MENU
適職のご相談はこちら

自分に合った仕事の見つけ方!適職を探すコツを解説

「今の仕事が自分にあっていないかもしれない…」

「適職を見つけるにはどうしたら良い?」

自分に合った仕事を見つけるには、自己分析で自分の強みや弱みを把握するのはもちろん、業界・企業が求める人物像も理解して、自分の特性と仕事が合っているか確かめることが大切です。

しかし、「自分に合う仕事がわからない」「自分に合う仕事なんてないかもしれない」と不安に思っている方も少なくないでしょう。

そこで本記事では、自分に合った職業を見つける方法を解説していきます。

また、自分に合う仕事を「性格別」に紹介しているので、適職を探している方に必見の内容です!

こんにちは!

株式会社Wizで人事責任者をしている荻久保(@ogikubo)です。

今回は、人事として年間数百人の面接経験もある僕が、自分に合った仕事の見つけ方について解説してみたいと思います。

目次

適職の見つけ方

適職の見つけ方

自己分析で自分の強みや弱みを知る

自分に合った仕事(適職)を見つけるには、自己分析をして、自分の強みや弱み、スキル、経験を明確にすることが大切です。

具体例としては、過去の仕事での成功体験や失敗体験から学んだこと、自分の価値観や目標をもとに、自分がどのようなキャリアを歩んできて、どこに行きたいのかを明確にします。

最後に、自己分析の結果を踏まえて、今後の行動や選択肢についてまとめることで、自分に適した企業や業界、職種を見つけ出せます。

他己分析で客観的な意見を聞く

家族や友人に他己分析をしてもらうことで、自分では気づいていない強みや弱みを知ることができます

自分の印象や評価を客観的に知れるため、より自分についての理解を深めることができるでしょう。

ただ、評価側の遠慮や関係性の深さによって正確な評価を得にくいケースもあるので、年齢や活躍の場が異なる複数人からも意見をもらうようにしましょう。

どのような職種や企業があるのか知見を広める

現代の職種は幅広く、知らない職種や新しい業界が数多く存在するので、どのような職種や企業があるのか知見を広めることで、自分に合った仕事(適職)を見つけられることもあります。

一般的な職種だけでなく、ニッチな領域や新興分野の企業を探ることで、自分に合った未知の仕事に出会うチャンスが広がります。

情報収集をする際は、求人サイトや業界紙、関連イベントやセミナーへの参加などを通じて、リアルな業界の情報を得るようにしましょう。

企業研究で求める人物像を理解する

採用ページや求人情報などから企業が求める人物像を知ることで、企業と自分の特性が合っているのか見極められます。

また、福利厚生や教育体制といった待遇面から、希望する働き方ができるかどうかもチェックしておくことが大切です。

業務内容はもちろん待遇もチェックすることで、「こっちの企業の方が自分に合っていそう」と判断しやすくなるでしょう。

職場見学で実際に働いている社員に話を聞く

気になる企業が見つかったら、職場見学に行ったり、実際に働いている社員さんに話を聞いたりしましょう。

職場見学に行くことで、求人情報だけではわからなかった職場の雰囲気を確かめることができます。

さらに、実際に働いている社員さんに話を聞くことで、自分が働いている姿をイメージしやすくなるので、自分に合った職種かどうかも判断できるでしょう。

キャリアプランを練る

キャリアプランを練ることで、「将来自分がどのようになりたいのか」を明確にできるので、スムーズに自分に合った仕事を見つけられるでしょう。

具体的には、将来像から逆算して適職を見つけるのがおすすめです。

  • 将来の理想像を明確にする
  • 実現するためにはどのような仕事をすればいいか考える
  • 実現するためにはどのような企業に就職するべきか考える

企業を選ぶ際は「職場での成長機会や研修があるか」「目標達成や成果に対する評価制度が整っているか」を軸にすると、自然と自分に合う企業が見えてくるでしょう。

就職エージェントに相談する

自分に合った仕事(適職)を探す際、転職エージェントを利用すると、プロの視点からのアドバイスや情報提供を受けることができます

転職エージェントは、求職者と求人企業を結びつけるだけでなく、転職者の経験やスキル、希望などを踏まえて、最適な職種や企業を提案してくれます。

また、履歴書の書き方や面接対策など、転職に必要なサポートも受けることができるため、初めての転職でも安心です。

適職診断ツールを利用する

自分に合った仕事(適職)を探す際、適職診断サイトを利用すると、自身の適性や興味に合った職種を効率的に見つけることができます

適職診断サイトは、心理学的な理論に基づいた質問やテストを行い、結果をもとにユーザーに合った職種や業界を提案してくれます。

自分一人で考えるよりも客観的な視点での分析が可能となり、インターネット上で手軽に利用できるため、活用しましょう。

ピッタリの仕事は適職診断で!
キャリアパーソナリティ診断:適職診断の受験者の9割が納得の結果

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

\ 自分に合う仕事を見つける方法/

そもそも「適職」とは?

そもそも「適職」とは?

誰でも自分に合った仕事がある

適職とは、その人に適した職のことを指します

その仕事が好きかどうかも大切ですが、適職とは「自分のスキルや特性を活かせる仕事」を指すことが多いので、自分にとって得意な仕事ともいえます。

世の中には多くの仕事が存在しますが、誰でも自分に合った仕事があるので、徹底的に自己分析や企業研究などを行うことが重要です。

適職を見つける際のポイント
「好き」と「得意」は違う

どれだけ好きな仕事に就いても、自分の得意分野でなければ結果が出にくく、次第にストレスが溜まってしまう可能性があります。

反対に、得意な仕事に就いた場合、自然と結果がついてきて、その仕事が好きになることもあります。

「好き」と「得意」は違うので、適職を見つけるときは、「得意」を軸にしましょう。

自分に合う仕事がないこともある?

自分に適した仕事が見つからないと感じるのは、「世の中にどんな仕事があるのか知らない」といった知識不足が原因になっているケースが多いです。

そのため、世の中に存在する仕事を今以上に調べてみましょう。

仕事内容|自分の強みや長所を発揮できる仕事

自分に合った仕事(適職)とは、自分の強みや長所を発揮できる仕事のことを指します。

仕事では必ず結果が求められるため、「強みや長所を発揮できるか」「今までのスキルや経験を活かせるか」などは働くうえで最も重要なポイントでしょう。

また、自分のスキルを発揮できない仕事は内定も貰いにくいので、就職を成功させるためにも、強みを発揮できる仕事がおすすめです。

働き方|過度なストレスを感じない仕事

自分に合った仕事(適職)とは、自分の望む働き方ができて、過度なストレスを感じない仕事のことを指します。

仕事で過度なストレスを感じると、疲労と回復のバランスがうまく取れず、心身に悪影響を及ぼす可能性があります。

「長時間の残業がないか」「土日祝は休みか」など、自分が望む働き方ができる仕事かどうかがポイントです。

やりがい|楽しさややりがいを感じられる仕事

自分に合った仕事(適職)とは、楽しさややりがいを感じられる仕事のことを指します。

楽しさややりがいを感じられると、満足感を持って働くことができます

そのため「自分はどんなときに嬉しさや楽しさを感じるのか」、自己分析をしておくことが重要です。

今の仕事をずっと続けたいと感じる場合も、自分に合った仕事といえます!

自分に合った仕事がわからない人の特徴

自分の特性がわからない

自分に合った仕事(適職)がわからない原因として、自身の分析ができていないということが挙げられます。

向いてる仕事をするためには、自分の強みや弱み、興味の対象など、深い自己分析が必要です。

自分の強みや才能を理解するために、自己分析や適職診断などのツールの活用、新しい経験やチャレンジなどを通じて、自分の能力や適性を見つけ出すことも大切です。

▶適職診断を利用してみる!

情報収集が不足している

自分に合った仕事(適職)がわからない原因として、若い世代やキャリアを始めたばかりの人に多いのが、情報収集が不足しているということです。

例えば、職種の名前だけを知っていても、実態や必要なスキル、日々の業務内容についての理解が浅いと、自身に合っている仕事か判断するのが難しくなります

インターンシップや職場体験、業界のセミナーやフェアへの参加など、実際にその業界で働いている人々のリアルな情報を得ることで、向いてる仕事選びに役立てることができます。

本気で働きたいと思っていない

本気で働きたいと思っておらず、なんとなく就職・転職活動を行っている場合も、自分に合った仕事(適職)は見つけられません。

本当に自分に合った仕事を見つけたいときは、自己分析や業界・企業分析に時間をかけて、真剣に就職活動に取り組みましょう。

自分に合う仕事を見つけるのが重要な理由

モチベーションが維持できる

自分に合う仕事に就くことで、働くことに対する面白さややりがいを感じやすくなるので、モチベーションを維持できるでしょう。

さらに、得意な仕事であれば仕事の効率が上がるので、難しいノルマも達成しやすくなり、意欲的に働くことができます。

高い給料を得ることができる

自分に合う仕事に就くことで、得意な部分を活かしたり、伸ばしたりしやすくなるため、昇給や給与アップも目指しやすくなります。

昇進や給料アップが実現できると、専門的なスキルや知識の習得にも意欲的になれて、相乗効果が期待できます。

中長期的に長く働ける

自分に合う仕事に就くことで、ストレスや疲労感を感じにくくなるため、日々の業務に対するモチベーションを維持しやすくなります。

その結果、日頃から満足感をもって仕事に取り組めるので、早期の退職を考えたり、頻繁に転職を繰り返したりすることが少なくなるでしょう。

自分に合った仕事を見つけるメリット

自分に合った仕事を見つけるメリット

楽しみながら仕事を続けることができる

自分に合った仕事に出合うと、仕事に対する疲れを感じにくくなり、楽しみながら長期的にキャリアを継続することが可能です。

楽しみながら仕事をすると、ただ単に心地良いだけでなく、仕事の質も向上し、創造力や生産性が高まる傾向があります。

また、楽しむことで、ポジティブな姿勢が周囲の人々にも影響を与え、職場全体の雰囲気を向上させる効果も期待できます

やりがいを感じることができる

自分に合った仕事は、自分の得意や興味を活かすことができるため、仕事に対するやりがいを感じられます。

また、やりがいを感じることで、モチベーションが高まり、持続的に高いパフォーマンスを維持することができます。

やりがいは、周囲の反響や自分の成長を実感することで得られることができるため、目標とする人物像を定めて適した環境がある仕事を選択しましょう

能力を活かすことができ生産性が上がる

自分に合った仕事に従事することで、能力を最大限に活かすことができるので、生産性の向上が期待できます。

また、適切な環境や役割の下での業務は、効率的にタスクをこなすことができるだけでなく、創造的なアイディアや新しいアプローチを生み出しやすくなります

つまり、能力を活かして働くと仕事の成果を残しやすくなるため、「自信や達成感を感じやすい」「モチベーションを維持しやすくなる」と言ったメリットがあります。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

自分に合った仕事ではなかった場合のデメリット

自分に合った仕事ではなかった場合のデメリット

仕事に意欲が湧かない

自分に合った仕事ではない場合、毎日の業務が負担となり、仕事に意欲が湧かないというデメリットを感じることがあります。

仕事内容や業務環境が自分の興味や適性と合致していないと、生産性や業績にも影響を与えるため、転職や退職の検討も必要です。

また、仕事へのモチベーションが低下すると自己成長の機会が少なくなり、目標としているキャリア形成ができないため注意しましょう。

体調や精神が病んでしまう

自分に合った仕事ではない場合の重大なデメリットとして、体調や精神を病んでしまうリスクが高まる点が挙げられます。

自分の適性や価値観と合わない仕事を長期間続けることは、ストレスや過度な疲労の原因となります。特に、自分の能力や得意分野を活かせずに仕事をすることは、自己評価の低下や自信喪失を招きがちです。

また、自分に合わない仕事を強いられる環境では、職場の人間関係にもトラブルが生じやすくなり、最終的にはうつ病や過労死などの深刻な問題に繋がることも考えらるため注意が必要です。

転職を繰り返すことになる

自分に合った仕事ではないと感じると、不用意な転職が増えてしまうというデメリットが生じることがあります。

適性や興味と合わない仕事に就いている人は、満足感や達成感を得にくく、より良い職場や仕事を求めて頻繁に転職を繰り返す傾向にあります。

しかし、理由のない転職はキャリアの成長を妨げてしまうリスクがあるため、長期的なキャリア形成に悪影響な可能性もあるため注意が必要です

自分に向いている仕事がわからないまま就職活動をすると、就活の軸が「すぐに内定を出してくれるか」になってしまうので、望ましくない就職をしてしまう可能性も考えられます。

自分に合った仕事の探し方のポイント

自分に合った仕事の探し方のポイント

仕事や職種の視野を広げる

自分に合った仕事を見つけるとき、有効な手段の一つは、仕事や職種を幅広く調べることです。

現代の職種は幅広く、知らない職種や新しい業界が数多く存在します。一般的な職種だけでなく、ニッチな領域や新興分野を探ることで、自分に合った未知の仕事に出会うチャンスが広がります。

情報収集をする際は、求人サイトや業界紙、関連イベントやセミナーへの参加などを通じて、リアルな業界の情報を得るようにしましょう。

やりたくない仕事を整理し、できる仕事からピックアップするやり方もおすすめです。

業務に加えて社風も重要

自分に合った仕事を見つけるときは、業務内容だけでなく、社風もよく見るようにしましょう。

社風が合わない場合、「職場の雰囲気に馴染めない」「会社のポリシーに共感できない」といった理由で、仕事を続けていくことが苦痛になってしまう可能性があるからです。

例えば、「チャレンジ精神が強い社風」や「コミュニケーションがとりやすい社風」「落ち着いた社風」など、企業によって様々なので自分に合う社風をあらかじめ検討しておきましょう。

求人票をじっくり読み取る

自分に合った仕事を見つけるとき、企業が出している求人票をじっくり読み取ることが大切です。

向いている職種で働けたとしても、入社した会社が「ブラック企業」なこともあり得るので、最低でも以下の項目はチェックしておきましょう。

注目しておきたい求人票の項目
  • 休日:「週の休みについて」と「年間休日目安」を確認
  • 給与:固定残業以上の残業をした時に残業代が支払われるか確認、「手取り金額」の計算
  • 仕事内容:仕事内容が具体的に書かれているか
  • 残業:自分が担当する仕事の残業時間を確認
年間休日日数からわかる休日の種類
年間休日日数休日の種類(参考)
121日以上完全週休二日制+祝日休み+会社独自の夏季休暇や年末年始休暇
120日完全週休二日制+祝日休み
119日~104日完全週休二日制だが祝日は出勤・一部土曜日出社で祝日休み
105日(労働基準法の最低ライン)週休二日制

自分の希望条件には優先順位をつける

自分に合った仕事がわからないと感じたとき、給与、勤務地、業界、職種、働く環境、キャリアアップの可能性など、仕事選びの優先順位をつけることも有効な方法となります。

仕事選びの条件すべてが理想的な状態で揃うことは難しいので、自分が一番重視する点や妥協できる部分を明確にすることが大切です。

自分の価値観や目標を整理し、それぞれの基準に重要度の順番をつけて職探しを行うことで、自分に合った仕事を見つけやすくなります。

自分だけでは気づけないことがある

自分に合った仕事を見つけるとき、他己分析や適職診断を受けて、自分を客観的に評価してもらうこともおすすめです。

自己分析だけでは気づけないことがありますが、適職診断では自分にマッチする職種や業界を探し出せ、他己分析では自分が気づかなかった強みや弱みを発見できます。

▶適職診断を受けてみる!

知識やスキル、強みを活かせる

自分に合った仕事を見つけるとき、これまでの知識やスキル、強みを活かせる仕事を選ぶのがおすすめです。

すでに知識やスキルがあるので、転職後であっても一からのスタートにはならず、仕事の成果が出やすいでしょう。

まずは自身の持つスキルを明確にし、それを活かせる業界や職種を洗い出していくのが有効です。

やりがいを持って成長できる

自分に合った仕事を見つけるとき、やりがいを持って成長できるかもポイントです。

どんなに自分の性格に合った仕事でも、ただタスクをこなすだけのつまらない仕事だとやりがいにはつながらないため、本当の意味で自分に合っているとは言えません。

人生の中で多くの時間を割く仕事だからこそ、適職を見つけるときは、やりがいや達成感も重視しましょう。

長期的な視点を持つ

自分に合った仕事を見つけるときは、「昇格できるか」「転勤はないか」など、長期的な視点を持つのもポイントです。

例えば、「将来的にスキルを身につけて転職したいので、3年以内に役職ポジションに昇格したい」「いつかは安定した環境で子育てをしたいので、転勤がない方がいい」などイメージすることが大切です。

なりたい将来像を決めておくことで、現段階でどの企業・仕事を選ぶべきかが見えてくるでしょう。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

自分に合った仕事を探すときの注意点

自分に合った仕事を探すときの注意点

すべての条件が合う会社はない

自分に合った仕事を見つけるとき、「自分の理想に沿った完璧な会社はない」ということを認識しておきましょう。

どんな業界・会社でも良い面と悪い面があり、悪い面ばかりを気にしていると、いつまでも仕事を選べません。

少しでもいい会社を探すことは大切ですが、優先したい事項と妥協できる事項を決めて、自分にとっての優良企業を見つけるようにしましょう。

好きな仕事とは限らない

自分に合った仕事というのは、必ずしも好きな仕事とは限りません。

好きな業界や職種に飛び込んだものの、実際の仕事内容や職場環境に戸惑ったり、自分には向いていないと気付いてしまう可能性があるためです。

また自分が活躍できる仕事に就いた結果、高い成果を残すことができ、気づいたときには好きな仕事になっていることもあるので、「自分が人よりも活躍できそうか」という視点で選ぶといいでしょう。

適職かどうか判断するのは入社してから

適職かどうかの判断は結局のところ、「実際に入社するまでわからない」と認識しておくことも大切です。

「仕事内容は自分に合っていたけれど、会社の雰囲気が自分とは合わず、居心地が悪い」ということも考えられます。

そのため、「仕事内容は未経験で不安だけど、会社の人が良いから頑張れそう」というように、勇気を持って妥協してみることも必要です。

自分だけで考え込まない

自分に合った仕事を探すとき、自分だけで考えこまないように注意が必要です。

自分ひとりで仕事を決めようとすると、ついつい思い込んでしまい、下記のような「やってはいけない仕事の選び方」をしてしまいがちだからです。

自分に合った仕事を探す際にやってはいけない仕事の選び方
  • 「好き」という理由だけで決める
  • 思い込みで決める
  • 職種だけで決める
  • 業務内容だけで決める
  • 将来性を検討せずに決める

家族や友人に他己分析してもらったり、就職エージェントやハローワークを利用してプロの目線からアドバイスをもらったりしましょう。

ネットの情報を鵜呑みにしない

自分に合う仕事を探しているなかで、効率を重視してネットの情報を参考にするのは良いですが、鵜呑みにしないように注意しましょう。

特に口コミサイトは、批判的な内容の口コミが大変を占めており、中立的な口コミは稀です

仕事に対して合う合わないは人それぞれで、実際に自分が入社しないと合うかどうかはわからないので、ネットの情報は参考程度で目を通すようにしましょう。

人のアドバイスに流されて仕事を決めない

自分に合う仕事がわからないとき、家族や友人に相談してアドバイスをもらう場面も少なくないでしょう。

第三者に相談することは良いことですが、アドバイスによっては「これが自分に合っている仕事だ」と決めつけてしまわないよう注意が必要です。

第三者の価値観によってアドバイスは変わりますし、的外れな場合もあるので、周囲から勧められた仕事が必ずしも合っているとは限らないことを認識しておきましょう

自分に合った仕事を見つけるための4ステップ

STEP
自己分析を行いキャリア・ライフプランを考える
  • 好きなこと
  • 得意なこと
  • 苦手なこと
  • やりたくないこと

まずは、「好きなこと」「得意なこと」「苦手なこと」「やりたくないこと」の観点から、自己分析を行いましょう。

自分の特性を踏まえたうえで、次はキャリアプランとライフプランを考えます。

例えば、「将来的に結婚や子育てを考えている場合は転勤なしの方が良い」というように、将来像を考えると自分に合う仕事が見えてくるでしょう。

STEP
様々な業界や業種を調べる
  • 業界地図や就活四季報を見る
  • 合同説明会に参加する

自己分析ができていても、仕事に関して知識が浅いと自分に合っているかどうか判断できません。

そのため、業界地図を読んだり合同説明会に参加したりして、知識を増やしていきましょう。

世の中には様々な職種があるので、あらゆる業界や業種を広く浅く調べるのがポイントです。

STEP
条件に優先順位をつける
  • 仕事内容
  • マネジメント・評価
  • 人間関係
  • 職場環境
  • 給与待遇
  • 企業規模
  • 将来性

自己分析とキャリアプラン・ライフプランを踏まえて、条件に優先順位をつけていきましょう。

自分の理想に沿った完璧な会社はないので、優先順位をつけることで、仕事を選びやすくなります。

「絶対に譲れない条件」「できれば譲りたくない条件」「なくても良い条件」「いらない条件」というように整理しましょう。

STEP
気になった企業の理解を深めて相違がないか確かめる
  • 企業HPを見る
  • OB・OG訪問をする
  • インターンシップに参加する

【STEP3】で整理した条件をもとに、求人を選んでいきましょう。

いくつか求人を選んだら、企業の理解を深めるために、HPや口コミサイトを見たり、会社見学に参加したりするのがおすすめです。

求人票にはわずかな情報しか掲載されていないので、企業や仕事の理解を深めて、選んだ仕事が自分の特性やキャリアプランに合っているのかを確かめましょう。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

自分に合う仕事(適職)を「性格別」に紹介

自分に合う仕事(適職)を「性格別」に紹介

行動力がある人に合う仕事

行動力がある人は、物事を瞬時に判断する能力や高い向上心を持っていることが多いです。

そのため、目標達成に向けて順序立てできる能力判断力が求める仕事に向いています。

  • 営業
  • 企画職
  • イベントプランナー
  • 接客業
  • クリエイター

几帳面な人に合う仕事

几帳面な人は、計画性があり、細かいところまで気を配れるところが優れています。

そのため、正確さが求められる仕事に向いています。

  • プログラマー
  • データアナリスト
  • システムエンジニア
  • 経理
  • データ入力
  • 秘書
  • 人事
  • カスタマーサービス

気遣いが上手な人に合う仕事

気遣いが上手な人は、思いやりがあって、自分より人を優先する傾向が見られます。

そのため、誰かの役に立つような、困っている人を助ける仕事が向いています。

  • 接客業
  • 保育士
  • ベビーシッター
  • 介護職
  • カウンセラー
  • 受付
  • コールセンター
  • 公務員

内向的な人に合う仕事

内向的な人は、物事を深く考えられたり、決められたことをコツコツと努力できたりする特徴があります。

そのため、自分のペースでじっくりと向き合う仕事冷静に判断する力が求められる仕事に向いています。

  • プログラマー
  • インフラエンジニア
  • マーケッター
  • 工場勤務
  • 警備員
  • 事務員
  • 清掃員
  • ドライバー

マイペースな人に合う仕事

マイペースな人は、周りの意見に左右されず、集中してコツコツと自分の作業に取り組める特徴があります。

そのため、単独行動が良しとされている仕事自由度の高い仕事が向いています。

  • 事務職
  • ライター
  • エンジニア
  • 研究職
  • 農業や漁師
  • ドライバー
  • アーティスト
  • クリエイター

メンタルが弱い人に合う仕事

メンタルが弱い人は、繊細で、ノルマが与えられている仕事には適正がありません。

そのため、ノルマがなくやるべきことが決まっている仕事人間関係のストレスが少ない仕事が向いています。

  • 動物相手の仕事
  • 在宅ワーク全般
  • 設備管理
  • 翻訳者
  • 公務員
  • 芸術家
  • 事務・総務
  • 薬剤師

適職診断はどうやって使う?

適職診断はどうやって使う?

適職診断でわかること

就職転職先の指針になる

適職診断は自分に合った業界や職種が分かるため、就職や転職先を決める指針となります。

自己分析だけでは偏った考えになり、自分に合った職業を見つけるのに苦戦するケースも多いです。

対して適職診断は個人の特性や適性に基づいて、客観的な結果を示すので、求人情報を絞り込んでスムーズな就職・転職活動をするのに役立つでしょう。

自分の強みが分かる

適職診断では、自分では気付かなかった思わぬ「強み」を見つけられるケースがあります。

強みは自信や自己PR欄の参考になるため、求職活動に自信がない方や、自己PR欄に何を書いたらいいか分からない方におすすめです。

また、適職診断では弱みを活かす方法も見つけられるため、職業選択の幅を広げるのにも役立つでしょう。

仕事の価値観を知ることができる

適職診断では「どんな上司・部下と相性がいいか」「どんな働き方が向いているか」など仕事に対する価値観を知ることができます。

仕事の価値観に合わない職場で働くと、ストレスや不満が生まれやすくなり、満足感やモチベーションに影響する可能性が高いです。

就職・転職後のミスマッチを防ぐためも、適職診断で仕事の価値観を知っておくと良いでしょう。

就職転職先の選択肢が広がる

適職診断を使うと、自分では考えもしなかった職種やキャリアパスを発見できるため、就職・転職先の選択肢を広げたい方にもおすすめです。

自力で仕事を探す場合、今までの経験や現職の延長線上で考える傾向にあり、適職を見逃してしまう恐れがあります

自己成長とキャリアの可能性を狭めないよう、適職診断を参考にして新たな業務に挑戦してみるのも良いでしょう。

仕事内容を知ることで自分に合うと感じる可能性もあるので、興味がなくても一度は目を通してみましょう。

適職診断の注意点

無料で診断できるか確認する

適職診断は基本的には無料で利用できますが、中には有料のサービスもあるため、簡易的に自己分析をしたい方は注意しましょう。

また、有料サービスのプランや利用方法によって費用が異なるケースもあり、事前に確認しておかないと思った以上の金額になる可能性もあります。

とはいえ、有料サービスは分析の精度が高く、思わぬ強みや特徴を発見しやすいので、無料サービスで満足できなかったら有料も試してみるのもおすすめです。

無料でも精度の高い適職診断サービスもあるため、自己分析に十分に活用できますよ。

複数の診断を受ける

適職診断はサービスによってアプローチや評価基準が異なるため、複数の診断を受けて総合的に判断することが大切です。

例えば、性格に特化した診断と、スキル・興味に特化した診断を受ける場合、異なる基準に基づいているので結果が相反する可能性があります。

適職診断によって異なる側面に焦点を当てていることを理解し、自分の経験や洞察を踏まえて、妥当性があるか検討しましょう

適職診断に頼りすぎない

適職診断はあくまで一般的な傾向や特性を示すもので、必ずしも正しいとは限らないため頼りすぎないことが大切です。

診断結果を鵜呑みにしてしまうと、自分の可能性を狭めてしまう恐れがあります。 

適職診断で新たに得られた自分の特性や適職を、自分の興味や価値観と照らし合わせながら判断することで、より正確な適職を発見できるでしょう。

診断を参考に自己分析をする大切さは分かりましたが、具体的なキャリアパスが描けず、将来に不安があります…。どうしたらいいでしょうか?

具体的なキャリアパスについては、キャリアカウンセラーに相談することをおすすめします。
専門家からのアドバイスや指導を受けながら、適職診断を活用してキャリアを決めていきましょう。

自分に合った仕事を無料で診断するなら「キャリアパーソナリティ診断」

自分に合った仕事を無料で診断するなら「パーソナルファイル」

キャリアパーソナリティ診断は、最先端のAI技術で自分と相性の良い職種や企業を分析できるサービスです。

80類型の性格タイプと、向いている職種を照合して診断するため、高精度な結果を得られます。

受検者の約9割が診断に納得しているほか、経験豊富な適職カウンセラーのサポートがあるため、就職や転職に不安のある方でも安心して利用できるでしょう。

おすすめポイント
  • 最先端のAI技術で高精度な診断ができる
  • 受検者の9割が診断に納得
  • 経験豊富な適職カウンセラーによる転職サポートがある
適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

まとめ

今回は、自分に合った仕事の見つけ方を徹底解説していきました。

適職を探すには、自己分析で自分の強みや弱みを把握するのはもちろん、業界・企業が求める人物像も理解して、自分の特性と仕事が合っているか確かめることが大切です。

また適職を探す際、適職診断サイトを利用すると、自身の適性や興味に合った職種を効率的に見つけることができます。

自分一人で考えるよりも客観的な視点での分析が可能となり、インターネット上で手軽に利用できるため、この機会に活用してみてください。

▶【自分に合った適職が見つかる!】キャリアパーソナリティ診断をやってみる!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を監修した人

荻久保健一のアバター 荻久保健一 株式会社Wiz 取締役CHRO/株式会社Personal 代表取締役

IT系ベンチャー数社でマーケティングからWeb制作、子会社代表等幅広く経験。
その後人材系ベンチャーでCMOを経て、現在は年間数万人が応募するITの総合商社で取締役CHROをやりながら、株式会社Personal代表取締役として、すべての人に相性がいい適職を紹介する「相性転職パーソナルファイル」を運営しています。

【Googleがたどり着いた答え】学歴ではない本当に成果を出す人の特徴
今、マーケティング担当が読むべきおすすめnote10選まとめ
Linkedin

目次