MENU
適職のご相談はこちら

【転職難しい】うまくいかない転職を成功させるポイントを徹底解説

「転職が難しくて、納得のいく内定を貰えていない…」

「転職をうまく進めるにはどうしたらいい…?」

いざ転職活動を始めてみたものの、思うように内定が出なかったり、応募したい求人が少なかったりなど、転職活動が難しいと感じている人は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、転職が難しいと感じる原因と、転職を成功させるポイントを徹底解説していきます。

難しい転職におすすめの転職エージェントも紹介しているので、転職に悩んでいる方に必見の内容です!

こんにちは!

株式会社Wizで人事責任者をしている荻久保(@ogikubo)です。

今回は、人事として年間数百人の面接経験もある僕が、そんな人たちが抱える悩みを解決し、転職を成功させるポイントを解説してみたいと思います。

目次

多くの人が転職で難しいと感じている

自分の経験で条件に合う転職先を見つけるのが大変…

転職がうまくいくか不安…ブラック企業にあたってしまわないか心配…

転職をしたいけど、何から始めるべき…?

転職が難しいと感じている人は多く、困りごととして上記のような声が多いです。

転職においては、採用されるための対策が必要ですが、そもそも企業に好かれにくい人もいます

以下では、企業に好かれにくく、転職がうまくいかない人の特徴を紹介していきます!

転職がうまくいかない人の特徴

転職回数が多く、勤続年数も短い

転職回数が多く、勤続年数も短い人は、「忍耐力がない」という印象を与えてしまうことが多いので、転職がうまくいきにくいです。

忍耐力がない人は、入社当初の研修期間で挫折しやすく、すぐに辞めてしまうという印象を与えてしまいます。

そのため企業は転職回数が多く、勤続年数も短い人の採用を見送るケースが多いです。

即戦力には考えられにくい

中途採用にもかかわらず、これといった経歴やアピールポイントがない場合、企業から即戦力として見なされにくく、不採用になることが多いです。

例えば、前職で新規事業の立ち上げに携わった経験があったり、資格を活かして活躍したことがあったりすると、即戦力として認められるでしょう。

その点、経歴やアピールポイントがないと、企業に「魅力的な人材だ」「ぜひうちで働いてほしい」と思ってもらいにくいでしょう。

大手企業を狙ってしまう

高収入や充実した福利厚生、ブランド力欲しさに大手企業ばかりを狙っている人も、転職がうまくいきにくいです。

大手企業は、社員数が多い分、何度も採用試験を行ってきているため、書類や面接から応募者の人間性をしっかりと見極められます。

そのため、高待遇ばかりに目を向け、仕事への熱意や志望動機が弱いとすぐに見抜かれてしまい、不採用になりやすいです。

転職が難しいと感じる原因とは?

転職が難しいと感じる原因とは?

情報収集が難しい

転職活動に必要な情報が得られにくいことに難しさを感じている人も多くいます。

Webで調べても多くの情報が出てくるので、どの情報が正しいのか、必要なのか、取捨選択しなければなりません

求人情報は日々変化するので、今の情報を知るためにも、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

希望に合った求人がない

転職が難しいと感じる原因として、「企業の採用ニーズと自分の希望に差がある」ことが挙げられます。

「自身のスキルに合わない年収を求める」「未経験にもかかわらず専門的な職種を希望する」と、採用ニーズに差が生まれるので転職を難しいと感じやすくなるでしょう。

企業の求めているスキルを自身が持っているのかを確認するために、自身のレベル把握と企業研究が重要です。

転職回数が多い

転職回数が多いと、企業に「すぐ辞められてしまうのではないか」と懸念を抱かれやすくなるので、採用されにくいです。

転職回数が多い場合は、説得力のある志望動機と転職理由を伝えるのが転職成功のポイントです。

また企業は採用の際に経験値を重視するので、「食品業界の営業職から医療業界の営業職」というように、職種を変えないほうが採用されやすくなります。

具体的なキャリアビジョンがないまま転職活動をしている

具体的なキャリアビジョンがないまま転職活動を続けていると、求人を探す際の方向性がブレやすくなるので、転職が難しくなりがちです。

また明確なキャリアビジョンがないと、志望動機や転職理由の説得力が欠けるので、採用担当者の共感や納得感を得られにくくなります。

自己分析ができていない

自己分析が不足していると、スキルや経験から自分の強みを把握できず、ワンパターンの自己アピールになってしまうので、採用されにくくなります。

企業は、学歴や経歴だけでなく、応募者の強みや弱み、人柄もチェックして採用の可否を判断しているので、「自分はどのような人なのか」を伝えるために自己分析を徹底しましょう。

応募する企業・求人の厳選をしている

転職が難しいと感じる原因として、「応募する企業・求人の厳選をしている」ことも挙げられます。

応募する企業・求人の厳選をしていると、自分の可能性を狭めてしまいます

また自分とその業界・職種の相性が悪かった場合、内定に至らない可能性もあるので、業界・職種を絞りすぎるのは危険です。

面接で聞かれたことに答えられない

面接で質問に答えられなかっただけで不採用になることはありませんが、無言のまま固まってしまったり、誤情報を伝えてしまったりすると、採用されにくくなります。

また転職理由を伝えたはずが、言葉のニュアンスで前職の愚痴に聞こえて不採用になるケースもあるので、質問内容をしっかり把握して落ち着いて答えるようにしましょう。

予想外の質問をされた場合に備えるため、対人で面接対策を行うのがおすすめです。

企業から即戦力と思われていない

企業から即戦力と思われていない場合も、転職が上手くいかない傾向にあります。

中途採用では、ある程度の業務経験があり、即戦力になる人材を採用したいと考えるので、自分の市場価値が低いと選考に通りずらいです。

自分の市場価値を高めるためにも、時間を確保できる場合は、資格やスキルを身につけておくのがおすすめです。

フリーター・高卒・専門卒ののキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】!
キャリアパーソナリティ診断:適職診断の受験者の9割が納得の結果

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

\理想の仕事と出会う第一歩!/

転職が難しい理由は年齢によって異なる

転職が難しい理由は年齢によって異なる

20代の転職は未経験でも成長を見越して採用される

20代前半の転職

20代前半に転職する場合は、完全に未経験でも成長を見越して採用してもらえる確率が高いです。

ただし、若ければ必ず採用してもらえるとは限らず、「やる気が強いから成長が期待できる」「前職の経験からコツコツと前向きに取り組める人だ」と判断してもらわなければいけません。

20代前半だから未経験でも大丈夫と思わず、強い意気込みと長期間働く意思をアピールすることが大切です。

20代前半の転職は・・・
即戦力として見てもらいにくい自己分析を徹底し、強い意気込みを自分の言葉でアピールしよう
すぐに辞めてしまうと思われやすい「長期間働いて期待に応えたい」という姿勢をアピールしよう

20代後半の転職

20代後半に転職する場合は、即戦力が求められるため、未経験の業界への転職が難しくなります。

ただし、同じ業界内であれば知識や経験を活かせるので、転職できる可能性が高くなります

例えば、IT業界で営業職からマーケティング職に転職するなど、同じ業界内であれば転職しやすいでしょう。

20代後半の転職は・・・
未経験職種への転職が不利になる同じ業界内であれば転職できる可能性が高い
20代前半より知識や経験が重視されるこれまで培ったことについて深掘りされても答えられるようにしよう

そもそも応募条件で、「経験者のみ」としている企業も珍しくありません。
20代後半の未経験転職は、「応募条件すら満たしてない…」ことも少なくありません。

30代の転職は即戦力となることを期待される

30代前半の転職

30代前半は、未経験職種にチャレンジできるラストチャンスのため、計画的にできるだけ早く動き出すことが大切です。

また転職回数が多いと、「何か問題があるのでは」と警戒されやすく、転職を有利に進めにくいです。

上記のような懸念を解消するためにも、転職によって得てきたスキルや実績をアピールし、説得力のある志望動機と転職理由を伝えましょう。

30代前半の転職は・・・
未経験職種にチャレンジできるラストチャンス早めに動き出すのがポイント
転職回数によっては不利になる可能性がある説得力のある志望動機と転職理由を伝えよう

30代後半の転職

35歳からの転職は、年齢に見合ったスキルや経験が求められるため、さらに難易度が高くなります。

またリーダー、マネージャー候補という求人が増えるので、経験が合致していないと採用される可能性が低くなります

そのため、業種が違うとしても役職経験があれば積極的に強調し、業種にとらわれずに求人を検討しましょう。

30代後半の転職は・・・
年齢に見合ったスキル・経験が求められる役職経験があればアピールしよう
求人が減る業種を絞り込みすぎないようにしよう

30代女性の転職

入社後に結婚や出産、育児などのライフイベントが予想される30代女性は、仕事とのバランスが取りにくくなるので転職活動が難しくなります

また未経験職種への転職も難しくなるので、未経験職種に転職したい場合は、パートや派遣社員で経験を積んでから、正社員を目指すのもおすすめです。

将来的に正社員を目指すにしても、未経験者よりも経験者の方が採用されやすいです!

30代女性の転職は・・・
ライフイベントとの兼ね合いが重視される「長期間働けます!」という姿勢をアピールしよう
未経験の仕事への転職はハードルが高いパートや派遣社員で経験を積むのもおすすめ

40代の転職はより高度なスキルや経験が求められる

40代の転職は、より高度なスキルや経験が求められます。

「新規プロジェクト立ち上げに関する求人」「専門スキルが求められるスペシャリストの求人」が狙い目です。

また、部署やチームの人間関係をうまく構築するために人柄も重要視されるので、コミュニケーション力をアピールするのがポイントです。

40代の転職は・・・
より高度なスキルや経験が求められる立ち上げの求人やスペシャリストの求人が狙い目
40代以上は実績と同じく人柄も重要コミュニケーション力や謙虚さをアピールしよう

転職に有利な時期と不利な時期

転職に有利な時期と不利な時期

転職に有利な時期は、3月~4月9月~10月です。

年度切り替えに伴う退職者の後任や新規プロジェクト立ち上げなどがあり、新規求人が増えるからです。

ただし、中途採用のニーズは業界や職種によって異なるので、今の情報を知るためにも転職エージェントを活用するのがおすすめです。

応募者が増えるのもこの時期です!ライバルとの競争が激しくなるので、3ヶ月ほど前からしっかりと準備を進めておきましょう。

転職に不利な時期ってあるの?

転職に不利な時期はありません!ただ、新型コロナウイルスのような世界的な不況が起きた際は、転職しにくくなる傾向にあります。

フリーター・高卒・専門卒ののキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】!
キャリアパーソナリティ診断:適職診断の受験者の9割が納得の結果

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

\理想の仕事と出会う第一歩!/

【職種別】難しい転職を成功させるコツ

【職種別】難しい転職を成功させるコツ

経理へ転職する場合

経理職は専門性が強く求められるため、資格を取得したり経験を重ねたりすることで転職を有利に進められます。

まずは会計や税務に関する資格を取得し、専門知識を身につけることが重要です。

また経理業務は、コミュニケーションスキルやチームワークも欠かせない要素なので、資格以外のポテンシャルもアピールできるよう応募書類や面接対策を進めましょう。

人事へ転職する場合

人事への転職は、経験とスキルが重要視されるため、自分の強みや過去の業務実績をアピールしましょう。

また業界や企業研究を行い、希望する会社の人事戦略や働き方改革などに対する理解を深めることが重要です。

企業研究を徹底することで、面接時に具体的な提案や意見が述べられるようになり、人事として活躍できることをアピールできます。

社内システムエンジニアへ転職する場合

社内システムエンジニアへの転職では、ITスキルやプロジェクトマネジメント能力が求められます

自分が持つスキルや経験を具体的にアピールし、自分がどのような業務で活躍したかを示すことで、採用担当者に「ウチでも活躍してくれるだろう」と判断してもらえるでしょう。

また、社内システムエンジニアはコミュニケーション能力も重要とされるため、部署間の連携を行った実績を伝えると面接を有利に進められます。

メーカーへ転職する場合

メーカーの製品開発への転職では、業界知識や技術スキルの証明が不可欠なので、自分のスキルや経験を明確に伝えることが重要です。

またメーカーでは新製品の開発にも力を入れているので、独自のアイデアをアピールすることで、採用担当者から良い評価をもらえるでしょう。

【状況別】難しい転職を成功させるコツ

【状況別】難しい転職を成功させるコツ

第二新卒で転職する場合

第二新卒とは、社会人経験が1〜3年程度の、就業経験がある若い人材を指します。

第二新卒で転職する場合、企業はポテンシャルを重視する傾向があります。そのため、自分の成長意欲ややる気を伝えることが大切です。

また第二新卒は、社会人として必要な心構えやマナーを身につけていると考えられており、企業からの需要が高いので、該当する人は第二新卒枠で応募するのがおすすめです。

就職3年目で転職する場合

就職3年目での転職では、自分がどのような業務で活躍し、どのような成果を上げたのかを具体的に伝えることが重要です。

また、自分が求めるキャリアや将来像を明確に持ち、それを軸にして転職先の選択を行うこともポイントです。

企業は将来性を重視するため、志望動機を明確に伝えることで、自分がその企業で活躍できることをアピールできます。

35歳以上で転職する場合

35歳以上で転職する場合、自分の経験とスキルを最大限活用し、市場価値のある職種や業界を選びましょう

また、年齢が上がるにつれて転職も難しくなるので、転職活動を始める前に十分な準備が必要です。

履歴書や職務経歴書のブラッシュアップ、面接対策、資格取得などのを積極的に行いましょう。

年収を上げるために転職したい場合

年収を上げるために転職したい場合は、IT業界や営業職など、業界や職種で高い年収が期待できる求人を選ぶことが重要です。

IT業界や営業職は、成果が即座に評価され、実績次第でインセンティブや昇進の機会が増えます。

また転職エージェントを利用し、高年収求人や各企業の給与水準に関する情報を入手することもおすすめです。

フリーター・高卒・専門卒ののキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】!
キャリアパーソナリティ診断:適職診断の受験者の9割が納得の結果

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

\理想の仕事と出会う第一歩!/

難しい転職を成功させるためのポイント

難しい転職を成功させるためのポイント

働く条件の優先順位をつける

難しい転職を成功させるためのポイントのひとつに、譲れない条件と妥協できる条件を明確にすることが挙げられます。

働く条件としては、給与や労働環境、福利厚生、キャリアアップの可能性などがあります。

自分にとって重要な条件を明確にし、優先順位をつけることで、適切な企業選びができるでしょう。

自己分析や企業研究を徹底する

難しい転職を成功させるには、自己分析・業界分析・企業分析は必須です。

「そもそも自身がどのような強み・弱みを持っているか」「どのようなビジネスモデルか」「企業経営や事業が現在どのような経営フェーズにいるのか」を把握することが重要です。

業界を正しく認識し、企業が求める人物像も把握できるので、明確な志望動機を伝えられて成功の確率を高めることができます。

転職の軸や将来のビジョンを具体的に考える

転職の軸や将来のビジョンを具体的に考えることも、転職成功のポイントです。

より良いキャリアを築くためには、自分がどのような職種や業界で活躍したいのか、将来どのような働き方を実現したいのかを明確にし、それに沿った企業を選ぶことが重要です。

転職の目的が不明瞭だと、求人を探す際の方向性がブレやすくなるので、納得のいく転職を実現するためにも理由を明確にしましょう。

退職理由と志望動機に矛盾がないようにする

退職理由と志望動機に矛盾がないようにすることも、転職成功のための大切なポイントです。

前職での経験や失敗を経て、新しい職場で実現したいことを明確に伝えることで、説得力のある志望動機になり、難しい転職を成功につなげやすいでしょう。

また面接時に、前向きな姿勢の退職理由や、自身の至らなかった部分も伝えることで、自己分析をしていることをアピールできます。

若いうちから早いタイミングで行動する

難しい転職を成功させるには、若いうちから転職活動を早いタイミングで始めることも重要です。

求人の中には年齢制限を設けているものもあるので、いざ行動を起こしたときに、すでに手遅れになってしまう場合もあります。

「もう少し早く転職活動を始めていればよかった」と後悔する前に、積極的に行動しましょう。

応募する企業の視野を広げる

業界・職種を絞りすぎずに、応募する企業の視野を広げることも、転職成功のための大切なポイントです。

業界や職種を絞りすぎると自分の可能性を狭めてしまいます。また自分とその業界・職種の相性が悪かった場合、内定に至らない可能性もあります。

応募する企業の視野を広げることで、魅力的な企業であることに気づくこともできるので、多くの求人を見るようにしましょう。

アピールポイントを整理し、面接の練習を繰り返す

転職活動の成功には、自分のアピールポイントを整理し、面接の練習を繰り返すことが非常に重要です。

「これまでどのような業務に携わり、どのようなことを学んだのか」といった、経歴や志望動機、強み弱みなどは、スムーズに回答するためにまとめておきましょう。

また面接における回答文の準備は自身で行えますが、対話形式の深掘りされる質問の対策は対人で行うのがおすすめです。

転職エージェントを活用する

転職エージェントは、転職希望者と企業をマッチングさせ、仕事選びから入社までをサポートしてくれるプロの専門家です。

転職エージェントは、経歴やスキル、条件を踏まえて求人情報を提供してくれるだけでなく、エントリーシートの書き方や面接のアドバイスも行ってくれます

「何から始めていいのかがわからない」という方はもちろん、「模擬面接練習をしたい」方も、積極的に転職エージェントの利用するのがおすすめです。

フリーター・高卒・専門卒ののキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】!
キャリアパーソナリティ診断:適職診断の受験者の9割が納得の結果

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

\理想の仕事と出会う第一歩!/

未経験からの転職が難しい業界、おすすめの業界

未経験からの転職が難しい業界、おすすめの業界

未経験からの転職が難しい業界

・金融業界
・コンサルティング業界
・メーカー
・外資系
・クリエイティブ系

未経験からの転職が難しい業界は、「専門的な資格が必要な業界」「経験や実績が重視されたりする業界」です。

専門的な資格が必要な仕事においては、そもそも資格の難易度が高く、取得までにも時間がかかるので、すぐに転職を考えている方には不向きです。

企画職やディレクター、プロジェクトマネージャーのような、クリエイティブ系の経験や実績が重視される仕事も、未経験者には不向きです。

未経験からの転職におすすめの業界

・IT/通信業界
・運輸業界
・建設業界
・医療・介護業界
・小売・外食業界
・販売・サービス業界

未経験からの転職におすすめの業界は、「成長が著しい業界」「規模が大きい業界」です。

成長が著しい業界であれば、将来的な人材を育成するために、内定枠を増やして採用している企業が多いです。

また規模が大きい業界は、元々の内定枠が多い傾向にあるので、未経験でも転職しやすいでしょう。

難しい転職におすすめの転職エージェント

相性就職パーソナルファイル

相性就職パーソナルファイル

相性就職パーソナルファイルは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職・転職支援サービスです。

独自のキャリアパーソナリティ診断によって、「どんな職種が向いているか」「どんな上司と相性がいいか」「どんな働き方が向いているか」など、仕事をする上での重要なポイントが分かります。

また経験豊富な適職カウンセラーが、キャリアパーソナリティ診断の分析結果と面談でのヒアリングをふまえて、未経験でもチャレンジできる求人を厳選してご紹介します。

doda

doda

dodaは、業界最大級、10万件以上の求人からあなたに合った職種を紹介してくれる転職エージェントです。

変化の速い転職市場や業界の知見が豊富な転職のプロが、キャリアプランのご相談から転職ノウハウの提供まで幅広くサポートしてくれます。

また、求人企業への応募書類の提出や、面接日程の調整など、企業とのやり取りを代行してくれるので、効率的に活動を進められます。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、各業界・職種に精通した専任のアドバイザーがサポートしてくれる転職エージェントです。

各業界の転職事情に精通しているので、マイナー業界への転職を検討している場合も安心して相談できます。

また、企業の人事担当者とやり取りするアドバイザーも在籍しているので、職場の雰囲気など、求人票には載っていないリアルな企業情報も得られます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1を誇る転職エージェントです。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が多いので、特定の職種や業種に限らず、転職先の可能性を広げられます。

転職に関するオンラインイベントやセミナーも開催されているので、隙間時間を有効活用して転職活動を進められます。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは、就職成功率80.4%を誇る、フリーター・既卒・第二新卒など若年層向けの転職エージェントです。

「学歴・経歴に自信がない」「ずっとこのままでいいのか不安」「やりたいことがわからない」といった方でも気軽に相談できます。

また、未経験OKの求人は全体の約8割を占めているので、新しいことにチャレンジしたい方にもおすすめです。

転職の難しさに関するよくある質問

20代後半の転職は有利?不利?

20代後半の転職は有利です。後半とはいえまだまだ20代であることには変わりないのですが、より有利に進めるために、少しでも早い段階で動き出すのがおすすめです。

20代後半で未経験転職は可能?

20代後半で未経験転職は可能です。

転職に失敗する20代後半の特徴は?

「転職前に下調べしない人」「他人のせいにする癖がついている人」「自分のことがわかってない人」は、転職に失敗しやすいです。

20代までしか応募できない求人があるって本当?

20代までしか応募できない求人はあります。

30代女性の転職を成功させるには?

30代女性で転職を成功させるには、「ライフプランを決めておく」「自分の市場価値を知る」「仕事に対して譲れない条件を絞る」「応募する業界・企業の情報収集を徹底する」ことが重要です。

30代女性の転職で注意すべきことは?

30代女性の転職では、「曖昧な理由で転職しない」「雇用形態や待遇にこだわりすぎない」「20代で通用したアピール方法で臨まない」ことに注意しましょう。

スキルに自信がない場合はどうすればいい?

スキルに自信がない場合は、「パートや派遣社員からのスタートを考える」「未経験でも活躍しやすい仕事を探す 」ことがおすすめです。

中途採用で大手企業に転職はできる?

大手企業も中途採用を活発に行っています。

未経験・第二新卒で大手企業に転職することは難しい?

未経験・第二新卒で大手企業に転職することは難しいです。しかし、BtoBの事業展開などの知名度が低い大手企業は、新卒採用の人数が未達に終わることもあり、未経験者や第二新卒を積極的に採用している可能性があります。

第二新卒の転職は難しい?

第二新卒の転職は比較的簡単です。第二新卒は、社会人として必要な心構えやマナーを身につけていると考えられており、企業からの需要が高いので、該当する人は第二新卒枠で応募するのがおすすめです。

コロナ禍の転職は難しい?転職市場への影響は?

コロナ禍で転職市場の難易度は高まり、より即戦力の人材が求められるようになりました。そのため、昨今の転職活動では、自身のスキルや経験を積極的にアピールすることが重要です。

まとめ

今回は、転職が難しいと感じる原因と、転職を成功させるポイントを徹底解説していきました。

転職を成功させるには、「働く条件の優先順位をつける」「自己分析や企業研究を徹底する」「退職理由と志望動機に矛盾がないようにする」ことが重要です。

転職が上手くいかない理由を見つけて対策を行うことで、「転職は難しい」という先入観を払拭できるので、今一度自身の転職活動を見直してみましょう。

高卒、専門卒のキャリアチェンジに強い
パーソナルファイル【相性転職・就職】!

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

理想の適職に出会う第一歩

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を監修した人

荻久保健一のアバター 荻久保健一 株式会社Wiz CHRO/株式会社Personal 代表取締役

IT系ベンチャー数社でマーケティングからWeb制作、子会社代表等幅広く経験。
その後人材系ベンチャーでCMO(マーケティング責任者)を経て、現在は年間数万人が応募するITの総合商社でCHRO(人事責任者)をやりながら、株式会社Personal代表取締役として、すべての人に相性がいい適職を紹介する「パーソナルファイル【相性就職・就職】」を運営しています。

【Googleがたどり着いた答え】学歴ではない本当に成果を出す人の特徴
今、マーケティング担当が読むべきおすすめnote10選まとめ
Linkedin

目次