MENU
適職のご相談はこちら

【面接ネイル】好印象を与えるデザイン&カラー選びのマナー完全ガイド

こんにちは!
株式会社Wizで人事責任者をしている荻久保(@ogikubo)です。

今回は女性なら気になった人は、結構いるのではないかという面接でのネイルについて。

僕の普段の経験ふまえて、ネイルが面接の印象に与える影響や、面接前のネイル準備と対策についても紹介しているので、転職の面接でもネイルをしたい方は参考にしてみてください。

「面接でネイルはNG?」

「面接で気をつけるべきネイルのマナーは?」

転職活動を進める中で、面接では自分の印象を良くするために身だしなみに気を付けることが大切です。その一つとして、ネイルデザインにも注意が必要です。

しかし「転職の面接ではどのようなネイルがいい?」「そもそも転職の面接でネイルはしてもいい?」など分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、転職面接でのネイルデザインについての基本的な選び方や、許されるネイルカラーやデザインについて解説します。

30秒でわかる!この記事まとめ
ポイント
就活の面接時のネイルは、清潔感とTPOを意識したものが適切である
  • 面接官に好印象を与えるためには、派手すぎず、シンプルで上品なネイルが望ましい
  • 業界や企業の雰囲気に合わせて、ネイルのデザインや色味を選ぶことが大切
ポイント
面接に適したネイルの色は、ベージュやピンクなどの明るく柔らかな色が無難
  • ナチュラルな色合いのネイルは、清潔感と好感度を高める効果がある
  • 濃い色や派手な色は避け、肌なじみの良い色を選ぶことで、面接官に良い印象を与えられる
ポイント
ネイルのデザインは、シンプルで品のあるものが面接に適している
  • フレンチネイルやワンカラーネイルなど、飽きのこないデザインが無難
  • 派手な装飾やアートは避け、清楚で上品な印象を与えるデザインを選ぶことが賢明

この記事もオススメ!

目次

転職面接でのネイルについて

転職面接でのネイルデザインについて

ネイルOKかどうかは業界によって異なる

結論、

面接にネイルをしていっていいかどうかは、志望する業界や職種によって異なります。

例えば、アパレルや美容業界などは、基本的にネイルが許容される風潮であり、ある程度派手な色やデザインでも問題ないでしょう。

一方、金融や医療業界、飲食業界などはネイルが好まれない傾向にあるため、そもそもネイルをせず面接に臨むのが無難です。

面接前に求人サイトや企業の採用ページをチェックし、企業のカルチャーやポリシーを理解しておきましょう!

転職面接でネイルOKな職種とNGな職種

接客業や営業職など、外部の人との接触が多い仕事の場合はネイルが制限されることが多いです。

これは、ネイルが相手に与える印象や、清潔感を重視する企業が多いためです。

転職面接では、企業や職種ごとに様々な規定があるため、事前に求人情報や企業のホームページで確認し、面接前に準備をしましょう。

ネイルOKな職種

アパレル美容関連などの業界では、派手さを抑えたネイルがOKである場合が多い

ネイルNGな職種

金融などの堅い職種や、医療・飲食など衛生面が重視される業界ではネイルが原則NG

面接で許されるネイルカラーの基本

基本的に面接時のネイルカラーは、ナチュラルで清潔感のあるものが望ましいです。シンプルな色のネイルが好まれるので、派手なカラーやデザインのネイルは避けましょう。

適切なネイルカラーを選ぶことで、企業の採用担当者に好印象を与えられるほか、自分自身の自信にもつながります

転職面接時のネイルのポイント
  • 落ち着いた色合いが良い
  • ベージュやピンクなどの自然なカラーを選ぶ
  • 派手なアートはNG
  • 業界や職種に応じて、カラーを選択

落ち着いた色合いの淡いピンクやベージュが無難

面接で好まれるネイルカラーの代表格であるピンクやベージュは、清潔感と女性らしさをアピールすることができます

ただし、色の選択には注意が必要です。あまりに濃いピンクは、派手に見えることがあるため、肌になじむような淡い色が無難です。

また、ベージュ系も同様に、肌に馴染む色を選ぶことが大切です。特に、面接でのポイントは清潔感ですので、爪全体にムラなく塗ることが重要です。

落ち着いた色合いのピンクやベージュを活用する際の注意点
  • 淡い色で肌になじむものを選ぶ
  • 爪全体にムラなく塗る
  • 透け感のあるカラーもOK

ネイルケアをすると印象アップ!

面接にネイルをしていく場合は、ネイルケアも欠かさず行いましょう。爪の長さや形も整えることで、全体の印象が向上します。

マナーとして、面接時の身だしなみへの気配りは重要ですし、自分の美意識や清潔感に対する意識の高さをアピールできます。

派手すぎるネイルはNG!適切なデザインとは?

派手なデザインのネイルが印象ダウンに繋がると、せっかくの自分の経験や実力が見られなくなってしまう可能性もあるため、避けたほうが無難です。

好印象を与えるためには、ナチュラルでシンプルなデザインを選びましょう。

例えば、ベージュやピンクなどのナチュラルカラーを使用したり、シンプルなラインアートなどでデザインを極力抑えたりすることがおすすめです。

面接でネイルが与える印象

nail画像

清潔感を重視すればネイルの美しさで印象アップ

清潔感を重視したネイルは、印象アップに繋がる可能性があります。

また、美しいネイルが自信に繋がり、堂々とした態度に結びつくことで、面接での高いパフォーマンスも期待できるでしょう。

面接ではビジネスライクな雰囲気を重視し、シンプルかつナチュラルなデザインを選ぶことで、しっかりとした仕事への意識や企業のポリシー・職場のマナーを理解していることをアピールできます。

ビジネスシーンにおける美しいネイルのポイント
|ベージュやピンクなどの肌なじみの良いカラーがおすすめ

ナチュラルなカラーやシンプルなデザインが好まれることが多く、例えばベージュピンクなどの肌なじみの良いカラーがおすすめです。

|適度な長さや形に整えることが大切

ネイルの長さや形にも注意が必要です。爪の長さは一般的に指先から見て2~3mm程度が適切とされています。

過度に長い爪や奇抜な形は、職場でのマナーや身だしなみに反する可能性があるため、適度な長さや形に整えましょう。

|定期的に爪を切り、甘皮を整えることも重要

ネイルケアは清潔感を保つ上で重要な要素です。

定期的に爪を切り甘皮を整えることで、清潔感のある印象を与えることができます。

ビジネスシーンでは適切なネイルデザインが重要

ビジネスシーンにおいては、適切なネイルデザインを選ぶことが非常に重要です。

どんなデザインのネイルが適切かは、働く場のマナーや職種によって大きく変わるため、自分がおかれている環境に合わせて選択することが大切です。

特に、面接や転職活動ではネイルのデザインで自分のビジネスマナーを判断される可能性もあるため、TPOをうまく判断しましょう。

適切なネイルデザインの重要性
|職場でのネイルデザインには業界や職種によって相応しいものが存在する

職場にふさわしいとされるネイルのデザインは、業界や職種によって異なります。

例えば、金融や医療業界では、控えめで派手でない色やデザインが求められます。

一方、アパレルや美容業界では、個性的なデザインやカラフルなカラーが許容されることがあります。

|ネイルデザインが相手に与える印象についても考慮することが重要

また、ネイルデザインが相手に与える印象についても考慮することが重要です。

例えば、営業職や接客職など人と接する仕事では、清潔感のあるネイルデザインが好まれます。

そのため、シンプルかつナチュラルなデザインや色を選択すると良いでしょう。

フリーター・高卒・専門卒ののキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】!
キャリアパーソナリティ診断:適職診断の受験者の9割が納得の結果

相性転職・就職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

\理想の仕事と出会う第一歩!/

面接前のネイル準備と対策

面接前のネイル準備と対策

面接前でネイルオフが必要な場合の対処法

面接前は、あらかじめ応募先の企業でネイルが許容されるかどうか確認し、ネイルオフの要否を判断しましょう。

面接直前にネイルオフが必要だと発覚すると、サロンの予約が取れず面接当日に間に合わなくなる可能性もあるため、なるべく早い段階で確認するのがオススメです。

自分に合ったネイルケアで自信を持って面接へ

適切なネイルケアを行うことで、面接時に自信を持って挑めるため、高いパフォーマンスを発揮できるでしょう。

また、ネイルケアを行い身だしなみを整えることで清潔感が生まれ、面接官にも好印象を残せます。

どうしてもネイルをしたい場合に押さえておきたいポイント

選ぶネイルカラーに注意

ビジネスシーンで好まれるネイルカラーは、ベージュピンク系のナチュラルな色です。派手な色やデザインは避けましょう。

爪の形や長さに気を付ける

爪の長さは指先から2~3mm程度が適切とされているので、それ以上の長さは避けましょう。

また、奇抜な形の爪も面接時には適していません。

自分の仕事や業界の特性を考慮する

ネイルを行う際には、自分の仕事や業界の特性を考慮することが重要です。

医療や飲食業界では爪に色を付けることがNGとされる場合もあるため、事前に確認しておくことが大切です。

知っておきたい面接用ネイルのおすすめデザイン

面接用のネイルデザインを選ぶ際は、清潔感のあるナチュラルな仕上がりが望ましいです。

ベージュやピンクのネイルカラーは自然で上品な印象を与えるため、ビジネスシーンにおいて好まれます。

また、デザイン自体もシンプルかつ控えめにすすることで、清潔感や身だしなみをアピールできるでしょう。

爪には薄いカラーを塗り、派手さを避けることが重要です。

面接に適したネイルのマナーと選び方のまとめ

今回は、転職面接で好印象を与えるネイル選びについて解説していきました。

転職面接で好印象を与えるネイル選びは、清潔感があり上品なベージュやピンクのカラーを選ぶこと、デザインはシンプルかつ控えめにすること、職種や業界の特性にあわせたネイルデザインを選ぶことがポイントです。

事前に企業のカルチャーやポリシーを把握し、それに応じた選択をすることで、面接での印象を良くすることができます。

これから面接を受ける方は、ぜひ参考にして、自分に合ったネイルデザインを選びましょう。

フリーター・高卒・専門卒のキャリアチェンジなら
パーソナルファイル【相性転職・就職】!
80種類から適職が分かる画像

パーソナルファイル【相性転職・就職】とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、

20代の可能性を最大限引き出す次世代の就職・転職支援サービスです。

全80タイプから自分の強み・特性をふまえて相性がいい適職と出会う事ができます。

\ 理想の仕事に出会う第一歩/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を監修した人

荻久保健一のアバター 荻久保健一 株式会社Wiz CHRO/株式会社Personal 代表取締役

IT系ベンチャー数社でマーケティングからWeb制作、子会社代表等幅広く経験。
その後人材系ベンチャーでCMO(マーケティング責任者)を経て、現在は年間数万人が応募するITの総合商社でCHRO(人事責任者)をやりながら、株式会社Personal代表取締役として、すべての人に相性がいい適職を紹介する「パーソナルファイル【相性就職・就職】」を運営しています。

【Googleがたどり着いた答え】学歴ではない本当に成果を出す人の特徴
今、マーケティング担当が読むべきおすすめnote10選まとめ
Linkedin

目次