MENU
適職のご相談はこちら

【高卒転職厳しい】難しいと言われる理由や内定獲得のコツを解説!

高卒だと転職は厳しいって聞くけど本当?

高卒でも転職できる会社ってどれくらいあるの?


高卒で転職を成功させるにはどうしたらいいの?

高卒で転職を考えているあなた、こんな悩みを抱えていませんか?

こんにちは!

株式会社Wizで人事責任者をしている荻久保(@ogikubo)です。

今回の記事では、高卒の転職事情について徹底的に解説します。

転職市場の現状から、高卒で転職を成功させるための具体的なステップ、おすすめの転職エージェントまで、包み隠さずお伝えします。

この記事を読めば、高卒の転職に関する不安や疑問が解消され、自信を持って転職活動に臨めるはずです。

20代に特化したフリーター・高卒・専門卒のキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】!
0701_magazine_CTA

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAIを融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

業界最大の80パーソナリティ(80タイプ)から自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

\すでに2,189名が適職と出会ってキャリアチェンジ!/

目次

高卒の転職、ぶっちゃけ厳しいって本当?

結論から言うと、高卒だからといって転職が必ずしも厳しいわけではありません。

もちろん、大卒や院卒と比べると求人数は少ないですが、高卒でも積極的に採用している企業はたくさんあります。

特に、最近んのIT業界やベンチャー企業などは学歴よりもスキルや経験を重視する傾向があり、高卒でも実力やポテンシャルがあれば十分に活躍できます。

ただし、そこもふまえて高卒の転職には「情報収集力」と「戦略的な準備」が不可欠です。転職市場の動向を把握し、自分の強みを活かせる企業を見つけ、効果的なアピールをすることが重要です。

高卒の転職が厳しいと言われる主な理由3選

理由
高卒者の方が大卒者より離職率が高いと見なされていること

厚生労働省の統計によると、2020年における新規学卒就職者の3年以内の離職率は高卒で36.9%、大卒で31.2%と高卒の方が高くなっています。実際の数字からもわかるように企業は長期勤続できる人材を求めるため、離職率の低い大卒者を優先的に採用する傾向にあります。

最終学歴就職後3年以内の離職率
中学55.0%
高校36.9%
短大など41.4%
大学31.2%
参考:新規学卒就職者の就職後3年以内離職率|厚生労働省

意外に短大卒の方の離職率が高いのもポイントです

理由
「大卒以上」を応募条件とする企業が多いこと

厚生労働省の統計によると、新規学卒就職者の3年以内の離職率は高卒で36.9%、大卒で31.2%と高卒の方が高くなっています。企業は長期勤続できる人材を求めるため、離職率の低い大卒者を優先的に採用する傾向にあります。

理由
学業経験の差を見られていること

企業は大卒者の方が高卒者より学業経験が長く、基礎的な知識や能力が高いと考えられがちです。そのため、高卒者は大卒者に比べて不利な立場に置かれがちです。

このように、高卒者は離職率の高さや学歴を理由に、転職が難しいと見なされがちです。しかし、近年は高卒者でも活躍できる企業が増えてきており、転職の機会は広がりつつあります。

高卒と大卒の初任給の差はどのくらい?

厚生労働省の2022年の「賃金構造基本統計調査(新規学卒者)」によると学歴別の初任給の差は以下のようになっています。

最終学歴初任給
大学院¥267,900
大学¥228,500
高専・短大¥202,300
専門学校¥212,600
高校¥181,200
参考:令和4年賃金構造基本統計調査(新規学卒者)|厚生労働省

高校卒業者と大学卒業者の初任給を比較すると、その差は歴然としています。

高卒者の平均初任給が18万1,200円であるのに対し、大卒者のそれは22万8,500円と、実に4万7,300円もの開きがあるのです。

これを年収ベースで計算してみると、社会人としてのスタートラインに立った時点で、既に両者の間には約564,000円もの差が生じていることになります。

学歴によって、キャリアの始まりからこれほどの収入格差が存在するのは注目すべき点と言えるでしょう。

しかし何度も言いますが、高卒でも大卒以上の収入を目指すことは可能です!

確かに、キャリアの方向性を変えたり、短い期間で職を変えたりすると、一時的に給与が減少する可能性もあります。

しかし、綿密な計画を立てることで、収入アップを実現することは十分可能なのです。

まず大切なのは、自身のキャリアプランを明確に定めることです。「どのようなキャリアを築きたいのか」「どの業界で長期的に活躍したいのか」といった点を見定めましょう。

その上で、着実に経験を積み、実力を正当に評価してくれる会社に移籍することが重要です。自分の能力を存分に発揮できれば、転職後に高い報酬を得られる可能性が格段に高まるでしょう。

安心安全のオススメの退職代行サービス

スクロールできます
サービス名特徴価格評価
弁護士法人みやび
弁護士法人みやび
安心の弁護士対応
LINE24時間対応
未払賃金交渉
着手金:27,500円~77,000円(税込)
オプション費用:回収額の20%

退職代行Jobs
退職代行jobs
顧問弁護士指導
現金後払いOK
24時間対応
シンプルプラン:27,000円(税込)
※ 労働組合の組合費2,000円が別途必要

退職代行辞めるんです
辞めるんです
後払いOK
未払賃金交渉
有給消化交渉
27,000円(税込)

高卒で転職を成功させるための5つのステップ

高卒で転職を成功させるためには、以下の5つのステップを踏むことが重要です。

STEP
自己分析:自分の強み、弱み、興味関心などを明確にする
STEP
情報収集: 転職市場の動向や企業情報を集める
STEP
スキルアップ: 必要なスキルを身につける
STEP
応募書類作成: 履歴書や職務経歴書を作成する
STEP
面接対策: 面接の練習をする


それぞれのステップについて、詳しく解説していきます。

STEP

ステップ1: 自己分析

転職活動を始める前に、まずは自己分析を行いましょう。自分の強み、弱み、興味関心などを明確にすることで、自分に合った企業や職種を見つけることができます。

自己分析には、自己分析ツールやキャリアカウンセリングなどを活用するのもおすすめです。

フリーター・高卒・専門卒のキャリアチェンジに特化
パーソナルファイル【相性転職・就職】

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

すでに2,189名が適職を知ってキャリアチェンジ!

STEP

情報収集

転職市場の動向や企業情報を集めることは、転職活動を成功させる上で非常に重要です。

転職サイトや転職エージェントなどを活用して、高卒でも応募可能な求人を探しましょう。また、企業のホームページやSNSなどもチェックして、企業の雰囲気や社風を把握することも大切です。

STEP

スキルアップ

高卒で転職する場合、スキルや経験が不足していると感じることがあるかもしれません。

そんな時は、資格取得やスキルアップセミナーなどを活用して、必要なスキルを身につけるようにしましょう。スキルアップは、転職の可能性を広げるだけでなく、自信を持って転職活動に臨めるというメリットもあります。

STEP

応募書類作成

応募書類は、企業に自分をアピールする最初のチャンスです。履歴書や職務経歴書は、誤字脱字がないか、見やすいレイアウトになっているかなど、細部まで丁寧にチェックしましょう。

また、自己PRや志望動機は、自分の言葉で熱意を伝えることが大切です。具体的に、企業に貢献できることをアピールしましょう。

STEP

面接対策

面接は、企業と直接コミュニケーションを取れる貴重な機会です。身だしなみや言葉遣いには注意し、ハキハキと、明るい印象を与えるように心がけましょう。

志望動機や自己PRは、応募書類の内容と一貫性を持たせることが大切です。また、逆質問もしっかりと準備しておきましょう。

高卒で転職する際に有利な業界は

IT業界

IT業界は、実力主義が徹底されており、高卒でも専門スキルを身につけることで高収入を得られる可能性が高いです。また、IT業界は成長分野であり、将来性とキャリアアップの機会に恵まれています。

製造業界

製造業は高卒者の採用に積極的な業界です。工場での製造ラインオペレーターや現場監督、技術職などが代表的な職種です。実務経験を重視するため、高卒でも十分に活躍できる場があります

建設業界

建設業も高卒者の採用に前向きな業界の一つです。現場作業員、設備工事スタッフ、施工管理者などの職種で高卒者が活躍しています。実践的な技術力と体力が求められます。

介護・福祉業界

人柄や対人スキルを重視する業界なので、学歴よりも実務経験が評価されがちです。介護職員や生活支援員などの職種で高卒者が活躍しています。

飲食業界

調理、接客、店舗運営など様々な職種があり、アルバイト経験を活かせる場合が多いため、高卒者でも活躍しやすい業界です。

警備業界

人物重視の採用が多く、高卒者でも警備員として活躍できる場面が多数あります。体力と責任感があれば問題ありません

このように、実務経験や適性を重視する業界や職種であれば、高卒者でも転職の選択肢は多くあります。

自身の長所を生かせる仕事を見つけることが重要です。

高卒の転職市場で求められるスキルとは?


高卒の転職市場で求められるスキルは、職種によって異なりますが、コミュニケーション能力や問題解決能力など、基礎的なビジネススキルはどの職種でも重要視されます。

また、ITスキルや語学力など、専門的なスキルを持っていると、転職の幅が広がります。

一つ前に上げた職種は基本スキル無しでも全く問題ない業界ですが、高卒でIT業界、特にエンジニアに就職・転職するためには、以下のようなスキルが重要となります。

IT業界への就職に必要なスキル例
  • プログラミングスキル
    IT業界で最も重視されるのがプログラミングスキルです。Java、Python、C++などの言語を習得し、コーディングができることが求められます。独学でもプログラミングは学べますが、実務経験を積むことで更にスキルアップできます。
  • 各種専門知識
    システム開発、ネットワーク構築、データベース設計など、目指す職種に合わせた専門知識が必要不可欠です。資格取得や勉強会への参加などで知識を身につけましょう。
  • 問題解決力
    要件定義、設計、テストなど、システム開発の各工程で問題解決力が求められます。論理的思考力と創造力を発揮し、課題に対する最適な解決策を見つける力が重要です。
  • コミュニケーション能力
    チームでの開発が一般的なため、上司や同僚、顧客とのコミュニケーション能力が欠かせません。要件のヒアリングや進捗報告など、円滑なコミュニケーションが業務を円滑に進める鍵となります。
  • 自己学習力
    IT業界は技術の進歩が早いため、常に最新の知識を身につける必要があります。自己学習する姿勢と向上心が求められます。
  • 基本的なPCスキル
    Excelなどの表計算やWord、プレゼンテーションなど、基本的なPCスキルは業務で必須となります。

高卒で転職する時のポイント

POINT

実務経験を積む

長年の実務経験があれば、学歴以上に評価されます。転職先で求められるスキルを実務を通じて身につけることが重要です。

POINT

資格を取得する

業界で必要とされる資格を取得しておくと、転職の選択肢が広がります。調理師免許や危険物取扱者資格など、職種に合わせた資格取得を心がけましょう。

POINT

スキルアップに努める

常に新しいスキルを身につけようと努力する姿勢が大切です。通信教育や資格取得、自己啓発などを行い、自己研鑽に励みましょう。

POINT

アピールポイントを見つける

長年の経験から培った強みや特技をアピールポイントとして転職活動に活かします。面接では具体例を挙げて実力をアピールしましょう。

POINT

志望動機を明確にする

なぜその職種や企業を志望するのか、しっかりと理由を説明できるよう準備しておきます。熱意と情熱を伝えることが大切です。

POINT

幅広い求人を見る

高卒でも活躍できる企業や職種を広く探し、選択肢を増やすことが重要です。製造業、建設業、運送業、介護業、飲食業などが比較的高卒者に門戸を開いています。

高卒者は大卒者に比べ、転職が難しい面もありますが、実力と熱意を示せば十分に活躍の場は広がります。自身の長所を最大限にアピールすることがカギとなります。

高卒で転職する際の注意点

高卒で転職する際には、以下の点に注意しましょう。

高卒転職の注意点
  • ブラック企業に注意: 残業が多い、給料が低いなど、労働条件が悪い企業は避けましょう。
  • 焦って決断しない: 複数の企業を比較検討し、自分に合った企業を選びましょう。
  • 一人で悩まない: 転職エージェントやキャリアカウンセラーに相談しましょう。

高卒で転職する時のよくある質問

高卒でも正社員として転職できますか?

はい、高卒でも正社員として転職できます。積極的に高卒を採用している企業はたくさんあります。

高卒におすすめの職種はありますか?

IT業界やベンチャー企業などは、学歴よりもスキルや経験を重視する傾向があり、高卒におすすめです。

転職エージェントは利用した方がいいですか?

転職エージェントは、求人紹介や応募書類の添削、面接対策など、転職活動をサポートしてくれるので、利用することをおすすめします。

高卒で就職する場合、給料はどのくらいになりますか?

給料は、地域や職種、経験によって異なりますが、高卒の平均初任給は16万円~22万円程度です。

高卒で転職する際の注意点は何ですか?

ブラック企業に注意すること、焦って決断しないこと、一人で悩まないことなどが注意点です。

転職活動を始めるタイミングはいつが良いですか?

 転職活動を始めるタイミングは、自分のスキルや経験が十分に積まれたと感じた時が良いです。また、業界の求人が増える時期(例えば、年度末や年度初め)も良いタイミングです。

高卒でも応募できる求人はどのように探せば良いですか?

求人サイトやハローワーク、転職エージェントを利用すると良いでしょう。特に「高卒歓迎」や「未経験OK」といったキーワードで検索すると、適した求人が見つかりやすいです。

給与交渉はどのように行えば良いですか?

給与交渉は、面接の最後や内定後に行うのが一般的です。自分のスキルや経験を基に、希望する給与額を具体的に伝えましょう。ただし、企業の給与体系や市場相場も考慮することが重要です。

転職活動中に気をつけるべきマナーは?

転職活動中は、応募先企業との連絡を迅速かつ丁寧に行うことが大切です。また、面接時には時間厳守、清潔な服装、礼儀正しい態度を心がけましょう。

安心安全のオススメの退職代行サービス

スクロールできます
サービス名特徴価格評価
弁護士法人みやび
弁護士法人みやび
安心の弁護士対応
LINE24時間対応
未払賃金交渉
着手金:27,500円~77,000円(税込)
オプション費用:回収額の20%

退職代行Jobs
退職代行jobs
顧問弁護士指導
現金後払いOK
24時間対応
シンプルプラン:27,000円(税込)
※ 労働組合の組合費2,000円が別途必要

退職代行辞めるんです
辞めるんです
後払いOK
未払賃金交渉
有給消化交渉
27,000円(税込)

高卒転職厳しいと言われる理由のまとめ

今回は高卒での転職についてまとめてみました。

結論、高卒でも転職はできます!

高卒だからといって転職を躊躇する必要はありませんので、この記事で紹介したステップを参考に、情報収集、スキルアップ、応募書類作成、面接対策をしっかりと行いましょう。

そして、自分に合った企業を見つけ、自信を持って転職活動に臨んでください!

20代に特化したフリーター・高卒・専門卒のキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】!
0701_magazine_CTA

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAIを融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

業界最大の80パーソナリティ(80タイプ)から自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

\すでに2,189名が適職と出会ってキャリアチェンジ!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

無料適職のご相談はこちら

これまでに就職したことありますか?

この記事を監修した人

荻久保健一のアバター 荻久保健一 株式会社Wiz CHRO/株式会社Personal 代表取締役

IT系ベンチャー数社でマーケティングからWeb制作、子会社代表等幅広く経験。
その後人材系ベンチャーでCMO(マーケティング責任者)を経て、現在は年間数万人が応募するITの総合商社でCHRO(人事責任者)をやりながら、株式会社Personal代表取締役として、すべての人に相性がいい適職を紹介する「パーソナルファイル【相性就職・就職】」を運営しています。

【Googleがたどり着いた答え】学歴ではない本当に成果を出す人の特徴
今、マーケティング担当が読むべきおすすめnote10選まとめ
Linkedin

目次