MENU
適職のご相談はこちら

【ハローワーク】サービス内容や利用方法など詳しく解説!

ハローワークとは?サービス内容や利用方法など詳しく解説!

ハローワークとは、日本全国に設置された公共の求職支援サービです。

この記事では、ハローワークが提供するサービス内容や利用方法について詳しく解説します。

また、無料の職業訓練や失業保険の受給方法についても解説します。最後に、よくある質問にもお答えしていますので、ぜひ一読してハローワークを活用し、あなたの理想の仕事に就けるよう努力しましょう。

こんにちは!

株式会社Wizで人事責任者をしている荻久保(@ogikubo)です。

ハローワークで転職活動をする人は多いけれど、実際どのように使っていいのかわからない人も多いですよね。

ハローワークが、あなたの求職活動においてどのように役立つのか、確認してみましょう。

目次

ハローワークとは

ハローワークのサービス

ハローワークは、厚生労働省が運営する公共の就職支援機関で、求職者や企業が利用できるさまざまなサービスを提供しています。その主なサービス内容は、求人情報の提供や面接のアレンジ、職業訓練や転職支援に至るまで幅広く、国が目的とする雇用の安定をサポートするものです。具体的には、全国に設置された窓口で求人情報を検索し、希望に合った企業への応募が可能です。また、専門の担当者が面接対策や履歴書の書き方などのアドバイスを提供し、転職をスムーズに進められるよう支援します。

さらに、ハローワークでは、職業訓練や求人情報を一覧で確認できるオンラインサイトも運営しており、自宅からでも求人検索や応募が可能です。また、失業中の方には、雇用保険の受給や資格確認のための手続きを支援するサービスも提供しています。そのほか、新卒者や若者向けの就職支援セミナーや業界別の就職イベントも実施し、幅広い層に対応したサービスを展開しています。

公共職業安定所とハローワークの違い

公共職業安定所とハローワークは、どちらも公共の就職支援機関ですが、サービス内容や提供形態に違いがあります。 公共職業安定所は、地域での雇用の安定や生活保護を目的とし、求職者や企業に対して求人情報や職業紹介を行っています。一方、ハローワークは、公共職業安定所が提供するサービスを取り纏め、更に幅広い支援を行っている機関です。

具体的な違いとしては、ハローワークでは雇用保険関連の手続きや職業訓練、転職支援などのサービスが提供されているのに対し、公共職業安定所ではそのようなサービスは提供されていません。また、ハローワークは全国に広がるネットワークを持っており、面接対策や履歴書の作成支援といった専門的なアドバイスが受けられるのに対して、公共職業安定所ではそのようなサポートは限定的です。このように、求職者や企業に対するサポート内容や範囲が異なるため、利用者がどの機関を利用すべきかは、個々のニーズや状況によって異なります。

ハローワークを利用するメリット・デメリット

ハローワークを利用するメリット

● 求人情報が豊富
● 安心できる情報がそろっている
● 求職者に対するサポートが充実
● スキルアップやスキルチェンジを目指す方も利用可能
● 生活安定のための支援も受けられる
● 無料でサービスを受けられる

ハローワークを利用するメリットは、まず求人情報の豊富さです。全国的なネットワークを持っているため、地域や業種に関係なく幅広い求人情報が提供されています。また、公共の機関であるため、安心して利用できる情報が揃っています。さらに、求職者に対するサポートが充実しており、面接対策や履歴書作成のアドバイスが受けられる点も大きなメリットです。

また、ハローワークでは職業訓練や転職支援などのサービスも提供されており、スキルアップやキャリアチェンジを目指す方にも適した環境が整っていることが魅力です。失業中の方には雇用保険関連の手続きのサポートも行っており、生活安定のための支援を受けられます。これらのサービスは無料で利用できるため、求職者にとっては大変有益です。

ハローワークを利用するデメリット

● 求職者の希望条件にあった求人がない可能性がある
● 競争率が高くなることがある
● 審査が厳しくなる可能性がある
● 業界や職種に関する専門知識が十分でないこともある

ハローワークは求職者に対し、仕事や訓練の無料サポートを提供していますが、いくつかのデメリットも存在します。まず、ハローワークが抱える求人情報は公共性を重視しており、主に安定した雇用を目指す企業が中心です。そのため、求職者が希望する職種や条件に合った求人がないこともあります。

また、ハローワークの窓口や求人検索サイトは利用者が多いため、競争率が高くなることがあります。応募者数が多い場合、採用企業の審査が厳しくなる可能性もあります。さらに、一部の企業はハローワークを利用せず、人材紹介会社や求人サイトなど独自の採用チャネルを持っているため、ハローワークだけで就職活動を行うと見逃す求人があるかもしれません。

そして、ハローワークの職員は一般的に労働相談に精通していますが、業界や職種に関する専門知識が十分でないことがあります。そのため、求職者が希望する職業の詳細な情報や適性を的確に判断するのが難しい場合があります。

最後に、ハローワークの利用者は年齢や経験など幅広い層がいます。そのため、新卒者や若者が求める求人情報やキャリアサポートが不足していることがあります。このようなデメリットがあるため、ハローワークを利用する際は、自分の求める仕事に合った求人情報やサポートを受けられるかを考慮することが重要です。

ハローワークを活用した求職活動のポイント

ハローワークで求人検索!企業情報もチェックしよう

ハローワークで求人検索を行う際には、求人情報だけでなく企業情報もチェックすることが重要です。企業のサイトやSNS、口コミ情報などを確認し、業績や企業風土が自分に合っているかを見極めましょう。また、企業の求めるスキルや資格を取得することで、応募の際にアピールポイントを増やすことができます。

さらに、ハローワークで求人検索をする際は、地域や職種などの条件を絞り込むことができます。条件を絞り込むことで、自分にマッチする求人を見つけやすくなります。また、ハローワークには一定期間更新されない求人情報があるため、定期的に検索を行い、新しい求人情報を見逃さないようにしましょう。

ハローワークには求人検索だけでなく、キャリアカウンセリングや職業訓練の案内など、様々なサポートが提供されています。これらのサポートを活用し、自分に合った求人を見つけたり、スキルアップを図ることが就職活動の成功につながります。

履歴書・職務経歴書の作成サポートを受ける方法

ハローワークでは、履歴書や職務経歴書の作成アドバイスを受けることができます。求職者が応募書類でアピールできるポイントや、企業が求める人材像に合わせた書類の作成方法がアドバイスされます。

まず、ハローワークの窓口で履歴書や職務経歴書の書き方について相談しましょう。専門の職員がアドバイスを提供してくれます。また、求人募集の内容や企業が求める人材像を確認し、それに合った書類を作成することが大切です。

さらに、ハローワークではセミナーやワークショップも開催されています。履歴書や職務経歴書の書き方を学ぶセミナーや、作成した書類を持ち込んでアドバイスを受けるワークショップに参加することができます。

ハローワークのサポートを活用することで、自分に合った求人を見つけやすくなり、応募書類も企業の求める人材像に沿ったものに仕上げることができます。これによって、求職活動の成功率を高めることができるでしょう。

転職・就職に役立つ相談・セミナーの活用法

転職や就職を考える際、相談やセミナーを活用することで、有益な情報を得たりスキルアップが可能です。まず、ハローワークや人材紹介サイトで開催される無料のセミナーに参加しましょう。セミナーでは職種や業界の最新情報、求人情報、企業情報が提供され、自身の希望に合った仕事を見つけるためのヒントが得られます。

また、転職支援サービスに相談をすることで、キャリアカウンセリングや履歴書添削、面接対策など就職活動に役立つ情報が得られます。専門家が自分の強み・弱みを客観的に評価し、適切なアドバイスを提供してくれるため、求職活動がスムーズに進みます。

地域によっては、公共の支援機関がセミナーやワークショップを開催しています。これらのイベントでは、業界の専門家から情報収集ができたり、求職者同士の交流が図れるため、有意義です。

また、職業訓練を受けることで、新たなスキルを習得することができます。この訓練を受けることで、就職に役立つ資格やスキルを身につけることができ、転職市場で競争力をアップさせることができます。無料で受講できる職業訓練があるので、積極的に活用しましょう。

フリーター・高卒・専門卒のキャリアチェンジに特化
パーソナルファイル【相性転職・就職】

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

すでに2,189名が適職を知ってキャリアチェンジ!

ハローワークの無料職業訓練を利用しよう

職業訓練の対象者とその内容

職業訓練は、失業者や転職を考えている方を対象としていて、さまざまな分野の技術や知識を身につけることができます。訓練内容は、事務やIT、介護や医療、製造業など幅広い分野にわたります。また、訓練期間は数週間から数ヶ月と、短期間で新たなスキルが身に着けられるようになっています。

訓練を受けるためには、ハローワークや専門学校などの施設で情報を集め、自分に合ったプログラムを選ぶことが必要です。また、訓練を受ける際には、受講料が無料もしくは助成される制度があるので、気軽に受講することができます。

職業訓練で取得できる資格やスキルアップ

職業訓練で取得できる資格は多岐に渡ります。例えば、介護福祉士や社会保険労務士、電気技師など専門的な資格があります。また、IT関連の資格や英語の資格も取得できます。これらの資格は、転職や就職活動において非常に有利となるため、積極的に取得を目指しましょう。

職業訓練によってスキルアップも可能です。例えば、事務スキルを磨くためのパソコン操作や事務処理の技術を学ぶコースがあります。これらのコースを受講することで、実務経験がなくても、事務職に適したスキルが身につくため、就職活動が有利に進みます。

訓練終了後の就職サポートと受講者の声

訓練を受けることで、職業訓練校の多くが就職サポートを提供しています。これは、求職者が訓練後も安定した雇用を見つける上で大変有益です。サポート内容は様々で、企業とのマッチングや面接対策、履歴書・職務経歴書の添削などが含まれます。

受講者の声からも、このような訓練終了後のサポートが高い評価を受けています。例えば、訓練後の就職活動で具体的なサポートが受けられることで、自分が希望する職種や企業への応募がスムーズになったという声や、面接対策のおかげで内定がもらえたという声が寄せられています。

また、訓練を受けたことで新たな職業にチャレンジする勇気が湧いたという意見や、無料で質の高い訓練が受けられる点が好評であるという声も多くあります。全体的に、訓練終了後の就職サポートが充実していることで、受講者の就職活動が活発化し、安定した雇用が見つかる可能性が高まることが分かります。

ハローワーク利用者による評判

ハローワークの良い評判

  • 優しく丁寧に対応してくれる
  • 真摯に話を聞いてくれる
  • 履歴書等の添削サポートが受けられる

ハローワークの悪い評判

  • 入社後のミスマッチがある
  • 自分にあう仕事が見つからない
  • 活動実績を残すために些細なことで窓口へ行く必要がある

アフターケアと失業保険の受給方法

失業保険の申請手続きと給付金額

失業保険は、厚生労働省が運営する制度で、雇用者と従業員が共同で負担します。失業保険の申請手続きには、まずハローワークへの求職活動登録が必要です。その後、必要書類を揃えて失業保険の請求手続きを行います。書類には、過去の勤務先からもらった離職票や、本人確認ができるものが必要です。

給付金額は、過去の給与や勤務年数、年齢等によって異なります。また、給付期間も失業理由や給与水準によって変わります。ハローワークでは給付金額や給付期間を確認したり、具体的な手続き方法を尋ねることができます。申請が完了すると、指定された銀行口座に給付金が振り込まれます。

失業保険の制度は、雇用が不安定な場合や転職を検討している場合など、生活を支える重要な経済的支援となります。手続きに必要な書類や方法を把握し、適切に申請を行いましょう。

ハローワークの再就職支援サービス

ハローワークは、厚生労働省が運営する公共職業安定所で、再就職を目指す求職者に様々な支援を提供しています。これらのサービスは無料で利用でき、多くの求職者が活用しています。

まず、求人情報の検索が可能で、全国の企業が出している求人情報を閲覧できます。また、専門の相談員が丁寧に相談に乗ってくれるため、自分に合った仕事を見つけることができます。さらに、履歴書の書き方や面接の練習も行うことができ、就職活動に役立ちます。

また、ハローワークでは、求職者向けのセミナーや職業訓練も提供しています。これらのプログラムを活用することで、スキルアップや資格取得が可能であり、再就職につなげることができます。ハローワークの再就職支援サービスを利用して、無事再就職を果たすことができるよう、積極的に活動しましょう。

ハローワークの情報収集と活用法

ハローワーク公式サイトやアプリで簡単検索

ハローワーク公式サイトやアプリを利用すれば、求人検索が軽快に行えます。利用者は職業や地域、求人条件に応じて適切な求人を見つけることが可能です。また、ハローワークの公式サイトでは、全国の求人情報が一覧で閲覧できるため、希望する職種や地域の求人も簡単に探せます。

さらに、新卒や中途採用、正社員や派遣など、希望する雇用形態や職種も選択でき、サービス内容を自分に合わせてカスタマイズできます。ハローワークのアプリをダウンロードすれば、いつでもどこでも求人情報をチェックできるため、忙しい現代人にも使いやすいでしょう。

ハローワーク公式サイトやアプリ利用時には、事前に無料で登録が必要です。登録後は、専門のアドバイザーがキャリア相談や面接対策のサポートもしてくれます。ハローワーク公式サイトやアプリは、求職活動をサポートするための便利なツールであり、利用者は求人検索から応募までスムーズに行えます。

地域に密着したハローワークの利用方法

地域に密着したハローワークの利用方法には、まず最寄りのハローワーク窓口を訪れることが重要です。地域のハローワークでは、求人情報だけでなく、キャリアカウンセリングや職業訓練プログラムなどの地域密着型サービスが提供されています。

地域のハローワークでは、地元企業の求人情報が豊富に揃っており、地元で働くための情報が手に入りやすいです。また、地域のハローワークでは、地域情報や地元企業の事情に詳しいキャリアカウンセラーや労働相談員が在籍しており、地元での就職や転職活動をサポートしてくれます。

地域に密着したハローワークを利用することで、地元で働くための具体的なアドバイスやサポートを受けることができます。地域密着型ハローワークでは、個別相談やセミナー、求人情報の提供など、地元での就職や転職活動をトータルサポートしてくれるでしょう。

フリーター・高卒・専門卒のキャリアチェンジに特化
パーソナルファイル【相性転職・就職】

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

すでに2,189名が適職を知ってキャリアチェンジ!

よくある質問

ハローワークに行く理由はなんですか?

ハローワークに行く理由としては、求職活動を支援してくれる機関であることが挙げられます。具体的には、求人情報の提供やキャリアカウンセリング、職業訓練プログラムなどのサービスが受けられるため、就職や転職活動を効果的に進めることができます。また、失業保険の手続きや労働相談窓口としての役割も果たしており、働く上での様々な問題に対応してくれます。

ハローワークと職安の違いはなんですか?

ハローワークと職安の違いは、ハローワークが日本の公共職業安定所であるのに対し、職安は一般的な用語であり、ハローワークの別称として使われることが多いです。両者のサービス内容は同じであり、求職支援や失業保険手続きなどの業務を行っています。

ハローワークは誰でも利用できますか?

ハローワークは、求職者や雇用者に対する公共の雇用安定サービスを提供する機関であり、誰でも利用することができます。主な理由は以下です

  • 国が運営する無料のサービス
  • ハローワークとは?サービス内容や利用方法など詳しく解説!全国に多くの窓口が設置されている
  • 専門のキャリアコンサルタントによる転職活動や再就職のサポートが充実している

まとめ:ハローワークをフル活用し、理想の仕事に就こう!

ハローワークは、無料で利用できる公共サービスであり、求職者や雇用者のニーズに応じた支援が受けられます。これまで述べたように、求人情報の提供のみならず、相談やサポート、セミナーも充実しています。

仕事探しや転職活動を希望する方にとっては、ハローワークは非常に有益なサービスです。これからのキャリアや就職活動に悩んでいる方は、是非ハローワークを活用し、自分に合った仕事を見つけるきっかけとしてください。

ハローワークの利用を検討している方は、まずは最寄りのハローワーク窓口に足を運んでみましょう。また、ハローワークの公式ウェブサイトも活用して、求人情報や各種サポート内容をチェックしてみてください。理想の仕事に就くために、ハローワークをフル活用しましょう!

20代のフリーター・高卒・専門卒のキャリアチェンジに特化!
パーソナルファイル【相性転職・就職】
あなたの特性を分析し相性が良い適職をご案内

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80パーソナリティから自分の強み特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

すでに2,189名が適職と出会ってキャリアチェンジ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

無料適職のご相談はこちら

これまでに就職したことありますか?

この記事を監修した人

荻久保健一のアバター 荻久保健一 株式会社Wiz CHRO/株式会社Personal 代表取締役

IT系ベンチャー数社でマーケティングからWeb制作、子会社代表等幅広く経験。
その後人材系ベンチャーでCMO(マーケティング責任者)を経て、現在は年間数万人が応募するITの総合商社でCHRO(人事責任者)をやりながら、株式会社Personal代表取締役として、すべての人に相性がいい適職を紹介する「パーソナルファイル【相性就職・就職】」を運営しています。

【Googleがたどり着いた答え】学歴ではない本当に成果を出す人の特徴
今、マーケティング担当が読むべきおすすめnote10選まとめ
Linkedin

目次