MENU
適職のご相談はこちら

【人事のプロが教えます】20代後半での転職は厳しい?転職成功の対策と秘訣!

【人事のプロが教えます】20代後半での転職は厳しい?転職成功の対策と秘訣!

こんにちは!

株式会社Wizで人事責任者をしている荻久保(@ogikubo)です。

20代も後半になると、様々な理由で転職を考える人が増えてきます。しかし、世間では「20代後半の転職は難しい」と言われることも多いです。

今回は、人事として年間数百人の面接経験もある僕が、20代後半での転職は本当に難しいのか、ピッタリの適職を見つけるための方法と注意点を解説してみたいと思います。

この記事では、転職を考える20代後半の方が抱える悩みや不安に対し、具体的な成功事例や対策を紹介します。また、転職活動に役立つスキルや資格、おすすめの適職診断なども解説し、あなたの転職活動をサポートします。

この記事を読むことで、20代後半での転職が成功するポイントを把握できるだけでなく、自分のキャリアを見直すきっかけにもなります。

この記事もオススメ!

目次

20代後半の転職が厳しいとされる理由

転職選択

経験を重視する年代になるため

20代後半の転職が厳しいとされる理由の一つは、この年代では経験が重視されることです。経験が職務内容やスキルの向上に直結するため、企業は経験豊富な人材を採用したいと考えるのが一般的です。

具体的には、業界や職種において実績がある人や、特定のスキルや資格を持っている人が優遇される傾向にあります。このため、自分のキャリアや経験をアピールできるポートフォリオや履歴書の作成が重要になってきます。

また、同じ年代の中でも新卒で入社した人と比べて、転職経験者はキャリアの浅さが目立つ場合があります。そのため、自分の強みや過去の職務経歴を十分に説明できるように準備することが求められます。

転職希望者が増える(採用倍率が高くなる)

20代後半の転職が厳しいとされるもう一つの理由は、この年代で転職を考える人が増えるため、採用倍率が高くなる傾向にあることです。特に、安定した環境で働きたいと考える人が多くなるため、競争率が上がる可能性があります。

一方で、求人サイトや転職新卒採用の活動に積極的な企業も増えつつあります。それらの企業では、ポテンシャルや適応力を重視する傾向があるので、20代後半でも転職成功のチャンスがあります。

ただし、大手企業や人気業種に転職を希望する場合は、競争が激しいことを覚悟し、自分のスキルや経験をアピールできるように準備しておくべきです。

転職回数が多いと印象が悪くなる

20代後半で転職を考える際、転職回数が多いと印象が悪くなることがあります。これは、企業が雇用安定や社員のロイヤリティを重視するため、転職回数が多いと短期間で退職する可能性が高いと判断されるからです。

そのため、転職回数が多い場合は、その理由や今後のキャリアプランを明確に説明できるようにすることが求められます。また、前職で得たスキルや経験を活かして企業に貢献できることをアピールし、企業のニーズに応えられる能力を示すことも大切です。

転職エージェントなどのサポートを利用することで、20代後半でも成功する転職者の共通点を学び、アピールポイントを見直すことができます。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

20代後半でも成功する転職者の共通点

キャリアアップ

長期的な活躍が期待できる

20代後半の転職者は、既に一定の経験を積んでおり、自分のキャリアを理解しているため、長期的な活躍が期待できます。経験を活かして業界や職種を選ぶことで、自身のスキルや人間性が発揮されやすい環境に身を置くことが可能です。

また、自分の強みや弱みを理解し、適切な対策を講じることで、企業において即戦力としてのポテンシャルを高めることができます。具体例として、業界の最新情報を得るためのサイトや書籍を活用し、自分の知識やスキルをアップデートしておくことが重要です。

さらに、面接や履歴書でのアピールポイントを明確にし、自分の強みや経験をアピールすることで、採用担当者にもその可能性が伝わりやすくなります。成功した転職後も定期的な自己評価や目標設定を行い、自分のキャリアを意識的にコントロールすることで、長期的な活躍を実現できます。

第二新卒よりも教育コストがかからない

20代後半の転職者は、第二新卒に比べて教育コストがかからないというメリットもあります。経験を積んだ転職者は、入社後すぐに実績を上げることが期待でき、企業にとってもメリットが大きいため、採用に積極的な姿勢を示すことが多いです。

実際に、多くの企業では経験者採用に力を入れており、第二新卒よりもスキルを持っている転職者を求めている場合があります。そのため、20代後半の転職者は適切なエージェントや求人サイトを利用することで、自分に合った企業や職種を見つけることが可能です。

また、経験者は研修期間も短く、すぐに業務に慣れることができるため、企業の負担も軽く、双方にとってメリットがあると言えます。

企業が求める20代後半の転職者の条件

企業が求める20代後半の転職者の条件には、以下のポイントが挙げられます。

  • 実績:これまでの経験やスキルを活かして、即戦力となる能力を持つこと
  • 柔軟性:新しい状況に適応し、チャレンジングな仕事にも積極的に取り組む姿勢
  • コミュニケーション力:チームでの協力や、他部署との連携を円滑に行う能力
  • 将来性:自分のキャリアを意識して、継続的にスキルアップを図る姿勢

これらの条件を満たすことで、企業が求める20代後半の転職者として、より魅力的なポジションを獲得することが可能です。

20代後半での転職成功のポイント

  • 転職先に求める条件をリストアップする
  • なぜ転職したいのか?を明確にする
  • 企業の情報収集をする
  • 即戦力になれることをアピールする
  • 在籍中に転職活動を行う

転職先に求める条件をリストアップする

転職活動を成功させるために、まずは転職先に求める条件をリストアップすることが重要です。これにより、自分がどのような会社や職種を目指すべきか明確になります。以下は、転職先に求める条件をリストアップする際に考慮すべきポイントです。

  • 給与:年収や賞与など、経済面での希望を明確にしましょう。しかし、給与だけでなく、その他の要素も考慮することが重要です。
  • 職種・業界:自分の経験やスキルを活かせる職種や業界を選びましょう。また、興味がある分野や将来有望な業界も視野に入れると良いでしょう。
  • 働き方:正社員、契約社員などの雇用形態や、フルタイム・パートタイムなどの勤務時間も自分の希望と照らし合わせて検討しましょう。
  • 企業文化:働く環境や社風も大切な要素です。自分に合った環境で働ける企業を見つけましょう。
  • 福利厚生:休暇制度や社会保険、退職金制度など、福利厚生も転職先選びのポイントです。
  • 通勤・勤務地:通勤時間やアクセス、勤務地の好みも検討しましょう。

リストアップした条件を基に、求人サイトや転職エージェントを利用して適切な企業を絞り込むことができます。

なぜ転職したいのか?を明確にする

転職活動で成功するためには、なぜ転職したいのか理由を明確にすることが大切です。理由が明確であれば、面接での自己アピールや職務経歴書の作成もスムーズになります。以下は、転職理由を整理するためのポイントです。

  • キャリアアップ:新しいスキルを身につけたい、将来のポジションを狙っているなどの理由で転職を考える場合があります。
  • 給与・待遇:現在の給与や待遇に不満があり、改善を求めるために転職を検討することがあります。
  • 労働環境:勤務時間や仕事内容、人間関係などの労働環境を改善するために転職する場合があります。
  • ワークライフバランス:家庭や趣味との両立を考え、仕事とプライベートのバランスを求めるために転職を検討することがあります。
  • キャリアチェンジ:ある程度経験を積んだ後、自分の能力を試すためや新たなチャレンジを求めて、異業種への転職を考えることがあります。

理由を明確にすることで、自分にとって最適な転職先を見つけやすくなります。

企業の情報収集をする

転職活動を進める上で、企業の情報収集は欠かせません。企業の実態を把握することで、自分が働きたい企業かどうか判断しやすくなります。以下は、企業情報収集のポイントです。

  • 公式ウェブサイト:企業の事業内容や会社の基本情報、ビジョンや方針などを確認しましょう。
  • SNS・ブログ:企業の最新情報や社員の声、イベント情報などが分かる場合があります。
  • 求人サイト:企業の求人情報や評判、面接の感想などが掲載されていることがあります。
  • 口コミ・評判:知人やインターネット上の口コミから企業の評判を調べることができます。
  • 転職エージェント:転職エージェントの担当者から企業の内部情報や求人情報を得ることができます。

情報収集を通じて、自分に合った企業を見つけることができます。また、情報収集を行うことで、面接時の対策にも役立ちます。

即戦力になれることをアピールする

20代後半の転職活動では、自分が企業にとって即戦力になれることをアピールすることが重要です。これにより、採用担当者があなたのキャリアや経験に目を留めるきっかけとなり、内定へと繋がる可能性が高まります。まず、自分の経験やスキルを明確に把握し、それらを効果的にアピールできるようになることが求められます。

その理由としては、企業側が新たに採用する社員に対して期待するポイントとして、業務にすぐに取り組める力量を持っているかどうかにあるからです。つまり、自分が即戦力であることを示すことで、企業が求める人材を満たしていると言えます。具体的な方法としては、履歴書や職務経歴書に過去の実績やその達成方法を詳細に記載し、面接ではそれらを話題に引き出すことができるように、事前準備を行いましょう。

また、業界に精通していることをアピールすることも効果的です。業界の動向や市場状況について最新の情報を把握しておくことで、自分がその業界で活躍できる人材であることを示すことができます。これにより、採用担当者に強い印象を与えることが可能となります。

在籍中に転職活動を行う

在籍中に転職活動を行う際は、注意点や対策がいくつか存在します。まず、在籍中の会社に迷惑のかからないようにデリケートに取り組むことが必要です。そのため、転職活動について周囲の社員に話し合わない、SNSやブログで転職活動に関する情報を漏らさないなどの配慮が求められます。

また、転職活動を行う時間も工夫が必要になります。仕事やプライベートの時間を犠牲にしてでも、転職活動に十分な時間を割くことが肝心です。具体的には、休日や平日の夜に求人情報をチェックしたり、求人サイトへの登録や応募手続きを進めるなどが考えられます。

さらに、転職活動のスピードアップが望ましいです。在籍中に転職活動が長引くと、現在の仕事や評価に影響が出る恐れがあります。そのため、効率的な転職活動を心掛けましょう。転職エージェントの利用もおすすめです。専門的な知識とサポートが得られますし、自分にマッチする求人を効率よく見つけることができます。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、パーソナル適職診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

80種類の診断結果とAIを元にあなたに相性のいい適職をご紹介!

自分にあった適職が見つかる!

転職活動で役立つ具体的スキル・資格

資格取得

転職活動で役立つスキル

転職活動で役立つスキルには、以下のようなものが挙げられます。それぞれの業種や職種に応じて、求められるスキルは異なるため、自分が希望する業界や職種に合わせたスキルを身につけることが重要です。

まず、コミュニケーション力はどの職種でも求められるスキルです。現代のビジネスでは、チームでの協力が重要視されており、円滑なコミュニケーションが必要不可欠です。次に、ITスキルも転職活動に役立ちます。IT技術の進化に伴い、多くの企業でデジタル化が進められており、基本的なPCスキルやプログラミング能力、データ分析能力などが求められるケースが増えています

さらに、問題解決能力やプロジェクトマネジメント能力も有益です。企業は常に新しい課題や問題に直面しており、それらを解決するために柔軟な発想力や計画立案力、実行力が求められます。これらのスキルを身につけることで、転職市場で競争力を持つことができます。

転職活動で役立つ資格

転職活動で役立つ資格は、自分のキャリアや希望する業界によって異なります。しかし、資格を持っていることで、面接でアピールできるポイントが増えることは確かです。以下におすすめの資格をいくつか紹介します。

IT系の求人が多い現在、IT関連の資格は非常に重要です。例えば、プログラミングスキルを証明する資格や、システムエンジニアリングの知識があることを示す資格がそれにあたります。

英語の運用能力を示す資格も有益で、特にビジネス英語に関する資格は、グローバルな環境で働く際に有利となります。世界共通の英語の資格であるTOEICや、ビジネス英会話が得意であることを示す資格がおすすめです。

運営管理系の資格は、企業のオペレーションを円滑に行うためにも重要です。労働安全衛生や経営管理に関する資格は、幅広い業界で活躍できるため、大変役立ちます。活動

20代後半で取得をおすすめする資格

20代後半の転職者におすすめの資格は、将来のキャリアアップに繋がるものや、転職市場での競争力を高めるものが良いでしょう。

一般的に、ビジネスや経営に関する資格は転職市場での価値が高いとされています。経営管理士や簿記検定など、ビジネススキルが問われる資格を取得することで、幅広い業界で活躍できるようになります。

また、専門性の高い資格もおすすめです。例えば、IT業界であればウェブデザインやネットワーク管理関連の資格、医療業界であれば看護師や薬剤師の資格が有利です。これらの資格は、20代後半で取得することで、求人数の多い専門職に転職する際の強みになります。

最後に、言語能力を証明する資格も忘れてはいけません。英語はもちろんのこと、近年需要が高まっている中国語や韓国語などの資格も取得し、多言語を操るスキルをアピールすることもおすすめです。

転職成功のための自己PRテクニック

転職を成功させるためには、自己PRが非常に重要です。以下に、効果的な自己PRテクニックをいくつか紹介します。

まず、自分の強みや特徴を明確に把握し、それを適切にアピールすることが大切です。過去の職務経歴や業界経験から、他の転職者と差別化できる点を見つけて、アピールポイントにしましょう。

次に、具体的なエピソードや実績を交えながら自己PRを行いましょう。たとえば、過去の仕事で大きな成果を上げたときや、困難な状況を乗り越えた経験などを、具体的な数字や事例とともに紹介することで、聞き手に印象に残る自己PRができます。

最後に、志望する企業や職種に対する熱意を伝えましょう。自分がどのようにその企業に貢献できるのか、具体的なアクションプランを提示することで、採用担当者に好印象を与えることができます。

経験・業界別20代後半転職成功事例

成功

異業種・未経験からの転職成功事例

例①:一般事務からIT業界への転職

前職で一般事務を担当していたが、将来性のあるIT業界に興味を持ち、転職活動を開始した。キャリアアップを目指し、ITスキルを習得するためにプログラミングスクールに通い、資格も取得。独学でポートフォリオを作成し、面接では自らのポテンシャルとIT業界への熱意をアピールし、無事内定を獲得することができた。

例②:製造業から不動産業界への転職

新卒で製造業の会社へ入社したが、不動産業界への興味から転職活動を始めた。企業リサーチを重ね、自分に合った会社を見つけることができた。面接では過去の経験や独自の視点での物件分析をアピールし、採用担当から高い評価を受け、内定を獲得した。

例③:総合商社から外資系企業への転職

国内の大手総合商社で営業職をしていたが、グローバルに活躍できる環境を求め、外資系企業への転職を目指した。英語力に自信があったため、グローバルな視野を持つ企業であることを面接でアピールし、内定を獲得することができた。

異業種・未経験からの転職は難しいと言われるが、事例からも分かるように、自分の強みや興味を持った業界へ熱意を持って取り組めば成功することが十分可能です。

年収アップを実現した転職事例

例①:営業職で年収アップ

前職では営業マンとして働いていたが、成果を評価されず、将来的な年収アップが見込めない状況であった。履歴書や面接で実績をアピールし、熱意を伝えることで、結果として年収が大幅にアップした企業に転職することができた。

例②:エンジニア職で年収アップ

前職ではエンジニアとして働いていたが、技術力が高く評価されず、将来的な年収アップが望めない状況であった。転職活動では、自らのスキルや経験をアピールし、エンジニアとして評価される企業に転職することができ、年収をアップさせることができた。

例③:マネージメント職昇格で年収アップ

前職では営業職をしていたが、マネージメント能力に自信があり、部下を育成し、結果を出すことができると考えていた。転職活動では、その能力をアピールし、マネージメント職への昇格を果たすことができ、年収を大幅にアップさせることができた。

年収アップを目指す転職では、自分の実績やスキルを適切にアピールしていくことが、非常に重要となります。

女性が活躍する業界での転職事例

例①:化粧品業界への転職で活躍

前職ではアパレルの販売員として働いていたが、美容に関心があり、化粧品業界への転職を決意。転職活動では自らの美容への知識や関心をアピールし、無事転職を果たすことができた。

例②:人材業界への転職で活躍

前職では接客業をしていたが、人材業界で人々をサポートしたいと考え、転職を決意。コミュニケーション力をアピールし、人材業界で働く女性として活躍することができた。

例③:福祉業界への転職で活躍

最後に、福祉業界で活躍するIさんの事例である。前職では医療事務をしていたが、福祉業界で働くことを目指し、転職活動を開始。人間関係のスキルや前職での経験を活かし、福祉業界で働く女性として成功を収めた。

以上の事例からわかるように、女性が活躍する業界での転職は、自分の興味やスキルを活かし、熱意を持って取り組むことで成功する可能性が高まります。転職活動で重要なポイントは、自分の強みや興味を持った業界に集中し、熱意を持って取り組むことが重要です。

異業種へのチャレンジにも活かせる!適職診断

異業種への転職は、自分のキャリアやスキルを活かしながら新しい業界に飛び込むチャレンジです。その中で重要なのが、適職診断を活用すること。適職診断は、自分に合った職種や業界を見つける手助けをしてくれます。

適職診断は、以下のような項目を考慮して、最適な業界や職種を提案します。

  • 現在の経験やスキル
  • キャリアの将来像
  • 興味や適性
  • 仕事のやりがいや達成感

適職診断の利用には、無料のサイトや有料サービスがあります。無料のサイトは、簡単な質問に答えることで結果が表示されます。それに対して有料サービスでは、より詳細な相談やサポートが受けられます。

適職診断を活用することで、異業種転職の面接での自己アピールがしやすくなります。自分の強みや適性が明確になり、自信を持って説明することができます。また、異業種転職を成功させるポイントとしては、自分の持つスキルや経験を活かしたい業界や職種をしっかりと見極めることが重要です。

適職診断を活用して、異業種へのチャレンジに自信を持ち、次のステップに進みましょう。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

まとめ:20代後半転職成功のポイント

20代後半の転職成功のポイントは、まず自分のキャリアや経験を整理し、目指す職種や業界に適したスキルを持っているかを確認することです。また、具体的な転職活動を行う際、以下のポイントを押さえることが大切です。

  • 自分の強みや適性を把握する
  • 面接で自己アピールをしっかり行う
  • エージェントや求人サイトを活用して、求人情報を集める
  • 転職活動を計画的に進める

20代後半の転職は、キャリアの大きなターニングポイントになります。上記のポイントを押さえつつ、適職診断を活用して自分に合った職種や業界を見つけましょう。そして、自信を持って次のステップに進んでください。

転職活動は決して簡単ではありませんが、準備をしっかりと行い、自信を持ってアクションを起こすことで成功につながります。今すぐ適職診断を活用し、自分に合った業界や職種を見つけ、転職成功を目指しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を監修した人

荻久保健一のアバター 荻久保健一 株式会社Wiz 取締役CHRO/株式会社Personal 代表取締役

IT系ベンチャー数社でマーケティングからWeb制作、子会社代表等幅広く経験。
その後人材系ベンチャーでCMOを経て、現在は年間数万人が応募するITの総合商社で取締役CHROをやりながら、株式会社Personal代表取締役として、すべての人に相性がいい適職を紹介する「相性転職パーソナルファイル」を運営しています。

【Googleがたどり着いた答え】学歴ではない本当に成果を出す人の特徴
今、マーケティング担当が読むべきおすすめnote10選まとめ
Linkedin

目次