MENU
適職のご相談はこちら

【やりたい仕事ないフリーター】自分に合う仕事(適職)の見つけ方と転職成功への道

こんにちは!
株式会社Wizで人事責任者をしている荻久保(@ogikubo)です。

フリーターでずっとアルバイトをしてきたけど、そろそろ正社員として安定した生活を送りたい…

そんなあなたは、今まさに転職を検討しているかもしれません。

でも、「やりたい仕事がない」「自分に合う仕事がわからない」「面接でうまく話せるか不安」など、様々な悩みを抱えているのではないでしょうか?

本記事では、そんなフリーターが抱える「やりたい仕事が見つからない」問題に対処して、正社員として転職を成功させるための具体的な方法を解説してみたいと思います。

30秒でわかる!この記事まとめ
ポイント
やりたい仕事が見つからない原因は、自分自身を深く理解していないことが多い
  • 自分の強み、弱み、価値観、やりがいを感じることを明確にすることが第一歩
  • 自己分析を行い、自分の特性を言語化することで、適職を見つけやすくなる
ポイント
仕事探しは、幅広い業界・職種を視野に入れ、まずは行動してみることが大切
  • 興味のある業界や職種の説明会やセミナーに参加し、情報を収集する
  • インターンシップや短期アルバイトを通して、実際の仕事を体験してみる
ポイント
転職活動では、自分の強みと経験をアピールし、前向きな姿勢を持つことが重要
  • 自己PRでは、これまでの経験から得た学びや成長を具体的にアピールする
  • 仕事への意欲や将来のビジョンを示し、ポジティブな印象を与えるよう心がける
フリーター・高卒・専門卒ののキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】!
キャリアパーソナリティ診断の納得度&3つのポイント

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

\理想の仕事と出会う第一歩!/

目次

フリーターの多くが「やりたい仕事がない」

フリーターの中には、多くの人が「やりたい仕事がない」と感じています。

実際僕も20代の頃はやりたい事がないのが悩みの時期がありました。

その理由は、自分に合った仕事が見つからない、経験やスキルが不足している、または社会の求人情報が限定的であることが挙げられます。

具体例として、ITや営業などの専門職への就職は、経験や資格が必要だったり、企業での採用基準が厳しいことが原因になっています。

フリーターについて
フリーターとは?

フリーターとは、15歳から34歳までの若者で、パート・アルバイトやこれに近い形態の非正規雇用で働く人を指します。学生アルバイトや主婦パートは含まれません。

  • 年齢層:15歳から34歳までの若者が中心
  • 男女比:男性が約6割、女性が約4割
  • 学歴::高校卒業者が最も多く、次いで大学(4年制)卒業者

フリーターになる理由と背景

フリーターになる主な理由として、「正社員として働きたい仕事がない」「自分に合った仕事が見つからない」「正社員の職業生活に不安がある」などが挙げられます。

また、経済的な理由や、自由な生活スタイルを求めてフリーターを選ぶ人もいます。

フリーターのメリットとデメリット

  • 自由な時間が持てる
  • 様々な仕事を経験できる
  • 正社員としてのプレッシャーがない

やりたい仕事をしている人はわずか

実際問題、現在の労働者の中で、自分がやりたい仕事に就いている人はごくわずかです。

そもそも、自分が興味がある仕事や適職に就職できる事自体かなり幸運な事だと思います。

それは、自分の興味やスキルに合った仕事が見つからない、企業の求人が限られている、または就職活動の方法が適切でないことが理由です。

具体例としては、必死の思いで新卒で就職した会社が自分にとって適切でなかった場合、早期の転職を余儀なくされることがあります。

転職自体は全く悪い事ではありませんが、初めての転職活動においては、適切なサポートや助言を得られる人へ相談する事や、相談できる人がいない場合は転職エージェントなどを利用する事が重要です。

やりたい仕事を見つけ出すうえで、まずは以下のポイントが重要です。

  • 自分の興味やスキルを把握する
  • 経験や資格を積み重ねる ※個人的にはここがかなり重要だと思います。
  • 適切な求人情報を得る
  • 自分の就職活動を常に振り返り、改善を意識する
  • 先輩や有識者への相談や、転職エージェントなどを利用する

やりたい仕事がないフリーターとは?

やりたい仕事がない人はどのぐらいいるのか?

やりたい仕事がない人の割合を調べると、約77.5%のフリーターが「やりたい仕事がない」と回答しています。

このことから、現在の労働者の中で、自分の理想の仕事が見つからない人が非常に多いことがわかります。

このような状況に対して、以下の対策が国を挙げて求められます。

  • 適切な職業情報やキャリア支援の提供
  • 企業の求人情報の多様化
  • スキルアップや資格取得のための環境整備
  • 労働者のキャリア意識の醸成

これらの本質的な対策を通じて、やりたい仕事がないと感じているフリーターが少しでも減少し、彼らが理想の仕事に就くことができるようになることが期待されている現状です。

自分がやりたい仕事と向いている仕事は違う

自分がやりたい仕事と、向いている仕事は必ずしも一致しないことが多々あります。

これは、好きであることと性格やスキルに適合していることが重要な要素であるためです。

例えば、営業職に興味がある場合でも、コミュニケーション能力や折衝力が求められるため、それらのスキルが不足していると難しい状況に直面することがあります。

また、IT業界で働きたいと考えているが、プログラミング知識や専門スキルが不足していると、そもそもの現実的な問題に取り組むことが難しい場合もあります。

これらの状況から、以下のような方法でまずは自己分析を行い、自分に適した仕事を見つけることが重要です。

  • 自分のスキルや適性を把握する
  • 仕事で何を重視するかを決める(例:やりがい、給与、働き方・ワークライフバランスなど)
  • 現在のキャリアや経験を踏まえて、将来どのような進路に進むことが現実的か評価する

こうした自己分析を通じて、自分がやりたい仕事と向いている仕事を見つけることができる可能性があがります。

自己分析なら診断精度が段違いのキャリアパーソナリティ診断がオススメ!

フリーター・高卒・専門卒のキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】!
80種類から適職が分かる画像

パーソナルファイル【相性転職・就職】とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

\ 理想の仕事に出会う第一歩/

どうしてやりたい仕事がないのか?

どんな仕事があるか調べていない

やりたい仕事が無いと感じる原因の一つは、どんな仕事があるか調べていない、知らないことが原因の一つです。

このそもそもの情報が不足していると、自分の興味や適性に合った仕事が見つけられないため、まずは以下の方法で仕事探しを進めることをオススメします。

  • 職業に関する情報をインターネットや書籍で調べる
  • 職場見学や体験イベントに参加して、実際の業務や仕事の雰囲気を直接確認する
  • 就活イベントやキャリア相談で企業の採用担当者や専門のカウンセラーと話し、自分に向いている仕事を見つける
  • 資格や専門スキルを身に付けることで、新しい職種に興味を持つ

こうした取り組みを通じて、自分がどのような仕事に興味があり、どのような環境で働くことが適しているかを発見できる可能性があります。

その上で最終的には、自分の価値観やライフスタイルに合った働き方が見つかることが大切です。

自分に合う働き方がわかっていない

自分に合った働き方を見つけるためには、まず何が自分にとって重要かを明確にしましょう。

例えば、

やりがい、収入、スキルアップ、ワークライフバランス、人間関係・・・etc

など、自分が求める条件を客観的に把握することが大切です。

次に、自分の強みや経験を活かせる仕事や業界を調査し、それらに関心を持っている企業や求人情報をリサーチしてみましょう。

また、自分の職業観を広げるためにも、異業種や異職種に関する勉強会やイベントに参加したり、専門書を読んだりすることも有益です。

さらに、将来の自分がどのような人生を送りたいかをイメージすることも重要です。

具体的な目標を設定し、その目標に向かって努力することで、自分に合った働き方が見えてくるでしょう。

フリーターのままではまずい理由

フリーターのままで働くことのデメリットは以下のような点が挙げられます。

フリーターでいるデメリット
  • スキルが身につかない
  • 立場が弱くて切られやすい
  • 収入がなかなか増えない
  • 職歴として見てもらえない
  • 病気やケガすると無収入
  • 社会的な信用が得られにくい
  • 年齢を重ねるたびに仕事が減る可能性がある

これらの理由からも、フリーターのままでは将来的に不安が残るため、正社員や契約社員として働くことを検討した方が良いでしょう。

やりたい仕事がわからない人はまずこれをやろう!

1. 自分が向いていないこと・苦手なことを洗い出す

自分が向いていないことや苦手なことを知ることは、転職や将来のキャリアプランを考える上で非常に重要です。

理由は、自分の弱点を把握することで、適切な仕事選びができ、無理なく自分の人生を進めることができます。

自分が向いていないことや苦手なことを洗い出す方法として、以下の具体例を挙げます。

苦手なことを洗い出す方法
  • 過去の経験から、自分に合わない職種や業界をリストアップする
  • 自分の性格や行動パターンを分析し、それに基づいて適性のない仕事を考える
  • 必要なスキルや資格がある職種について、自分が持っていないものや取得が難しいものを特定する
  • 身の回りの人に自分の弱点を聞くことで、客観的な意見を得る

これらの方法を使って、自分が向いていないことや苦手なことを明確にし、それを踏まえた仕事選びができるようにしましょう。

その結果、自分にとって働きやすい環境を見つけることができ、ストレスの軽減や長期的なキャリア形成にもつながります。

あくまで僕の経験則ですが、苦手な事をどれだけ頑張っても、それが強みになって仕事に活かせる事はほぼないのではないかと思います。苦手な事は苦手な事として無理せず、できるだけ避けて、自分の強みを見つけそっちに特化して集中して伸ばしていく事が個人的にはオススメです。

2. 身につけたいスキルを考える

今後の転職やキャリアアップを見据えて、これから身につけたいスキルを考えることも大事です。

理由は、自分がどのような分野でスキルアップを目指すかによっても、適切な仕事選びや職場環境が変わってくるからです。

身につけたいスキルを見つける方法として、以下の具体例を挙げます。

身につけたいスキルを見つける方
  • 自分が興味を持っている業界や職種の求人情報を調べて、そこで求められているスキルをリストアップする
  • 自分が現在持っているスキルから、どのスキルをさらに伸ばすことができるか考える
  • 他者と比較して自分が強みとなるスキルを見つけ、それを伸ばすことを考える
  • 成功している人々のスキルを参考にして、自分も身につけたいスキルを見つける

これらの方法を使って、身につけたいスキルを明確にし、それを実現するための具体的な計画を立てましょう。

最初は面倒かもしれませんが、その結果、自分の市場価値を高め、より良い転職先や就職先を見つけることができ、充実したキャリアを築く近道になります。

3. やりたいことではなく向いていることを考える

やりたいことではなく、自分に向いている仕事を見つけること長い目でみてとても重要です。

それが簡単に分かったら苦労はありませんが、それには自己分析が大事です。

具体例として、以下の方法が挙げられます。

身につけたいスキルを見つける方
  • 過去の経験や仕事歴から、自分が活かせるスキルや知識を洗い出す
  • 友人や家族からの意見、フィードバックを聞き、自己評価を正確にする
  • 適性検査やキャリアカウンセリングを利用し、自分の適性を把握する

次に、向いている仕事を見つける方法ですが、以下のような手段がおすすめです。

向いている仕事を見つける方法
  • 転職サイトや求人情報を調べ、自分に合った職種や業界をリサーチする
  • 興味のある業界や会社の求人情報をチェックし、職種や仕事内容と自分のスキルや適性がマッチするか検討する
  • エージェントや転職支援サービスを利用し、自分に向いている仕事を探す

まとめると、やりたいことにとらわれず、自分に向いている仕事を見つけるためには、自己分析と情報収集が欠かせません。最終的には、自分自身で判断することが大切ですが、周囲の意見やサポートも活用しましょう。

やりがいのある仕事はどう見つける?

何の仕事をするかよりどう働くか

やりがいのある仕事を見つけるためには、何の仕事をするかよりも、どのように働くかという視点も重要です。

例えば、以下のようなポイントを考慮してみましょう。

POINT 1
  • 仕事の目的や意義: 自分が取り組む仕事の目的や意義を理解し、それに共感できるかどうか
  • 人間関係や職場環境: 良好な人間関係や職場環境は、仕事のやりがいやモチベーションに直結
  • スキルや知識の向上: 仕事を通じて自分のスキルや知識が向上し、成長できる環境があるかどうか
  • 仕事と私生活のバランス: 仕事だけではなく、プライベートも充実させることが、やりがいのある仕事に繋がる

これらのポイントを意識しながら、以下の手段でやりがいのある仕事を見つけてみましょう。

POINT 2
  • 転職サイトや求人情報で、自分が大切にしたいポイントにマッチする仕事を探す
  • 目標とする役職や成果に対して、自分がどのように働くことで達成できるか考える
  • 企業のインタビューや体験談を参考に、働く環境や企業文化をリサーチする

やりがいのある仕事を見つけるためには、単純に何の仕事をするかではなく、どう働くかという視点を持つことも大切で、自分が大切にしたいポイントに焦点を当て、情報収集や自己分析を通じて、最適な働き方を見つけましょう。

インターンシップやアルバイトを通じて見極める

インターンシップやアルバイトは、自分に合った仕事を見極める最適な方法です。というのも、実際に働くことで、その職種の雰囲気や業務内容を具体的に把握できるからです。

結果、無駄な転職活動を減らすことができ、将来的な人生設計に役立つ事も多いです。

これは、正社員として入社する前の貴重な経験となり、自分が求める働き方や会社の環境を知ることができます。

インターンシップは、大学生や専門学校生が対象となることが多いですが、短期間で業界や企業の実態を学べます。

また、インターンシップでは、自分のスキルを向上させるだけでなく、業界の専門知識も身につけることができます。これは、今後の就職活動に大きなアドバンテージとなるでしょう。

一方、アルバイトは学生だけでなく社会人も対象となります。アルバイトでは、自分が興味を持つ業界や職種を試すことができ、実際に働いてみてその仕事に向いているかどうかを確かめることができます。

更にアルバイトの中には、正社員への登用制度がある企業もあり、将来的な転職活動にも有利に働くことも多々あります。

インターンシップやアルバイトを探す際には、ハローワークや派遣・求人サイトなど多くの方法があり、それぞれのサイトで、希望する職種や条件に合った求人情報を見つけることができます。

やりたい仕事がない人の仕事の探し方

ハローワークを使う

ハローワークは、政府が運営する無料の求人情報サービスであり、多くの求人情報が掲載されているため、やりたい仕事がない人にもおすすめです。

求職者の人生やキャリアに合わせたアドバイスやサポートも提供されており、自分に適した仕事探しができます。

また、ハローワークにはキャリアコンサルタントや就職相談員が在籍しており、自分の経験やスキルを活かした仕事探しも可能です。もちろん未経験でも全く問題なく、これらの専門家は、求職者の不安や悩みに対して、具体的な解決策やアドバイスを提供してくれます。

さらに、ハローワークでは、求職者に向けた講座や勉強会も開催されていることがあります。求職者は、これらのイベントに参加することで、他の求職者と交流し、情報交換を行うこともできます。

ハローワークの求人情報やサービスもうまく活用しながら、自分のキャリアに合った仕事探しを行う事もオススメです。

ハローワークについて詳しく以下もご参考ください。

就職・転職サイトを使う

就職・転職サイトを利用することで、多くの求人情報や企業情報にアクセスできます。

各転職サイトには独自の求人情報の絞り込み検索や、希望職種や条件に合った自分にあった仕事や会社を見つけるための工夫がされているので、効率的に求人検索する事が可能です。

また就職・転職サイトの中には、メールやアプリで新着求人情報を通知してくれる機能もあり、自分に合った求人を見逃さないために登録役立ちます。

ただし、サイト上の情報だけでなく、自分で企業調査を行ったり、面接を通じて会社を見極めることも大切です。

就職・転職エージェントに相談する

就職・転職エージェントに相談することで、専門家のサポートを受けて、自分に適した仕事を見つけることができます。

エージェントは市場の動向や求人情報に詳しいため、自分では見つけられない求人や業界情報を教えてくれます。

更に、面接対策や履歴書の添削だけでなく、企業との条件交渉や面接日程調整なども行ってくれるため、自分で行うよりも効率的かつ有利に転職活動を進める事ができます。

ただし、転職エージェントもボランティアではない為、求職者が転職決定する事で紹介会社から紹介フィーをもらいます。

そのため、中には紹介フィーが高いからその求人を紹介してきたりもするので、本当にその仕事に興味があるのか、自分にあっているかなどは自分自身でしっかりと見極めて進めていく事が重要です。

適職診断を行ってみる!

なかなかやりたい仕事が見つからない場合は、適職診断を利用することもおすすめです。

適職診断は、自分の適性や能力、性格を分析し、適した仕事や職種を見つけるためのツールです。

適職診断を行うことで自分の強みや興味を把握し、新たな職種や業界に目を向けることができます。

また、自己分析ができることで、自分に合った働き方やキャリアプランを検討することができますので、やりがいのある職場と出会える可能性が高まるでしょう。

ただし、もちろん適職診断の結果だけに頼らず、実際に職種や業界について調査し、自分で判断することが大切です。

適職診断については以下記事にまとめてますので是非ご参考ください!

パーソナルファイルのキャリアパーソナリティ診断なら簡単に適職と出会える!

パーソナルファイルとは、すべて無料であなたに最適な相性のいいお仕事を紹介する就職・転職支援サービスです。

このサービスは、それぞれの人が持つ固有のパーソナリティを元にお仕事を紹介できるので、それによって適職をふまえて理想的な働き方を実現できることを目指しています。

求職者は適職を導き出す事だけに特化したキャリアパーソナリティ診断を受け、その結果によって利用者の特性や向いている職種、働き方などを明確化することができます。

結果、自分ではたどり着けないような相性がいい求人と出会える事が可能です。

パーソナルファイルの特徴

パーソナルファイル3つのポイント

詳しくは、下記の公式サイトの説明記事もご覧ください!

フリーター・高卒・専門卒のキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】!
80種類から適職が分かる画像

パーソナルファイル【相性転職・就職】とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

\ 理想の仕事に出会う第一歩/

やりたい仕事がないフリーターによくある質問

フリーターはどれくらいの時間働ける?

フリーターの労働時間は個人差が大きいですが、一般的には正社員よりも短い傾向にあります。多くのフリーターは、アルバイトやパートタイムの仕事に就いており、1日の労働時間は4〜8時間程度、週の労働時間は20〜40時間程度だと考えられます。

ただし、中にはフルタイムで働いているフリーターもおり、正社員とほぼ変わらない労働時間の人もいます。また、シフト制の仕事が多いため、曜日や時期によって労働時間が大きく変動する場合もあります。

フリーターは何歳まで許されますか?

厚生労働省の定義では、フリーターは15歳から34歳までの若者(学生を除く)とされていますが、実際には35歳以上でフリーターとして働く人も少なくありません。

社会通念上は、できるだけ早い段階で正社員として働き始めることが望ましいと考えられていますが、個人の事情や価値観によっては、35歳以降もフリーターを続ける選択肢があります。例えば、家庭の事情でフルタイムの仕事が難しい場合や、自分のペースで自由に働きたいと考える場合などです。

ただし、高齢になるほどフリーターのまま働き続けることのリスクは高まります。正社員と比べて、給与や福利厚生、社会保障の面で不利になる可能性が高いためです。

更に年齢が上がるほど転職が難しくなる傾向があります。これは、企業が若い人材を採用しやすい環境が整っているためです。

以上を踏まえると、フリーターに明確な年齢制限はありませんが、できるだけ若いうちに正社員への移行を検討することが賢明と言えます。

自分に合う仕事の探し方を知りたい

自分に合う仕事の探し方はまず、自分の強みやスキルを把握することが重要です。これまでの経験を振り返って、どのような業界や職種で活躍できるかを考え、リストアップしてみましょう。

また、将来的に何をしたいのか、どのような生活を送りたいのかといった目標も明確にすることが必要です。それを踏まえて、現実的な選択肢を絞り込み、積極的に転職活動に取り組むことが大切です。

情報収集を行う際には、求人サイトや転職エージェントを利用し、自分に合いそうな企業や職種を探すことがおすすめです。また、面接時には不安や疑問を相談できる人材紹介サービスや、転職支援サイトも活用すると効果的です。

仕事の適正ってどんなものですか?

仕事の適性とは、個人の能力や性格がその仕事に適しているかどうかを判断するものです。適性が高い職種では、業務を効率的にこなすことができ、やりがいを感じることが多いです。

具体的には、以下の要素が考慮されます。

  • スキルや知識:職種に必要な専門的な能力や経験
  • 性格:業務に適した性格や考え方
  • モチベーション:その仕事に対する意欲や目標
  • 価値観:企業文化や業界の価値観に合致しているか

適性は一度で決まるものではなく、経験や成長によって変化することもあります。適性を見つけるためには、さまざまな職種や業界を経験し、自分に合った仕事を探ることが大切です。

キャリアパーソナリティ診断なら仕事の適性もしっかり分かります!

やりたい仕事が見つからない原因は何ですか?

やりたい仕事が見つからない主な原因は、以下の通りです。

  • 自己分析不足:自分の強み、価値観、興味関心が明確でない。
  • 仕事研究不足:様々な職種や業界について知識が不足している。
  • 経験不足:実際に仕事を体験する機会が少ない。
  • 固定観念:「仕事=苦痛」といった先入観にとらわれている。自分自身と向き合い、視野を広げることが、やりたい仕事を見つけるために大切です。
やりたい仕事がないまま、フリーターを続けるリスクは何ですか?

やりたい仕事がないまま、フリーターを続けるリスクには以下のようなものがあります。

  • スキルアップの機会が限られる:正社員と比べ、教育研修の機会が少ない。
  • 経済的不安定:正社員と比べ、給与や福利厚生が手薄な傾向にある。
  • キャリア形成の遅れ:正社員経験が少ないと、将来的なキャリアアップが困難になる可能性がある。
  • 自己肯定感の低下:やりがいを感じられない仕事を続けることで、自信を失う可能性がある。フリーターを長期化するリスクを理解し、早めに行動を起こすことが重要です。
やりたい仕事を見つけるためには、どのような行動が有効ですか?

やりたい仕事を見つけるためには、以下のような行動が有効です。

  • 自己分析:自分の強み、価値観、興味関心を言語化する。
  • 情報収集:本やウェブサイト、セミナーなどを活用し、様々な職種や業界について知識を深める。
  • 体験・インターンシップ:短期の仕事体験やインターンシップに参加し、実際の仕事内容を知る。
  • 交流・ネットワーキング:様々な人との対話を通じて、新たな気づきや仕事の機会を得る。
  • 小さな一歩:興味のある分野で、できることから少しずつ始めてみる。自分に合う仕事を見つけるためには、自発的に行動し、様々な経験を積むことが大切です。
転職までの流れを教えてください
転職活動開始〜内定獲得までの流れ
転職先を探す

1|自分に合った職種や職業がわかる診断を受けてみよう!

やりたい仕事が見つからない人、自分にどんな仕事が向いてるかわからない人は、まずは自身のタイプや特徴が把握できる高精度な「キャリアパーソナリティ診断」を受けてみるのがオススメです!

適職診断

2|適職をふまえて情報収集をしよう!

適職をふまえて、これまでの経験の整理や、スキルの洗い出し、気になる企業の情報収集を行って転職準備を始めよう!

履歴書や職務経歴書

3|“受かる”履歴書や職務経歴書の書き方をマスターする!

応募企業が決まったら履歴書職務経歴書を作成しよう!適当に埋めるのではなく、ポイントを押さえた書類を作成する必要があります。

4|面接前に回答例をチェックしてシミュレーションを!

苦手な人の多い面接も、事前にしっかり面接対策をしておけば、本番当日も落ち着いて対応ができます!よくある質問や回答例などをチェックしておくのもおすすめ!

5|祝・内定!入社前に必要な準備を終わらせよう!

無事に企業からの内定をもらったら、引き継ぎや退職手続き、入社準備など、まだやることが沢山あるので、抜かりなく終わらせていきましょう!

やりたい仕事がないフリーター必見!自分に合う仕事の見つけ方と転職成功への道のまとめ

今回はやりたい仕事がないフリーターの方に向けた内容をまとめてみました。

やりたい仕事がないフリーターの方でも、とにかくまずは行動を起こすことが重要です。

特に自分に合った仕事を探すためには、情報収集やスキルの向上、適性を見つけることが鍵となります。

転職エージェントや求人サイトを活用して、自分に適した仕事を見つけましょう。

また、面接対策や履歴書作成のサポートも受けられる転職支援サービスを利用するとより効果的です。

まずは今すぐアクションを起こし、自分に合った仕事を見つけて、充実した人生を送りましょう!

やりたい仕事がない人はこちらの記事もオススメです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を監修した人

荻久保健一のアバター 荻久保健一 株式会社Wiz CHRO/株式会社Personal 代表取締役

IT系ベンチャー数社でマーケティングからWeb制作、子会社代表等幅広く経験。
その後人材系ベンチャーでCMO(マーケティング責任者)を経て、現在は年間数万人が応募するITの総合商社でCHRO(人事責任者)をやりながら、株式会社Personal代表取締役として、すべての人に相性がいい適職を紹介する「パーソナルファイル【相性就職・就職】」を運営しています。

【Googleがたどり着いた答え】学歴ではない本当に成果を出す人の特徴
今、マーケティング担当が読むべきおすすめnote10選まとめ
Linkedin

目次