MENU
適職のご相談はこちら

【向いてる仕事わからない】適職を見つけられる診断や原因の対処法を徹底解説

「向いてる仕事がわかないときはどうすればいい?」

「向いてる仕事を探す方法はある?」

向いてる仕事を選ぶことは、ストレスなく仕事をするうえで重要なことです。

しかし、どんな仕事が自分に向いてるのか分からない方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、向いてる仕事を探すコツを紹介していきます。

転職におすすめの診断ツールも解説していくので、転職を検討している方に必見の内容です!

こんにちは!

株式会社Wizで人事責任者をしている荻久保(@ogikubo)です。

今回は、人事として年間数百人の面接経験もある僕が、そんな人たちが抱える悩みを解決し、向いてる仕事を探す方法を解説してみたいと思います。

フリーター・高卒・専門卒ののキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】!
キャリアパーソナリティ診断の納得度&3つのポイント

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

\理想の仕事と出会う第一歩!/

目次

向いてる仕事とは

向いてる仕事とは

向いてる仕事とは、自分の能力や性格、価値観に合った職種や業界を指します。

適切な業界リサーチやキャリアカウンセリング、適職診断などのツールを利用することで、自身の適職をより明確にしましょう。

向いてる仕事の定義

向いてる仕事の定義
  • 強みや得意分野を活かせる
  • 自分の好きを活かせる
  • ストレスが溜まらない
  • 社風が合っている
  • キャリアの展望に合う

向いてる仕事の定義は、個人のスキルや興味、価値観にマッチしているかで判断されることが多いです。

自分の特性や適性を活かせる環境であれば、より高いパフォーマンスを発揮できるため、向いてる仕事を探すうえで重要な項目です。

しかし、向いてる仕事の定義は、自身の経験や背景によって異なるため、重要視している条件は何か確認しておきましょう。

向いてる仕事がわからない原因

向いてる仕事がわからない原因

自身の分析ができていない

向いてる仕事がわからない原因として、自身の分析ができていないということが挙げられます。

向いてる仕事をするためには、自分の強みや弱み、興味の対象など、深い自己分析が必要です。

キャリアカウンセリングや適職診断、セミナーなどを通じて、自身をより客観的に分析しましょう。

自己分析は客観的な評価が大切です!
適職診断ツールを使うことで、自分ではわからなかった強みが分かります!

仕事や職種の内容が分からない

向いてる仕事がわからない原因として、若い世代やキャリアを始めたばかりの人に多いのが、仕事や職種の内容が分からないということです。

例えば、職種の名前だけを知っていても、実態や必要なスキル、日々の業務内容についての理解が浅いと、自身に合っている仕事か判断するのが難しくなります。

インターンシップや職場体験、業界のセミナーやフェアへの参加など、実際にその業界で働いている人々のリアルな情報を得ることで、向いてる仕事選びに役立てることができます。

やりたいことや好きなことが見つからない

向いてる仕事がわからない方には、やりたいことや好きなことが見つからないという悩みを抱えてることも多いです。

自分の興味や情熱を仕事にすることで、より高いモチベーションを発揮して成果を得ることができます。

しかし、すべての人が自分の好きなことややりたいことが明確なわけではないため、新しい趣味や異なる業界、職種への挑戦などを通じて、自分の隠れた興味を引き出すのもおすすめです。

今の仕事で成果を出せていない

向いてる仕事がわからない背景には、今の仕事での成果を出せていない状況が関係している可能性があります。

成果が出せずにいると、自己評価が下がり、自分に合った仕事なのか疑問を持ち始めることも少なくありません。

しかし、成果を出せていない理由は、自分の適性とは関係ない場合も多く、業務内容や職場環境、上司や組織の方針などが影響している可能性があります。

自分の適性を見極めるためにも、現状の問題点をしっかり分析し、成果を出せていない原因を明確にしましょう。

今の仕事を好きになれない

向いてる仕事がわからない理由の一つは、今の仕事を好きになれず、モチベーションが低下していることが要因です。

好きになれない理由は様々で、業務内容、職場の環境、上司や同僚との関係性などが考えられます。

また、自分自身の価値観や興味が現在の業務と合っていないと感じる場合は、自分の興味や価値観に合った業務や環境を模索することが大切です。

自分の強みや才能が分からない

向いてる仕事がわからない場合、自分の強みや才能が明確でない可能性があります。

自身の能力を活かせる仕事に就くことで、高い満足感や成果を得ることができますが、自分の強みや才能がわからないとを適切な仕事を選ぶことができているかわかりません。

自分の強みや才能を理解するためには、自己分析や適職診断などのツールの活用、新しい経験やチャレンジなどを通じて、自分の能力や適性を見つけ出すことも大切です。

【年代別】向いてる仕事がわからないときの対処法

【年代別】向いてる仕事がわからないときの対処法

【20代】向いてる仕事がわからないときの対処法

向いてる仕事を20代で探す際、多様な経験を積むことが最も効果的な対処法となります。

20代はキャリアを築く上で重要な時期なので、向いてる仕事がわからないと感じたときは、様々な業種や職種にチャレンジしてみるのがおすすめです。

また、セミナーやワークショップに参加して、異なる業界の人々との交流を深めることで、新しい視点や考え方を取り入れるのも効果的です。

20代は今後のキャリアを左右する大切な時期。
そんな時こそ客観的な自己分析が重要です!

【30代】向いてる仕事がわからないときの対処法

向いてる仕事を30代で見つける際、過去の経験を活かしつつ、新しい分野への挑戦も恐れず行うことが鍵となります。

30代は、これまでの経験やスキルををベースに、自分の得意な分野や興味を再確認することが大切です。

しかし、向いてる仕事がわからないと感じる場合、新しい分野や業界への転職も視野に入れることをおすすめします。

【40代】向いてる仕事がわからないときの対処法

向いてる仕事を40代で探す際には、これまでのキャリアの蓄積を活かしながら、ライフステージに合わせた職種選びが求められます。

40代に入ると、家庭や子育て、親の介護など、多くのライフイベントが重なるため、ワークライフバランスを重視した仕事選びが必要となります。

また、40代はキャリアの中盤とも言える時期ですので、スキルアップや資格取得を通じて、新しい分野への挑戦も考えるとよいでしょう。

フリーター・高卒・専門卒のキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】!
80種類から適職が分かる画像

パーソナルファイル【相性転職・就職】とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

\ 理想の仕事に出会う第一歩/

自分に向いてる仕事を見つける方法

自分に向いてる仕事を見つける方法

仕事選びの優先順位をつける

向いてる仕事がわからないと感じた時、給与、勤務地、業界、職種、働く環境、キャリアアップの可能性など、仕事選びの優先順位をつけることが有効な方法となります。

仕事選びの条件すべてが理想的な状態で揃うことは難しいので、自分が一番重視する点や妥協できる部分を明確にすることが大切です。

自分の価値観や目標を整理し、それぞれの基準に重要度の順番をつけて職探しを行うことで、自分に合った仕事を見つけやすくなります。

何をしているときが楽しいかを考える

向いてる仕事がわからない時、一つの有効な方法は、何をしているときが楽しいかを深く考えることです。

人は楽しいと感じる活動に対して自然と興味や情熱を抱き、高いパフォーマンスを発揮することが多いです。

日常生活の中で、時間を忘れて没頭できることや、何度も繰り返しても飽きないことは、自分の興味や適性を示す手がかりとなります。

得意なことや不得意なことを明確にしておく

向いてる仕事がわからない際、効果的な方法の一つは、得意なことや不得意なことを明確にしておくことです。

自分の得意分野やスキルを知り、それを活かす職種や業界を選ぶことで、仕事の効率や満足度が高まりますし、自分の不得意な点や弱みを知ることで、働きやすい環境を選択することができます。

過去の経験やフィードバック、自己分析ツールなどを利用して、自分の得意不得意を洗い出しましょう。

仕事や職種を幅広く調べる

向いてる仕事がわからない時、有効な手段の一つは、仕事や職種を幅広く調べることです。

現代の職種は幅広く、知らない職種や新しい業界が数多く存在します。一般的な職種だけでなく、ニッチな領域や新興分野を探ることで、自分に合った未知の仕事に出会うチャンスが広がります。

情報収集をする際は、求人サイトや業界紙、関連イベントやセミナーへの参加などを通じて、リアルな業界の情報を得るようにしましょう。

キャリアアドバイザーへ相談する

向いてる仕事がわからない場合、効果的なアプローチの一つは、キャリアアドバイザーへの相談です。

キャリアアドバイザーは、個人の適性や能力、興味を元に最適なキャリアパスを提案する専門家で、多くの業界や職種の知識を持っています。

自分一人で考えるだけでは見えてこない適職や転職の可能性を、客観的な視点からアドバイスをしてもらえるので、積極的に活用しましょう。

適職診断ツールを使用する

向いてる仕事がわからないと感じた際は、適職診断ツールを使用するのがおすすめです。

適職診断ツールは、ユーザーの性格や価値観、能力などの情報から、最も適した職種や業界を提案するサービスです。

オンライン上で無料で提供されているサービスも多いため、自分がどのような環境や役割で最も力を発揮できるのかを把握して、適切な仕事を選択することができます。

向いてる仕事選びは性格や行動から探せる

向いてる仕事選びは性格や行動から探せる

責任感のある人に向いてる仕事

責任感のある人は、課されたタスクやプロジェクトをしっかりと遂行し、結果を出すことにこだわりのある方が多いです。

そのため、リーダーシップを求められるポジションやプロジェクトマネジメント、営業などの職種と相性が良いです。

また、医療や教育の現場では、人々の命や未来を預かる重要な役割があるため、高い責任感を持つ人材が求められます。

人とのコミュニケーションが得意な人に向いている仕事

人とのコミュニケーションが得意な方は、営業やカスタマーサポート、人事や総務、そして教育やカウンセリングなどの職種がおすすめです。

コミュニケーションが得意であれば、人間関係や人柄が重要視される仕事でも重宝され、大きな成果を達成できる可能性が高いです。

また、イベントの企画や広報活動、接客業も、人との関わりが多く求められるため、コミュニケーション能力が大いに活かされる分野です。

成長意欲のある人に向いてる仕事

成長意欲のある人は、新しいことを学ぶ機会や、自身のスキルを伸ばす環境が整っている職種がおすすめです。

例えば、スタートアップ企業や、新しいプロジェクトを立ち上げる部署、また研究開発の分野などは、常に新しい課題や技術の取り組みが求められるため、成長意欲を持つ方に向いています。

また、外資系企業やグローバルな環境での仕事も、多様な文化や価値観と触れ合いながら成長できるため、相性が良い職種と言えます。

発想が豊かな人に向いてる仕事

発想が豊かな人は、新しいアイデアやソリューションを生み出す力に長けているため、クリエイティブな分野や企画系の職種に適しています。

例えば、広告やデザイン、映像制作、ゲーム開発などのクリエイティブな業界は、新しい発想やアイディアが求められるため、発想力のある方にはぴったりです。

また、商品企画や新規事業開発のような業務も、市場のニーズに応える新しいアイディアが重要視されるためおすすめです。

分析や調査が得意な人に向いている仕事


分析や調査が得意な人は、詳細なデータや情報を基に戦略や方針を立てることに長けているため、マーケットリサーチやデータ分析の分野の職種が適しています。

特に、製品の市場動向を調査したり、顧客のニーズや行動を分析するマーケットリサーチャーや、大量のデータから有益な情報を引き出すデータアナリストとしての役割は、分析や調査が得意な人にぴったりです。

また、経済や金融の分析を行うエコノミストやリサーチャーとしての職種も適しています。

マニュアルを徹底できる人に向いてる仕事

マニュアルを徹底できる人は、ミスの削減や業務の効率化の分野で才能を発揮しやすいため、品質管理やコンプライアンスの分野の職種がおすすめです。

特に、製品やサービスの品質を一定に保つための品質管理の職種や、法律や規則を遵守し、組織のリスクを低減するコンプライアンス担当者としての役割は、マニュアルに従うことの重要性が高まります。

また、オペレーションや業務プロセスの効率化を図る業務改善の分野でも、マニュアルの策定や改善活動においてその能力を発揮できます。

向いてる仕事を見つけるメリット

向いてる仕事を見つけるメリット

楽しみながら仕事を続けることができる

向いてる仕事に出会うと、仕事に対する疲れを感じにくくなり、楽しみながら長期的にキャリアを継続することが可能です。

楽しみながら仕事をすると、ただ単に心地良いだけでなく、仕事の質も向上し、創造力や生産性が高まる傾向があります。

また、楽しむことで、ポジティブな姿勢が周囲の人々にも影響を与え、職場全体の雰囲気を向上させる効果も期待できます。

やりがいを感じることができる

向いてる仕事は、自分の得意や興味を活かすことができるため、仕事に対するやりがいを感じられます。

また、やりがいを感じることで、モチベーションが高まり、持続的に高いパフォーマンスを維持することができます。

やりがいは、周囲の反響や自分の成長を実感することで得られることができるため、目標とする人物像を定めて適した環境がある仕事を選択しましょう。

能力を活かすことができ生産性が上がる

向いてる仕事に従事することで、能力を最大限に活かすことができ、生産性が上がるというメリットがあります。 。

適切な環境や役割の下での業務は、効率的にタスクをこなすことができるだけでなく、創造的なアイディアや新しいアプローチを生み出しやすくなります。

また、能力を活かしての仕事は、自信や達成感をもたらし、高いモチベーションを保つことができるため、生産性の向上にも繋がります。

未経験からのキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】!
キャリアパーソナリティ診断:適職診断の受験者の9割が納得の結果

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

\フリーター・高卒・専門卒の転職に強い!/

向いてる仕事ではなかった場合のデメリット

向いてる仕事ではなかった場合のデメリット

仕事に意欲が湧かない

向いてる仕事ではない場合、毎日の業務が負担となり、仕事に意欲が湧かないというデメリットを感じることがあります。

仕事内容や業務環境が自分の興味や適性と合致していないと、生産性や業績にも影響を与えるため、転職や退職の検討も必要です。

また、仕事へのモチベーションが低下すると自己成長の機会が少なくなり、目標としているキャリア形成ができないため注意しましょう。

体調や精神を病んでしまう

向いてる仕事ではない場合、重大なデメリットとして、体調や精神を病んでしまうリスクが増加します。

自分の適性や価値観と合わない仕事を長期間続けることは、ストレスや過度な疲労の原因となります。特に、自分の能力や得意分野を活かせずに仕事をすることは、自己評価の低下や自信喪失を招きがちです。

また、自分に合わない仕事を強いられる環境では、職場の人間関係にもトラブルが生じやすくなり、最終的にはうつ病や過労死などの深刻な問題に繋がることも考えらるため注意が必要です。

不用意な転職が増えてしまう

向いてる仕事ではないと感じると、不用意な転職が増えてしまうというデメリットが生じることがあります。

適性や興味と合わない仕事に就いている人は、満足感や達成感を得にくく、より良い職場や仕事を求めて頻繁に転職を繰り返すことが考えられます。

しかし、理由のない転職はキャリアの成長を妨げてしまうリスクがあるため、長期的なキャリア形成に影響を及ぼす可能性が高まります。

向いてる仕事かわからないまま続けるとどうなる?

市場価値や給料が上がらない

向いてる仕事でないと感じながらもそのまま続けると、昇進や給料アップの機会を逃し、市場価値や給料が上がらない可能性があります。

市場価値とは、自分のスキルや経験がどれだけ求められているかを示すものですが、業績や成果が出ていないと思うように評価がされません。

また、適性と合わない仕事に長く従事していると、専門的なスキルや知識の習得が遅れ、キャリアの停滞や収入の伸び悩みに繋がります。

仕事を長く続けることができない

向いてる仕事ではない場合、日々の業務に対するモチベーションの低下や疲労感を強く感じ、仕事を長く続けることが難しいです。

仕事に対する満足度が低くなると、早期の退職や頻繁な転職を考える原因となるため、適職で長く働くことが重要です。

また、仕事の継続性が低下することで、キャリアの築き上げやスキルの習得が困難になることもあるため注意しましょう。

向いてる仕事を探す転職に有効な3つの方法

向いてる仕事を探す転職に有効な3つの方法

適職診断サイトを利用する

向いてる仕事を探す際、適職診断サイトを利用すると、自身の適性や興味に合った職種を効率的に見つけることができます。

適職診断サイトは、心理学的な理論に基づいた質問やテストを行い、結果をもとにユーザーに合った職種や業界を提案してくれます。

自分一人で考えるよりも客観的な視点での分析が可能となり、インターネット上で手軽に利用できるため、活用しましょう。

転職エージェントを利用する

向いてる仕事を見つける際、転職エージェントを利用すると、プロの視点からのアドバイスや情報提供を受けることができます。

転職エージェントは、求職者と求人企業を結びつけるだけでなく、転職者の経験やスキル、希望などを踏まえて、最適な職種や企業を提案してくれます。

また、履歴書の書き方や面接対策など、転職に必要なサポートも受けることができるため、初めての転職でも安心です。

ハローワークを利用する

向いてる仕事を探す際、ハローワークのサービスを利用することで、多様な求人情報やキャリアアドバイスを受けることができます。

ハローワークは、厚生労働省が管轄する公的な職業安定所であり、地域ごとの雇用情報を網羅しているため、希望する業種や職種、勤務地などの条件に合わせた求人情報を検索することができます。

また、ハローワークの職員はプロのキャリアカウンセラーも多く、自分の経験やスキル、希望を踏まえたアドバイスを受けることができます。

向いてる仕事がわからない人に役立つ診断ツール

向いてる仕事がわからない人に役立つ診断ツール

パーソナルファイル

パーソナルファイル

相性就職は、最先端のAI技術で自分と相性の良い職種や企業をすぐに分析できる20代向けの転職支援サービスです。

80種類の性格タイプの情報を元に、自身に向いてる職種を相性で診断してくれます。

転職する際も、経験豊富な適職カウンセラーがサポートをするため、初めての転職でも安心して利用することができます。

未経験からのキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】!
キャリアパーソナリティ診断:適職診断の受験者の9割が納得の結果

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

\フリーター・高卒・専門卒の転職に強い!/

適職診断ナビ

適職診断ナビ

適職診断ナビは、会員登録なしですぐに始めることができる適職診断ツールです。

全35問の質問に答えるだけで、性格やキャリアの志向性、行動特性などを分析でき、自分だけの診断結果を得ることができます。

自分に強みや弱みを再確認して自己PRに役立てたい方や、向いてる仕事を再発見したい方におすすめです。

doda 転職タイプ診断

doda 転職タイプ診断

doda 転職タイプ診断は、3STEPで簡単に適職探し役立つ情報を得ることができる診断ツールです。

自身の性格などから、やりがいやどんなことを大切しているか把握できるため、転職先の職種探しにも有効的に活用できます。

また、現在の仕事のどこに満足しているか、不満に思っているのかを分析することもできるため、転職するか迷っている方にもおすすめのサービスです。

ジョブリシャス診断

ジョブリシャス診断

ジョブリシャス診断は、20の質問に答えるだけで、自身のジョブタイプを判別できる診断ツールです。

本領を発揮できる環境や相性の良い上司の特徴など、新しい職場で重要視すべき情報をまとめて表示してくれるため、詳細な自己分析がしたいという方におすすめです。

キャリアインデックス 適職診断

キャリアインデックス 適職診断

キャリアインデックス 適職診断は、無料で使える転職診断ツールです。

39の質問から、仕事や職場環境に求める条件、強みや弱み、性格と傾向まで、様々な情報を分析できます。

また、100万件を超える求人情報も掲載されているため、すぐに転職をしたいと考えている方におすすめのサービスです。

さらにくわしい適職診断については以下記事も参考ください!

未経験からのキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】!
キャリアパーソナリティ診断:適職診断の受験者の9割が納得の結果

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

\フリーター・高卒・専門卒の転職に強い!/

向いてる仕事のよくある質問

向いてる仕事とやりたい仕事はどちらを優先すべき?

向いてる仕事とやりたい仕事の内、どちらを優先すべきかは、個人の価値観や目標としているキャリアによって異なります。向いてる仕事はスキルを活かせる一方で、やりたい仕事はモチベーションを維持できるため、自身の目標に合わせて選択しましょう。

向いていない仕事を見極めるにはどうすればいい?

向いてる仕事かどうかを判断するためのポイントは、自身の価値観に合っているか、やりがいを感じられるか、成果が出せるかの3つです。自身の状況に照らし合わせて判断しましょう。

マイペースな人に向いてる仕事は?

マイペースな人には、自分のペースで仕事を進められる職種が向いています。 フリーランスのライターやプログラマー、研究者など、独立性が高く、深い専門性を活かせる仕事がおすすめです。

ミスが多い人に向いている仕事は?

ミスが多い人には、大局的な視点を持ち、クリエイティブな発想が求められる職種が向いています。 企画やマーケティング戦略の立案など、大枠を考える仕事では、細かいミスよりも大きなビジョンや戦略が重視され、その独自の視点を活かせるでしょう。

向いてる仕事がわからない人におすすめの診断ツールは?

向いてる仕事がわからない人におすすめなのは、パーソナルファイルです。適職診断とAIを活用して、相性の良い職種や職業を把握できるため、初めて転職する方でも安心です。

まとめ

今回は、向いてる仕事の定義や自身に合った仕事選びの方法を紹介していきました。

自身の性格や大切にしたいことを把握することは、キャリアの形成や転職においても非常に重要です。

今の仕事が向いてるか分からない方や、新しい仕事に挑戦したいと考えている方は、適職診断ツールを利用してみてはいかがでしょうか。

「転職したいけど何から始めるべきかわからない…」という方は、相性就職パーソナルファイルにお気軽にご相談ください!

20代のうちに確実に適職を見つけるなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

フリーター・高卒・専門卒のキャリアチェンジに強い!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を監修した人

荻久保健一のアバター 荻久保健一 株式会社Wiz CHRO/株式会社Personal 代表取締役

IT系ベンチャー数社でマーケティングからWeb制作、子会社代表等幅広く経験。
その後人材系ベンチャーでCMO(マーケティング責任者)を経て、現在は年間数万人が応募するITの総合商社でCHRO(人事責任者)をやりながら、株式会社Personal代表取締役として、すべての人に相性がいい適職を紹介する「パーソナルファイル【相性就職・就職】」を運営しています。

【Googleがたどり着いた答え】学歴ではない本当に成果を出す人の特徴
今、マーケティング担当が読むべきおすすめnote10選まとめ
Linkedin

目次