なぜ、この業界を選んだのですか?」という質問の目的は、「この業界を理解しているか」「業界の特色と転職理由に整合性があるか」を見極めるためです。

そのため、深堀質問が続くことも想定して、下記のポイントを抑えながらあらかじめ回答を考えておきましょう。

回答のポイント
  • 応募業界への理解を示す
  • 転職理由や志望動機と矛盾がない
  • 前の業界をマイナスに話さない

保険会社の営業職からWEB広告業界の営業職へ転職

良い回答例

前職で広告が持つ影響力の大きさを実感し、特に最も成長しているWEB広告で自分の力を試したく広告業界を選びました。

前職で働いているとき、ポータルサイトに自社商品のWEB広告を掲載することになりました。すると、前期と比べて売上が1.9倍にも伸び、お客様からの反響の電話やメールが鳴り止まなかったことがありました。

前職の保険営業で培った関係構築力や解決力を活かし、影響力のあるWEB広告という商材を扱い、営業としてクライアントの課題を解決してみたいと感じ志望いたしました。

NG回答例

たまたま好きなCMを貴社が手がけており、そこから広告業界に興味を持ちました。

また給料や福利厚生が良く、残業も少なそうで、自分の条件にぴったりだったので選びました。

「なぜ現職を辞めようと思いましたか?」

「なぜ現職を辞めようと思いましたか?」という質問の目的は、敢えて未経験の業種を選ぶ根拠があるのか確認するためです。

そのため、「現職を経験したからこそ、やりたいことがわかった」という構成で回答すると、説得力のあるキャリアチェンジ理由になり、本気度をアピールできるでしょう。

回答のポイント
  • 前向きな理由を伝える
  • 前職の不満点を整理し、関連性を伝える
  • 応募職種への理解を示す
  • キャリアチェンジのために努力していることをアピールし、応募職種への本気度を示す

IT企業の営業職からIT企業の商品企画職へ転職

良い回答例

現職ではIT企業の営業職として勤務をしていますが、お客様の声を直接聞いているにもかかわらず、課題解決につなげられないことに限界を感じているからです。上司に商品改善プロジェクトの立ち上げを提案したり、商品企画・開発部への異動願を出したりするなど、可能な限りアプローチを行いましたが、コストや人員の観点から現職では実現が難しいと感じました。

未経験ではありますが、営業職で培った顧客の潜在ニーズを汲み取る経験・スキルを活かして、貴社の商品企画職でお客様ファースの商品づくりに邁進したいと考えています。

NG回答例

現職ではIT企業の営業職として勤務をしていますが、お客様の声を直接聞いているにもかかわらず、課題解決につなげられないので、あまり向いていないのではないかと感じました。転職するなら早い方が良いと考え、商品企画職へ転職を決めました。

また貴社の商品は昔から使用しており、ぜひ商品づくりに携わりたいと思っています。

「これまでの失敗体験を教えてください」

「これまでの失敗体験を教えてください」という質問の目的は、「失敗に向き合うメンタルの強さ」や「失敗から得た学び」「失敗した原因についての分析力」を知るためです。

また、深掘質問をされるケースも多いため、話の信憑性が疑われたり準備不足が露呈してしまったりするのを防ぐために、詳しくエピソードを話せるようにしておきましょう。

なお失敗談が無い場合は、目標に向かって努力したがなかなかうまくいかずに大変だったことや、目標達成までの困難など、苦労したエピソードでも問題ありません。

回答のポイント
  • 客観的な視点を持って失敗を振り返る
  • 失敗経験を経て学んだことを伝える
  • 飲み会での粗相や遅刻癖、SNSの炎上、ギャンブル関連の失敗談は避ける

アパレル業界

良い回答例

冬服の販促企画で、店舗接客スタッフによるファッションコンテストを開催しました。審査発表までの間、コーディネートが組まれたマネキンに番号をふるように近くの接客スタッフに指示したのですが、接客スタッフ全員が対応しておらず、番号がついていないマネキンがあり誰がコーディネートしたかわからなくなりました。急遽、司会者にお願いして誰がコーディネートしたマネキンか、直接会場で聞いてもらうという進行に変え、場は盛り上がり結果オーライでした。

この経験から、イベント前に細かくシミュレーションしてチェックポイントを洗い出して備え、可能な限り接客スタッフ全員へ直接指示するようにしています。

NG回答例

私の失敗は、前職で遅刻や欠勤をしてしまったことです。前日の残業が長引き、特にイベント前に遅刻や欠勤をしてしまいました。

自分のせいでMTG開始時間をずらしてもらうなど、チームメンバーに迷惑が掛かってしまったため、今後は気を付けようと誓いました。この経験から、私は時間を守ること、約束を守ることの大切さを学びました。

「実務は未経験ですが、何かこの職種について経験したことはありますか?」

「実務は未経験ですが、何かこの職種について経験したことはありますか?」という質問の目的は、「キャリアチェンジのために努力しているか」「活かせるスキルがあるか」を見極めるためです。

そのため、「現在資格取得のために勉強している」や「パソコン操作に慣れるためにタイピングを練習している」などの取り組みをアピールすると良いでしょう。

回答のポイント
  • キャリアチェンジのために努力していることをアピールする
  • 転職後に活かせそうなスキルや経験をアピールする

アパレルスタッフから広告業界の事務職へ転職

良い回答例

広告業界は未経験ですが、事務職としてExcelやPowerPointなどのパソコン操作をスムーズにできるよう、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の資格取得に向けて日々勉強しています。

NG回答例

広告業界は未経験ですが、パソコン操作は人並みほどできるので、事務職として貢献できると思います。事務職に転職したいという気持ちは負けません。

「未経験ということで、給与が下がる場合がありますが大丈夫ですか? 」

「未経験ということで、給与が下がる場合がありますが大丈夫ですか? 」という質問の目的は、待遇に不満を持って早期離職してしまわないか見極めるためです。

未経験転職なので、一時的な給与の変動は問題ないと伝えるのがベターです。

回答のポイント
  • 一時的な給与変動は問題ないと答える
  • 応募職種に転職したいという本気度をアピールする

良い回答例

貴社での仕事は自分にとってやりがいや経験に繋がるものです。そのため、給与の一時的な変動については長い目で見る必要があると考えており、待遇については貴社の規定に従います。

NG回答例

未経験だからといって給与が下がるのは困ります。前職よりも高い給与でお願いしたいです。

「現職のスキルで、今回応募された職種に活かせるものはありますか?」

「現職のスキルで、今回応募された職種に活かせるものはありますか?」という質問の目的は、「自分の強みを理解しているか」「採用後、ある程度即戦力になりそうか」見極めるためです。

入社後に活躍できるイメージを与えるために、活かせそうな経験を話しましょう。ただし、経験を盛ったり噓をついたりするのは避けましょう。

回答のポイント
  • 自己分析をして自分の強みを把握する
  • 現職と応募職種の共通点を洗い出し、活かせる経験を見つける
  • 経験を盛ったり、噓をついたりしない

アパレルスタッフから広告業界の営業職へ転職

良い回答例

広告業界は未経験ですが、現職のアパレルスタッフではいち早くトレンドをキャッチするようにしていました。そのため、常にアンテナを張って情報を取り入れる経験は、ユーザーに刺さる提案が求められる広告業界でも活かせると思います。

NG回答例

広告営業の求人を探していたところ、貴社の募集に出会いました。募集要項を読むと、自分の経験を活かせると思ったので応募しました。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

異業種への転職なら転職エージェントの活用がおすすめ

相性転職マガジンスマホメイン画像
相性転職でできること
  • 自分に合う仕事の提案
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 自己分析サポート
  • 面接対策
  • 面接の日程調整・条件交渉
  • 入社後のフォロー

異業種への転職を検討している方は、、20代向け就職・転職支援サービス「相性転職」を利用するのがおすすめです。

「実績次第で給料アップを実現できる仕事に転職したい」「ワークライフバランスを重視できる職種に就きたい」など、自分に合った異業種を見つけられます。

20代向け就職・転職支援サービス「相性転職」は完全無料です。

異業種からの転職に関するよくある質問

異業種転職のメリットとは?

異業種転職のメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • 希望の業種で働くことで、やりがいも大きくなり、仕事へのモチベーションがアップする
  • 異業種・異業界の経験やスキルが身につき、市場価値を高められる
  • 将来のキャリアの幅を広げることができる
  • 業種・業界によっては、同職種のままで年収をアップすることも可能
異業種転職のデメリットとは?

異業種転職のデメリットは、以下のようなものが挙げられます。

  • 業務に必要な知識や仕事内容、業界ならではの動向や法律規制などを学ぶのが大変
  • 仕事に慣れるまでストレスを感じる
  • 過去の成功体験や成果を上げてきた方法論が通じない
  • 業種・業界によって社員のカラーや風土が違うため、職場に馴染めない場合がある
異業種に転職すると年収はどうなる?

給与水準が高い業界に転職した場合は、前職よりも給与や待遇が良くなるケースが多いです。

医療・福祉業界への異業種転職はできる?

医療・福祉業界は、人手不足のため異業種転職でも挑戦しやすいです。

資格を取得しないと転職できないことはなく、入社後に資格を取得できる環境が整っている企業が多いです。

年齢が上がると、別業界への転職は難しい?

年齢を重ねると異業種転職は難しくなるでしょう。

異業種転職の面接時、自己PRのコツはある?

異業種転職の面接時、自己PRのコツには、以下のようなものが挙げられます。

  • 共通するスキルをアピールをまとめておく
  • 自主的に取り組む姿勢をアピールする
異業種へ転職する際、どのような志望動機がNG?

異業種へ転職する際、以下のような志望動機がNGです。

  • 熱意だけをアピールする
  • 前職の不満ばかり述べている
  • 仕事への姿勢が受け身もしくはネガティブ
異業種からの転職が多い企業の特徴は?

異業種からの転職が多い企業の特徴は、「新規事業を展開中」「急成長中」の企業です。

20代後半でも転職は可能?

20代後半でも転職は可能です。

20代後半の転職で失敗する人の特徴は?

20代後半の転職で失敗する人の特徴に、以下のようなものが挙げられます。

  • 他人頼りであったり責任感がない
  • 自己分析ができていない
  • 情報収集が甘い
20代後半の転職を成功させるポイントは?

20代後半の転職を成功させるポイントに、以下のようなものが挙げられます。

  • なぜ転職したいのか?を明確にする
  • 転職先に求める条件ランキングをつくる
  • 企業の情報収集は怠らない
  • 即戦力になれるスキルをアピールする
  • 女性は女性が働きやすい職場かどうかを見極める
  • 在籍中に転職活動を行う
20代後半転職でおすすめの職種はある?

20代後半転職でおすすめの職種は以下です。

  • 営業職
  • 介護職
  • ITエンジニア
  • 事務職
20代後半の女性は転職しづらいの?

「女性だから」という理由で採用されづらいということはありません。

大手に20代後半で転職はできる?

同業種、かつ面接で話せるような実績・経験がある場合は、大手企業に就職できる可能性が十分にあるでしょう。

転職の際に資格は必要?

職種や業界によって異なりますが、基本的には資格が無くても転職が可能です。

ただし、一部の専門職では、資格保持者のみ採用する場合もあるでしょう。

まとめ

今回は、異業種への転職について、 失敗しないためのコツと成功のポイントを徹底解説していきました。

異業種への転職は、同業種への転職より難しいと言われています。

しかし近年は、異業種への転職を検討している人が多く、企業も様々なバックグラウンドを持つ人材を積極採用するケースが増えています。

異業種転職を成功させるために、転職理由や志望動機と矛盾がない回答をあらかじめ用意し、深掘質問をされても答えられるようにしておくことが大切です。

ピッタリの仕事は適職診断で!
キャリアパーソナリティ診断:適職診断の受験者の9割が納得の結果

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

\自分に合う仕事を見つける方法 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を監修した人

荻久保健一のアバター 荻久保健一 株式会社Wiz 取締役CHRO/株式会社Personal 代表取締役

IT系ベンチャー数社でマーケティングからWeb制作、子会社代表等幅広く経験。
その後人材系ベンチャーでCMOを経て、現在は年間数万人が応募するITの総合商社で取締役CHROをやりながら、株式会社Personal代表取締役として、すべての人に相性がいい適職を紹介する「相性転職パーソナルファイル」を運営しています。

【Googleがたどり着いた答え】学歴ではない本当に成果を出す人の特徴
今、マーケティング担当が読むべきおすすめnote10選まとめ
Linkedin

目次