MENU
適職のご相談はこちら

転職のミスマッチを防ぐ方法とは?失敗しない仕事選びのポイントを徹底解説!

転職は、自身のキャリアアップや、新しいスキル・経験を得るために多くの人が実践しています。

しかし、転職によるミスマッチによって早期退職してしまうなど、理想の職場を見つけられないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事では転職で起こりやすいミスマッチを事例を徹底解説していきます。

ミスマッチを回避して理想的な職場を見つける方法を解説しているので、転職を検討している方必見の内容です。

こんにちは!

株式会社Wizで人事責任者をしている荻久保(@ogikubo)です。

今回は、人事として年間数百人の面接経験もある僕が、そんな人たちが抱える悩みを解決し、転職で起こりやすいミスマッチについて解説してみたいと思います。

目次

転職で起こりやすいミスマッチとは

転職で起こりやすいミスマッチとは

業務内容によるミスマッチ

業務内容によるミスマッチの事例
  • 大手の事業を担当できると聞いていたが実際には担当できなかった
  • 事前の説明にはないノルマがあった

転職で起こりやすいミスマッチとして、想像していた業務内容と異なっていたという事例が挙げられます。

例えば、「担当できると聞いていた業務ができない」「自身のスキルを活かすことができない」などのミスマッチが考えられます。

企業のウェブサイトや求人情報だけでなく、口コミサイトなどから現在働いている社員の意見も参考にすると良いでしょう。

待遇面によるミスマッチ

待遇面によるミスマッチの事例
  • 正社員登用制度があると聞いていたのに機会を得ることができなかった
  • 給与額が事前の説明額より少なかった

転職で起こりやすいミスマッチとして、給料や有休日数などの待遇面が事前に受けていた説明と異なるという事例が挙げられます。

待遇面で特に注意したいのは、契約社員として入社したあとに、なかなか正社員になれないという問題です。

入社後にどのような待遇を受けられるのかを事前に把握して、ミスマッチの起きない転職をこころがけましょう。

人間関係によるミスマッチ

人間関係によるミスマッチの事例
  • 風通しの悪い会社だった
  • 社員の平均年齢が詐称されていた

転職で起こりやすいミスマッチの一つに、職場の人間関係によるミスマッチが挙げられます。

例えば、「職場の雰囲気が悪くストレスがたまる」「上司が自身の仕事をあまり理解していない」などの事例があります。

現職社員の意見を聞くことができる交流会や、口コミサイトの情報を基に、自身の性格に合う会社か見極めましょう。

職場環境によるミスマッチ

職場環境によるミスマッチの事例
  • 残業が少ないと聞いていたのに実際は多かった
  • 希望の勤務地と違う場所に配属された

転職で起こりやすいのは、職場環境のミスマッチです。

例えば、自宅から遠い勤務地に配属されてしまい、通勤が大変になってしまうなどの事例があります。

また、残業が少ない職場と聞いていたのに、想定よりも多い残業で私生活に影響が出てしまうなどの問題もあるため、事前に確認しておくようにしましょう。

転職でミスマッチが起きてしまう理由

転職でミスマッチが起きてしまう理由

自身のスキルが企業の求人レベルに達していない

転職でミスマッチが起きやすいのは、転職者のスキルや経験が企業が求めているレベルに達していないというケースです。

転職者がスキルを誇張して伝えてしまったり、企業が転職者のスキルを把握できていない場合に起こりやすく、入社後に業務内容や周囲との人間関係のミスマッチが起きる原因となります。

入社後のミスマッチを防ぐためにも、自身の持つスキルと企業側が求めているスキルに乖離がないかをしっかりと確認しておきましょう。

詳細な自己分析ができていない

自己分析が十分にできていないと転職の軸が定まらず、転職でミスマッチが起きてしまう原因となります。

自己分析は、自身の長所・短所や大切にしたい価値観などを把握するために重要な作業です。

将来的なキャリアや、転職してどんなスキルを得たいのかまでしっかりと把握して、ミスマッチのない転職を実現しましょう。

自己分析は、適職診断ツールなどを利用して客観的に自身を分析することが重要です!

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

企業の情報収集が十分にできていない

転職でミスマッチを起こさないためには、企業の情報収集を十分に行っておくのが重要です。

転職時は、業務内容や待遇、職場の雰囲気など、様々な条件が自身の希望に合っているかを確認する必要があります。

しかし、企業の情報収集ができていないと、転職の判断を適切にすることができず、入社後にミスマッチが起きてしまう要因となります。

求人広告だけでなく、企業のホームページや口コミサイトなど複数の媒体から企業の情報を集めて、総合的に判断するようにしましょう。

転職でのミスマッチを回避する方法

転職でのミスマッチを回避する方法

転職の目的を明確にして希望条件の軸を作る

転職でのミスマッチを防止するなら、「何のために転職するのか」「転職後にどんな自分になりたいのか」など、転職する目的を事前に明確にしておくことが重要です。

転職で大切にしたい軸が定まっていないと、妥協して転職先を見つけてしまいミスマッチが起きる原因となります。

業務内容や給料など、転職の軸となる希望条件を洗いだしておき、それを基に転職活動を行うようにしましょう。

企業の情報を多角的に収集する

転職先の企業の業務内容や賃金など、企業の情報を様々な媒体から多角的に収集しておくことで、転職でのミスマッチを回避することが可能です。

例えば、求人サイトの情報のみで転職を進めてしまうと、実際の業務内容や職場環境がわからず、入社後にミスマッチだと感じてしまう原因となります。

また、インターネット上には様々な情報があふれており、嘘や誇張した情報が掲載されている可能性もあるため、公式サイトなどの一次情報を確認しておくことも重要です。

転職エージェント

転職エージェントは、業界の動向や企業文化に詳しい専門家が揃っており、公開されているデータだけでは得られない情報を提供してくれます。

また、企業の内部事情に精通しているため、求職者にとって有利な条件の交渉や、適切な企業選びのアドバイスが期待できます。

さらに、転職エージェントを利用することで、非公開求人の情報を提供してもらえる可能性もあるため、企業分析だけでなく新しい転職の選択肢を得られます。

求人広告・募集要項

求人広告や募集要項は、募集職種や必要なスキル、福利厚生の内容から、企業の事業方針や業務内容を把握することが可能です。

また、募集要項に記載されている給与体系や勤務条件は、転職先の企業を比較する際に重要な情報となります。

求人広告・募集要項を確認して、自身の希望条件と乖離がないかを調べておきましょう。

企業サイト・採用サイト

企業サイトや採用サイトは、企業の公式な情報源として、事業内容や企業文化、採用情報などを詳しく掲載しています。

企業の最新ニュースやイベント情報など、企業の実情が分かる内容を多く発信しているので、チェックしておきましょう。

また、公式サイトは企業の理念や目標が記載されているため、面接時の対策にも役立つ重要な一次情報と言えます。

口コミサイト

口コミサイトは、企業に関する生の声を集めることができ、職場の雰囲気や社風、福利厚生の実態など、公式サイトだけでは分かりにくい情報も知ることができます。

ユーザーが投稿した評価やコメントを通じて、ポジティブな側面だけでなく、潜在的な課題や問題点も把握できるため、企業の評判を比較検討する上でも役立ちます。

また、面接の内容や実際に出題された質問なども口コミで投稿されている場合があるため、面接の対策としても重要です。

転職後の実務が分かる逆質問を準備しておく

逆質問の事例
  • 自身が想定した社風と合っているか
  • 残業など労働環境が過酷な状況でないか
  • トップダウンが強く、やりたいことができる環境になっていないか
  • 従業員同士の人間関係は良好か
  • やりたい仕事と合っているか

転職での面接では、ミスマッチを防ぐために実務が分かる逆質問を準備しておくようにしましょう。

面接では、採用担当者から「質問はありますか」と逆質問の機会が用意されていることが多いです。

実際に働いている社員に質問できる貴重な機会なので、不明点や不安な点を解決しておきましょう。

逆質問でのネガティブな内容はNG!
調べればわかる基礎的な内容や、待遇面の話は避けるのが無難です。

内定承諾前に不明点を解決しておく

転職でのミスマッチを回避するためには、内定を承諾する前に不明点や不安を抱えている問題を解決しておくことが重要です。

転職活動で内定を受けた際は、労働条件通知書が交付されるため、求人や面接時に受けた説明と相違が無いか確認しましょう。

また、業務内容や労働条件に不明点がある場合は、採用担当者にメールや電話で相談して解決しておくことで、ミスマッチのない転職をすることができます。

自己分析として適職診断を行う

高い精度で自己分析できる適職診断は、転職後のミスマッチを回避するためによく利用されます。

適職診断ツールは、簡単な質問に答えていくだけで適正の高い職種や、自分の性格を手軽に分析することができます。

サイト上で無料で利用できるサービスも多いため、転職前に一度適職診断をしておくのがおすすめです。

転職後にミスマッチを感じた時の対処法

転職後にミスマッチを感じた時の対処法

時間や環境変化で解決できる問題か考える

転職直後は、新しい業務や職場環境に様々な悩みを感じやすいため、時間や周囲の環境変化で解決できる問題かどうかを考えてみましょう。

例えば、「新しい業務についていけない」「周囲をうまく馴染めない」などの悩みは、長く務めることで解決する可能性があります。

一方で、「仕事でストレスがたまる」「自分のキャリアビジョンに合っていない」などの悩みは、時間や環境変化で解決できない転職でのミスマッチかもしれません。

ミスマッチだと感じている問題を深堀りして、自身の行動や考え方で解決できる内容なのか確認するようにしましょう。

転職後のリスクを把握しておく

転職の際のリスクをしっかりと把握しておくことで、新しい職場でのミスマッチを防ぐことが可能です。

例えば、短期間で転職を繰り返すと長く働く能力が低いとみなされ、今後のキャリアビジョンに悪影響を与えかねません。

転職先の情報を入念に調べ、業界特有の状況やキャリアパス、求められるスキルなどを事前に把握し、自分に合った職場選びを心がけましょう。

どうしても対処できない場合は転職を検討する

転職後にミスマッチだと感じた場合は、転職を検討するのも一つの方法です。

周囲との人間関係や、業務への慣れなど自身で解決できる問題もありますが、どうしても対処できないミスマッチもあります。

現状の自分を客観的に分析して、必要だと感じた場合は、無理に継続せずに転職をしてみましょう。

短期間で転職を繰り返しているとネガティブな印象を与えやすく、キャリアの成長を妨げる要因となりかねません。
転職せざるを得なかった理由を明確にしておき、採用担当者に説明できるようにしておきましょう!

転職直後にミスマッチと勘違いしやすいケース

転職直後に感じるミスマッチは、新しい仕事に慣れないなどの環境変化による悩みが多いですが、すぐにミスマッチと判断するのは早計かもしれません。

例えば、業務の進め方や周囲との人間関係は、時間とともに理解が深まり、徐々に解決していく問題です。

転職直後の不安や疑問をすぐにミスマッチと結びつけるのではなく、自身の行動で解決できる問題なのかを客観的に分析するようにしましょう。

転職によるミスマッチを防止するおすすめサービス

パーソナルファイル

パーソナルファイル

パーソナルファイルは、最先端のAI技術で自分と相性の良い職種や企業をすぐに分析できる20代向けの転職支援サービスです。

80種類の性格タイプの情報を元に、自身に向いてる職種を相性で診断してくれるため、転職時のミスマッチを防ぐことができます。

転職する際も、経験豊富な適職カウンセラーがサポートしており、初めての転職でも安心して利用することができます。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、専門のキャリアコンサルタントが一人一人のニーズに合わせた求人を紹介し、転職活動をサポートします。

多様な業界との幅広いネットワークを持っているため、非公開求人を含めた豊富な選択肢から理想的な職場を見つけることが可能です。

また、履歴書の添削や面接対策など、転職成功のためのサポートが充実しているため、転職によるミスマッチを防ぎ、ユーザーに最適なキャリア提供します。

doda 転職タイプ診断

doda 転職タイプ診断

doda 転職タイプ診断は、3STEPで簡単に適職探し役立つ情報を得ることができる診断ツールです。

自身の性格などから、やりがいやどんなことを大切しているか把握できるため、転職先の職種探しにも有効的に活用できます。

また、現在の仕事のどこに満足しているか、不満に思っているのかを分析することもできるため、転職の軸を明確にしてミスマッチを回避することが可能です。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、専門のキャリアアドバイザーが、求職者のスキルや経験に合わせて適切な職種や企業を提案するサービスです。

豊富な求人情報と業界知識を持つのが特長で、各業界の動向や市場の需要などの最新の情報を基に適切なアドバイスを受けることが可能です。

事前に転職先の企業や業界の情報を知っておくことで、自身の希望する条件とのギャップをなくし、ミスマッチのない転職を実現しましょう。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、個々のキャリアと適性に合った求人の紹介に特化したサービスで、転職者のスキルやキャリアプランを詳細に分析し、最適な求人を提案します。

また、パソナキャリアは市場のニーズに応じた豊富な求人情報を提供しているため、転職者は自分の希望に合った多様な選択肢の中から選ぶことができます。

転職時のサポートも充実しており、履歴書の添削や面接対策など、転職活動の各ステップでのサポートが受けられるため、初めての利用でもミスマッチのない転職が可能です。

転職のミスマッチに関するよくある質問

転職のミスマッチが試用期間中に起きたらどうすればいい?

転職後の試用期間中でも退職することは可能です。ただし、正社員と同様に就業規則や雇用契約書を取り交わしているため、1ヶ月程度の余裕を持って退職の意志を伝えるとよいでしょう。

転職のミスマッチで退職する人の割合は?

転職後3年以内の退職率は約30%にも上ります。理由としては、転職でのミスマッチが大きな要因となっており、退職理由の半分を占めるほどです。早期退職をしないためにもミスマッチのない転職を意識しましょう。

まとめ

本記事では、転職で起こりやすいミスマッチの種類や対策方法について解説してきました。

転職を成功させるためには、転職で自身の軸となる条件を洗い出して、企業分析や自己分析を十分にしておくことが重要です。

「転職したいけど何から始めるべきかわからない…」という方は、相性転職パーソナルファイルにお気軽にご相談ください!

ピッタリの仕事は適職診断で!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

\ 自分に合う仕事を見つける方法/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を監修した人

荻久保健一のアバター 荻久保健一 株式会社Wiz 取締役CHRO/株式会社Personal 代表取締役

IT系ベンチャー数社でマーケティングからWeb制作、子会社代表等幅広く経験。
その後人材系ベンチャーでCMOを経て、現在は年間数万人が応募するITの総合商社で取締役CHROをやりながら、株式会社Personal代表取締役として、すべての人に相性がいい適職を紹介する「相性転職パーソナルファイル」を運営しています。

【Googleがたどり着いた答え】学歴ではない本当に成果を出す人の特徴
今、マーケティング担当が読むべきおすすめnote10選まとめ
Linkedin

目次