MENU
適職のご相談はこちら

【何がしたいかわからない20代】向いてる仕事(適職)の見つけ方!

転職したいけど、やりたい仕事が分からない

自分に向いてる仕事の見つけ方は?

自分にピッタリの仕事へ転職したい

このようにやりたい仕事がわからない、何をするべきかわからないという20代は多いです。

そんな中、今の仕事にやりがいを感じられない場合は、思い切って転職することで充実したキャリアを築ける可能性かあります。

しかし、いざ動くとなると、やりたい事もない事もあり具体的に行動に移せない方も少なくありません。

こんにちは!
株式会社Wizで人事責任者をしている荻久保(@ogikubo)です。

20代はキャリアを築く上で重要な時期ですが、どんな仕事が自分に適しているのか見つけるのは難しいもので、自分がやりたい仕事が何なのかわからないという悩みは一般的です。

実際僕も当時は完全にそうでした。

この記事では、自身の経験もふまえて、そのような悩みを抱えた20代がどのように仕事やキャリアを見つけ、進むべきかを解説してみたいと思います。

今回はやりたい仕事がない中で成功するためのポイントを押さえて、自分がどのような仕事をしたいのか、どのようなキャリアを築きたいのかを明確にしていきましょう。

この記事のポイント
  • 自分が、何が得意で何をやりたいのかを理解することが大切

 自分の好きなことややりたくないことを洗い出すことや、これまでの経験を整理する

  • 転職エージェントをうまく活用し、自分に合った仕事や業界を見つける

 スキルや経験、適性を考慮した上で、適切な企業や求人を紹介してもらえる

フリーター・高卒・専門卒ののキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】!
キャリアパーソナリティ診断:適職診断の受験者の9割が納得の結果

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

\理想の仕事と出会う第一歩!/

目次

仕事で何がしたいかわからない20代は多い?

20代には、仕事で何がしたいかわからないと感じる人が多くいます。

主に経験不足や自分の興味に気づいていないことなどが原因です。

また、現在には多様な職種や業界が存在し、自分に合った仕事を見つけるのが難しいことも大きな要因です。

POINT 1

自己分析や職業体験、キャリア相談などの活動を積極的に行い、自分の強みや興味を見つけることが重要です。

そもそもやりたい仕事・向いてる仕事ってなに?

やりたい仕事や向いている仕事は、自分の興味やスキル、価値観に基づくものです。

これらを把握するためには、自己分析やキャリア診断などのツールを活用することがおすすめです。

また、インターンシップや業界研究などを通じて、具体的な仕事の内容を理解し、自分がどのような環境で働きたいかを見つけることも大切です。

POINT 2

早い段階で目標を明確にすることで、職業選択や転職活動を有利に進められます。

20代で仕事において何がしたいか分からない人が多い背景には、様々な要因があります。

まず、若い時にはまだ自己分析が十分に行えていないことが要因の一つです。結果、自分の強みや興味を正確に把握しないまま、適当な職業を選んでしまうことがあります。

当時は僕もそうでした…

また、あまりにも多くの選択肢があるため、どれが自分に適しているのかわからないという不安から、決断ができないことも影響しています。

一方で、実際の職場環境や仕事内容が、入社時に想像していたものと大きく異なることがあります。その結果、早期に退職を考えたり、他の職種に興味を抱くようになります。

これは就職活動時に十分な情報収集ができていないことや、キャリア診断や職業解説が十分に行われていないことも、この背景に関係しています。

さらに、20代は人生の分岐点であり、自分の将来に不安を感じることが多い時期です。自分のキャリアを大切にし、将来にわたって続けられる仕事を見つけることの重要性が高まっているため、自己分析や情報収集に十分な時間を割くことが求められます。

20代で何がしたいか分からないと悩む人が多い背景は、社会や経済状況の変化が影響していることもあるでしょう。

何がしたいかわからないまま転職活動をするとどうなる?

  • 転職先を妥協してしまう
  • 焦って転職先を決め、転職後のミスマッチに繋がる→結果また転職になる
  • 転職活動が長期化する

転職先を妥協してしまう

転職活動を始める際、何がしたいかを明確にしていないと、自分が本当に望む職場や仕事に出会えず、結果として転職先を妥協してしまうことがあります。

理由としては、求人数が限られている中で、自分に合った職種や企業を見つけることが難しくなるからです。また、転職活動を進めるうちに焦りが生じ、自分のスキルや経験に適した企業や業界にとらわれてしまい、本当に求めるキャリアを築けなくなることもあるでしょう。

具体的な例としては、本来興味のある業界で働きたいと考えていた人が、活動期間が長引くことへの不安や、その業界に求人が少ないことから、自分の希望とは異なる業界に応募してしまうケースもあるかもしれません。

その結果、キャリアのスキルアップが期待できなかったり、前職と同じような仕事内容や環境に不満を感じてしまいます。

これを避けるためには、転職活動を始める前に、自分がどんな仕事や業界で働きたいのか、将来のビジョンや目標を明確にすることが重要である。

焦って転職先を決め、転職後のミスマッチに繋がる

何がしたいかを明確にしていない状態で転職活動をすると、焦りから転職先を決めてしまい、その結果、転職後のミスマッチに繋がることがあります。ミスマッチには、自分のスキルや経験が活かせない職場や、働く環境や職場の人間関係に適応できないなど様々です。

例えば、仕事のスキルや経験が活かせる職場を希望していた場合でも、面接時の雰囲気や待遇に惑わされて、本当に自分が求める条件に合わない転職先を選んでしまうことや、その結果、転職後に業務内容や環境に適応できず、再度転職を検討しなければならなくなる、などです。

こんなミスマッチを避けるためには、転職活動前に自分がどんな職場で働きたいのか、どんな条件が必要かをしっかりと理解し、焦らず慎重に転職先を選ぶことが重要です。

とはいえ、転職活動で手一杯な中、自分と向き合ったり、本当は何がしたいのか・・・など考えていると、かえって分からなくなるのも事実あると思います。

転職活動が長期化する

何がしたいかがわからないまま転職活動をすると、転職活動が長期化することがあります。その理由は、自分がどんな仕事に興味があるのか、自分のスキルや経験を活かせる職場がどこにあるのかが不明確であるため、適切な求人を見つけることが難しくなるからです。

また、面接や企業説明会に参加しても、自分の想像や期待と合わない求人が多かったり、自分がどんな仕事に向いているのかが分からないため、企業とのマッチングが難しくなります。この結果、転職活動が長期化し、経済的負担や精神的ストレスが増えることもあるでしょう。

転職活動を効率よく進めるためには、自分が何をしたいのか、どんな仕事や業界に興味があるのかを明確にし、その上で適切な求人を探し出すことが重要です。

20代が仕事で何がしたいかわからない4つの原因

考えられる4つの原因
  • やりたいことがない
  • 今の仕事にやりがいを感じていない
  • これといった成果が出せていない
  • 自分が何が得意かわからない=自己分析ができていない
  • どんな仕事があるかなど業種や職種を知らない

原因1:やりたいことがない

やりたいことがないと感じる20代は、自分の興味や強みを把握していないことが多いです。

キャリア形成に悩む人に共通している原因のひとつは、自分が何をしたいのかが明確でないことです。この状況は、今の仕事に対してやりがいを感じられない場合や、将来に対して漠然とした不安を抱えている場合によく見られます。

また就活の際に自分の選択肢を限定して就活を行うことで、自分に合った仕事を見つける機会が減ってしまうことや、経験不足や年収などの社会的な要因から、自分が本当に何を求めているのかわからなくなることもあります。

理由の根拠としては、自分の興味や強みが分からないことがあげられます。具体的には、過去の経験や自己分析が不十分であったり、自分に合った職種や業界がどれなのかが明確でない場合があります。このような状況では、自らキャリアの選択肢を提示することが難しくなるため、何をしたいのかが定まらない状態に陥ります。

対策としては、まずは自己分析を行い、自分の興味・適性・価値観を明確にすることがおすすめです。

また、キャリア診断や転職サポートサービスを利用して、専門家の意見を聞くことも有効です。さらに、興味のある業界や職種に関する情報収集や、実際に働く人との交流を通じて、自分に適した仕事を見つけることが求められます。

  • 自己分析やキャリア相談、職業体験などを通して、自分の興味や強みを見つける
  • 複数の業界や職種に触れることで、自分に最適な仕事を見つけやすくなる
  • 専門家との相談を通じて、何をしたいのかを明確にすること

僕も20代の時はまさにこの状態でした。

原因2:今の仕事にやりがいを感じていない

仕事にやりがいを感じず、業務に対するモチベーションが低くなっている場合、自分もその職種もはたまた会社全体にも疑問を持ち始めてしまいます。

やりがいを感じられない主な原因としては、自分のスキルが十分に発揮できない環境や、自分の目指すキャリアとの乖離などが挙げられます。

例えば、求められる能力と実際の業務で必要なスキルにギャップがある場合や、自分が情熱を持って取り組みたい業界・職種とは異なる場で働いている場合、モチベーションが低下しがちです。

仕事にやりがいを感じていない理由はさまざまで、以下が具体例として挙げられます。

  • 業務内容が単調でスキルアップの機会が少ない
  • 労働環境や職場の人間関係が悪い
  • 給与や労働条件が満足できない
  • 将来性が見込めない業界で働いている

これらの理由から、仕事に対する情熱やモチベーションが低下し、転職を検討する人が多くいます。

  • まず自分の得意分野やスキルを見直し、目標を明確にする

原因3:仕事でこれといった成果が出せていない

仕事で成果を出せないことがキャリア形成に悩む原因として挙げられる場合があります。これは、自分のスキルが不足しているため成果が上がらない場合や、適切な職種や業界に就いていないため仕事に対するやりがいが感じられない状況に陥ることが原因です。

理由の根拠は、スキル不足や適性の見極めが難しいことが挙げられます。また、業界や職種によって求められるスキルや能力が異なるため、自分が何に適しているのかを見つけることが難しい場合があります。

具体的な対策としては、スキルアップを目指して資格取得や研修に参加することが効果的です。また、自分の強みや適性を見極めるために、キャリア診断や転職エージェントのサービスを活用することがおすすめです。

さらに、職場の人間関係や環境に問題がある場合は、相談や対策を行ったり、場合によっては転職を検討したりすることで、自分に適した仕事を見つけることができます。

解決策
  • スキルアップを目指して資格取得や研修に参加することが効果的。
  • また、自分の強みや適性を見極めるために、キャリア診断や転職エージェントのサービスを活用することがおすすめ。

原因4:自分の強みや何が得意かわからない

自分が何が得意かわからず、キャリア設計に悩むケースもあります。

経験が浅く自分の強みを見つけられないことや、自分の能力を十分に引き出す業務を担当できていないことなどが、主な原因として考えられます。

具体例としては、入社してから浅くまだ仕事経験が少ない場合や、職種の変更や異動を繰り返しているため、どの業界・職種においても専門的な知識や技術が身に付いていないケースなどが挙げられます。

そんな時は、転職エージェントやキャリアアドバイザーと相談し、適切なアドバイスを受けることで、自分の強みを見つけ出す手助けを受けられます。その上で、自分の強みを活かせる仕事を選ぶことで、転職後の満足度や成長を実感できるでしょう。

  • 自己分析やキャリア診断を試みる
  • 経験者からの意見や評価を参考にする
  • 転職エージェントやキャリアアドバイザーなどの転職のプロに相談する

原因5:

業種や職種を知らないという状況は、多くの人が経験することです。まずは、情報収集を行い、自分が興味を持てそうな業界や業種について調べることが大切です。

インターネットでは、業界や職種に関する情報が豊富にあるため、まずは検索を行ってみましょう。

また、実際に働いている人の体験談を読むことも、具体的なイメージを持つために役立ちます。さらに、求人サイトや転職エージェントを利用することで、業界動向や求人情報を把握することができます。

高卒、専門卒のキャリアチェンジに強い
パーソナルファイル【相性転職・就職】!

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

理想の適職に出会う第一歩

20代でやりたい仕事がわからない人の特徴

自己肯定感が低い

自己肯定感の低さは、多くの人が悩む問題であり、人によって要因は様々です。

まず、自己肯定感の低さには過去の経験や周囲からの評価が影響しています。具体的には、親や友人、学校の先生などからのネガティブな評価や批判などです。

また、他者との比較による劣等感も原因の一つであり、SNSなどで他社の充実した側面が目につきやすくなったことで、自分を低く見積もってしまうケースが増えつつあります。

解決策
  • 自分の価値を見極める力を養い、他者と比較することをやめることが重要
  • 過去の経験や評価から自分を解放することで、自己肯定感を高められる

 自分の強みや成果を認識し、ポジティブな言葉や行動を普段から意識するのが効果的!

自分のことを理解できていない

自分のことを理解できていないのは、自己分析が不足していることや、他者からの影響を受けすぎていることが原因と考えられます。

例えば、自分の価値観や目標、興味や好みを明確に把握できていないと、やりがいを感じる仕事や環境に出会うことが困難となり、キャリアの悩みや人間関係のもつれが生じてしまいます。

  • 自己分析を徹底的に行う
  • 自分の価値観や目標、興味を明確にし、それに基づいて行動を起こす
  • 他者からの影響を適切に管理し、自分らしい道を見つける

固定概念が強い

固定概念が強いと人は、柔軟性に欠ける思考や行動が目立ちます。その背後としては、過去の経験や教育、環境からの影響が大きく、成長や変化に対して抵抗感を持っていることが原因です。

固定概念が強いことの問題点は、新しい価値観や異なる意見に対して拒否反応を示し、自己成長や人間関係の構築に支障をきたすことがある点です。

  • 自分の固定概念を見つめ直し、柔軟な思考や行動を取り入れる

 新しい情報や異なる意見に触れる機会を増やし、自分の考え方や行動パターンに挑戦すること

目の前のことだけで判断して先を見ていない

目の前のことだけで判断して先を見ないという行動は、キャリアの中で問題や悩みを引き起こす可能性があります。

先を見ない、見れない理由は、自己分析が不足しているという点が考えられます。まずは自分の強みや弱み、好きな業界や職種を把握することで、未来についても明確なビジョンを持つことができるでしょう。

具体的な対策としては、自己分析を行い、自分がどのような仕事に向いているのか洗い出すことが重要です。また、将来の目標を設定し、自分がどんなキャリアを築きたいのか考えることが大切になってきます。

さらに、自分の経験やスキルを活かすことができる職場を探すことも重要です。業界や職種に関する調査を行い、自分が働きたい場所を明確にすることで、将来のビジョンが繋がるでしょう。

向いている仕事を見つける方法

好きなことを洗い出す

自分に向いている仕事を見つけるためには、まず好きなことを洗い出すことが重要です。

以下の方法を試すことで、自分の好きなことや興味を見つけることができます。

  • ライフログをつける:日々の活動や気になったことを記録し、自分が何に興味を持っているかを分析する。
  • 趣味や特技を振り返る: 過去に楽しかった経験や得意だったことを思い出し、それらがどのような職種に繋がるかを考える。
  • カウンセリングやキャリア診断を受ける専門家の意見や診断結果を参考に、自分に向いている仕事を見つけるヒントを得る。

これらの方法を試すことで、自分の好きなことや興味を把握し、それをもとに向いている仕事を見つける可能性が高まります。

また、自分が何を求めているのかを理解することで、キャリアの方向性を明確にすることもできるでしょう。

やりたくないことを洗い出す

やりたくないことを洗い出すことで、自分がどのような仕事に向いていないかを明確にし、効率的な仕事探しを行うことができます。理由として、自分の苦手分野や興味がない業務を避けることで、長期的なキャリアを築く上で無理のない仕事選びができるからです。具体的には以下の手順で洗い出してみましょう。

  • 過去の仕事やアルバイトで苦手だった業務や、興味を持てなかった分野を挙げる
  • スキルや性格上、向いていないと感じる職種や業界をリストアップ
  • 身体的・精神的負担が大きい仕事、過労につながる可能性がある職種を考慮
  • 自分の価値観やライフスタイルと合わない仕事をピックアップ

この結果をもとに、将来の転職活動や求人選びをする際の参考にし、自分にとって悩みや不安が少ない職場環境を見つけましょう。

将来どうなりたいかを想像する

将来どうなりたいかを想像することで、適切なキャリアプランを構築し、目標に向かって自己成長を促すことができます。理由として、明確な目標を持つことで、自分の強みやスキルを活かす仕事が選べるため、やりがいや達成感を感じやすくなるからです。

具体例として以下の点を考えてみましょう。

  • 何年後にどのような役職やポジションに就いていたいか
  • どの業界や職種で活躍したいか
  • どのようなスキルや資格を身に付けたいか
  • 仕事以外のライフスタイルや収入を考慮して、理想的な働き方をイメージする

この将来像を明確にしておくことで、自分に合った求人や就職先を選びやすくなります。

これまでの経験を整理する

これまでの経験を整理することで、自分の強みや成長ポイントを把握し、適切な仕事探しを進めることができます。理由として、自分の経歴やスキルを把握することで、適切な分野や職種を見極めやすくなるためです。具体的に以下の点をまとめてみましょう。

  • 学生時代からのアルバイトやインターンシップ経験
  • 職務経歴や職種での成果や実績
  • 習得したスキルや取得した資格
  • 外部研修やセミナー参加による知識やスキルアップ

これらの経験を整理することで、自分が何に強みを持っているか、どのような業界や職種で活躍できるかを明確にし、効率的な仕事探しを進めることができます。

何がしたいか分からない20代が仕事探しをするときに確認すること

自分が興味を持った業務内容か

転職を検討する際、自分が興味を持った業務内容を理解することが重要です。

理由は、興味を持った業務内容が自分のスキルアップやキャリアの形成に繋がるからです。

具体的には、以下の点を検討してください。

POINT
  • 業界や職種の特徴と自分の経験やスキルがマッチしているか
  • 仕事内容、営業戦術、サービス提供方法など、会社のビジネスモデルが理解できるか
  • 実際にその業務を行う際の具体的なやりがいや達成感を感じるか

これらの点を踏まえ、自分が興味を持って取り組める業務内容であることを確認できれば、転職後の仕事に対するモチベーションや充実感が高まり、より良い職場環境が整うことでしょう。

将来性のある会社か

転職活動を行う際、会社の将来性を見極めることが大切です。

理由は、会社の将来性が自分のキャリアや経済的安定に影響するからです。

具体的には、以下の点を検討してください。

POINT
  • 企業の成長率や市場規模、業界トレンドを分析する
  • 事業戦略や経営ビジョンが自分の価値観や目標と合致しているか
  • 社員教育やキャリア形成のサポートが整っているか

これらの要素を考慮し、将来性のある会社であるかどうかを判断することが重要です。

将来性のある会社で働くことで、自分のスキルや経験を活かし、長期的なキャリアプランを築くことが可能になります。

職場の雰囲気や環境が合っているか

転職先を選ぶ際、職場の雰囲気や環境が自分に合っているかを見極めることが重要です。

理由は、良好な職場環境が働きやすさやストレス軽減に繋がるからです。

具体的には、以下の点を確認してください。

POINT
  • 社員同士のコミュニケーションやチームワークが円滑であるか
  • 仕事とプライベートのバランスが取れるか、労働時間や休日が適切であるか
  • 上下関係や人間関係が健全であるか
  • 労働条件や待遇が自分にとって満足できるレベルであるか

これらの要素について、自分の価値観やライフスタイルに合った職場環境であることを確認できれば、転職後の仕事への取り組み方や働き方により適応しやすくなるでしょう。

待遇や給与は満足できるものか

待遇や給与に満足ができるかは、自身の価値観やキャリア、業界により異なります。

企業が提供する待遇や給与に対して、自分が何を重視するかが重要であり、具体的な分析が求められます。

年収や福利厚生は、会社の業績や業界の相場に応じて決まります。もし疑問がある場合は、社員の口コミや求人情報を参考に、職場環境や職種を調査することが有効です。

また、働く時間や労働環境も待遇に関係してきます。

残業が少なく、働きやすい環境なら、給与が低くても満足できる場合がありますが、逆に、高い給与でも仕事のストレスが大きい場合、満足できないこともあります。

自分自身の価値観を理解し、将来のキャリアに合った待遇や給与を求めることが大切です。

働いている自分がイメージできているか

営業やエンジニア、人事など、様々な職種が存在するが、自分に合った職種で自分が働くイメージを持つことは、就職や転職活動において重要です。

特に自分が得意とするスキルや、やりがいを感じる仕事内容を明確にし、具体的な職種や業界をイメージできているかがポイントです。

また、企業の規模や業界も働く環境に影響するため、自分がどのような会社で働きたいかを検討することが必要です。

友人や家族、転職エージェントと相談しながら、転職先企業の情報や業界動向をリサーチし、自分のキャリアや将来にどのように活かせるかを検討すると良いでしょう。

最終的に、自分が働くイメージが明確になったら、職場での人間関係や働く環境などをも考慮して、次のステップに進むことができます。

転職エージェントを活用する

転職エージェントは、転職活動において非常に有益なサポートを提供します。専門的な知識や経験を持っており、自分自身では気付かないチャンスや可能性を広げてくれます。

転職エージェント活用のポイント!
  • 求人情報の提供: 転職エージェントは、企業から頼まれて公開されていない求人情報を持っていることが多い。
  • 適切な企業の紹介: 自分のスキルや経験を考慮した上で、適切な企業を紹介してくれる。
  • 履歴書や職務経歴書のアドバイス: 履歴書や職務経歴書の作成方法や添削をサポートしてくれる。
  • 面接対策のサポート: 面接に向けたアドバイスや、模擬面接のサポートを行う。
  • 企業との交渉: 転職エージェントは、年収や待遇の交渉もサポートしてくれる。

転職エージェントを活用することで、効率的かつ効果的な転職活動が可能となり、成功率が大幅に向上します。

未経験からのキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】!
キャリアパーソナリティ診断:適職診断の受験者の9割が納得の結果

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

\フリーター・高卒・専門卒の転職に強い!/

20代が仕事で何がしたいかを見つけた人の体験談

自己分析で適職に出会った20代男性の成功事例

20代のAさんは、自己分析を通して適職に出会うことができました。Aさんは、自分の強みや好きなことを見つけるために、以下の活動を行いました。

僕は以下のような事を行い適職に転職する事ができました。

Aさんの行った事
  • 職種や業界に関する調査
  • 仕事での体験や経験の分析
  • キャリア診断などのツールの利用

これにより、自分に合った職種であるIT営業に興味を持ちました。さらに、無料の転職サポートサービスを利用し、適切な求人情報を得ることができました。

その結果、失敗せずに適職に出会い、現在は充実した仕事と年収アップを実現しています。この成功事例からも、自己分析が適職を見つける大切な要素であることが分かります。

転職・職種変更で自分に合った仕事を見つけた20代女性

20代のBさんは、転職・職種変更によって自分に合った仕事を見つけることができました。Bさんは、多くの人生選択肢の中から、自分自身がどんな仕事に適しているか分析しました。その方法として、以下のポイントに注意しました。

私は以下のような事を行い適職を見つけました!

Bさんの行った事
  • 自分の価値観や目標を明確にする
  • 強みやスキルを活かせる仕事を選ぶ
  • 職業に対する興味や適性を考慮する

そして、Bさんは新たな職種である女性向けビューティ業界に転職し、社会貢献を果たしながら充実したキャリアを築いています。この経験から、転職・職種変更が自分に適した仕事を見つけるきっかけになることが分かります。

年代別!転職でやりたい仕事を見つける方法と注意点

3人でPCに映ったグラフを虫眼鏡で見てる図

20代での適職探しポイント:経験を積むことを重視

20代はキャリア形成の重要な時期であるため、経験を積むことを重視することが大切です。

たとえば、新しい業界や職種に挑戦してみる、自分の持っているスキルを幅広く活かせる仕事を選ぶなど、積極的に様々な経験をすることがおすすめです。

また、20代のうちに幅広いスキルを身につけることで、将来的にキャリアの選択肢が広がります。そのため、自分が向いている職種や業界を模索しながら、多様な経験を積むことが重要です。

ただし、適職探しの際には焦ることなく、自分の成長やキャリアを客観的に見つめる機会を持つことも大切です。

長い目で見て成長できる環境や企業を選ぶことが、20代の適職探しのポイントとなります。

30代の転職成功ポイント:スキルとキャリアの融合

30代では、20代で身につけたスキルや経験を活かし、さらなるキャリアアップを目指して転職を考えることが多いでしょう。そのため、スキルとキャリアの融合を重視することが、30代の転職成功ポイントです。

スキルとキャリアの融合とは、自分の持っているスキルや経験を最大限に活かし、さらなるキャリア成長を実現することです。たとえば、営業スキルやITスキルを活かして、マネジメントや企画立案の仕事に進出することが考えられます。

この時、自分がどのようなキャリアを築いていきたいかを明確にし、自分の強みや将来のビジョンに合った企業や職種を選ぶことが大切です。

また、転職活動を進めるうえで、自分の市場価値を正確に把握し、適切な条件で転職できるように、情報収集やネットワーク作りも欠かせません。

40代以上の適職探しコツ:経験を活かした職種を狙う

40代以上の適職探しにおいては、これまでの経験を活かした職種を狙うことが有益です。特に、これまでのキャリアや業界経験は、企業にとって非常に価値あるものとされています。

まず、自分の得意分野やスキルセットを洗い出し、従事してきた業種を明確にしましょう。それらを踏まえ、適切な求人情報を検索することが大切です。また、企業との面接では、これまでの経験やスキルをアピールすることが重要です。

次に、将来的なキャリアパスや年収を考慮して、業界や職種を選ぶことも大切です。40代以上の転職においては、将来性や安定性を重視する傾向がありますが、自分の価値観に合った求人を見つけることが肝心です。

よくある質問

20代が転職で重視することは?

20代が転職で重視することは、将来のビジョンやキャリアアップのチャンス、働く環境や待遇、そして自分のスキルや経験を活かせる職種や業界です。

具体的には、次のようなポイントが挙げられます。

  • 研修制度や教育体制が整っている企業
  • 年収や福利厚生が充実している会社
  • 自分の将来像に合った業界や職種

また、相談やサポートが可能な転職エージェントの利用もおすすめです。エージェントは様々なサポートをしてくれるので、自分だけで受けるよりも、内定をもらえる可能性が上がります。。

転職は何歳までできますか?

転職は年齢に制限はなく、自分の経験やスキル、キャリアプランに合わせて何歳でもチャレンジすることができます。ただし、転職市場では、年齢と求人数には相関があるため、求人の選択肢は年齢が上がるほど狭まる傾向があります。しかし、ITや営業など、経験が活かせる分野や職種では、年齢が高くても転職に成功するケースも多く見られます。

ただし未経験転職をする場合は20代での転職が有利でしょう。

転職は社会人何年目に多い?

昨今では社会人になってから3年目〜10年目くらいが多い傾向があります。

これは、新卒入社から数年が経過し、自分の仕事や業界への理解が深まり、キャリアプランや働き方を見直すタイミングと考えられるからです。

この時期に転職を検討する理由としては、自分のスキルや経験を活かしたい、より高い年収や待遇を求める、将来のビジョンに合った企業に移りたいなどが挙げられます。ただし、個々の経験や状況によって転職のタイミングは異なりますので、自分自身で判断することが大切です。

何をしたいかわからない20代が転職で成功するポイントまとめ

今回は何をしたいかわからない20代の転職についてまとめてみました。

何をしたいかわからない20代が転職で成功するポイントは、自分のスキルや経験を活かせる職種や業界の選択、将来のビジョンに基づいた働く環境や待遇の検討、転職エージェントなどのサポートを利用することです。

また、自分の強みややりがいを見つけるために、職場体験やワークショップへの参加もおすすめです。

これらのポイントを踏まえ、今後の転職活動に取り組むことで、より明確な目標と志望動機を持って面接に臨むことができるでしょう。

最後に、転職を成功させるためには、情報収集や人脈作り、自己分析など、常に自分磨きに励む姿勢が大切です。次の一歩として、転職エージェントに登録してみる、転職サイトで求人情報をチェックする、自己分析ツールを活用するなど、具体的な行動を始めてみましょう!

フリーター・高卒・専門卒ののキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】!
キャリアパーソナリティ診断の納得度&3つのポイント

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

\理想の仕事と出会う第一歩!/

参考:仕事で何がしたいかわからない20代向け!向いている仕事を見つけるコツアクシス

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を監修した人

荻久保健一のアバター 荻久保健一 株式会社Wiz CHRO/株式会社Personal 代表取締役

IT系ベンチャー数社でマーケティングからWeb制作、子会社代表等幅広く経験。
その後人材系ベンチャーでCMO(マーケティング責任者)を経て、現在は年間数万人が応募するITの総合商社でCHRO(人事責任者)をやりながら、株式会社Personal代表取締役として、すべての人に相性がいい適職を紹介する「パーソナルファイル【相性就職・就職】」を運営しています。

【Googleがたどり着いた答え】学歴ではない本当に成果を出す人の特徴
今、マーケティング担当が読むべきおすすめnote10選まとめ
Linkedin

目次