MENU
適職のご相談はこちら

20代の適職探し!理想の仕事に出会う方法とポイント

20代の適職探し!理想の仕事に出会う方法とポイント

20代はキャリアを築く上で重要な時期ですが、どんな仕事が自分に適しているのか見つけるのは難しいものです。

この記事では、20代で何がしたいかわからないと悩む人向けに、理想の仕事を見つける方法とポイントを解説します。

まずは、20代で仕事で何がしたいかわからない原因と背景について詳しく説明し、次に自分に合った仕事を見つける具体的な方法を紹介します。

  • 職業体験や職業診断ツールの活用
  • 転職エージェントや人材紹介サービスの利用
  • 適職診断を受けて自分の強みを知る

さらに、新卒就職と転職活動における注意点と成功の秘訣を解説し、20代が仕事で何がしたいかを見つけた人々の体験談を紹介します。

この記事を参考にして、あなたの興味や強みに適した仕事を見つけ、充実した20代を過ごしましょう。

目次

20代で仕事で何がしたいかわからない人は多い

20代で仕事において何がしたいかわからないと悩む人は数多く存在します。この年代は、自分のキャリアを築くために、多くの選択肢を検討しなければならない時期です。しかし、多様な職種や業界の中で、自分に最適な道を見つけるのは容易ではありません。悩んでいる方は、まず自分の強みや好きなことを分析し、それを活かせる職業をリサーチすることがおすすめです。

また、他人の経験を参考にすることも有益です。多くの人が転職や新たな仕事にチャレンジすることで、自己成長を実感し、やりがいを見つけています。転職サイトやエージェントを利用することで、自分に合った求人を見つけることが可能です。エージェントのサポートを受ければ、自分一人で悩むことなく、相談しながら適切な選択ができます。

加えて、仕事における興味やスキルを高めるために、ITツールやビジネススキルを学ぶことが有益です。これにより、より幅広い職種や業界へのチャレンジが可能になります。自分の人生において大切なキャリア選択を迫られている20代の方は、様々な方法で情報収集し、自分に合った仕事を見つけることが大切です。

ピッタリの仕事は適職診断で!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

\ 自分に合う仕事を見つける方法/

【20代】仕事で何がしたいかわからない原因

20代で何がしたいか分からない人が多い背景

20代で仕事において何がしたいか分からない人が多い背景には、様々な要因があります。まず、若い世代には自己分析が十分に行えていないことが要因の一つです。自分の強みや興味を正確に把握しないまま、適当な職業を選んでしまうことがあります。また、あまりにも多くの選択肢があるため、どれが自分に適しているのかわからないという不安から、決断ができないことも影響しています。

一方で、実際の職場環境や仕事内容が、新卒入社時に想像していたものと大きく異なることがあります。その結果、早期に退職を考えたり、他の職種に興味を抱くようになります。就職活動時に十分な情報収集ができていないことや、キャリア診断や職業解説が十分に行われていないことも、この背景に関係しています。

さらに、20代は人生の分岐点であり、自分の将来に不安を感じることが多い時期です。自分のキャリアを大切にし、将来にわたって続けられる仕事を見つけることの重要性が高まっているため、自己分析や情報収集に十分な時間を割くことが求められます。20代で何がしたいか分からないと悩む人が多い背景は、社会や経済状況の変化が影響していることもあるでしょう。

原因1:したいことがない

キャリア形成に悩む人に共通している原因のひとつは、自分が何をしたいのかが明確でないことです。この状況は、今の仕事に対してやりがいを感じられない場合や、将来に対して漠然とした不安を抱えている場合によく見られます。

理由の根拠としては、自分の興味や強みが分からないことがあげられます。具体的には、過去の経験や自己分析が不十分であったり、自分に合った職種や業界がどれなのかが明確でない場合があります。このような状況では、自らキャリアの選択肢を提示することが難しくなるため、何をしたいのかが定まらない状態に陥ります。

対策としては、自己分析を行い、自分の興味・適性・価値観を明確にすることがおすすめです。また、キャリア診断や転職サポートサービスを利用して、専門家の意見を聞くことも有効です。さらに、興味のある業界や職種に関する情報収集や、実際に働く人との交流を通じて、自分に適した仕事を見つけることが求められます。

まとめると、したいことがない状態は、自己分析や情報収集、専門家との相談を通じて、何をしたいのかを明確にすることで、キャリア形成の悩みを解決することができます。

原因2:仕事で成果を出したことがない

仕事で成果を出せないことがキャリア形成に悩む原因として挙げられる場合があります。これは、自分のスキルが不足しているため成果が上がらない場合や、適切な職種や業界に就いていないため仕事に対するやりがいが感じられない状況に陥ることが原因です。

理由の根拠は、スキル不足や適性の見極めが難しいことが挙げられます。また、業界や職種によって求められるスキルや能力が異なるため、自分が何に適しているのかを見つけることが難しい場合があります。

具体的な対策としては、スキルアップを目指して資格取得や研修に参加することが効果的です。また、自分の強みや適性を見極めるために、キャリア診断や転職エージェントのサービスを活用することがおすすめです。

さらに、職場の人間関係や環境に問題がある場合は、相談や対策を行ったり、場合によっては転職を検討したりすることで、自分に適した仕事を見つけることができます。

まとめですが、仕事で成果を出せない状態は、スキルアップや自己分析、適切な職種や業界の選択を通じて、キャリア形成の悩みを解決することが可能です。

原因3:今の仕事にやりがいを感じていない

仕事にやりがいを感じていない理由はさまざまで、以下が具体例として挙げられます。

  • 業務内容が単調でスキルアップの機会が少ない
  • 労働環境や職場の人間関係が悪い
  • 給与や労働条件が満足できない
  • 将来性が見込めない業界で働いている

これらの理由から、仕事に対する情熱やモチベーションが低下し、転職を検討する人が多くいます。

一方で、やりがいを感じる仕事に転職するためには、自分の価値観や興味を理解し、適切な職種を見つけることが重要です。キャリアアドバイザーや転職エージェントの利用を検討することで、自分に適した仕事に出会える可能性が高まります。

また、それぞれの業界や企業においても働く人の価値観ややりがいに重きを置く傾向が増えており、自己分析や面接対策に力を入れることで、求人情報だけではわからない会社の魅力を見極めることができます。これにより、自分が求めるやりがいを持つ仕事に就くための条件が整い、転職後の満足度が高まります。

原因4:自分の強みがわからない

自分の強みがわからないという悩みは、多くの人が抱える問題です。主な原因として以下が挙げられます。

  • 自己分析が不十分で、自分のスキルや経験を客観的に評価できていない
  • 環境が変わったり、新たな課題が生じるなどして、これまでの経験が活かせなくなってしまった

これらの課題を克服するためには、自己分析やスキル診断を行い、自分の強みを明確に把握することが重要です。

転職エージェントやキャリアアドバイザーと相談し、適切なアドバイスを受けることで、自分の強みを見つけ出す手助けを受けられます。その上で、自分の強みを活かせる仕事を選ぶことで、転職後の満足度や成長を実感できるでしょう。

仕事で何がしたいかわからない20代の特徴

20代で仕事で何がしたいかわからないと感じる人には、以下の特徴があります。

  • 自分の価値観がまだ定まっていない
  • 興味・関心が幅広く、特定の分野に絞り込めない
  • 経験が乏しく、自分がどんな仕事に向いているか把握できていない
  • 将来的なビジョンが描けていない

これらの問題を解決するためには、まず自分自身と向き合い、自分の価値観や興味、スキルを理解することが大切です。

インターンシップやスキルアップのための勉強、人脈作りなどを通じて、さまざまな業界や職種を調査し、興味を持っている分野について知識を深めることが重要です。また、キャリアアドバイザーや転職エージェントを利用することで、自分に合った仕事探しをサポートしてもらえます。

20代はキャリア形成の大切な時期であるため、無理に決断を急がず、じっくり自分に向き合い、何がしたいか見つける努力を重ねることが大切です。

20代の仕事選びにおける不安要素と悩み

20代の仕事選びでは、多くの不安要素と悩みが存在します。第一に、自分に合った職種や業界を見つけることが難しい場合があります。これは、若い時期にはまだ自分の強みや好みが明確でないことが理由です。

また、経験が少ないことから、どのような仕事が向いているのか判断が難しいと感じるケースもあります。さらに、新卒で入社した会社が自分に合っていない場合、転職活動を行う際にも不安があります。各業界における年収や働く環境も気になるポイントです。

さらに、内定先の企業に入社することが本当に自分にとって最良の選択なのか、悩むことも多いでしょう。そのため、就職や転職活動においては、自分の将来に対する不安が募ることがあります。これらの悩みを解決するためには、利用するサービスやサポートの選択が重要です。エージェントやキャリア相談のサービスなどを活用し、自分を客観的に分析してみることがおすすめです。結果的に、自身の適性や希望に沿った仕事選びができる可能性が高まります。

20代向け!自分に合った仕事を見つける方法

介護業界でおすすめの職業

好きなことを動詞で考えてみる

自分に合った仕事を見つける方法の一つとして、好きなことを動詞で考えてみることです。これにより、自分が何を得意とし、どのような仕事に興味を持っているのかを具体的に把握することができます。

まず、自分の好きなことをリストアップし、それらを動詞に変換してみましょう。例えば、「音楽を聴く」を「解析する」、「人と話す」を「コミュニケーションする」などです。次に、それらの動詞を元に、具体的な職種や業界を考えていくことが重要です。例えば、「解析する」ことが得意な場合、ITやマーケティングの職種を検討することができます。

また、将来のキャリアを考慮する際にも、動詞を使った分析は役立ちます。自分がどのような仕事で活躍したいか、自分の価値を最大化できる職業を見つけることが大切です。この方法を使うことで、自分に最適な仕事選びができる可能性が高まり、不安や悩みを解消することができます。

自己分析を活用した理想のキャリア設計

自己分析はキャリア設計の第一歩であり、個人の強みや弱みを把握し、適性のある仕事を見つけ出す上で重要です。具体的には、以下の手順で進めていくことで、理想のキャリア設計がより明確になります。

  • 現状の自分のスキルや経験をリストアップ
  • 自分が得意とする業界・職種を特定
  • 今後の目標を設定し、必要なスキルや経験を考える
  • 他人との相談や職業診断ツールを活用

これらの分析結果をもとに、具体的な行動計画を立てることで、理想のキャリアを実現することが可能です。また、定期的に自己分析を行うことで、変化する自分や業界の動向に適応し、柔軟にキャリア設計を見直すことが求められます。それにより、自分に合った仕事や選択肢が増えていくでしょう。

結果として、自己分析を活用することで、自分の価値観やライフスタイルに合ったキャリアを築くことができ、仕事に対するやりがいや達成感を持続的に享受することが可能になります。

職業体験や職業診断ツールから適職を探る

職業体験や職業診断ツールを活用することで、自分に適した仕事を見つけることができます。具体的な方法としては、以下の通りです。

  • 職業体験:インターンシップやボランティア活動を通じて、実際に興味のある業界や職種の仕事を体験することで、自身の適性や適職を見つけることができます。また、実際の職場環境や働く人々との関わりを通じて、仕事のイメージや理解が深まります。
  • 職業診断ツール:オンライン上で利用可能な職業診断ツールを活用することで、自分の適性や強みを客観的に評価し、適職を見つける手助けとなります。多くのツールが無料で利用できるため、簡単に適性を確認することができます。

これらの方法を組み合わせることで、自分にマッチした仕事やキャリアパスを見つけることができます。また、それぞれの方法の結果を比較・検証することで、より精度の高い適職の発見が可能となります。最終的には、自分自身が納得できる選択肢を選び、キャリア設計に反映させることが大切です。

転職エージェントや人材紹介サービスの活用

転職エージェントは、求職者のキャリア相談や転職活動をサポートし、適切な求人を紹介するプロフェッショナルです。人材紹介サービスも同様に、転職希望者を会社に推薦し、適職を見つけるお手伝いをします。これらのサービスを活用するメリットや注意点を以下に解説します。

まず、理由から説明すると、求職者には以下のメリットがあります。

  • 自分に合った求人を効率的に見つけることができる
  • エージェントやサービスが持つ膨大な情報から、非公開求人を紹介してもらえる
  • エージェントが、応募書類や面接の対策をサポートしてくれる

このように、エージェントやサービスは、転職活動をスムーズに進めるための強力なサポート役となります。

次に、具体例を挙げます。例えば、IT業界で働きたい求職者は、専門性の高い業界知識や最新の求人情報を持つIT専門の転職エージェントに登録することがおすすめです。このように、業界や職種に特化したエージェントやサービスを選ぶことで、自分のキャリアに適した求人を紹介してもらえます。

ただし、注意点もあります。例えば、複数のエージェントやサービスに登録する場合、同じ求人への応募が重複することがあるため、それぞれのエージェントやサービスと十分に連絡を取り、状況を共有することが大切です。

まとめると、転職エージェントや人材紹介サービスは、転職活動を効率的に進めるための有益なツールです。しかし、注意点も把握し、自分に適したエージェントやサービスを選ぶことが肝心です。

適職診断を受けて自分の強みを知る

適職診断は、自分の強みや適性を分析し、適職を見つけるための診断ツールです。適職診断を受ける理由や方法、そして適職診断の活用方法について具体的に説明します。

適職診断を受ける理由は、以下の通りです。

  • 自分の強みや適性を客観的に把握することができる
  • 認識していなかった強みや興味を発見できる
  • キャリアプランに役立てることができる

適職診断は、自己分析やキャリアプラン作成の際に、大変役立つツールです。

適職診断の方法は、インターネット上にある無料の診断ツールを利用する場合や、転職エージェントやキャリアカウンセラーが提供する有料の診断サービスを受ける場合があります。

無料の診断ツールは、簡単な質問に答えるだけで結果が出るものが多く、手軽に受けることができます。有料の診断サービスでは、専門家によるサポートを受けることができるため、より詳細な分析が可能です。

適職診断の活用方法は、自分の強みや適性を踏まえた転職活動やキャリアプラン作成に役立てることです。例えば、適職診断の結果、営業職が自分に適していると分かった場合、営業職の求人を重点的に探すことができます。また、適職診断で発見した強みをアピールポイントにして、面接や応募書類の作成に活用していくことができます。

適職診断は自己理解を深め、適切なキャリア決定に繋がる貴重なツールです。無料でも有料でも良いので、ぜひ自分自身の強みや適性を知るために利用してみてください。

適職を見つけるなら相性転職!

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

自分に合う仕事を見つける方法

新卒就職と転職活動におけるポイント

就職活動前にやりたい仕事を具体化する理由

就職活動前にやりたい仕事を具体化することは、多くの人にとって重要なステップです。理由は以下の通りです。

自分のキャリア目標が明確になる

やりたい仕事を具体的に把握することで、将来像を描く上での指針ができます。これにより、自分の興味や強みを活かした仕事を見つけやすくなります。

適切な企業・業界を選べる

具体的な仕事内容を知っていることで、自分に合った企業や業界を見つけることができます。これにより無駄な転職活動を避け、より効率的な就職活動が可能になります。

面接対策ができる

自分のやりたい仕事が明確であることで、企業の面接時に自己PRや志望動機を明確に伝えることができます。

時間・労力の節約

やりたい仕事を具体化することで、無駄な就職活動や転職回数を減らすことができます。この結果、時間と労力を節約し、自分の成長に集中できます。

具体的なスキルや知識を身につけることができる

やりたい仕事を特定することで、必要なスキルや知識を効率的に身につけられます。これにより、現場で即戦力となることが期待できます。

20代での転職活動の注意点と成功の秘訣

20代での転職活動には、以下の注意点と成功の秘訣があります。

注意点:

20代はキャリアの基盤を築く時期

20代はキャリアの土台を築く大切な時期です。そのため、転職活動時には短期的な目標だけでなく、長期的なキャリアプランの視点も忘れずに持つことが重要です。

過剰な条件追求を避ける

転職活動時、条件面のみに目が行きがちですが、将来の成長や働く環境を重視することも大切です。

成功の秘訣:

1. 自己分析を行う

自己分析を行い、自分の強みや志向を明確にすることで、適切な転職先を見つけることができます。これにより、転職後の後悔も軽減されます。

2. ネットワークを活用する

知人や友人、専門家とのネットワークを活用し、情報収集やアドバイスを得ることが成功のカギとなります。

3. 企業・業界への理解を深める

転職先の企業や業界への理解を深めることで、自分がどのような働き方を望んでいるのか、自分に合った環境が提供されているのかを把握できます。

4. 転職エージェントを活用する

専門知識やノウハウを持つ転職エージェントを活用することで、自分に合った求人情報を効率的に見つけられます。また、面接対策や履歴書の添削など、転職活動全般のサポートも受けられます。

ピッタリの仕事は適職診断で!
キャリアパーソナリティ診断:適職診断の受験者の9割が納得の結果

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

\自分に合う仕事を見つける方法 /

20代が仕事で何がしたいかを見つけた人の体験談

自己分析で適職に出会った20代の成功事例

20代のAさんは、自己分析を通して適職に出会うことができました。Aさんは、自分の強みや好きなことを見つけるために、以下の活動を行いました。

  • 職種や業界に関する調査
  • 仕事での体験や経験の分析
  • キャリア診断などのツールの利用

これにより、自分に合った職種であるIT営業に興味を持ちました。さらに、無料の転職サポートサービスを利用し、適切な求人情報を得ることができました。その結果、失敗せずに適職に出会い、現在は充実した仕事と年収アップを実現しています。この成功事例から、自己分析が適職を見つける大切な要素であることが分かります。

転職・職種変更で自分に合った仕事を見つけた20代

20代のBさんは、転職・職種変更によって自分に合った仕事を見つけることができました。Bさんは、多くの人生選択肢の中から、自分自身がどんな仕事に適しているか分析しました。その方法として、以下のポイントに注意しました。

  • 自分の価値観や目標を明確にする
  • 強みやスキルを活かせる仕事を選ぶ
  • 職業に対する興味や適性を考慮する

そして、Bさんは新たな職種である女性向けビューティ業界に転職し、社会貢献を果たしながら充実したキャリアを築いています。この経験から、転職・職種変更が自分に適した仕事を見つけるきっかけになることが分かります。

仕事で何がしたいかわからない20代へのアドバイス

ハローワークとエージェントを並行するのもおすすめ

時間を有効活用して適職を見つけるためのアクション

適職を見つけるために時間を有効活用する方法はいくつか存在します。まず、自己分析を行い、自分の強みや興味を洗い出します。これにより、自身の軸を明確にし、転職活動をスムーズに進めることができます。

次に、業界や職種のリサーチを行い、自分に合った仕事を見つけ出すことが重要です。これにより、自分のキャリアについて客観的な分析が可能となります。

さらに、転職エージェントやキャリアサポートサービスを利用することで、専門的なアドバイスを受けられます。エージェントは、自分に合った求人情報提供や面接対策のサポートなど、多岐に渡るサービスを提供します。

また、転職サイトの登録や求人検索も有効な手段です。複数のサイトに登録することで、様々な選択肢を得ることができます。

時間を有効活用する上で、情報収集のスキルも必要です。ITツールを活用し、効率的に情報取得を行いましょう。

最後に、実際に働く環境を体験することも有益です。インターンシップやアルバイトを通じて、業界や職場の雰囲気を肌で感じることができます。これらのアクションを行いつつ、自分の軸に沿った適職を見つけることができるでしょう。

20代で何がしたいかわからない場合の前向きな捉え方

20代で何がしたいかわからない場合、前向きに捉えることが重要です。20代は、人生の中でも特に自分を見つけ、キャリアを築くための大切な時期です。自分に何ができるか、何が好きかを探ることは、成長のための重要なプロセスです。

まず、自分自身に向き合い、興味や適性を見つけるために自己分析を行いましょう。自分の強みや弱みを理解することで、自分に合った仕事を見つけやすくなります。

また、多様な経験を積むことも有益です。異なる職種や業界で働くことで、自分に合った道が見えてくることがあります。

さらに、良いメンターを見つけることも重要です。経験豊富な人からアドバイスをもらうことで、自分が何をするべきか明確になることがあります。

最後に、20代は時間的余裕があるため、焦らずじっくりと考えることができます。自分の人生の目標を見つけるために、じっくりと考える時間を持つことが大切です。

ピッタリの仕事は適職診断で!
キャリアパーソナリティ診断:適職診断の受験者の9割が納得の結果

相性転職とは、キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職支援サービスです。

全80タイプから自分にあう仕事や強み特性が知れる

\ 自分に合う仕事を見つける方法/

仕事で何がしたいかわからない20代のまとめ

仕事で何がしたいかわからない20代は、積極的に自己分析や情報収集を行い、自分に合ったキャリアを見つけることが大切です。転職エージェントやインターンシップなどを活用し、自分の強みを活かした仕事を見つけましょう。

また、メンターや周囲の人と積極的にコミュニケーションをとり、アドバイスを受け入れることも重要です。20代は人生の大切な時期であり、焦らずじっくりと自分を見つめ直すことで、自分に合ったキャリアを見つけることができます。次のアクションとして、今すぐ自己分析や情報収集を始め、適職探しに取り組んでみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を監修した人

荻久保健一のアバター 荻久保健一 株式会社Wiz 取締役CHRO/株式会社Personal 代表取締役

IT系ベンチャー数社でマーケティングからWeb制作、子会社代表等幅広く経験。
その後人材系ベンチャーでCMOを経て、現在は年間数万人が応募するITの総合商社で取締役CHROをやりながら、株式会社Personal代表取締役として、すべての人に相性がいい適職を紹介する「相性転職パーソナルファイル」を運営しています。

【Googleがたどり着いた答え】学歴ではない本当に成果を出す人の特徴
今、マーケティング担当が読むべきおすすめnote10選まとめ
Linkedin

目次