MENU
適職のご相談はこちら

サーバーエンジニア必見!資格取得でキャリアアップ

サーバーエンジニア必見!資格取得でキャリアアップ

「サーバーエンジニアがキャリアアップするには?」

「おすすめの資格は?」

サーバーエンジニアは、キャリアアップにおいて資格取得が有効と言われています。

しかし、「資格がなぜ必要?」「どのような資格がある?」といった疑問を抱く方も多く見られます。

本記事では、おすすめの資格や資格取に向けたの効果的な学習方法などを解説します。サーバーエンジニアの基本知識やスキル、キャリアパスと将来性についても触れていきます

  • サーバーエンジニアの基本知識
  • キャリアアップに役立つ資格やスキル
  • 資格取得に効果的な勉強法
  • キャリアパスのモデル例
適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

目次

サーバーエンジニアに必要な資格8選|効果的な勉強法も併せて紹介

サーバーエンジニアの仕事内容

サーバーエンジニアは、サーバーやネットワークの構築、運用、管理を担当するIT技術者です。LinuxやWindowsなどのOSを使いこなし、企業のITインフラを支える役割を担っています

業務
  • システムの設計と構築
  • システム運用と保守
  • データベース管理
  • セキュリティ対策

資格の必要性

資格はエンジニアのスキルを証明するための手段であり、求人や転職の際にも有利です。

専門的な知識と実務経験を持つエンジニアは、企業からの評価が高く、年収も向上する傾向があります。また、資格取得を通じて最新の技術や知識を習得することができ、キャリアアップにも繋がります。

しかし、資格は必要条件ではなく、実務経験やスキルが重視されるケースも多いです。資格を持っていても、現場で活躍できなければ意味がありません。

資格取得を目指す際は、実務経験とのバランスを考慮し、効果的な勉強法を選ぶことが重要

CCNAやLPIC等、おすすめの資格一覧

サーバーエンジニア向けのおすすめ資格は以下の通りです。

CCNA(Cisco Certified Network Associate)

シスコが提供するネットワーク技術の認定資格で、ネットワーク構築や運用に関する基礎知識が身に付きます。

LPIC(Linux Professional Institute Certification)

Linux OSに関する知識とスキルを証明する資格で、Linuxエンジニアには特におすすめです。

Microsoft Certified: Azure Administrator Associate

Microsoftが提供するクラウドサービス、Azureを運用・管理するスキルを証明する資格です。

Comptia Security+

セキュリティスペシャリストとしての知識とスキルを証明する国際資格で、サーバーエンジニアにも求められるセキュリティ対策が学べます。

ITIL Foundation

ITサービスマネジメントのフレームワークであるITILの基礎知識を証明する資格です。

AWS Certified Solutions Architect – Associate

Amazon Web Services(AWS)を利用したシステムの設計・構築ができるスキルを証明する資格です。

Google Cloud Professional Cloud Architect

Google Cloud Platform(GCP)を利用したシステムの設計・構築ができるスキルを証明する資格です。

VMware Certified Professional – Data Center Virtualization(VCP-DCV)

仮想化技術であるVMwareを運用・管理するスキルを証明する資格です。

効果的な勉強法を選び、実践的なスキルを身に付けることが重要です。

サーバーエンジニアの仕事に役立つOS関連の資格

サーバーエンジニアにとって役立つOS関連の資格はいくつか存在します。これらの資格は、ITエンジニアのスキルや知識を証明するために重要です。

OS関連の資格

LPIC(Linux Professional Institute Certification)

Linuxの基本的な知識や運用スキルを証明するための認定資格で、レベルごとに試験が実施されている。

Microsoft認定資格

Windows Serverの環境での運用や管理、設計スキルを認定するもの。RHCSA(Red Hat Certified System Administrator)やRHCE(Red Hat Certified Engineer)などが含まれる。

Red Hat認定資格

Linux環境でのサーバー構築や運用、セキュリティ対応などの高度なスキルを証明するもの。RHCSA(Red Hat Certified System Administrator)やRHCE(Red Hat Certified Engineer)などが含まれる。

これら上記の資格は、ITエンジニアのキャリアを向上させるだけでなく、信頼性や専門性をアピールする点でも有益です転職や昇進を目指す場合にも、これらの資格は武器となります

サーバーエンジニアの仕事に役立つネットワーク関連の資格

サーバーエンジニアの仕事に役立つネットワーク関連の資格もいくつかあります。これらの資格は、ネットワークの知識やスキルを証明し、エンジニアのキャリアにプラスとなります。

ネットワーク関連の資格

CCNA(Cisco Certified Network Associate)

ネットワークの基本知識やデバイスの設定・運用スキルを認定する資格。

CCNP(Cisco Certified Network Professional)

ネットワークの設計や運用、トラブルシューティングに関する高度な知識やスキルを証明する。

CompTIA Security+やCISSP(Certified Information Systems Security Professional)

セキュリティ対策やリスク管理などの専門知識を証明するため、ネットワークセキュリティの分野で活躍できる資格。

上記のネットワーク関連資格は、サーバーエンジニアがネットワーク全体を理解し、より効果的な運用や管理を行うために役立ちます。また、資格を持つことで、求人市場での競争力や昇進のチャンスも高まります

サーバーエンジニアの仕事に役立つそのほかの資格

サーバーエンジニアとして活躍するためには、専門知識やスキルを身につけることが重要です。そのために役立つ資格はいくつか存在し、取得することでキャリアアップや転職に有利となります

LPIC

Linux OSの知識とスキルを認定する資格。基礎から応用までのレベルが用意されており、サーバー運用管理の現場で求められる技術が身に付く。

CCNA・CCNP

シスコシステムズが提供するネットワーク機器の知識と運用スキルを認定するもので、サーバーエンジニアとしてのネットワーク構築や運用の力を証明できる。

CISSP・CISM

企業のデータ保護など、セキュリティ対策に役立つ資格。

AWSやAzureの認定資格

クラウド環境の設計から運用まで幅広いスキルが身に付く。

ITIL資格

ITサービスマネジメントの知識を認定する資格。ITサービスの提供や運用、改善に関するベストプラクティスを学ぶことができ、ビジネスとITの連携をより効果的に行うためのスキルが身に付く。

資格取得のメリット:転職や年収アップに繋がる

資格取得することで、転職や社内評価において自己アピールに活用できるため、昇進や年収アップに繋がりやすいというメリットがあります。

自分のスキルや知識を客観的に証明できる

就職活動や転職時に企業に対して自分の価値をアピールしやすくなる。

専門的な知識やスキルが身に付く

業務効率が向上したり、新たな業務に対応できるようになったりすることで、職場での評価が上がる。

他の同じ職種の人と比較して競争力が高まる

資格が専門性や適性を示すため、転職や昇進のチャンスが増える。

年収アップが期待できる

専門知識やスキルを証明できる資格を持ち、企業から高い評価を得られれば、能力が給与に反映される。

キャリアプランを明確にする上で役立つ

資格取得を目指すことで、将来の目標や自分が向いている分野を見つけるきっかけになる。

効率的な学習方法:無料サイトや教材を活用

ITエンジニアが資格取得を目指す際には、効率的な学習方法を習得して基礎知識やスキルを習得することが重要です。

無料サイトや教材を活用することで、コストを抑えつつ、必要な資格やスキルを身に付けることができます

勉強方法
  • Web上の無料教材やサイトを活用する

Linuxやネットワークの知識、サーバー構築や運用の技術など、様々な分野で学習することが可能

練習問題や解説も提供されていることが多く、効率的な学習が可能

  • CCNAやLPICなどの公式サイトや試験対策サイトを活用する

受験に必要な知識や試験範囲、出題傾向を把握し、効果的な勉強法を身につけることが可能

  • 無料のハンズオン環境やWebサービスを活用する

実際にシステムやサーバーを構築・運用する際に役立つスキルを磨くことが可能

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

サーバーエンジニアの基礎知識とスキル習得のポイント

20代は転職に最適なタイミング

LinuxやWindows OSの基本操作

サーバーエンジニアに必要な基礎知識とスキルの1つに、LinuxやWindows OSの基本操作が挙げられます。

これらのOSは、サーバーやシステムを構築・運用する上で欠かせない環境ですので、効率的な操作スキルが求められます

  • コマンドラインインターフェース(CLI)の理解と習熟

CLIはサーバーやシステムの設定や管理、データベースの操作などを行うためのツールであり、作業効率を上げるために必須のスキルです。

  • LinuxやWindows OSのセキュリティ対策

サーバーやシステム運用では、不正アクセスや情報漏洩などのリスクが常に潜んでいるため、適切なセキュリティ対策を講じて運用することが求められます。

具体的には、ファイアウォール設定やユーザーアカウント管理、アクセス制限の設定などを行います。

  • 効率的なトラブルシューティングや問題解決能力

LinuxやWindows OSの仕組みや構成を理解し、問題発生時に適切な対応ができるようになることが求められます。

上記のような基礎知識やスキルを習得することで、サーバーエンジニアとして活躍するための基盤を築くことができます。

システム構築や運用で役立つ技術

システム構築や運用に役立つ技術の習得は、ITエンジニアのキャリアにおいて大変重要です。資格取得や経験を積むことで、更に専門性を高めていけます

  • OSの知識(Linux、Windows)
  • ネットワーク構築・運用(CCNA、CCNP)
  • サーバー管理・運用
  • データベース設計・運用
  • セキュリティ対策(シスコ、システムセキュリティ)
  • クラウドサービス(Azure、AWS)
  • ITサービスマネジメント(ITIL)
  • Web開発・運用
  • プログラミングスキル(Python、Java、JavaScript等)

上記の技術を身につけることで、効率的なシステムの構築や運用を行うことができます

例えば、Linuxを使ったサーバー構築や運用において、LPICなどの資格を取得することでスキルが向上し、ビジネスにおいても高いパフォーマンスを発揮できます。

また、適切な技術を使い分けることで、企業におけるシステム構築や運用の効率向上にも貢献できます。

例えば、クラウドサービスを利用することで、インフラの設計から運用までを効率化し、企業の業務を支えるシステムを構築することができます。

ネットワークやセキュリティ知識の習得

ネットワークやセキュリティ知識の習得は、ITエンジニアにとって重要です。

ネットワーク知識はシステムの基盤

ネットワーク知識はシステムの基盤となる部分であり、設計・構築・運用の全てのフェーズで役立ちます

シスコのCCNAやCCNPといった資格を取得することで、ネットワークに関する専門知識が身に付く

セキュリティ知識は企業の情報保護やシステムの安全性を担保する

セキュリティ知識は企業の情報保護やシステムの安全性を担保するために必要です。

最近のサイバー攻撃の増加や企業のデータ漏えい事例が報道される中、セキュリティスキルはますます重要視されています。

CISSP、CEH、CompTIA Security+等を取得することで、企業のセキュリティ対策に貢献できる

ネットワークやセキュリティの知識があれば様々な職種で活躍できる

ネットワークやセキュリティの知識を持つITエンジニアは、様々な職種で活躍できるというメリットがあります。

例えば、ネットワークエンジニア、セキュリティエンジニア、システムエンジニア、運用監視エンジニアなどの分野で求人や転職のチャンスが広がります

ピッタリの仕事は適職診断で!
キャリアパーソナリティ診断:適職診断の受験者の9割が納得の結果

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

\ 自分に合う仕事を見つける方法/

サーバーエンジニアのキャリアパスと将来性

サーバーエンジニアは、企業のITインフラを支える重要な職種であり、担当する業務はサーバーの構築・運用・保守をはじめ、セキュリティ対策やシステム設計に関わります。

専門スキルを身に着け、より高度な業務に携わることでキャリアアップに繋がるでしょう。

資格取得がキャリアアップの一助となる場合があり、LinuxやWindowsなどのOSに関する資格や、CCNA、CCNPなどのネットワーク認定資格が役立つことが多いです。

企業によって求められる資格や経験が異なるため、自分の目指すキャリアに合わせたスキルセットを習得することが重要です

未経験からサーバーエンジニアへの転職

未経験からサーバーエンジニアへの転職を考える際、まず基礎的なIT知識やスキルを身に着けることが必要です。

オンライン教材や無料の学習サイトを利用して、LinuxやWindowsの基本操作、ネットワークの仕組み、サーバー構築の基本を学びましょう。

次に、資格取得を目指すことで、専門性を証明できます。LPICやCCNAなどの資格を取得すると、転職活動でアピールポイントとなるでしょう

実践的なスキルを身に着けるために、自宅での環境構築やWebサービスの開発・運用経験を積むのも有益です。

キャリアアップのためのスキルアップ戦略

ITエンジニアとしてのキャリアアップを目指すために、効果的なスキルアップ戦略が重要です。まず、現在持っているスキルや経験を把握し、自分に足りないスキルや知識を明確にしましょう。

ITエンジニアのスキルアップ方法

資格取得

資格は、専門知識や技術を証明するために役立ちます。自分のキャリアに適した資格を選ぶことが大切です。

  • ネットワークエンジニアであればCCNAやCCNP
  • サーバーエンジニアであればLPICやLinux
  • クラウドサービスに関する知識が求められる場合はAzure

実務経験の積み重ね

新しいプロジェクトに参加し、様々な経験を積むことで、業務運用やシステム設計、問題解決スキルを磨くことができます

独学やオンライン学習サイトの利用

初心者向けから上級者向けまで様々なレベルのコンテンツが用意されており、自分のペースで学べます。

参加費が無料や低価格であることが多いため、手軽にスキルアップを目指すことができるでしょう。

セミナーや勉強会への参加

セミナーや勉強会に参加することで、最新の技術や情報を得ることができます

また、同じような目標や興味を持つ人たちと交流し、新しい視点や知識を学ぶことも可能です。

転職やキャリアアップでは、これらのスキルアップ方法を組み合わせることで、自分の強みや魅力をアピールし、より良いキャリアを築くことができるでしょう。

各企業でのサーバーエンジニアの役割と活躍の場

サーバーエンジニアは、企業内でITシステムの設計、構築、運用といった業務を担当します。

  • サーバーの運用管理
  • システムの監視や保守
  • セキュリティの確保
  • 新システムの導入や改善

サーバーエンジニアが活躍できる職場は多岐にわたります。たとえば、ITインフラを提供する企業では、お客様向けのシステムやサービスを構築・運用する業務があります。

また、自社のITシステムを運用している企業においては、社内システムやWebサイトの運用や開発を担当することもあります。

なお、サーバーエンジニアはチームでのプロジェクトに参加し、他部署やお客様と連携して業務を進めることが多いため、コミュニケーション能力や問題解決力も求められるでしょう

賢い転職サポートの利用法

保育士から異業種への転職は難しい?

転職エージェントがサポートするサービス内容

  • 専門のキャリアアドバイザーが、希望する職種やスキルを考慮し、適切な求人情報を提供
  • 履歴書や職務経歴書の作成をアシストし、効果的なアピール方法を指導
  • 専用のWebサイトやアプリで求人情報や企業の詳細データを提供し、転職活動中における情報管理のサポート
  • 転職活動を進める上でのアドバイスを行い、求職者のモチベーション維持をサポート

転職エージェントは様々なサービスを提供し、ITエンジニアの転職活動を支援します!

資格取得や実務経験をアピールする方法

資格取得や実務経験をアピールする際には、以下のポイントに注意しましょう。

資格や実務経験と、応募する職種や企業のニーズとの関連性を明確に示す

例えば、ネットワークエンジニアを目指す場合、CCNAやCCNPなどの認定資格と、ネットワーク構築や運用の実務経験をアピールする。

実務経験で得た成果を具体的に示す

これまでに達成したプロジェクトや、改善につながった提案などをわかりやすく伝える。

資格取得の過程で学んだ知識やスキルを具体的に説明し、仕事で活かす方法も提示する

例えば、Linux資格を取得した場合、サーバー管理やセキュリティ対策でどのように適用していくかを説明する。

学習意欲や向上心をアピールする

資格取得や実務経験を通して自分がどれだけ成長したかをアピールし、今後も更なるスキルアップを目指す姿勢を示す。

上記のポイントに留意しながら資格取得や実務経験を効果的にアピールすることで、ITエンジニアとしての転職成功に繋がるでしょう。

ピッタリの仕事は適職診断で!
キャリアパーソナリティ診断:適職診断の受験者の9割が納得の結果

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

\自分に合う仕事を見つける方法 /

サーバーエンジニアが適職かどうかは、適職診断で判断!

サーバーエンジニアは、システムやネットワークを構築・運用し、企業のIT基盤を支える重要な職種です。適職かどうかは、適職診断を利用することで判断できます。

適職診断では、個々のスキルや経験、興味関心を評価し、それらがサーバーエンジニアの業務に適しているかを分析します。

また、適職診断を受けることで、自分の強みや弱みを把握しやすくなり、将来のキャリアを見据えたスキルアップや資格取得を計画することができます。

適職診断を活用し、自分に合ったキャリアを見つけましょう。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

まとめ:サーバーエンジニアに役立つ資格とスキルを習得しよう

サーバーエンジニアに役立つ資格とスキルを習得することで、業務に自信を持ち、適職診断の結果に基づいたキャリアアップが可能となります。

今後の職場での活躍や転職市場での競争力を高めるためにも、自分に適した資格を取得し、スキルを磨くことが重要です。

以下におすすめの資格とスキルを簡単にまとめます。

  • CCNAやCCNP:シスコ認定のネットワーク技術者資格
  • LPICやLinuC:Linuxの運用・管理に関する資格
  • ITIL:ITサービスマネジメントの資格
  • Azure:クラウド基盤を構築・運用する資格

これらの資格やスキルは、サーバーエンジニアのキャリアを助けるだけでなく、IT業界全体での幅広い活躍が期待できます。

是非、適職診断を活用して自分に適した資格やスキルを見つけ、次の一歩に踏み出しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を監修した人

荻久保健一のアバター 荻久保健一 株式会社Wiz 取締役CHRO/株式会社Personal 代表取締役

IT系ベンチャー数社でマーケティングからWeb制作、子会社代表等幅広く経験。
その後人材系ベンチャーでCMOを経て、現在は年間数万人が応募するITの総合商社で取締役CHROをやりながら、株式会社Personal代表取締役として、すべての人に相性がいい適職を紹介する「相性転職パーソナルファイル」を運営しています。

【Googleがたどり着いた答え】学歴ではない本当に成果を出す人の特徴
今、マーケティング担当が読むべきおすすめnote10選まとめ
Linkedin

目次